もめんたむ ( 質量 × 速度 )

2016-11-30

[] 雑記(人工知能と経済の未来)

 

 

●人工知能と経済の未来(井上智洋、文春新書)

AI(人工知能)だから、BI(ベーシックインカム)を導入すべし! という帯で、言葉遊びなんだけど、なるほど面白いと思ったので試しに購入。問題は内容だし、これ系の導入本としてはとても良いのではないかと。比較してないからわかんないけどね。自分で考えた内容とどう違うかチェックの意味も含めて読んで、かなーり楽しめました。

 

全体的にはとてもいい本なんだけども、終わり悪ければ全て悪しの精神で、ベーシックインカムを導入するべき理由がとても弱いというか。ほとんど書いていないというか。単に増税すればいいという言い方をしていて、汎用AIによる純粋機械化経済でもって大半の人間が失業するっていってるのに、爆発的な経済成長するから大丈夫、みたいな。

いや、マクロの計算だと需要要因は考慮しなくてもいいって書いてたから間違っちゃいないんだろうけど。そもそも経済成長とは何か?とかの話もキチンとしてあるから嘘は書いてないんだろうけども。

そんなんで、最後まで読んだ印象としては、「とても惜しい本」でした。

 

それはともかくとして、ベーシックインカム本として読まなければ、価値がかなり高まる気がする。個人的にはあっちとかそっちの内容を繋げてくれるナイスな読書になりました。

汎用AIつったって、要するにビッグデータ無しじゃどうにもならないんでしょ?みたいなのとかね。そうして考えると、「この空のまもり」で扱ってたビッグデータのこととかを思い出すわけで。またビッグデータの代わりになるものを考えると大規模なシミュレーションとかがあるはずで、時間加速型だと「SAO」や「アクセルワールド」の内容とか、「セルフクラフト」のゲーム内部の自動生成の話とリンクしたりする。特にセルフクラフトは自動生成と「知の発生」の微妙な境界を扱った内容というかね。

 

単語を記憶できる自信がまったくないんだけど、「マルサスの罠」と「グレートダイバージェンス(大いなる分岐)」のこととか。「国家はなぜ衰退するのか」とこの辺りの内容がリンクして面白い。というか、ダイバージェンスってたまに聞くけど意味を分かってなくて、てっきりSF用語かなんかだろうと思ってた(笑)

 

機械に奪われにくい仕事は、

クリエイティヴィティ系

マネージメント系 経営・管理

ホスピタリティ系 =おもてなし

……だそうです。

 

これを類人猿分類で考えると、チンパンとゴリラがマネージメント系だよね。チンパンがリーダーシップになって、ゴリラが管理や維持になってマネージメント系を分け合う形になりそう。ウータンがクリエイティヴ系で、ボノボがホスピタリティだよね。まぁ、ボノボは独特な視点でイノヴェーションを引き起こしたりするらしいけど。クリエイティヴとイノヴェーションって違うのかな?(知らぬ)

 

オススメするかどうかは興味があるかどうかの問題かなー。けっこう難しい話題も比較的分かりやすくに紹介しているのでオススメではあるけど、これを読んで勉強した気になっちゃうのは危険かも。新書の機能として一般概念と専門概念をざっと扱っているお便利さそのものをやってくれてる。テレビで言ってることが分かるようになるので、新聞を読んでいない場合はともかく読め!とか言ってもいいぐらい。(新聞を読んでいないのであんまり偉そうなことは言えない。新聞を読んでいることにそんな特上の価値を設定したくもない)

 

たぶんだけど、新聞って何回も同じ話題を手を変え、品を変えて書き続けることで、だんだんと記者の人も理解していくのかも。

 

 

●アニメだのの話題について

今期のまとめでまとめて触れようとする影響で、逆に書かないようになってしまっている(苦笑)

録画しっぱなしだったベルセルクをみて、ああ、そういうことか!と思ったり。

今期はドラマが面白くて、ガッキーの逃げ恥と、三ツ星の給食を楽しんでいまふ。三ツ星がなんてゆーか、チート系の物語そのまんまというか。……なので、アニメをあんまり観てない。イぜッタを今から追いかけて観るべきかどうか、それが問題だ。

続き物とリブートの話が話題ですな。ギアスとかどうなるんだろう。元々死んでなかったという考察は読んだことあって知ってたけど。皇帝の不死を受け継いでて、みたいな内容。

 

●FF15どないしょう(笑)

発売になって余計どうしていいかわからんくなった。メインストーリーが短いのは確定か。どっちにしても確実にやるんだろうけど、アプデ続けるってどういうことだろう。

それとオープンワールドは一番良いゲームで味わいたいんですけど……。悩むわー。

 

 

・今日のユーフォみた

毎回思うんだけど、あすか先輩の声がいいんだよね。

ワートリの、玉狛のオペレーターの栞ちゃんがどうしもあすか先輩の声で再生されるんよ。(アニメ版は中尾衣里さん)んで、あすか先輩(の声)って誰なんだろうと思ったら、寿 美菜子さんやった。

アカン、けいおんのムギちゃんと、ベビステのなっちゃんが完璧に繋がらなかったのは仕方ないにしても、なっちゃんとあすか先輩もダメだったとは……。そうか、えーちゃーん!ってのと声質は似てるか。そうか……。

 

 

2016-11-24

[] 雑記

 

「この世界の片隅に」って、こうの史代なのは聞いてたけど、マイマイ新子の片渕須直が監督なんだねぇ。どう考えてもドリームタッグとか夢の共演系だわ。舞い上がってる人がいるのがよく分かった。しかしここまでピンポイントだと、逆に世間を狭く感じるなぁ(苦笑) そういう作用が働く易くなってるのかもね。

 当然、観てないので感想とかはないのであしからず。そんなこと言ったら、シンゴジも君の名も、聲の形だって見てないし。豊作なのは分かってるんだけど、話題に付いて行こうとか、ブログ盛り上げようとか無いんで、足がのびないんよ。魂は十分に間に合ってる。足りてないのはエンタメだ。

 

 

●雪印コーヒー 生クリーム仕立て

そんな事より、雪印コーヒーがヤバイ。フレッシュラテからのミルク感の流れでポンと出てきちゃったんだと思うんだけど、クセになる美味しさ。夜中飲んだらカロリーとかもヤバそうだけど、後悔しない味だったりする。「コクって、これの事をいうのかしら?」とか口調がブレるぐらい美味しい。というか、コンビニに買いに行ってもうた。おいしい。

 

・マンナンライフのララクラッシュを初めて買ったんだけど、杏仁ミルクのヤツ。8個入りで200円しないんだね。163円だったかな? 売り方の問題だと思うけど、ちょっとしたデザートに良い感じ。蒟蒻畑で苦労して、ララクラッシュに名前を変えたりしたんだろうけど、頑張っていただきたいものですな。

 

 

●池上の番組

教育改革的な話題をやってて、フィンランドの「よき納税者を育む」みたいな目的というか標語は素晴らしいと思ったよー。「人こそが資源」だよねぇ。

しかし、まず「納税したくなる国」にならないとだからね。「税金ばっか要求すんなよ、クソが!」って話にしかならない訳で。「まず与えよ」なのだ。

 

なんとなく、現状の日本の問題って、理想的な社会主義国家だった点にあるような気がしている。経営者に優しくして、従業員の給与が増えず、内部留保ばかりが増えていく構図でしょ。仕組み的に収奪性が高まって、社会主義に変質しているというか。もはや末期的社会主義国家の惨状なのではなかろうか。

形式上は当然ながら資本主義だけど、それ故に行き詰っているかのよう。社会主義だったら、資本主義にシフトすりゃいいんだろうけど、資本主義国家だからこそ、そのシフトすべき行き先を見失っているのかもしれず。

金融緩和したところで、企業の内部留保が高く積み上がるだけ。資本主義に戻す形でテコ入れすべきかもしれない。給与が増える形で税制改革しなきゃならないんだろう。よき納税者を増やせばいい。

んじゃなきゃ、軍備増強路線もいいかもしれないけどね(笑)

 

 

●FFか、ウォッチドッグ2か、それが問題だ。

まだアンチャで遊んでる。攻略サイト見て、可能な限り集められる宝を集めて、トロフィー取ったりしているんだけど、FFがそろそろ発売する時期に来ていて悩んでいる。大量に出回って、中古で確実にお安くなるのが分かっている作品だけにね。ホストファンタジーだし、最初から-20点なのは仕方がないというべきか。それでも悩ませるだけのパワーがある作品だ。前回はハードごと持ってなかった。今回はハードがある。つまり、そういうことだ。

 

ゲーム関連だと「はちま」を見てるんだけど、はちまは基本的に信じられないので、神ゲーという評判と、ネタバレ?だかの20時間でクリアみたいな情報がごちゃ混ぜになっているというか。んでネタバレ騒動で法的にどうのこうのと騒いでいるっぽくてなー。法的措置うんたらとか言ってやがると、ようするに「騙して買わせたいんですか?」という話にしかならない訳じゃん。そんな中で、浜村元ファミ通編集長の合いの手はタイミング的にも最善手だなぁ、とは思ったけどね。

……やるじゃん(ニヤリ)

 

ホストファンタジーで-20点だとしても、期待感みたいなのはやっぱあるわけじゃないさ。P5、アンチャと来ているから、次は日本のでFFってのは収まりも良い。

P5がちゃんとプレイすると100時間クラスだったから、20時間ってので眉をしかめる気分は無きにしもあらずだけど、アンチャも21時間だったし。慣れてきたら10時間ちょいだぞって話ではあるわけで。

 

アンチャで洋ゲーの味をしめたトコなので、次は真のオープンワールドをやってみたい訳ですよ。その意味で、1やってないけど、ウォッチドッグ2に期待しているというか。俺にはまだウィッチャー3は早いと思ってるんだよね。スカイリムの時の失敗をしたくないので、良いゲームを先にやりたいわけだ。

アンチャでけっこう3D酔いしてるらしくて、ちゃんと休憩が居るって分かったんで、無闇な大作嗜好は危険だと学んだとこだ(笑) 40過ぎのおっさんなので、体力のある若者とは違うのである。無闇な体力勝負は負けフラグでしかない。戦い方は変えなければならないのだ。ジーク、ジオン!(いや、連邦派だってばさ)

 

まぁ、悩むんなら体験版やれよ!って結論になりそうな展開なんだけどさー(苦笑)

だって20時間しかないんだったら、やったら勿体無いじゃん!

書いてる文章を眺めても、どうみたってウォッチドッグ2一択の状況なのに、まだFFで悩んでいるってのが、答えなんだろうなー。

……いつ買うか、それが問題だ。P5のときみたいに、発売日過ぎたら安くならないかなー。そしたら密林で買ってもいいかも。

 

 

・冥途の土産

芝村のおっちゃんは、本屋に信用されてないんだよなー。

編集と仲良くやって、仕事はあるんだろうけど、本屋に本が置かれてない状況にはほぼ手を打っていない。編集が無能という見方もできるだろうけど、あのレベルだと本人の責任でしょ。

じゃあ、アマゾンで買えば良いじゃん、ってのは「俺が」「買う側が」有能なのであって、あっちの無能の言い訳にはならない。消費行動は2種類、衝動買いと計画的購入でしょ。特にアマゾンは、計画的購入用の手段だ。

大きい本屋まで足を伸ばせば、売ってないことはないけど、だからそれは俺が有能なだけっていう。売ってれば買ってもいいけど、ってのはほぼ最大限の譲歩だ。ファンに甘えすぎ。俺が頑張るの前提ってのは馬鹿げている。そもそも俺がアマゾンだろうが何だろうが使ってともかく買う必要があるのは、高岡先生の本だけだし。

まぁ、衝動買いの消費者を巻き込む目算のない小売の売り方で扱われている可能性はあるけどなー。返本の可能性のごく低い「てい」のいい作者というか。ファンの小銭だけ狙えば、計画的に本を作れるわけだし。とはいえ、その手の事情を摩り替えて言い訳にしてもなんも解決しないんだけど。根本的な原因に手を付けるべきだと思うけどね。結局、本屋に信用されていない作家はそれ自体がネックだもの。珍しいタイプかもしれないけど、しったこっちゃねーわな。

 

 

さて、寝るとしようか。

 

2016-11-16

[] 雑記(メタゲーム)

 

 

●王者の振る舞いとメタゲーム

とても興味深く思うことが1つあって、それに注目して追いかけたいと思ってます。

 

トランプ大統領のトランプ節が鳴りを潜め、安定路線とか言われていますが、あんたら文盲ですか?とか思うほど的外れでどうしたもんかと。トランプはよく分かっている。いわゆる「王者の振る舞い」だよね。勝利しても喜ばない。勝ったヒラリーには「傷つけたくない」と寛容を示す。まさにパターン通り。……この手の系統の作品読んだことないのかな?

まんま、凄まじく面白いぐらいマンガチックな展開になっちゃってて、どうなるかワクワクしてしまう。

 

これに対して反対陣営やマスコミの態度は、ハーレクインか少女マンガでいそうな、チョロいヒロイン枠をそのままやっているんだよね(笑) 「ちょっと優しいこと言ってるけど、アタシは騙されないんだから!」「フッ」みたいなヤツ。世の中、マジで馬鹿しかいないんじゃなかろうか?とか疑惑の目で見てしまうよ。もうちょっと表現をこう、あれすると、牙をむき出しにして唸ったり、キャンキャンキャンキャン!って吠える小型犬のまんまっていうか。怯えているから過剰に反応するのだし、噛み付けるところには噛み付こうとしているだけっていう。

……たぶん文盲なんだと思う。社会に対して、世界に対して、態度が反射的・自動的なんだよね。そこに選択がないっていうか。理性も知性もなくなっちゃってる。ムカついた→怒る、ぐらいにストレートっていうか。

 

今回はメタゲームで行きたいと思います。

ここで推奨されるシーンは、ログホラでいえばクラスティ(CVイメージ櫻井孝宏)みたいなタイプのキャラが、主人公に解説を入れる展開ですね。

「彼は状況をよく理解している。あれは、王者の振る舞いというものでしょう。……気を付けなければ。ヒラリーよりも手強い相手になるかもしれません」

 

短期的にはどうこうならないので、ここはトランプの評価を少しアップし、中・長期で対応するべき場面です。まず腰を落ち着けないとダメですね。王者の振る舞いをしているので噛み付きようがない。

問題はこのまま行くと、チョロイン大衆の評価がコロッと変わるはずなのです。いや、私は本当にマンガみたいにコロッと変わるのかどうかを一番に知りたいんですけどね! ここまでマンガ的なシチュはそうそうあるもんじゃない。申し訳ないんだけど、大統領選より遥かに面白いです。本当にマンガ通りであれば、国内安定路線なんかじゃなく、名大統領路線を歩むことになる。古典的・保守的・王道的な路線だ。現時点での評価が全部引っくり返ったら凄いけどね。ほんと、馬鹿ばっかりってことだから(笑) 日本だって、信長みたいなうつけの振る舞いをしていたヤツが殿になって大活躍の物語があるんだからね。ギャップ萌えにやられて、ツンデレヒロインの真似事にならないようにして頂きたいものです。

 

 

●黒毛和牛

ホットプレートで焼肉の真似事して食べたらめっちゃ旨かった。

……普通に料理して出されたの食べても、特になんとも思ったことがないお肉なのになぁ。不思議。

●黒ごまプリン

雪印の黒ごまプリンがそこそこ美味しくて、これなら森永の杏仁豆腐に対抗できるやん?とか思ったんだけど、その杏仁豆腐が本当に森永だったのか自信が持てなくなってきた。パッケージ似てるんだもん。今年の夏に食べてたのが、これもう完成形じゃね?とか思うデキだったんだけど。どこのヤツだったんだろう。これが諸行無常ってことか(違う)

 

 

余計なこと書いてたら時間切れになってもうた。記憶力がー、記憶力がー。