もめんたむ ( 質量 × 速度 )

2016-06-24

[] 雑記

 

 

イギリス……!! 面白いなぁ〜。

 

EUはグローバリズムの最新の実験場で、ほぼ失敗してたんだよね。構造的にドイツが勝つ風に固定されつつあった。グローバリズムだと強いところが勝ち続ける結果になる。

日本人の場合、「大人しく我慢しとけよ」的な論調が支配的になり易いかもしれない。特にテレビだとポピュリズムに流されたバカ市民の安易な国民投票の結果、的な文脈で放送しがちだ。短期的にはさすがにリスク増大だろうけど、長期的にはそんなに悪くない選択だとも思う。

逆に「抜けるならいつ?」という問いがあったとしたら、最善に近い解答かも……。これがイギリスの底力だったりするかもよ。

 

全体的にはEU側のバランスがどう変わるか?とかを見ていかないといけないんだろうね。離脱国が増える可能性とかもあるわけでしょ。中々にオモシロです。たぶん最後まで抵抗するのは勝ち組のドイツだろう。

 

確認のために本を開いたら、エマニュエル・トッドはEU離脱を予想してた(笑) まさかこんなのが当たるだなんてなぁ〜。ドイツシステムに従う文化がないから、アメリカ覇権の方がマシだってさ。

 

 

■春アニメの感想戦

全体的には勝者なき春アニメって感じでした(苦笑) カバネリの失速が全てでしょう。リゼロは盛り上がるタイミングのズレによるものでしょうね。

 

●甲鉄城のカバネリ

バケモノと戦ってたのに、人間がしゃしゃり出てきてウザくなりすぎた。流石にネットでもこの系統の話題が出始めたので最終回前でもう失速は観測により確定。ダメになっちまった。人間同士で戦ってる場合じゃないだろ!という意味でもそうだし、せっかくのスチームパンクが、その成功例と成らなかった意味もあったりで。なんて罪深いのだろう。……というか、スチームパンクって結論がなくて尻すぼみなイメージがあってさー。カバネリもそのまんまでやんの(苦笑)

 

鉄道ってのがね、日本アニメ的にはヒット要因なのかな?とか思ったりしたんよ。ロードムービーの一形態として、日本は鉄道がクリティカル要因かもなって。銀河鉄道999とかね。もっというと宇宙戦艦ヤマトもロードムービー的なひたすら移動展開だし、ガンダムも木馬(ホワイトベース)がずっと動いてって、背景をどんどん変えていくでしょ。オリジナルの西遊記とかもそうだし、そこから派生のドラゴンボール……よりかは、ワンピースの方がロードムービー型だけどね。超ヒット作品での例外って、拠点防衛のエヴァンゲリオンぐらいじゃね?とか思ってしまう。

最終回を前にしてカバネリ設定すら捨てたから、まぁ、はい……。って感じ(苦笑)

 

◎ジョーカー・ゲーム

ぶっちゃけ、おそまつくんの後釜狙いでしょ?とか思って見てたんですけど、これがとんでもない。

とても良質のアニメ作品でした。本屋で目立ってたあの本が、まさかこの作品とは思わなかった。毎週楽しみに見させて貰いました。

今作のような、大人の鑑賞に耐えられるアニメが増えることを願ってやみません。まぁ、実際に大人の鑑賞に耐えられるかどうかは分からないけど(苦笑) ガンダムで言えば1st時代のシャア、銀英伝でいえばラインハルトのような、ある種の覚悟をもった人間像といった何かとの共通性を感じる作品でした。

 

三好が死んだのが自分でも意外なほどショックで。鍛え上げた有能が、あっけなく死ぬという理不尽さが堪えるんよ。時系列の関係で最終話にはいるんだけども(苦笑)

 

●ハンドレッド

作画崩壊こそしなかったけど、盛り上がりに欠けた作品。流石にねぇ、主人公の戦闘が詰まんなさ過ぎですよ。雄叫びをあげながら突っこんで行って、剣をでっかくして正面からぶった切るしかできないんだもん。どうにもならないでしょう(苦笑) 脇役の戦闘シーンのが遥かにマシっていう。

しかし、ツボというか、お約束を外さない見事なハーレム展開。原作はチュッチュしまくってそうだけど、どうなんだろ?

 

○アスタリスク

問題も多く残りました。たとえば、メインヒロインが弱くてまるで役に立たないとか(苦笑) それと主人公のは3段変形が最初から設定されているものの、期待感とかにまるで繋がらなかったこととか。この設定って死ぬんだ?とか中々に興味深くもあり。

設定的に大作の傾向が強めなこともあり、顔見せだけしてまったく出てこないキャラとかも大勢いましたしね。

やはり良かったのは女の子が可愛かったこと。特に1期ですかね。サヤの声と動きがマッチしていた感が強い。それとキリンちゃんの剣技に割かれるマンパワーというかお金というか、おっぱい力というか!(笑)

 

アスタリスクだけの話じゃないんですけど、続編が作られるアニメが少なくて、終わってない物語がどんどん増えて行きます。その意味だとメディアミックスでの漫画展開の方がラストに辿り着く可能性が高いぐらいではないかと。アニメでカジるだけ齧ったら、後は放置というかね。売れるかどうか?という意味もあるし、2クール作っただけでも評価するべきなんでしょうけどねー。A−1の、ちょっとイイトコ見てみたい。……続編は映画で?(アクセルワールドみたくw)

 

 

○ネトゲの嫁

最終話まだ見てないけど、意外なる伏兵というか。これが今期は最も予想外でした。普通に見れた。

しっかり作ってますね。原作がかなり端折られてる話も耳に入ってるけども、女の子可愛いし、空気感がいいんですよね。リアルで主人公しか男が居ないのが重要なファクターの気がしますが、それも嫁の亜子にがっちりキープされているのでハーレム感が小さく、意地汚い感じがなくなっている。だもんで、猫姫さんの「にゃー」語尾を愛でることが可能になってたりして。

 

●ビッグオーダー

まだ最終回見てないけど、惰性で見れたって感じでしょうか。

ラスボスが父親になった段階で世界というか世間が狭くて(苦笑) 妹のセナががんばり始めて、おっ?とか思ったんですけども。

核ミサイルって、爆発半径を最大にするために、上空で炸裂させるんですよね。

別に広範囲攻撃しようとしている訳じゃないんでしょうけども、地上に当たると爆発する!っていう設定でポカーンとしてしまいました。別に核ミサイルに刺して「爆発するな!」とか支配すればよくね?とかの設定の粗を探してしまうというか。

能力者ものとしては、ちょっち勿体なかったかなー。

 

 

●三者三葉

やっぱ次が最終回か。……正直、期待した程ではなかった。

動画工房さん的には失敗するべくして失敗していると思う。原作の設定の練りの甘さが露呈している感が否めない。読者?編集?の反応を見ながら、キャラを増やして漫画として成立させる系の、訓練された漫画家がやるような打ち切りを回避する「さばき技」の結果を見せられた気分しかなかった。

物語を動かしていくのが、大食いと薗部っていうね。題材選択の自由〜、アハハン。

 

 

誰か、ラディカルホスピタルをアニメにしてくれ。

 

 

・リゼロ

見事な端折りっぷり。剣鬼のおっちゃんが予想外のゴツさだった。

 

・マクロス

もう1クールでいいん、だよね? メッサー殺したのは中々。しかし、シェリルの2番煎じはキャラが不安定だね。ゴリゴリと、マックスの孫がヒロインなこともあってか、エピソードが分散して活躍しにくい。

個人的にはミラージュの覚醒に期待。

 

 

2016-06-22

[] 雑記

 

 

●UQ移植とプラットフォームについて

過去シーンですら千雨が出てこない。それはともかく、ひさびさのメディアミックス展開みたいですね。事実上の10月までの休載というかなんというか。

 

プラットフォームのていをなしていない!

 

ネギま!終了からUQ開始までの空白時間もありましたよ。今回のも似た様なもんだろうと理性では考えます。にも関わらず、なんだろう。別マガでの復活連載に感じるこの不安感はどこから来るのか?

どうもそれが、読みたいものがみんなバラバラになってる感覚にあるらしいのね。赤松健ひとりいなくなってもマガジンは平気という判断かもしれないが、どうもマガジン編集部に対する不信感というか、無能感・低脳感がぬぐいされないというか。

 

趣味にするための隠れた条件とは「話題の共有」にある。ここに同調圧力が発生するところに意味があるわけだ。みんな読んでるからボクも読まなきゃ!的な義務感というかね。そんなこと考えないでプラットフォーム増やした結果かどうかしらないけど、ジャンプですらボロボロというかなんというか。

 

漫画を面白くするには、プラットフォームは1つにして、競争させりゃいい。自然と残るのは面白い漫画だけになるだろう。でもこれだとマンガ家の生活は厳しくならざるをえない。さまざまな選択肢・オプションの存在が文化としての彩り・豊かさを生み出す土壌である可能性も(検証とかしてないけど)あるにはあるはずだ。

しかし、もうプラットフォームのていをなしていないでしょ。あっち、こっち、そっち、どっち?という具合だもの。こんなのプラットフォームでもなんでもない。バラバラに存在してるだけでしょ。「小説家になろう」の方がプラットフォームとしてずっと有能なんですけど(苦笑) プロの存在意義なんかなんもないやん。

 

雑誌を増やして、見かけの購買数増やしてきたツケが回ってきてんじゃねーの?

別マガ移籍? 買えばいいんでしょ、買えば。マガジン本誌買い続けるかどうかわからんけど。しかし、もう立ち読みする歳でもないのよね。ここのところのアクマゲームのお笑い展開とか好きなんだけどなー。

日本人の商売の下手さというか、香ばしさには呆れをこえて逆に怒りを感じてしまう。なにこのグダグダ。もうほんと、ネット系だけでもいくつのサイト回らなきゃいけないのやら。

 

ブログ的にも読者と話題の共有ができなくなるなるんだよなぁ。まぁ読者のこととか大して気にもしてなかったけどさー。ひどいけどね。

 

 

●夏アニメ、何をみればいいのかマジで分からない!

アルスラーン

これは継続。アルスラーン新刊でてるらしいけど、どこまで読んだかわからなさすぎて手が出ない。

 

クオリディア・コード

なんか、世界観共有もの? ケイオスドラゴンがつまんなかったんだよなぁ(苦笑) みるものなさそうなので一応。

 

スカーレッドライダーゼクス

なんか、ゲームのアニメ化? アマゾンの感想みるかぎりボロボロっぽいのだが……。もしかして地雷か? スカーレットならぬスカー「レッド」で、傷の赤とか、それなんてきのこワールド?とか思いつつ。

 

タブー・タトゥー

みるものなさ杉て、これとかどうなのだろう。

 

テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス

いわゆる「炎上テイルズ」をufoがアニメ化というヤツだ。炎上した部分をどう捌いてアニメにしたのか気になるところだけど、ゲームの方に関わってないから楽しめないかもしれない。

 

91Days

面白いのかな? ちょっとこういう系増えてきた感じあるというか。いや、ジョーカーゲームぐらいしか見てないけど。

 

ベルセルク

みなきゃいけないような気がする。みなきゃいけないような気がする。大事なことなのでトゥワイス。

 

魔装学園H×H

いわゆる駄作になるアニメ化のパターンを辿ってるやつだよね(苦笑) あ、ハンドレットや新妹魔王やったとこだ(笑) やばい、面白そう。

 

 

春アニメの感想戦はまた今度だなぁ。

 

2016-06-08

[] 雑記

 

 

●ベビステ

遂に散ったか……。ベビステが今週分の内容でファンタジーに突入しました。お疲れ様でしたという感じです。別に連載が終わる訳ではないし、実写ドラマとかやるらしいですが(笑)

今回の内容だと「大した理由もなく、走るスピードがアップした」だけなんですけど、「ここ」が分水嶺でしょう。終わったと思います。最大限がんばれば、なんとかならなくもない(なっちゃんは除く)ストーリー展開はもう無理ですね。

 

なので、リアルにベビステのことを考えるのなら、なっちゃんは上手くすればランキング100位以内に入れるかどうか。最高80位ぐらいになれれば御の字。本当なら200位以内も無理でしょう。主人公のえーちゃんは、もっと下をうろちょろしてお終いかな?っていう。本当のベビステなら、このぐらいですね。2人は結婚するかしないか、しない確率がけっこうあるような気がするんですが、えーちゃんは自分の子供、もしくは、才能のある「次の主人公」のコーチとしての出番でセカンドライフが妥当でしょう。それが本当のベビステの姿だと思います。

 

漫画なのでファンタジーでも良いんですよ。まったく構わない。なので、ここからはジャイアントステップです。えーちゃんは最高8位ぐらい、4大大会のどれかをまぐれで1回優勝して終わりとか、そのぐらいの幕引きが妥当かな?とか思ってます。

ファンタジーにしたとしても、ここから先の展開は描くの大変だろうし、がんばって欲しいものです。

 

 

とはいえ、実際問題「大した理由もなく、走るスピードがアップする」なんてありえません(苦笑) 1回ぐらいなら〜とか大目に見てもいいんですが、えーちゃんぐらいの実力だと、もう走るスピードはほとんど変えられません。「だから」日本人はランキング上位にまるで食い込めないんだし。錦織圭で大騒ぎしているのは、異例中の異例だからでしょ。

こうした意味では、日本人のコーチなんて本気でなんの役にも立たないのは証明済みですから。

人間を育てることのできる本当に優れた、素晴らしいコーチってのは天才なんです。マラソンのQちゃん育てた時の小出監督とか、奇跡みたいな現象を起こさないといけない。そうじゃないと人間はまるで育たない。成長なんぞに奇跡が必要になっちゃった時代というか。世代のせいだけど。才能とか奇跡とかうんざりするほど大安売りしないとどうにもならないっていう(苦笑)

イケメン集めた男子バレーのあのうんざりするような結果で、もうおなかいっぱいです。ハイキューがいくら頑張っても、オリンピックいけない集団の下の方の話だし(笑)

 

日本人はとっとと諦めて、速く走れるようになる靴でも作れば?とか思わずにはいられません。水着みたいなヤツね。いっそ、空気抵抗を削減する水着型テニスウェアとか来てボール追っかければいいんじゃないですかね。

 

 

●UQ

いつもの早送り展開ですね。格闘大会とかまで待てずに、ラスボスねぎきゅん出てきちゃったっていう。失禁するほどの緊張感を描いておいて、くしゃみ一発で会場をハダカ祭りにするという。ダーティというか、赤松節というか(笑) チェンジ・オブ・ペースというよりも、もはやドロップショット。

久々の、ラカンいいよラカン。とか思いつつ、のどか・ゆえが居る事で、逆に偽者臭がキツくなるというあたりですかね。

ここに千雨が入ってたら、正義の集団だと自動的に認定してた(笑)

……なんで刀太は脱げないんだっけ? これ伏線だろうけど、理由までは分からないな。ネギの魔力だから? 巧みに「脱げてないフェイト」が来て戦闘シーンをやるのかな?

 

 

●ハンタ

上手いなー。思わず、「もうヒソカ勝てないよ、これ!」とか思っちゃうもん。漫画的に考えたら、逆転フラグなんだけど。バンジーガムで全身を覆って、一方通行さんするのかな?とかぐらいしか思いつかない。