Transnational History このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

           Amazon.宇宙人ポール [DVD]マーシャル・ロー [DVD]グレート・ディベーター 栄光の教室 [DVD]オレンジと太陽 [DVD]

2009-06-05

[][]南京事件を認めると謝罪と賠償が求められ国益を損なう、と見えない恐怖に脅えている人について 南京事件を認めると謝罪と賠償が求められ国益を損なう、と見えない恐怖に脅えている人についてを含むブックマーク 南京事件を認めると謝罪と賠償が求められ国益を損なう、と見えない恐怖に脅えている人についてのブックマークコメント

今回の南京事件に関する一連のエントリーでの、とあるblogのコメ欄

南京事件があったことを日本が認めると中国からなんらかの賠償と謝罪が求められるから認められない。」

といった被害妄想の強い否定派の人をみかけた。こういった明らかな事実誤認に基づいた否定派というのは、こちらが「日本政府は被害者の具体的な人数については諸説有るとしているが、南京事件がおこったことは公式に認めているし、日中両国間の国交正常化以降に中国政府が謝罪や賠償を求めたことはありませんが。」と教えても、次に必ず(セット)と言っていいほど、

国益を損なうことになるから認められない。」「あなたは少し勉強不足ではないでしょうか?」

と、おもいっきしこちらがズッコケるようなレスを返してくる。しかも、きちんと事実関係を把握できていないのは自分の側であるにも関わらずなぜか自信満々に・・・。こういった事実関係より感情を優先するタイプというのは、経験上、こちらが丁寧に説明しても何一つ聞き入れず議論が無駄に終わることがほとんどである。この手の人たちというのは、日本の敗戦後に国民党と中国共産党国共内戦が続いたこともあって中国では長い間、南京事件の被害者というのは忘れられていた時期があったことや、1982年の日本側の教科書問題や南京事件を否定する閣僚の発言が先にあり、それに警戒心を強めた中国政府が南京大虐殺記念館建設の指示を出したことや*1、90年代まで中国政府は(南京事件を含む)歴史問題で日本を刺激するよりも経済協力を得る方を優先していたこと*2なども、おそらく知らないのだろう。

当ブログでは今まで慰安婦問題に関するのエントリーをそれなりに多く書いている*3のだけれど、類似のコメントは何度も付いた。慰安婦問題で韓国政府が日本に賠償金を求めたことなんてないのに*4「韓国は謝罪と賠償を求めている」とコメ欄で噛み付いてきた人たちのことだ。こちらが間違いを指摘すると同じように「〜を認めると国益を損なう。」と言い張っていたことを思い出す。

んで、この手の人たちって具体的にどのような国益が損なわれるのか提示したことは一度もない。ただ幻想上の見えない恐怖に脅え、そう思い込んでるだけなのである。例えばの話し、アメリカ政府が原爆投下を日本に謝罪したとしたら被害者や被害国から歓迎されることはあっても、何か損なわれるものがあるとは思えないのだが・・・。

それでも「南京事件なんて認めないよ!チュウゴクのプロパガンダにはニッポソプロパガンダで反撃せよ!」なんてマジで言っちゃうようなお花畑な人がいるとしたら以下の現実だけでも冷静に受けとめてほしいものだ。

  • 代表的な南京事件否定論者である東中野修道氏は夏淑琴さん名誉毀損訴訟で裁判所から「資料の解釈は妥当ではなく学問研究の成果に値しない。」と断じられ、中国では日本の右翼が被害者をニセ者呼ばわりし二重に苦しめた、と報道されたのでした……。
  • 南京事件否定本というのは海外の学者の間では、日本にはこんな馬鹿な歴史修正主義者がいるというサンプルとして取り上げられているというのが現実なんだ……。(参考:『南京事件と日本人』笠原十九司(著))。
  • 日本国内の報道では否定論者は「30万人は誤り」と30万人説だけを否定しているように見えるが、海外メディアでは一様に南京での大虐殺そのものを否定しているという報道になっている。会見では戸井田とおる議員が、「"We are absolutely positive that there was no massacre in Nanking," Toida said. 訳:我々は、大虐殺が南京で全くなかったことを確信しています。と、戸井田は言いました。」と言っていることから、内容的にはそのほうが正確だったのでした。これじゃあ逆効果だよ……。(参照:海外で報道される国会議員の南京事件否定論 - good2nd

南京事件がおこったことなんてアカデミズムの世界ではとっくに証明済みで、世界の常識。それをいつまでも必死に否定してるほうが、よっぽどみっともなくて恥さらしであり、そのような振る舞いは日本の国益とやらに、とてもじゃないがプラスになっているようにはみえないよな。


最後に、史実派の人たちの多くが南京事件初心者に『南京事件』笠原十九司 (著)とセットで『南京事件論争史』笠原十九司 (著)をススメているけど、個人的には論争史に加え、南京攻略戦に参加した日本軍兵士の当時の日記を引用しながら南京事件がなぜおこったのかとか、国際シンポジウムの場で研究者から否定派がどのように見られているかなど幅広く紹介されている『南京事件と日本人』笠原十九司 (著)も良書なので一読することをオススメします。


(6/6 このエントリーは後から少し追記しました。)

南京事件と日本人―戦争の記憶をめぐるナショナリズムとグローバリズム南京事件と日本人―戦争の記憶をめぐるナショナリズムとグローバリズム
笠原 十九司

柏書房 2002-02
売り上げランキング : 626621

Amazonで詳しく見る

南京事件論争史―日本人は史実をどう認識してきたか (平凡社新書)南京事件論争史―日本人は史実をどう認識してきたか (平凡社新書)
笠原 十九司

平凡社 2007-12
売り上げランキング : 63910

Amazonで詳しく見る

南京事件 (岩波新書)南京事件 (岩波新書)
笠原 十九司

岩波書店 1997-11
売り上げランキング : 20135

Amazonで詳しく見る

*1:(追記)日本側の行動は批判の外に (6/5追記) - Close to the Wall

*2「南京大虐殺は外交カード」? - 歌ったらアカン歌なんてあるわけないんだッ!

*3:まあ、多く書いてるだけで内容的にはたいしたこと書いていないんですが(苦笑)

*4:韓国政府が慰安婦問題で日本に賠償金を求めたことは一度もありません。1965年の「日韓条約」締結以降に植民地支配の賠償を求めたこともありません。

gingin1234gingin1234 2009/06/05 12:03 韓国政府は要求していないかもしれないが、馬鹿な日本人議員の中には「謝罪」だけではなく「賠償しなければならない」と言っている阿呆がいる。
日本の不幸なところは、必ずしも海外だけではなく、同胞であるはずの日本人が敵になりかねない所である。
馬鹿な日本人に希望を与えないためにも、我々は否定し続けるしかないのである。

> アメリカ政府が原爆投下を日本に謝罪したとしたら被害者や被害国から歓迎されることはあっても、何か損なわれるものがあるとは思えないのだが・・・。

じゃあ、何故アメリカは原爆について謝罪しないのでしょうか?
少なくとも、アメリカ大統領(またはその名代)が広島の原爆記念館を訪れたことはないはずですが。

WallersteinWallerstein 2009/06/05 13:41 まあ世の中には被爆者を「中国人も、ヒバクシャも、どいつもこいつも鬱陶しいったらありゃしない。」(http://d.hatena.ne.jp/CloseToTheWall/20090603/p1#c1244044601)と愚弄する反日主義者がいますからね(笑)。

Gl17Gl17 2009/06/05 16:36 別段ボッタくられやしない、という国家間の話と、個人の被害救済をわざと混同するテンプレがまた・・・。
人道上の個人救済以外で賠償しろとか言ってる日本議員なぞいるなら是非詳しく教えてほしいもの。(笑)

米国は原爆被害に対する批判はあれ、投下自体間違っていたなどとは全く認めてない。国際的評価も非道性は指摘しても只の虐殺とかではない。
日本政府は南京で虐殺のあったこと、その非が日本側にあることを公式見解としている。国際的評価としても日本側に汲むべき事情は殆どない。
このあからさまな違いが理解できないのは頭が悪いにも程がある。

poppo-xpoppo-x 2009/06/06 03:17 >韓国政府は要求していないかもしれないが、馬鹿な日本人議員の中には「謝罪」だけではなく「賠償しなければならない」と言っている阿呆がいる。

具体的な議員名と、そう判断される根拠を(某pediaなら、間違いなく[要出典]が付けられるところだ)。

fractionfraction 2009/06/06 10:22 誰もgingin1234氏その他の脳内妄想なんて気にしないので、心配ないですよ。それより単なる歴史事実にすら
直面できないひ弱な僕ちゃん達が日常生活でも自己欺瞞の中で生きているだろうことに暗然とします。(ま、本当言うと
事実と向き合えない人なんて沢山いるのでこれも心配していないのでした)

G17さん、
>別段ボッタくられやしない、という国家間の話と、個人の被害救済をわざと混同するテンプレがまた・・・。

こういった脳内妄想ゆんゆんの僕ちゃん達は「朕は国家なり」ですから、その逆で個人被害者に誠意を尽くして謝罪する、
あるいは賠償するってって行為は国家が他の国家に腹見せて、のど差し出したように思えるのですよ。
チンケなプライドしか拠り所のない僕ちゃん達には自分の犯した(彼らの脳内ではこう言う事になる、以下略)罪を
認めた結果人間の尊厳まで奪われるのが耐えられないんです。罪は償うのが当然、しかも無限に永遠に。
でもこのテーゼが自分に降り掛かるとやばいので自分が罪を犯した場合は犯罪の存在自体頬かむり。
これが酷使様達のセイギ感に溢れた生き様なのです。

WallersteinWallerstein 2009/06/06 10:32 >「朕は国家なり」
まさにgingin1234氏の生き様ですね。上の「ヒバクシャも、どいつもこいつも鬱陶しいったらありゃしない」という被爆者を踏みつける発言はgingin1234氏の発言ですから。要するに国家に補償を求める行為が鬱陶しいらしくて、まさに「朕は国家なり」なんでしょう。だから国家が自分の意思と反対のことをしてもそれは「反日」で、彼らにとって「日本」というのは自分の脳内の幻想とイコールなんでしょう。

poppen38poppen38 2009/06/10 16:50 >馬鹿な日本人議員の中には「謝罪」だけではなく「賠償しなければならない」と言っている阿呆がいる。
 これは「馬鹿な」ではなくて、「立派な」と評価するべきですね。このような議員がいるなら日本の政治家にもまだ希望が持てます。

>日本の不幸なところは、必ずしも海外だけではなく、同胞であるはずの日本人が敵になりかねない所である。
日本にとって真の不幸とは、gjngjn1234氏のように同胞に対して勝手な自分基準で「敵」というレッテルを貼る日本人がいることです。gjngjn1234氏は日本人を分断しようとする工作員なのでしょうか?

>じゃあ、何故アメリカは原爆について謝罪しないのでしょうか?
少なくとも、アメリカ大統領(またはその名代)が広島の原爆記念館を訪れたことはないはずですが。
ということは、もしいつかアメリカ政府が公式に日本に謝罪したら(未来のことは誰にも予見できないのでそんなことはありえないとは言えないはず)、日本政府が中国に謝罪することも受け入れるのですね。まあ過去の例からして(「ドイツと日本は違う」)、その時はまたアメリカと日本は違うという論法が出てくるのかもしれませんが。それ以前に日本と中国の問題に対して何故アメリカと日本の問題を引っ張り出してくるのかわかりませんけど。