NEM 2 SAN このページをアンテナに追加 RSSフィード

ロケットパンツ
過去ろぐ
空き地

2010-04-17 そして静かに心は離れてゆくと このエントリーを含むブックマーク

どうもおひさしぶりです。世界のブロガーエロ火です( ̄―+ ̄)

そっちはどうだいうまくやってるかい、こっちはこうさどうにもならんよ、今んとこはまあそんな感じな日常を送っていますが、僕は今でもアイドル大好きです。ここをしばらく更新していませんが、毎日アイドルに助けられて生きています。この前のPerfume P.T.A.ツアー@Zepp Tokyoも行ってきました。帰り際に「なんで国民全員がP.T.A.に入会しないのかわからない!」と繰り言を並べていました。

僕はヤスタカの作った曲が気に食わなくても、ライブでPerfumeさんがダンスしている姿を見れば即座に手のひらを返せるような軽薄な人間なのですが、どうしてもPuppy loveだけは何度見ても好きになれずにいました。楽曲の持つ淡い温度が好きだったのに、いやいや連れて来られた早朝ラジオ体操みたいなマネをなぜ強制されなきゃいけないんだと憤りすら感じていました。しかし、今回のライブで手のひらを回転させすぎて脱臼しました。なぜなら、あ〜ちゃんがすこぶる楽しそうだからです。あ〜ちゃんが全楽曲の中で最高に幸せそうだったからです。僕はかしゆかの姿勢の良さが好きで好きでかしゆか最強好き好き好きなのですが、どうしてもライブに行くとあ〜ちゃんばかりを見てしまいます。初めてギターを手にした少年のようなのっちの輝きも無敵だし、かしゆかのエロさはお釈迦様でも抑えこむことができないほどの暴君ぶりです。それでも、僕はあ〜ちゃんばかりを見てしまいます。スタンディングライブのよいところは、やっぱりあ〜ちゃんの笑顔を傍で見れることだと思います。強く望んで努力すれば、あ〜ちゃんの笑顔を自分自身の眼に直接捉えることができる。そしてそれが人の反応/反射速度を越えたスピードでみんなに伝染して、会場全体に笑顔が広がってゆく様は、どんな宗教でも辿り着けない至福の境地です。あ〜ちゃんという雫が波紋を生んでライブハウスが笑顔で満開になるのです。あ〜ちゃんのことを「ゴリラ」と呼ぶ友人たちをライブに連れて行けば、確実にあ〜ちゃんを一番愛してしまいます。正直、オフィシャルサイトまったくと言ってよいほど見てないし(あ〜ちゃんメイドはもちろん見た)、会員番号800番台なのに1500番くらいのチケットが届いたときは来年ファンクラブ辞めようと毎回強く誓うのに、あ〜ちゃんの笑顔を見るたびに改心する。やっぱり僕はPerfumeが好きだ。


今回のツアーが発表されたとき、一緒に全国ツアーを回ったヲタモダチに声をかけたら「今はももクロちゃん一本です」と返ってきて、本当に切なくて寂しくなった。あ〜ちゃんは今でもあの頃と変わらない笑顔だし、のっちもあの頃と変わらない全力のダンスを見せてくれるし、かしゆかに至っては以前よりもエロエロになっているのに、どうしてこうなってしまうんだろう、と。もちろん、ももいろクローバーが面白いのは円の外側にいてもじゅうぶん伝わってくる。例のメジャーデビューを決めた公開調印式もそうだし(ファンが自分のブログなどで公開記者会見の内容を掲載してくれるなら、プロのマスコミに交じって無料でこのイベントに参加できるという企画)、デビュー条件が『身長-100×0.8>本人の体重』というファンタジーさ加減も絶妙だし、しかもメンバー1人が不合格(結果、仮契約)という結末まで至れり尽くせりだ。他にも僕がCOOL!だと思ったのが、握手会の説明事項で、「雨天開催、メンバーの玉井詩織が立っていられない位の豪雨はイベントを中止する可能性がございます。予めご了承下さい。」という断りにも殺されました。AKBハロプロのカウンターとして成功したように、AKBができなくなったことや未開の地を開拓して秋元康を恐れさせる「今、会いに行けるアイドルももいろクローバーは、アイドル戦国時代と言われる今最も成功する確率が高い気がします。それでも、友だちに誘われても僕がももいろクローバーを見に行かない理由は、衣装が好きになれないとか、楽曲が好きになれないとか(”行くぜっ!怪盗少女”は盗聴音源だけ聴いたら最高だったけど)、そんな取ってつけたような理由よりも、Perfumeヲタがたくさん流れているイメージがあるからなのかもしれません。でも、一歩でも足を踏み入れたら「え? まだPerfumeのこと応援してるの?」とか言う自信は山盛りあります、僕はそういう人間です。


そんなわけで、僕のキャパシティーはハンパないので、Perfumeのライブから一ヶ月遡れば、同じZepp TokyoBuono!ライブを見ている僕がいるのです。ハロプロには一切興味がなくなったと思われているのであれば大間違いです。ライブを見た日のmixiに書いた日記を読み返すとこんなこと書いていました。


http://twitter.com/Smileagestaff

スマイレージのスタッフによるオフィシャルのtwitter。これがどれだけ革新的な出来事かは辛酸をなめてきたハロヲタの皆さんならわかるはず。こんなにもファンとスタッフの距離が近づいたことは今までに一度たりともなかった。このエポックメーキングな出来事が起こるに至った経緯には、一人のファンの情熱がある(と思う)。初期の頃からスマイレージを応援して独自のドメイン所得していたファンによる想いが、腰の重いハロプロスタッフを動かした。


『当サイト「S/mileage club」はドメイン「s-mileage.jp」を株式会社アップフロントワークス様に譲渡させていただくことになりました。

私が運営していたファンサイトS/mileage club」は閉鎖となり、「s-mileage.jp」はスマイレージ公式サイトとしてアップフロントワークス様が運営することになります。

更新頻度は少なくなっておりましたがこれまで当サイトをお楽しみいただいていた皆さんありがとうございました。

ドメイン譲渡にあたり、有料、会員限定コンテンツに注力せず、プロモーションに重点を置いて新規のファンを増やすサイト制作・運営をしていただく事を条件とさせていただきました。

公式サイトとして生まれ変わる「s-mileage.jp」にご期待ください。これからもスマイレージの応援よろしくお願いいたします。』


有料だったブログは開放され、Buono!の前座を勤めさせてエッグに興味のない人間に顔を覚えさせる方法も有効だったし、何よりtwitterに手を出したのは、頭の固いハロプロスタッフにしては青天の霹靂と言えるほど柔軟対応だった。これからハロプロはクローズし続けて、採取できるところから搾れるだけ搾ったら自然消滅するのかもしれないと思っていたが、もしかしたらこの風穴から何かが変わってゆくかもしれない。

S/mileageのほかにも大きな希望を背負っているのはBuono!だ。現状、メディア露出は皆無と言ってよいし、ハロプロという偏見の十字架を背負っている。しかし、この状況を一変できるクオリティーを持っているのは間違いない。まずつんくから脱却している曲が単純にいい、詩も十代の青臭さを内包していて美しい、ダンスもPerfumeなどからの影響を直截窺えて新しいフィールドに挑戦しているのも伝わってくる。それらを体現する彼女たち3人自身が持つ魅力は天井知らず。そして何よりライブが最高に面白い。不変と思われたメロン記念日の終焉が訪れた今、その奇跡のベクトルを未来へと繋げるのはBuono!であるべきだ。

ライブハウスに固執したほうがいい。ライブの客層がとても面白かった。指定席に慣れたハロヲタがほとんどのため、スタンディングのライブの乗り方がわからず戸惑っている人間が何人もいたり、厚着でそのまま最前ブロックに紛れ込んでいる高校生がいたり、みやびちゃん大好きな女の子がハゲとデブに囲まれていたりした。僕はこの光景を知っている。まだあ〜ちゃんが「見捨てないで下さい」と言っていたころのPerfumeのライブと酷似している。渾然とした客層は拡大し、更に大きな渦を生み、いつの間にか「混沌」が「常識」となっていった。Perfumeは楽曲の質とライブパフォーマンス、アイドル離れしたトークスキルと人柄、そしてPerfume自身への愛でたくさんの人を魅了した。

スタッフがBuono!を本気でブレイクさせたいのであれば、やはりライブアーティストとなるのが最短のルートだ。最早、誇大な広告展開で騙されるほど現代の若者の目は真っ白ではない。AKBももクロの火の付き方を見れば明らかだが、生の音と動きを体感しなければ人は動かない。そしてそれを動かすだけのマテリアルBuono!は持ち合わせている。まず真っ先にすべきは、カビの生えた台本を燃やし、彼女たちの本当の声を解放することだ。この時代に、MCを台本の三文芝居で乗り切っているのはハロプロぐらいだろう。本当のことを伝えなければ人はもう動かない。予定調和を破壊する桃子が賞賛される理由に気付くべきだ。

もう一つポイントとして、彼女たち自身がBuono!を愛し、本気でBuono!をブレイクさせたいと思っているか。彼女たちは環境に恵まれている。いくらでも逃げ道があるし、Buono!も選択肢の一つでしかないのかもしれない。それでも、この数あるユニットの一つであるBuono!に全てをそそぐだけの価値はある。僕はなんとなくだが「国民的」にブレイクするタイミングのPerfumeAKBにハイエナよろしく食いついてきた人間だ。そんな人間が勘違いしながら言わせてもらうと、このグループは絶対売れる! あとは、木村カエラや吉本芸人を巻き込むことが出来れば間違いない!!!


ついでだから東京女子流についても書いておく。さすがに幼すぎるよ……と敬遠していたのですが、デビューシングルと既に発表されているセカンドシングルがめちゃくちゃいい。しかも、いたいけさを武器にせずに、メンバー全員がかなりのレベルのダンスを正確に踊れる。そして、間違いなくガキなのだが、顔が小さく腰の位置がすんげえ高くてスタイルのよさが驚異的。オフィシャルサイトのプロフィールを見てみると、「日本からアジア全域、そして世界に向け発信したい」との説明。楽曲がよくて、スタイルがよくて、ダンスがうまくて、世界を視野に入れている、これってあ〜ちゃんも大好き韓国アイドルグループ少女時代のコンセプトと同じやないか! 僕はAKBを見ていて、アイドルファンとして非常に悔しい思いをしたことがある。AKB48韓国のミュージックアワードに出演した際に、彼女たちの楽曲の中でもハイレベルなダンスを要する"RIVER"を披露した。AKB48が踊っている画面上のワイプでは、韓国アイドルやアーティストが映っていた。彼らは、あからさまに鼻で笑い(なかには口をおさえている人もいた)、見下した目をしていた。韓国アイドルは、歌えて、踊れて、当然という地点からスタートしているので小馬鹿にしたい気持ちもわかるが、日本にはPerfumeがいるんだぞ!!!と歯軋りが止まらなかった。でも、最早、Perfumeはアーティストなんだろうし、生声で歌っていないのも確かだ。そして、現在「国民的」というタイトルを保持しているアイドルAKB48であるのも確かだ。そこで東京女子流に期待したい。少女時代のメンバーが最長で7年も研修期間を積んだのに対し、この年齢(本当は年齢不詳だけど)でのデビューは早すぎないかい?と危惧する面はありつつも、Perfumeのように現場力を幼少時から積ませるのは正しい判断なのかもしれない。彼女たちが歳を重ねて、もしも「国民的」というタイトルを奪取できるときがきたとき、日本における女性アイドルグループの価値観がまた少し変わるかもしれない。


それでは最後にAKBについて……書くのはまた今度で。

学生のころよりもアイドルに対するテンションやスタンスが変わっているのは否めない。それでも二十代後半に差し掛かかった今もなお、こうしてアイドルについて日記を書いている自分がいるということは、それはもう生活の一部にアイドルが住み着いていることを意味しているような気がする。つまり、廃人宣言です。

りんごりらっぱんつりんごりらっぱんつ 2011/03/09 01:02 ぐぅの音も出ません。
素晴らしい文章でした。

2009-10-27 最果てにて このエントリーを含むブックマーク

去る10月14日、エロ火ことエロ火a.k.a.エロ火featuringエロ火はもちろん横浜アリーナPerfumeさんを見てきました。追加公演まで感想を書くのは控えておこうと思ったのですが、一体全体誰に対して遠慮しているのかもわからないし、そもそも遠慮するのもバカらしいし、つーか俺なんて追加公演行けないしー、つーかつーか10月14日っていう中途半端な日の公演すらファンクラブ先行落ちて自力でチケットぴあで取ったしー、なんていうか情熱みたいのが冷めざるを得ない3階席スタンド1列目というこの上ないクソ席にぶち込まれた時点で、来年は絶対P.T.A.なんて辞めて今をときめく柱の会に入会しようと強く心に刻んでタイガーファイヤーサイバーとMIX打ちながら横浜アリーナの指定席に辿り着くと、そこはステージから直球ド真ん中スーパーゼロズレポジの上に視界を遮る物が何もなく全方位観覧可能の天皇陛下にご用意されたような玉座! 今こそ魅惑の勘違い発言を言えるとき! 見ろ人がゴミのようだ! 朕は国家なり! 俺はカート・コバーンの生まれかわり!!!

そんなわけで、初めて俯瞰できる場所からPerfumeのライブを見たのですが、すげえなって思いました。ライティングすげえのマジで。なんか三角になっちゃってんのマジで。すげえ勢いでグルングルン光線回ってギャーンギャーン光線クロスしてグワァラゴワガキーン光線飛んじゃってぇーマジですげーったらありやしねえっつーの、マジで。で、思うのはやっぱりPerfumeすげえなって、中田ヤスタカ感謝しなきゃダメだぞって、愛だなって、地球守らなきゃだぞって、みんな宇宙船地球号の乗組員なんだなって思いました。それぐらいPerfumeさんの愛は赤道直下を駆け抜けていらっしゃる。相変わらずのアリーナ周辺の客いじり。みんな必死でそりゃコスプレしていきますよそりゃ。コスプレLOVEっすよ。ビタミンドロップの服を着ていた女の子が超必死に飛び上がってアピールしていたんだけど完全無視されていて天上界からッププププと笑ったりはしないで、愛だなって本気と書いてマジで思ってました。でもこんな品性下劣な僕ですら感服仕るコスプレをされている方がいました。Pefumeにいじられてリストバンドで汗を拭う姿に萌死ぬかと思いました。僕はスクリーンにその人が映っている間、ずっと「かわいいかわいい」うわ言のように呟いていたくらいダントツでキュートでした。その人のスタイルは、額にツアータオルを巻き、そこから長髪を垂れ流し、上着は灰色(グレーというよりは灰色)のTシャツ、そしてアンダーはスウェットという「君を探していたんだよ!」と快哉を叫びたくなったTHE オールドスタイル! Perfumeから命名されたコスプレ名は「ルームウェア」!!! まだPerfumeファンも捨てたもんじゃないな、と温かくなった光景でした。

もしも僕がPerfumeさんにいじられる距離にいたならば、のっちをリスペクトして右足の裾だけを捲くり上げ「俺は銃なんか持ってないZ、マイメン!」とアピールし、Perfumeが気付いたならば即座にハンドサインを作り上げ、あ〜ちゃんが「あー! 知っとるそれ〜L.A.でしょー?」と甘えた声で乗っかってきたら「違うZ、これはイルでドープでデフな二等辺三角形をLoveでPeaceしてんのさ、アーイ?」とキメていたところだが、なんせ三階スタンドという隔絶された僻地にいたので夢が叶うことはありませんでした。冗談抜きで、今まではコスプレいじりを見るたびに漆黒の情念が湧き上がっていたのですが、それも含めて全部がラブリーに思えました。僕の情熱が薄れたのか歳を取って丸くなったのかはわからないけど、みんながみんな友達みたいな心温まる空間が膨張して、箱の大きさも年齢も職種も性別も取り払い、何もかもをハッピーにできるアーティストにPerfumeは成長した気がしました。Perfumeが素晴らしいのは、どんなに売れたとしても客の上に立ってライブをやらないところだと思いました。なんだかPerfumeのライブを見ると優しい気持ちになれます。人は一人では生きてゆけないとつくづく思いました。やっぱりライブって、みんなの心が一つになれるから素敵ですよね。

そんな僕が最後に言いたいのは、ファンクラブ限定ライブハウスツアーが始まったらコスプレしてる奴ら全員覚悟しておけよってことです。テメェラが最前ブロックに爆レスもらうためだけに入ってきやがったら圧縮始まった瞬間、ヤスタカもどきのグラサン叩き割り、ビール飲んでるカップルにショルダータックルをかまし、Vネックに黒縁眼鏡にヘッドホンだがしらねえがライブハウスに何も持ち込んでんねん!とVネックをIネックへと引き裂き黒縁眼鏡を赤縁眼鏡へと染め上げヘッドホンから彼氏募集中を爆音で流してやる。ここにPerfumeライブの感想を書くたびにmixiのコミュに貼って下さる親切な方がいらっしゃるが、俺の真の敵はお前らだ。なんでmixiに閉じこもってんだ。はてなダイアリーに思いの丈をぶちまけなさいよ。ブックマーク炎上しなさいよ。僕は偉そうに「Perfume」について語っているが、ぎりぎりライブハウスに間に合った堂々新参だ。だけど、臆面もなくPerfumeについて語れるのが新参の特権だろうよ。初めて見たPerfumeのライブの感想を大いに語りなさいよ、過剰なまでにあ〜ちゃんのトークを褒めなさいよ、のっちが一番ダンスが巧かったとか言っちゃいなさいよ、かしゆかがエロい!と叫ぶことがヲタ登竜門だろうが。そして分析なんかしちゃって誰もが口にしたがる「物語」がどうのこうの言っちゃったりして、古参に叩かれなさいよ。新参は古参に叩かれてナンボだろうが! そして古参を新参はキモがってナンボだろうが! そうすることによって「Perfumeって盛り上がってるんだな!!!」って敷衍させてゆきなさいよ! 愛を語りなさいよ! 誠意って何かね! 子供がまだ食ってる途中でしょうが!!!!! でも本当は、お前らの大半が死んじゃえばいつでもライブハウスで見れるとか思ってないんだからね★(今流行のツンデレです)


つまり、僕はハロプロからPerfumePerfumeからAKB、そしてついには韓国アイドルへと手を伸ばしてしまうような愛を知らないジプシーなので後は任せたってことです。いや、本当にカッコイイの! これ見てよ!


D


可愛くてカッコよくてナイスミュージックってこれ以上に何を望めばいいの? 要するに完璧じゃない。僕の探求者(≒キモヲタ)としての血が滾り、YouTubeにある日本語訳されている映像は片っ端からやっつけていったので、名前どころかそれぞれのキャラクターもだいたい把握しました。ユナ超好き。


D


これは最近発表された曲です。詳しくはわからないのですが、韓国ではCM(CFというらしい)に曲を提供する場合は、アルバムなどからシングルカットしたりタイアップとして売り出したりするだけでなく、丸々一曲CM用に曲を作りリリースしない場合もあるらしいです。豪気です。上の曲で少しでも彼女たちが気になった方がいらっしゃったとしたら”少女時代 Gee”をYouTubeで調べてみて下さい。これまたいい曲です。ちなみに最初の動画で唄っている”Sorry Sorry”という曲は事務所の先輩であるSuper Juniorというグループの曲です。


D


僕は彼らにもドハマリして同じようにYouTubeにある日本語訳動画は食べつくしました。

でもなんだかんだで一番貼りたかったのは下の動画です。


D


アイドルファンならば既に耳に入れている方々ばかりなのでしょうが、ここを見ている極一部のアイドルに興味が無い方々に是非モンで聴いて欲しい一曲です。初めて聞いたときに衝撃を受けて、自分を形成していた知識やら経験やら信条やらがずるりと音を立てて剥けた気がしました。ずっと貼りたかったのになんだかんだでこのタイミングになってしまいましたが、今までの文章や動画を無視されたとしても、これはどうか見て欲しい──というよりも聞いて欲しい。先入観が邪魔をするならば聴覚で感じて下さい。言ってしまいます、名曲です。

takeki_soultakeki_soul 2009/11/08 23:04 この曲も凄いですよね!
http://www.youtube.com/watch?v=346J-3eGxag

erohi69erohi69 2010/04/17 23:12 めちゃんこいいですよね!
彼女が成功することを願ってやみません。

2009-08-09 あああ僕はなにかやらかしてみたい このエントリーを含むブックマーク

Perfumeさんの追加公演の抽選に応募することを完全に忘れ(しかもツアーは全部落選)、RIJFは振込み締切日を間違え、Perfume離れが加速するマイライフに追い討ちをかけるかの如く土石流のような勢いで僕の日常を飲み込むAKB48ストリームに白旗寸前の可愛ければ何でもありなハイエナアイドルヲタクエロ火です、改めてよろしく。

そんな訳で君は、AKB48CBCラジオで月曜日20:00〜20:30に放送中の”今夜は帰らない…”をいやはや知っているのだろうか! 2007年から現在まで続くこのラジオは第6期目に入り、高橋みなみチームA)、倉持明日香チームK)、柏木由紀チームB)の三人でお送りしているのでげす。僕は第一回目からこのラジオを聴いている命知らずの人生浪費家だ。今まで数々のアイドルRADIOを部屋で一人正座しながら拝聴させて頂き、孤独に襲われ発狂寸前の毎日から救出してもらってきた。その感謝の気持ちを形で返したいと、引篭もりキモヲタリスナーから脱出し、平凡なキモヲタリスナーへと変態した僕の格闘記を今日は綴りたいと思う。

人生で一度だけラジオにメールを送ったことがある。それはあの石川梨華のちゃんちゃか☆チャーミー!最終回。ラジオというサイズを無視してありたっけの情念を込めて綴った長文メールは当然読まれることもなく誰の目に触れたのかもわからず石川さんのラジオとともに僕の記憶からも消えていた。それでいいんだと思った。自分の好きなラジオで自分の書いたメールを読まれることは、久しぶりに履いたジーンズから忘れ去られていた小銭が見つかるようなもので、自分から見つけ出すものではなくて何処からかふと訪れる小さな幸運なのだと思う。だから僕が”今夜は帰らない…”にメールを送ったのも、ただただ純粋に気になったことを友人に問うように投げかけただけだ。それが生まれて初めてラジオで読まれたメールだった。自分と同じようなこと考えている奴もいるんだなあ、なんて思った刹那に衝撃と興奮が綯交ぜになって一気に腹の底から吹き上がり脳天を突き抜けた。僕はここを見ているみんなのものであり、スーパー面白ブロガーネットアイドルなので、角が立ってはいけないと握手会などには全く行かず実際にアイドルとはコンタクトを取ってこなかった。そんな人間が大好きなアイドルから自分の名前を呼ばれたときのカタルシスが、カピカピのティッシュを爪にこびり付けた右手でいけしゃあしゃあと天下のアイドル様の玉手を平気で握れる厚顔無恥なお前らに理解できるか! いやできまい! 俺はその瞬間、アイドル童貞からアイドル素人童貞になったんだ!

時計仕掛けのオレンジの拷問ばりに何度も何度もその回を聴き直し、快感を覚えた類人猿は工夫もせずに2,3度同じような内容のメールを送ってみたが、もちろん読まれることなく、良い想い出として忘れないようにもう一度引篭もりリスナーへと世界を閉ざした。んだがしかし、”今夜は帰らない…”にAKB48が今までリリースしてきた曲(今回は「僕の太陽」のサビパート)の替え歌コーナーが生まれたため、MR.大喜利ことボケの神の子こと俺の半分はお笑いで出来ていること、皆さんご存知の大天才エロ火様の才知が黙っていられるわけもなく、再びアイドルラジオ戦場へと足を向け、数々のお笑い修羅場を潜り抜けてきた感性と経験をフル動員させて渾身の一通を送ってみた。そして、見事に読まれることに成功した! 狙い通りに一発で仕留める隠し切れない俺の神懸った笑いのセンス! その至高のネタがこれだ!!!


「君は今〜、春日、春日〜♪」


──時間を戻したい。俺は一体全体これを思いついたときどんな心境だったのだろう。たぶん結婚を考えていた彼女に振られたとかオナニーホールを使っているところを母親に見られたとか生涯の宿敵から「お前は私の息子だ」とか言われていたに違いない。正気とは思えない。平常心でこのネタを堂々と投稿した自分の豪胆さに恐怖さえする。しかもこのネタを読んだのがよりによって、鉄板スベリ女王・高橋みなみ。全てが場の空気絶対零度へと導く確約をしていた。そして結果、ゆきりんから放たれた一言がこれだ。

「……ハ、ハ、ハ」

ここ何年かで一番冷や汗かいた。感情が一切篭っていないゆきりんのThe 苦笑い、まゆゆ(もっちいが休みのため特別ゲスト)の完全なる沈黙。そして、ラジオがUPされたニコニコ動画へ一斉に書き込まれる「つまらない」「微妙」「すべった」「これはひどい」「こんなん送ってくるな」「ゴミみたいなネタ」という罵詈雑言の数々! 絶賛しているのはたかみなだけ! たかみなヲタとしては喜ぶべきポイントなのかもしれないが、俺に生まれたのは、漆黒なる殺意!!! テメェたかみなやりやがったなあああ!!!!!というフルパワーの責任転換! もっちぃがいれば! いや、まゆゆが読んだなら(むしろたかみながいなければ読まれることはなかっただろうけど)! つーか、たかみなのフォローがエグい! 勝手に「トゥース!」とか付け加えてやがる! しかも止めを刺すように春日のマネしながら「まゆゆ、なにかあったら僕が付き合ってあげるよ〜」とか何一つ勝算を見出せない発言をして、後輩に「……え?」とかマジ声で返されちゃって、瞬間的に生まれた静謐なる絶無の時間! アイドルの番組で放送事故起こっちゃったよ!!!!! なにしてくれてんだよたかみな!!!!!!! つーか、スベらせちゃってごめんよたかみな!!!!!!!!!

トラウマレベルのスベり方に茫然自失としていたら、気付けばラジオはエンディングを迎えていた。そこでなぜかもう一度読まれた俺の名前。




え? あれ? うそ? うそだー、ウソウソ、ウソだああああああああ!!! こ、これは、これはたまさか…………あた、あた、当たっちまったあああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!! ノベルティグッズ来るううううううううううううう!!!!!! たかみなゆきりんと、しかも今回はもっちいじゃなくて、特別ゲストとして来ていたまゆゆという超レアなサイン入りクリアファイルが当選しちまったああああああああああ!!!!!!!!!! た、た、た、たかみなさんありがとうございましたあああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!



f:id:erohi69:20090731012334j:image


エロ火ではなくエコロというPNから僕の倫理観が窺えて恥ずかしいのですが、超タカマリコ。AKB48は、一緒にポラ取ったり握手会とか頻繁にあるからサインはそんなに珍しくないのかもしれないけど、正直、人生で五指に入るテンションの上がりようです。……あれ? すげえ温度差感じるんだけど? はい? 今年で27歳になりますけど? なにか? そんな目で見られるのは慣れっこですけども?──うんこちんちーん!


だからというわけではないが、SDN48を見てきた。18歳未満は鑑賞できないAKB48の大人の姉妹グループ。僕は常々F1層アイドルグループが日本には少ないことに退屈を覚えていて、みんながみんな若い子の方へ並べ右する風潮に一石を投じる刺激的なアイコンSDN48は成りえるのではないかと期待を寄せている。本当は一曲一曲について触れたいけど始まったばかりの公演であるし、一曲ごとに「なにしてんねん!!!」という仰天タイムがあるので、その目でリアルに見て欲しい。テレビに映っているAKB48を見に行くつもりで観賞すると「革命が起こった!」と引っくり返るはずです。代わりに、メンバーそれぞれを一度見ただけの軽率な印象を書きたいと思います。

穐田和恵さんは、おそらくSDN48でプッシュされているメンバーの一人でとても綺麗な顔立ちをされています。酷く差別的な発言になりますが、僕の価値観に照らし合わせるとSDN48は全体的に顔面偏差値が高いです。伊藤花菜さんは一緒に見に行った友人が一目惚れしていて、自己紹介をしたときの声援に一々喜ぶのが可愛くてヤバかったです。中高生の女の子が舞台で緊張して縮こまっている姿は確かに応援したくなるのですが、二十歳を越えた女の子が初々しく恥らう様に僕は尋常ならぬエクスタシーを見出してしまい「これだ!」と涎を垂らしながら一人深く頷いていました。今吉めぐみさんは公式サイトで見た印象ではノンティーこと野呂佳代さんに似ているのかと思っていたのですが、喋りだしたら大分ロリっていて「これだ!」と鼻血を垂らしながら一人深く頷いていました。梅田悠さんはダンス要員として推されているメンバーの一人で上背はなくともスピード感溢れるキレキレのダンスを披露していました。しかも歌もうまい実力派ですが、顔は幼かったり艶やかだったり二面性を備えていて魅力的な人でした。浦野一美さんことCinDyは、メンバーの中で最も過密なスケジュールを潜り抜けてきたのだと推察しますが、前田敦子のポジションには立てなくても、teamA相手にAXのJESUSで見せたような迫力あるパフォーマンスを見せていてさすがだと思いました。大河内美紗さんは詩吟の師範代であり伸びのある歌声を随所で聞かせてくれて、SDN48は見せるだけでなく聞かせることも出来るグループに化けるんじゃないかと今後が楽しみになりました。

めーたんこと大堀恵さんはジャスト! 浮いていないどころかSDN48の動力炉として、中心でグループを活性化させている気がしました。ユニット曲は最高に楽しそうだし、また周りのメンバーがそれに一歩も引いてないので最高にハッピーな空気が伝わってきて素晴らしかったです。加藤雅美さんは間違いなくSDN48のセンター=顔であり、秋元康がこういうスタイルでこのグループを進めてゆくという決意の込められたシンボルだと思います。コケティッシュな容姿に「本当に素人だったの?」と疑いたくなる他を圧倒する表現力は特筆すべきものがあります。だけどMCになると、急激にテンションが下がり観客に拍手を入れるタイミングすら作れない拙いトークを見せて、そのギャップにキュン死しそうになります。河内麻沙美さんは周りのメンバーに比べて表情に落ち着きが見られ、AKB48を兼任しているメンバー以外では逸早く舞台慣れしそうな気がしました。もっとSDN48メンバーのMCが聞きたいです。あとエロぼくろは完璧に覚えました。前歴が社長秘書だった近藤さや香さんは河内麻沙美さんとはまた違った淑やかな落ち着きがあり、その所作から伝わる別格の礼節に色気を感じます。SDN48おもしれえ!と思わせてくれるメンバーの一人です。ゆかりんこと佐藤由加理さんは、自己紹介で「背後霊みたいなポジションでがんばる」と言っていたけど、かなり推されている気がした。AKBグラビアアイドルNO.1としての矜持をここで見せて欲しい。芹那さんは公式サイトで見た時点から僕の一推しで、劇場で生で見て改めてその可愛さにブッ殺されたのですが、僕は勝手に上品なお嬢さんをイメージしていたのでMCでのCinDyとの掛け合いには驚愕したって言うか、超アホじゃん!!!って感動すら覚えました。僕は、クラスの違うグループにいる女子に嫌われそうなタイプのアホな女の子が大好きなのです。下のアドレスから飛んで画像見て下さい。マジ、アホカワイイです。

http://ameblo.jp/sdn48official/image-10316782774-10229051841.html

チェン・チューさんはこのグループでは発火装置的な役割を担う爆発力とキュートさがありました。語彙のセンスが抜群で、一言で場を荒らせる茶目っ気を持っています。仲里安也美さんは出てきた瞬間、「おい、マジじゃねえか!」と逆に笑ってしまうような次元のダンスを見せてくれて、狙って得点を取れる能力の持ち主でありSDN48に急激な変化を与えるメンバー。ダンスパート以外でどんな顔を見せてくれるのか楽しみです。西国原礼子さんはSDN48最強のボーカリストで、仲里さんと同じくSDNに強烈なアクセントを加えるパフォーマーです。彼女が歌いだすと黙り込んでしまう本物の凄みがあります。野呂さんはSDN48のエースだと思いました。とにかくカッコ良かったし、誰よりも本気さが伝わってきた。teamKでのパフォーマンスと比較するのは愚かなことだけど、鬼気迫るほどの説得力がノンティーのダンスや歌に宿っていて、SDNに懸ける意気込みに打ちのめされた。ノンティーの他にAKB48から借り出されたCinDyとゆかりんはシングルメンバーに選抜され、同期で同い年のめーたんもアンダーガールズに選ばれ、言葉は悪いがその中で一人乗り残されたノンティーに忸怩たるものがないわけない。その悔しさやチャンスを掴み取ろうとする強い決意が、燻っていたスキルと合致して、最高にカッコいい姿を見せてくれました。トークもメンバーの雰囲気や客層の違いもあってか、伸び伸びと喋れている気がして段違いに面白かったです。あらゆる面で最高でした。畠山智妃さんは加藤さんに並ぶ二大プッシュメンバーで、度々センターを務めていました。他のメンバーとは系統が異なったあどけない顔立ちなのですが、曲中では妖艶な表情から無邪気な表情まで幅広く見せて、自力と経験の差を感じました。穐田さん、加藤さん、チェン・チュー、畠山さんの四人を最初の柱として進めて行くんだと思った。三ツ井裕美さんは腰を痛めてしまったらしく、一部出演だったのが残念だった。アンダーの岩田さんは背が小さくて可愛かったし、甲斐田さんは整った顔をされていたので、もっと活躍が見たい。なちゅが休演だったからこそ、めーたんとCinDyと芹那さんのトークが見れたのだけど、やっぱりなちゅのMC要員としての活躍も見たかった。

誰一人読んでいない可能性大だが、僕は独りでもSDN48を見に行きたいほど一度見ただけで大好きになりました。神公演と言われたB3rd「パジャマドライブ」公演よりもファーストインパクトは大きいです。公式ブログに書かれている『目標なんて、まだ考える余裕もない』というコピーが現状でしょうが、この真摯さと誠実さは本物です。不安定な余白の部分を楽しめるのは今だけなので、見に行けるうちに見といた方がいいと思うよ! 「学生時代に戻りたい」と嘆いている大人は是非とも優越感に浸っちゃってください!

ぎょはぁ!!!!!ぎょはぁ!!!!! 2009/08/17 19:51
ヘイヘイ!!あひひひほはぁwwwwwww ちょwwいきなりごめwwwwww
寝てるだけで5 万もらっちゃって真面目な自分がヴァカらしくなってさwwwww
はぁーいま女シャワー浴びてんだけど、もう1ラウンドでまた5 万くれるってYO!wwwwww
またマグロでさっさと中 出 しするわwwwwwwwww

http://kachi.strowcrue.net/k7kIBBt/

2009-07-07 取り戻すCycle と Circle このエントリーを含むブックマーク

D


普段は名古屋で活動しているSKE48のメンバーが、AKB48のファンにもそのパフォーマンスを見てもらうために秋葉原の劇場でオリジナル公演を行った。その公演を見たAKB48チームB)のなっちゃんこと平嶋夏海の日記。



 SKE48の公演みて・・・・・・・

 正直、心が折れました。

 いや、

 周りの評判聞いてたしこうなんだろうとは見る前から予想してたけど・・・

 皆ほんとに楽しそうに歌って踊って

 チームとして力が大きすぎで

 お腹いっぱいって感じ

 個人的にはゆいみんがやばい!!!

 雨のピアニストイノセンスは鳥肌がたった☆

 SKEにあって私たちには無いものがある

 すごく悔しい

 もっとがむしゃらにならなくちゃって思ってた

 あんまりうまく文章にできなかったです(´・∧・)



SKEの楽曲は、触れるタイミングが無かったから完全スルーを決め込んでいた。だけど、じゅりなこと松井珠理奈の西中こと中西優香(ああもう面倒くせえ!)に対する憧憬とも恋慕ともいえる視線がマジガチ過ぎて、SKE48ラジオ観覧車へようこそ!!”を聞き始めたらSKEにも感興がわいてしまい一気に楽曲聴き倒し映像を見て、結果、今まで避けていた自分を猛省した。

なっちゃんがきちんと言葉にしているが、現在のAKB48には無いものがある!というか喪失せざるを得なかったファクター──過ぎ去った季節──なんだろうけど、何かが変わる瞬間のマジックが彼女たちには秘められている。チームAの華々しさと王道感、チームKの身体能力と団結力、チームBの純朴さと向上心、それとは微妙に形は違えど、勝るとも劣らない光が詰まっている。名古屋は独自のカルチャーが発達して全国に広がってゆく発信力のある場所だから、もしかしたらSKEは、AKBが敷いたレールの上を走らずとも誰も踏み込んでいない独自の道を開拓できるかもしれない。AKB48黎明期に乗り遅れたことを惜しむ人、またはそれをリアルに通過した人たちがSKE48に想いを馳せる気持ちがなんとなく理解できた。


http://www.youtube.com/watch?v=dV-zhbHKUxY


SKE48のセンターを任されるじゅりなは端的に言って、「すごい」。まず中学一年生にして、強靭で確固たるプロ意識を獲得している。僕がじゅりなにLOVEずっきゅんしてしまったエピソードが2つある。

デビュー前のアイドルグループの恒例行事とも言えるダンスレッスンでの先生からの叱咤の場面。先生がメンバーに向かって「全然レベルが低い」「自分でやっていて、一瞬の隙も無くやり切っていると言える人は手を上げて」と彼女たちの気を引き締める為に語気鋭く言い放つ。緊迫した空気がその場に張り詰める。もちろん先生が求めていたのは彼女たちの無言のアンサーだ。しかし、その中で当時小学生だった彼女はたった一人、堂々と手を上げるのだ

幼さゆえの勘違いではない。それだけの自負が小学生の彼女には既に存在し、この状況下で手を上げる勇気と行動力を併せ持っていた。実際にじゅりなのパフォーマンスを見て、やり切っていないと言える人間こそ思い違いをしていると言ってもいい。二つ目のエピソードは、SKE初のオリジナル公演のダンスレッスン中の出来事。AKB48のシングル選抜メンバーに選ばれた松井珠理奈松井玲奈の二人は、他のメンバーに比べて練習に参加できる機会が少なく取り残されていた。その事態をダンスの先生が皮肉り、珠理奈と玲奈の頭文字を取って「JRさんは(大丈夫ですか?)……」と投掛ける。その場面で即座にじゅりなが言い返した言葉は「特急で教えて下さい!」。エスプリも効いているし、その強気の姿勢が素晴らしい。

彼女はメンタルだけでなく、尊敬しているたかみなにも負けない常に全力のダンスと天分に恵まれた表現力、12歳という年齢に照らし合わせると非現実的ともいえる凛々しく魅惑的な外貌を有している。なにより人間を全肯定するような爆発した「生命」の発露が凄まじい。見ているだけでこっちまで楽しくなってしまう圧倒的な陽光が全身から溢れ洩れている。アイドルになるために生まれてきたような宿命すらそこに見てしまう。僕は後藤真希松浦亜弥以来の傑物だと思っています。


http://www.youtube.com/watch?v=1DhV83fdVRc


他にもSKEには才気溢れるメンバーがいる。一人はみぃこと桑原みずき。狭小な視野だが僕の知る中では、AKBという枠を越えて同年代ではアイドル内ダンススキルNO.1。なぜプロダンサーではなくアイドルになろうと思ったのかが気になるほどに卓越したダンスを披露している。二人目はSKE48のキラーチューン”Innocence”でもメインボーカルを務めたゆいみんこと松下唯。SKEに入る前は何をやっていたんだろう。公演を見るまでは、この子に人気のある理由がわからなかった。件の選抜総選挙における政見放送で彼女を見たときの率直な印象は、典型的なドリーミーガール──極めて痛い子だった。20歳になる女性が第一声からロリ声で「こんにちぴょん!」と臆面もなく言い放つ旧態依然としたブリっ子キャラを終始貫くアプローチを首肯することが出来なかった。しかし蓋を開けたら圧巻のパフォーマンス。ダンスも抜群、歌唱力はAKB全体を含めてもベストだと思う。なっちゃんカルチャーショックを覚えるまでの異常なスキルを持っているのに、なぜあのキャラクターを選択したのか不思議でしょうがない。ちなみに僕の推しメンはぴっぴこと出口陽だ。


http://www.youtube.com/watch?v=mZ9kFKcDYyA


恐ろしくも素敵な時代だ。彼女たちを、SKEのオーディションを受ける運命に導いたのも、AKB48が一つずつハードルを乗り越えてきたからだ。これからこういう天才たちがどんどんAKBに加入してくると考えると、秋葉原・栄だけでなく、本当に全国制覇してしまう可能性があるから秋元康は不気味だ。



・おまけ


D


うさぎの国に帰れ!」

2009-05-16 こいつは強い このエントリーを含むブックマーク

6月にリリースされるAKB48の新曲”涙サプライズ!”には「13thシングル選抜総選挙」投票用シリアルナンバーカードが封入される。シングル選抜総選挙とは一体全体何ぞやと思われている方々に仔細を説明すると、本質的な意味を度外視して『AKB48』を一つのグループとする場合(名古屋を拠点とするSKE48や、まだ劇場デビューもしていない研究生を含む)、彼女たちは最早100人を越える大所帯どころか怪物的な組織となりつつあるらしい。あまりに膨大になったグループの中で、『AKB48』の看板を背負い、シングル曲を歌って踊れるのはほんの一握りのメンバーだけだ。そしてそのメンバーを今まで選抜してきたのは、当然とも言えるが上層部の大人たちだった。そこで一度考えを改め直し、原点でもある(初期のAKB48はアンケートでメンバーの人気を計っていたらしい。そのアンケート制度の恩恵を受けて、一度は落選しながらも劇場のカフェで働いていた篠田麻里子様がイレギュラーながらAKBに途中加入した)ファン投票により、次回のシングル選抜メンバーを決めてしまうという企画だ。

そもそもの事の発端は劇場支配人によるこのエントリーだった。

http://ameblo.jp/akihabara48/entry-10233244948.html

ポピュラリティーを獲得した弊害は様々な場所で生じた。現在は廃止されているがこのエントリーには何千件ものコメントが寄せられた。チケット譲渡の問題や劇場スタッフの対応、新参古参問題、出禁(劇場出入り禁止)を解いてくれなど、剥き出しになったたくさんの想いが書き込まれて、正に過渡期を映し出した混沌具合だった。その中でも目に付いたのが、「劇場で頑張っていないメンバーがシングルメンバーに選抜されるのはオカシイ」という意見。それは特定のメンバーの名前をあげた批判にまで過熱していた。またそれに対して反駁するコメントも書き込まれ、収拾がつかない巨大な熱の渦を巻き起こしていた。そこでAKBスタッフが打った一手が、シングル選抜総選挙であった。

お前らグチャグチャうるせえからテメェラで決めろや!というスタッフの打棄り。それは、ファンが投票しようがスタッフ側が決めようがどうせ大差ないメンバー選考になるであろうという秋元康の思惑が生み出した余裕なのかもしれない。そんな大人たちの策謀に、彼女たちAKB48の人生は左右されてしまうのです。しかし、それは同時に大きなチャンスでもあります。事務所の介入・利権問題・上層部の意向などとは別のレヴェルで闘うことが出来る。ファンの力は侮ることが出来ない。実際、今年行われた”リクエストアワー2009”というファン投票によるカウントダウン方式のライブでは、チームBの”初日”という曲が1位になりました。

これがどれだけエポックメーキングな出来事なのか。AKBにはチームAとチームKとチームBという3グループがあります(厳密には違うけど)。その中でも世間一般的なAKBのイメージを司っているのがチームA。もう段違いに人気がある。テレビに出てる子達もほとんどがこのメンバー。今まで選抜されてきたメンバーもほとんどがチームA。その次に人気があるのがチームK。テレビに出てるのもチームAとチームKで8割。前回のシングル曲である”10年桜”の選抜メンバー20人のうち、チームBからはたった3名。そんなチームBが、チームAやチームKどころか歴代のシングル曲を越えて、AKB全楽曲の中で1位を獲得したのです。こんなドラマティックな出来事が大人たちの小賢しい戦略を超越したところで起こり得てしまうのがAKBの面白さの一つだと思います。

そこでファンによる選抜総選挙です。彼女たちには僅かながらも自分自身の運命を自分たちで選択できる余地を与えられています、それがAKB48全メンバーによる「政見放送」です。1分間だけフリーに喋り、自己アピールできる場を与えられました。言わずもがな、そんなもんが総選挙に与える影響なんてのは蚊が刺す程度です。それでも必死に、魂を燃やして爪痕を残そうとする女がいるのです! それがAKB48チームBのCINDYこと浦野一美です!!!


下記に、その情熱の差を明確にするためにCINDYと別のメンバーの動画を動画を貼ってみます。


まずシングル選抜メンバーには必ず選ばれてきた、ともちんこと板野友美政見放送


D


アイドルらしくてカワイイですね。現時点で政見放送を終えた他のメンバーも大体同じような内容で(オカロは個性が出ていたけど)、特技、自分の生い立ち、将来の夢、可愛さアピールなど微笑ましいものになっています。しかし、次の動画を見て下さい。浦野一美の凄さを見て下さい。



D


浦野一美、最後のお願いにやってまいりました! 世界の経済が低迷し、もがき苦しむ中、金融自動車業界は再編をし、今までに無い道を探しております。我がAKB48も選抜固定のままでいいのでしょうか!? 古い概念をぶち破らない限り、明日は無い!と思っています。私のような年長者が立候補するのは煙たがられるような気もしますが、私は今回、どうしても選抜に入りたいのです! 苦節三年半、まだ一度も選抜に入ったことが無いからです……恐らく近い将来、私は卒業を余儀なくされてしまうでしょう。だからAKB48でチャンスを掴みたいのです! AKB48を変えた女として後世に名を残したいのです! AKB48を変えよう! 若いだけがアイドルじゃない! 高齢者に優しいAKB48を! Change the World!!! ぶっ壊せー!!! 作り直せー!!! A・K・B!!!」


座付き作家がついているとしか思えないクオリティー。なにより恐ろしいのは、この長文をカンペも見ずにカメラをガン見して一言も噛まず独演していることです。この悠久の歴史の中で、「恐らく近い将来、私は卒業を余儀なくされてしまうでしょう」なんて告白してしまえるアイドルが存在したでしょうか。それを許してしまうAKBスタッフの緩さも素敵ですが、僕は浦野一美に清き一票を投じたいと思います! なぜなら僕の推しメンである、たかみなや麻里子様は放って置いてでも必ず選抜される超絶人気メンバーだからです! みんなで歴史を作ろうじゃありませんか! 浦野一美浦野一美にどうか清き一票をッッッ!



あ、全く関係ありませんが今更ながらtumblr始めました。

http://erohi.tumblr.com/

いよっしゃーーっ!!!!いよっしゃーーっ!!!! 2009/06/22 21:08
これ始めたら女釣れすぎーw ww
いつもテ〃リ嬢に金払ってたのがバカみてぇ。。
だってヤる度に金くれんだもんヽ(´ー`)ノ
ぶっちゃけ風俗は卒業ッス(´ー`)y─┛~~

http://dopyun.quitblue.com/WZFL9yg/

むきゅっもきゅっ?むきゅっもきゅっ? 2009/06/22 21:09
いつもマヌコに空気入れてブリブリ音出させて遊んでんだけど
昨日の女動物の鳴き声みたいな変な音出たwwwwwwww
かなり締まりのイイ女だったんだがもしかしてそれが理由かな?
5万しか貰えなかったけどある意味貴重な経験出来たからおkだろwww

http://ahan.yumenokuni.net/PWZp7Cl/