Hatena::ブログ(Diary)

himaginaryの日記

2017-01-20

携帯電話業界における競争の政治的要因

|

というNBER論文をルイジ・ジンガレスらが書いているungated版)。原題は「Political Determinants of Competition in the Mobile Telecommunication Industry」で、著者はMara Faccio(パデュー大)、Luigi Zingales(シカゴ大)。

以下はその要旨。

We study how political factors shape competition in the mobile telecommunication sector. We show that the way a government designs the rules of the game has an impact on concentration, competition, and prices. Pro-competition regulation reduces prices, but does not hurt quality of services or investments. More democratic governments tend to design more competitive rules, while more politically connected operators are able to distort the rules in their favor, restricting competition. Government intervention has large redistributive effects: U.S. consumers would gain $65bn a year if U.S. mobile service prices were in line with German ones and $44bn if they were in line with Danish ones.

(拙訳)

我々は、携帯電話産業における競争を政治的要因がどのように形成するかを調べた。ここでは、政府による競争の規則の設計のやり方によって集中度、競争、および競争が影響を受けることを示す。親競争的な規制は価格を引き下げるが、サービスや投資の質は下げない。民主主義的な政府ほど競争的な規則を設計する傾向にある半面、政治的なコネを持つ携帯業者は規則を自分に有利な方向に捻じ曲げ、競争を制限することができる。政府の介入は大きな再分配効果を持つ。米国の携帯サービス価格がドイツ並みであったならば、米国消費者は年間650億ドルの利得を手にする。オランダ並みならば、440億ドルである。


一昨日紹介したスティグリッツのNBER論文は大手銀行への彼への反発(cf. ここ)が滲んでいたが、この論文は、親企業よりは親市場を、というジンガレスの持論(cf. ここ)を反映しているようである。

2017-01-19

担保可能性、業界の流動性、および金融循環

|

というNBER論文をダグラス・ダイアモンドやラグラム・ラジャンらが書いているungated版)。原題は「Pledgeability, Industry Liquidity, and Financing Cycles」で、著者はDouglas W. Diamond、Yunzhi Hu、Raghuram G. Rajan(いずれもシカゴ大)。

以下はその要旨。

Why are downturns following prolonged episodes of high valuations of firms so severe and long? Why do firms promise high external payments when they anticipate high valuations, and underperform subsequently? In this paper, we propose a theory of financing cycles where the control rights to enforce claims in an asset price boom (rights to sell assets) differ from the control rights used in more normal times (rights over cash flows that we term “pledgeability”). Firm management’s limited incentive to enhance pledgeability in an asset price boom can have long-drawn adverse effects in a downturn, which may not be resolved by renegotiation. This can also explain why involuntary asset turnover and asset misallocation to outsiders are high in a downturn as well as why industry productivity falls. The paper highlights an adverse consequence of high anticipated liquidity, working through leverage, on the economy’s access to finance and productivity when that liquidity fails to materialize.

(拙訳)

企業価値の高評価が長く続いた後の景気後退はなぜ非常に深刻かつ長期なものとなるのだろうか? なぜ企業は、高評価を予期している時に外部への高額の支払いを約束し、その後業績が低迷するのだろうか? 本稿では、資産価格ブーム期における権利を行使するための支配権(資産売却権)が、通常期に使われる支配権(キャッシュフローに関する権利で、ここでは担保可能性と呼ぶ)と異なるという金融循環の理論を提示する。担保可能性を高める企業経営者インセンティブ資産価格ブーム期では限定的なものとなることが、再交渉では解消しないような景気後退期における長引く悪影響につながる可能性がある。これによって、外部への非自発的資産の引き渡しや資産の誤った割り当てが景気後退期で多くなること、および、業界の生産性が低下する理由も説明できる。本稿は、予期された高い流動性が、その流動性が実現しなかった時にレバレッジを通じて経済金融へのアクセスや生産性に与える悪影響を強調する。

2017-01-18

電子信用/金融システムにおけるマクロ経済運営

|

というNBER論文スティグリッツ上げている原題は「Macro-economic Management in an Electronic Credit/Financial System」。

以下はその要旨。

Modern technology provides the basis of an efficient low-cost electronic payments as an alternative to the current system where fiat money is the medium of exchange. This paper explores possible macro-economic implication, showing how such a financial system might enhance government’s ability to control the level of aggregate demand. As in other arenas, in second-best situations with uncertainty, systems where there is an attempt to directly control quantities directly may perform better (e.g. have less volatility) than those using prices and other indirect control mechanisms. The paper identifies conditions under which in a system of electronic money, macroeconomic variability is lower when the level and direction of credit creation is directly controlled, through appropriately designed credit auctions, than in a system of indirect control of, say, investment via the interest rate. This is especially important since much macro-economic instability is associated with instability in credit creation and in the fraction allocated to newly produced goods and services. The paper also explains how, in an open economy, in a system of electronic money, credit auctions combined with trade chits might enable the control of net exports, again enhancing macro-stability. Finally, we explain how under a system of electronic money, the rents that are currently associated with credit creation and that arise from bank franchises—that constitute a form of appropriation of the returns from trust in the government and its ability and willingness to bail-out banks in the event of a crisis or bank run—could be appropriated by the government to a greater degree than at present.

(拙訳)

不換紙幣が交換の媒介となっている現行のシステムの代替として、現代の技術は、効率的で安価な電子的支払いの基盤を提供している。本稿ではそのことがマクロ経済にもたらし得る影響を研究し、そうした金融システムがどのように政府の総需要水準の管理能力を増強し得るか、を示す。他の分野と同様、不確実性の次善の状況において量を直接コントロールしようとするシステムは、価格や他の間接的なコントロ−ル機構を使うシステムに比べ、(ボラティリティが低いといった点で)優れている可能性がある。本稿では、適切に設計された信用オークションを通じて信用創造の水準と方向性が直接にコントロールされている場合に、電子マネーのシステムにおけるマクロ経済変動が、金利を通じた投資の管理といった間接的なコントロールのシステムにおける変動に比べて低くなる条件を明らかにする。マクロ経済不安定性のかなりの部分は、信用創造ならびに新規に生産される財やサービスに割り当てられる信用の不安定性と関連していることから、このことはとりわけ重要である。本稿ではまた、開放経済電子マネーシステムにおいて貿易伝票と結び付いた信用オークションが如何に純輸出のコントロールを可能にし、その点でもマクロ経済の安定性を高めるか、を説明する。最後に、現在信用創造と結び付いていて銀行の特権――それは政府への信用、ならびに、危機もしくは銀行取付騒ぎの際に政府が銀行を救済するという意思と能力によってもたらされる収益からの流用の一形態である――から生じているレントを、どのように政府が現在よりも多く接収し得るか、を説明する。

2017-01-17

ミクロデータと恒常所得仮説

|

ジョシュ・ヘンドリクソン(Josh Hendrickson)のThe Everyday Economistブログエントリと、ノアピニオン氏のブルームバーグ論説が、ほぼ同時に恒常所得仮説を取り上げ、ほぼ正反対の評価を下している。


ヘンドリクソンは、2005年にシカゴ大のエリック・ハーストらが出した研究を基に、以下のように書いている。

Mark Aguiar and Erik Hurst have a paper in the Journal of Political Economy that uses a cool data set that consists of food diaries of U.S. households. What the paper shows is that neither the quality nor quantity of food intake by retired households decline after retirement. In addition, they find that the food intake of unemployed workers does decline, but only as much as one would predict from the decline in permanent income typical of being displaced for some period of time from one’s job. In other words, if one considers the role of home production, then the evidence of a significant decline in expenditures following retirement or job displacement should not be interpreted as evidence against the permanent income hypothesis. Relying on expenditure data to measure consumption might cause one to incorrectly reject the permanent income hypothesis.

(拙訳)

マーク・アギーアとエリック・ハーストは、米国家計の日々の食事の記録という素晴らしいデータを使った論文をジャーナル・オブ・ポリティカル・エコノミーに掲載した。論文が示したのは、退職家計の食料の摂取は、質・量ともに退職後も低下しない、ということである。また彼らは、失業者の食料の摂取は低下するものの、その低下幅は、職を一定期間失った人が通常経験する恒常所得の低下から予測される程度に過ぎない、ということも見い出した。言い換えれば、自家生産の役割を考慮するならば、退職や失職の後の支出の顕著な低下という実証結果は、恒常所得仮説に反する証拠として解釈されるべきではない、ということである。消費を計測する際に支出データに頼ると、恒常所得仮説を誤って棄却することになりかねない。

これからヘンドリクソンは、経済学者にとっての以下の2つの教訓を引き出している。

  1. 利用可能なミクロデータが増えるにつれ、仮説検定に乗り出す前に、研究対象となる変数を正しく計測しているかどうかを考慮することが重要になる。
  2. モデルをデータで検証する際に消費支出という標準的な尺度を使う場合には、モデルの家計の決定に自己生産も取り込んでおく必要がある。さもなければ、研究者の言う消費と計算された消費の間に不整合が生じる。

一方、ノアピニオン氏は、ヘンドリクソンのその2条件を満たしつつ恒常所得仮説に否定的な結果を出した昨年初の論文を基に、以下のように書いている。

A new study by Peter Ganong and Pascal Noel shows that consumer behavior is more short term than almost any mainstream model predicts.

...

This means Friedman’s theory doesn’t just need a patch or two -- it needs a major overhaul.

(拙訳)

ピーター・ギャノングとパスカル・ノエルの新しい研究は、消費者の行動が、ほぼすべての主流派モデルが予測するよりも短期的であることを示した。

・・・

これが意味しているのは、フリードマンの理論は一つか二つのパッチを必要としているのではなく、全面的オーバーホールを必要としている、ということである。

以下は該当論文の要旨。

We study the spending of unemployed individuals using anonymized data on 210,000 checking accounts that received a direct deposit of unemployment insurance (UI) benefits. The account holders are similar to a representative sample of U.S. UI recipients in terms of income, spending, assets, and age.

Unemployment causes a large but short-lived drop in income, generating a need for liquidity. At onset of unemployment, monthly spending drops by 6%, and work-related expenses explain one-quarter of the drop. Spending declines by less than 1% with each additional month of UI receipt. When UI benefits are exhausted, spending falls sharply by 11%.

Unemployment is a good setting to test alternative models of consumption because the change in income is large. We find that families do little self-insurance before or during unemployment, in the sense that spending is very sensitive to monthly income. We compare the spending data to three benchmark models; the drop in spending from UI onset through exhaustion fits the buffer stock model well, but spending falls much more than predicted by the permanent income model and much less than the hand-to-mouth model. We identify two failures of the buffer stock model relative to the data – it predicts higher assets at onset, and it predicts that spending will evolve smoothly around the largely predictable income drop at benefit exhaustion.

(拙訳)

我々は、失業保険給付の口座振込を受けた21万の当座預金の匿名化されたデータを用いて、失業者支出を調べた。預金の所有者は、所得支出資産、年齢の点において、米国失業給付受給者の代表的なサンプルと類似していた。

失業は、大幅ではあるが短期的な所得の低下をもたらし、流動性への需要を引き起こす。失業直後の月次の支出は6%低下し、そのうちの1/4が仕事に関連する支出である。その後の失業給付受給期間中の毎月の低下幅は1%以下である。失業給付が無くなると、支出は11%と大きく低下する。

所得の変化が大きいため、消費の各種のモデルを検証する上で失業は良い条件を提供する。我々は、支出が月次収入に非常に敏感に反応するという点で、失業前や失業中に家計はあまり自らに保険を掛けていないことを見い出した。支出データを3つのベンチマークモデルと比較したところ、失業給付開始直後から終了までの支出の低下はバッファーストックモデルに良く当てはまったが、支出の低下は恒常所得仮説が予測するよりもかなり大幅で、その日暮らしモデルよりもかなり小幅だった。バッファーストックモデルは2つの点でデータに適合しないことを我々は見い出した。モデルの予測によれば、当初の資産はもっと大きかったはずであり、給付終了というおおむね予測可能な所得の低下の際には支出もっとスムーズに推移するはずであった。

基礎固め基礎固め 2017/01/19 20:47 食料はみそですね…じゃなかた食料がみそですね

失礼しました。

2017-01-16

システムのシステムと政策

|

BOEのチーフエコノミストのアンドリュー・ホールデン(Andrew Haldane)が、OECD Insightsに「From economic crisis to crisis in economics」と題したブログエントリを上げ複雑系理論、就中、複雑な「システムのシステム」という観点から公的政策の全体構造を捉えることを唱えている*1ホールデンに言わせれば、経済金融のシステムを理解するのに複雑系理論はますます使われるようになっているが(例:大手銀行をスーパースプレッダーと見做した疫学モデル)、政策という観点からの複雑系理論の適用は未だし、とのことである。

Although there is no generally-accepted definition of complexity, that proposed by Herbert Simon in The Architecture of Complexity – “one made up of a large number of parts that interact in a non-simple way” – captures well its everyday essence. The whole behaves very differently than the sum of its parts. The properties of complex systems typically give rise to irregular, and often highly non-normal, statistical distributions for these systems over time. This manifests itself as much fatter tails than a normal distribution would suggest. In other words, system-wide interactions and feedbacks generate a much higher probability of catastrophic events than Gaussian distributions would imply.

For evolutionary reasons of survival of the fittest, Simon posited that “decomposable” networks were more resilient and hence more likely to proliferate. By decomposable networks, he meant organisational structures which could be partitioned such that the resilience of the system as a whole was not reliant on any one sub-element. This may be a reasonable long-run description of some real-world complex systems, but less suitable as a description of the evolution of socio-economic systems. The efficiency of many of today’s networks relies on their hyper-connectivity. There are, in the language of economics, significantly increasing returns to scale and scope in a network industry. Think of the benefits of global supply chains and global interbank networks for trade and financial risk-sharing. This provides a powerful secular incentive for non-decomposable socio-economic systems.

Moreover, if these hyper-connected networks do face systemic threat, they are often able to adapt in ways which avoid extinction. For example, the risk of social, economic or financial disorder will typically lead to an adaptation of policies to prevent systemic collapse. These adaptive policy responses may preserve otherwise-fragile socio-economic topologies. They may even further encourage the growth of connectivity and complexity of these networks. Policies to support “super-spreader” banks in a crisis for instance may encourage them to become larger and more complex. The combination of network economies and policy responses to failure means socio-economic systems may be less Darwinian, and hence decomposable, than natural and biological systems.

(拙訳)

複雑性に関する一般に受け入れられた定義は存在しないが、ハーバート・サイモンが「複雑系の構造*2提案した「単純でないやり方で相互作用する多数の部分から成り立っているもの」という定義は、その日常的な本質を良く捉えている。全体は、部分の合計とはかなり違った動きをする。これらのシステムでは、複雑系特性により、不規則かつ非常に正規分布から離れていることが多い統計的分布が長期的にもたらされるのが普通である。具体的には、正規分布よりもかなり裾が厚くなる。言い換えれば、システム全体に亘る相互作用やフィードバックは、ガウス分布が示すよりもかなり高い確率で破滅的な出来事を引き起こす。

適者生存という進化上の理由により、サイモンは、「分解可能な」ネットワークがより弾力性が高く、従ってより増殖するであろうと仮定した。分解可能なネットワークという言葉で彼が意味したのは、分割可能であるため、システム全体の弾力性がどれか一つの副要素に依存しないような組織構造であった。これは実世界の何らかの複雑系の長期的な描写としては妥当なものかもしれないが、社会経済システムの発展を描写する上ではそれほど適切なものではない。今日の多くのネットワークの効率性は、その高度の接続性に依存している。経済学用語で言えば、ネットワークで繋がっている業界には、規模と範囲に関する顕著な収穫逓増が存在するのである。グローバルサプライチェーンとグローバルな銀行間ネットワークが貿易や金融リスクシェアリングに与える恩恵を考えてみてほしい。これは非分解可能な社会経済システムに対する力強い趨勢的なインセンティブをもたらす。

また、もし実際にこれらの高度に接続されたネットワークがシステミックな脅威に晒された場合は、消滅を避けるようなやり方で適応できることが多い。例えば、社会、経済、もしくは金融の混乱のリスクは、システミックな崩壊を防ぐために政策を適応させることにつながるのが通例である。そうした適応的な政策対応は、それが無ければ脆弱なものとなる社会経済の形態を維持するだろう。それらの政策によって、当該のネットワークの接続性や複雑性の増大がむしろさらに促されるかもしれない。例えば危機の際に「スーパースプレッダー」銀行を支援する政策は、そうした銀行がさらに大きく複雑になることを促進するかもしれない。ネットワーク経済と、失敗に対する政策対応の組み合わせが意味するところは、社会経済システムが自然のシステムや生物システムほどダーウィン的ではなく、従ってそれほど分解可能ではないかもしれない、ということである。


こうした複雑なシステムのシステムという観点からもたらされる政策への含意としてホールデンは、以下の3点を挙げている。

  1. 正確なデータと、システムの各層をタイミング良く把握することの重要性
    • 各層自体が複雑である場合には特に重要で、そうした複雑なサブシステム内およびサブシステム間の相互作用を捉えるためには、粒状データが必要となる。
  2. それら各層と層同士の相互作用のモデル化の重要性
    • システムリスクと動学の理解、および、取り得る政策対応のカリブレーションのためにそうしたモデル化が重要なものとなる可能性が高い
  3. リスク管理のためには、ティンバーゲンルール的なものが適用される可能性が高い
    • リスクを効果的に監視し管理するために、システムのシステムの複雑なサブコンポーネントと少なくとも同数の政策手段が必要となるだろう
    • 換言すれば、過少識別された複雑なシステムのシステムは、制御不能に陥る可能性が高い。

*1:なお、タイトルから昨日紹介した議論の発端と思われた人もいるようだが、時系列的にも内容的にも関連は乏しい(こちらでは昨日紹介した議論論点となったマイケル・フィッシャーやサブプライムブレグジットについては触れられていない)。

*2cf. 関連日本語文献