Hatena::ブログ(Diary)

himaginaryの日記

2015-08-04

カーネマンが自分の知的遺産として記憶されたいこと

|

引き続きカーネマンのガーディアン紙インタビュー記事から。カーネマンの心理学で世界を変えることができないにしても、改善はできるかも、という話。

But there are more modest ways his insights can help us avoid making mistakes. He advises, for example, that meetings start with participants writing down their ideas about the issue at hand before anyone speaks. That way, the halo effect – whereby the concerns raised first and most assertively dominate the discussion – can be mitigated, and a range of views considered. Then there is the concept of adversarial collaboration, an attempt to do away with pointless academic feuding. Though he doesn’t like to think in terms of leaving a legacy, it’s one thing he says he hopes to be remembered for. In the early 2000s Kahneman sought out a leading opponent of his view that so-called expert judgments were frequently flawed. Gary Klein’s research focused on the ability of professionals such as firefighters to make intuitive but highly skilled judgments in difficult circumstances. “We spent five or six years trying to figure out the boundary, where he’s right, where I am right. And that was a very satisfying experience. We wrote a paper entitled ‘A Failure to Disagree’”.

(拙訳)

しかし、間違いを防ぐために彼の洞察の手助けを借りるもっと地道なやり方はある。例えば、会議の冒頭、誰かが発言する前に、各参加者が議題についての自分の考えを書き記す、ということを彼は勧めている。それによって、ハロー効果――その効果のため、最初に最も断定的に提起された懸念が議論支配するようになる――が緩和され、様々な見解が検討されるようになる。また、不毛な学問的抗争を排除する試みとして、対立的共同作業という考え方も彼は提示している。遺産を残すという発想を彼は好まないが、対立的共同作業はそれによって自分が記憶されたいと思うものの一つだ、と彼は言う。2000年代初めに彼は、いわゆる専門家判断には問題があることが多い、という彼の見解に特に反対する人に行き当たった。ゲイリー・クラインの研究は、消防士のような専門家が、困難な状況において、直観的だが高度の技能を伴う判断を行う能力に焦点を当てていた。「我々は5年から6年の歳月を費やして、彼が正しいことと、私が正しいことの境界を見つけようとしました。それは非常に満足すべき経験でした。我々は『意見が一致しないことに失敗』と題された論文を書きました。」

2015-08-03

カーネマンが魔法の杖を持っていたとしたら…

|

昨日エントリで紹介したガーディアン記事は、「Daniel Kahneman: ‘What would I eliminate if I had a magic wand? Overconfidence’」と題されていた。以下は、そのタイトルの元となった箇所の引用(Mostly Economicsが引用した箇所でもある)。

What’s fascinating is that Kahneman’s work explicitly swims against the current of human thought. Not even he believes that the various flaws that bedevil decision-making can be successfully corrected. The most damaging of these is overconfidence: the kind of optimism that leads governments to believe that wars are quickly winnable and capital projects will come in on budget despite statistics predicting exactly the opposite. It is the bias he says he would most like to eliminate if he had a magic wand. But it “is built so deeply into the structure of the mind that you couldn’t change it without changing many other things”.

The same applies to our habit of predicting stereotypical outcomes at the expense of what’s known about the world. When told of a student, Tom, who has a preference for neat and tidy systems and a penchant for sci-fi, most of us guess that he’s studying computer sciences and not a humanities subject. This is despite the fact that the group studying the latter is far larger. “Think of it this way. A form of stereotyping is involved in understanding the world. So I have a stereotype of a table, I have a stereotype of chairs. Now when you start having stereotypes of social groups, it’s the human mind at work. It’s not a different mind. It’s what you need to get around in the world.” You can slow down and become aware of this, Kahneman believes, but the underlying mechanism isn’t going to change.

(拙訳)

興味深いのは、カーネマンの研究が、人間の考えの流れに反することを明示的に志向していることである。彼でさえ、意思決定を誤らせる様々な欠点を上手く是正できるとは考えていない。その中で最も損害が大きいのは過信である。即ち、政府が、統計は正反対のことを予測しているにも関わらず、戦争はすぐに勝利を収められると信じ、資金計画が予算内に収まると信じるような楽観主義である。それは、もし彼が魔法の杖を持っていたとしたら最も無くしたいバイアスである、と彼は言う。しかしそれは「心理構造にあまりにも深く組み込まれているため、他の多くのことを変えること無しに変えることができない」。

同じことは、世界について知られていることを無視してステレオタイプな結果を予測する我々の習慣にも当てはまる。きちんと整備された体系を好み、SFを趣味とする学生トムのことを聞いたならば、我々の多くは、彼が文系ではなくコンピュータ科学を専攻していると推測する。文系を専攻している学生が圧倒的に多いにも関わらず、である。「このように考えてみてほしい。ステレオタイプに落とし込むやり方というのは世界を理解することに伴うものだ。従って私は椅子に関するステレオタイプを持っているし、机に関するステレオタイプを持っている。社会的集団についてステレオタイプを持つようになったということは、そうした人間の心理が作用しているということだ。違う心理が作用しているわけではない。それは世界で生きていくために必要な心理作用なのだ。」 少しペースダウンしてこのことを意識することはできるが、裏にあるメカニズムが変わることは無い、とカーネマンは考えている。

2015-08-02

カーネマンとパレスチナ問題

|

先月半ばのガーディアンダニエル・カーネマンのインタビュー記事が掲載されている(H/T Mostly Economics)。そこではナチスの迫害から逃げ回った少年時代が語られた後に、イスラエルでのパレスチナ問題に関する彼の見方が示されている。

As an Israeli, there at the very birth of the nation, Kahneman has had a front-row seat in one of the most vivid theatres of human misunderstanding. His work has much to say about prejudice, the inability to fully recognise alternative points of view and our strong aversion to losses, which considerably outweighs the satisfaction we get from gains. Can he explain why, in this area, it’s been so hard to achieve a meeting of minds?

“I’m far on the left of the spectrum in Israeli politics and always have been,” he says. “I hated the notion of occupation since the very beginning. My first memories from after the 67 war are travelling with my children in the occupied territories. There were awnings over groceries stores with Hebrew lettering advertising Osem noodles. I couldn’t bear it. I thought that was dreadful because I remembered German lettering in France. I have very strong feelings about Israel as an occupier.”

Despite this, Kahneman has found it impossible to envisage a settlement that will satisfy both sides. “I don’t believe in the power of rational argument in this context,” he says, with an air of resignation. He mentions one occasion when he was visited at his university by a Palestinian academic after 67. They were getting on famously. But then “we tried to negotiate peace, and we failed, essentially on the right of return, which although obviously a legitimate demand among the Palestinians, means the destruction of Israel. So people who don’t want Israel destroyed cannot accept the right of return, even though they might understand that it has legitimacy behind it.”

(拙訳)

国家がまさに誕生した時に居合わせたイスラエル人として、カーネマンは、人間の誤解に関する最も鮮やかな現場の一つを最前列で目撃することになった。彼の研究では、先入観、別の立場からの見解を完全に認識する能力の欠如、および、利益から得る満足を遥かに凌ぐ損失に対する強い忌避、についての数多くの知見が含まれている。この問題についての合意がこれほど難しい理由を彼は説明できるだろうか?

イスラエルの政治の分布において私はかなり左に位置していますし、これまでもずっとそうでした」と彼は言う。「とにかく最初から占領という考えを私は嫌っていました。67年の戦争後の私の最初の記憶は、占領地域を子供と一緒に旅した時のものです。食料品店の天幕には、オセムのヌードルを宣伝するヘブライ文字が書かれていました。私にはそれは耐えられませんでした。フランスドイツ語で書かれたものを思い出して、これは恐ろしいことだと思いました。私は占領者としてのイスラエルに対して非常に強い感情を持っています。」

それにも関わらず、両者を満足させる合意を見通すのは不可能だ、とカーネマンは言う。「この問題については合理的な議論の力を私は信じていません」と諦めた感じで彼は言う。彼は、67年の後に、あるパレスチナ人の学者が大学に彼のもとを訪れた時のことを語った。彼らは仲が良いことで有名だった。しかし、その時、「私たちは和平交渉を試みましたが、失敗しました。失敗は基本的に帰還権が原因でした。帰還権は明らかにパレスチナ人にとって正当な要求ですが、イスラエルの滅亡を意味します。従ってイスラエルの滅亡を望まない人々は、帰還権を受け入れることができません。たとえその権利に正当性があることを理解していたとしても、です。」

2015-08-01

風立ちぬの経済学

|

ライト兄弟が飛行機を発明したにも関わらず、なぜその後に米国航空機業界で優位に立てなかったのか、という点について、Tim Taylorが以下の論文から引用を行っている

Blaming Wilbur and Orville

The answer lies in a 1913 congressional study of aeronautical expenditures by the nations of the world. Germany led the world, with $28,000,000 spent on aviation between 1908 and 1913. France, Russia, Italy, and Austria followed close behind, with England in sixth place with a total national expenditure of $3,000,000 for aeronautics. Having spent only $435,000 for all flight-related activity during that five-year period, the United States was in thirteenth place, behind Japan, Chile, Greece, and Brazil. (All figures are from Aeronautics in the Army, hearing before the Committee on Military Affairs, U.S. House of Representatives, sixty-third Congress, first session, 1913.) In addition to official appropriations, several leading aeronautical powers had also established national subscriptions that provided an additional $7,100,000 in private financial support for their aeronautical industries. Once again, Germany led the way, with $3,500,000 in private funds, followed by France ($2,500,000), Italy ($1,000,000), and Russia ($100,000). According to official U.S. government estimates, the other nations of the world had spent a total of $93,620,000 in public and private funds on aviation between 1908 and 1913.

(拙訳)

その答えは、世界各国の航空関連支出を調べた1913年議会調査にある。ドイツが世界で最も多く、1908年1913年の間に2800万ドルを支出した。フランスロシアイタリアオーストリアが踵を接してそれに続き、航空関連に総額300万ドルの国家支出を行った英国は6位だった。その5年間に航空関連の全活動に43万5000ドルの支出しかしなかった米国は13位で、日本、チリ、ギリシャ、およびブラジルに遅れを取っていた(すべての数字の出所は、1913年米国下院第63回議会第一セッション軍事委員会におけるヒアリング軍事における航空」である)。公的予算に加えて、幾つかの航空大手は国単位の寄付の体制を構築し、航空業界への民間の金融支援として710万ドルを追加で確保した。ここでも350万ドルの民間基金を得たドイツが一位となり、フランス(250万ドル)、イタリア(100万ドル)、およびロシア(10万ドル)がそれに続いた。米国政府の公的な推計によると、米国以外の世界各国は1908年1913年の間に官民合わせて総額9362万ドルを航空関連に費やしたという。


論文では、第一次大戦時の状況を以下のように描写している。

That America had fallen far behind Europe in aviation by 1917 is beyond doubt. Every American airman who flew into combat in the “war to end all wars” did so in an airplane entirely designed and almost entirely built in Europe, except for those naval aviators operating Curtiss flying boats in search of enemy U-boats.

(拙訳)

米国航空機に関して1917年までに欧州に大きく後れを取ったことは疑問の余地が無い。「すべての戦争を終わらせるための戦争*1」の戦闘で飛んだすべての米国人は、完全に欧州で設計され、ほぼ完全に欧州で組み立てられた航空機で出撃した。例外は、敵のUボートを探索するためにカーチスの飛行艇を操縦していた海軍の飛行士だった。


一般には、ライト兄弟の会社(Wright Company)と、カーチス社など他の航空機製造会社との特許紛争が米国航空機業界の足を引っ張ったとされるが(ちなみに後の1929年にライト社とカーチス社は結局合併することになる)、Crouch論文ではその見方は否定され、つまるところは軍事的必要性とカネが物を言ったのだ、という見解を示している。

In America, ... flying was the domain of aerial showmen out to thrill the crowds at local meets and air shows with old-style pusher biplanes. In Europe, on the other hand, rich prizes were established to promote improvements in airframe and engine technology. Competition encouraged the development of aircraft that could fly higher, faster, and farther. ... With war clouds glowering on the horizon, European nations had invested heavily in a set of new technologies with military potential. Americans, an ocean away from potential conflict, did not see the need to support the embryonic industry. ... [T]he failure of other American aircraft builders to keep up with advances in Europe had little to do with the patent wars and everything to do with a limited market and the low level of public and private investment in flight technology.

(拙訳)

米国では、・・・飛行は、地元の大会や航空ショーで旧式の推進式複葉機で大衆を興奮させる航空ショーマンのものだった。一方、欧州では、機体とエンジンの技術の改善を促すため多額の賞金が設定された。競争が、より高く、より速く、より遠くに飛べる航空機の開発を促進した。・・・水平線に戦争の雲が立ち込めている状況下で、欧州各国は軍事的可能性を持つ一連の新技術に大きく投資した。あり得る戦争から大西洋で隔てられていた米国は、揺籃期の産業を支援する必要性を感じなかった。・・・他の米国航空機製造業者が欧州での進歩から遅れを取った理由は、特許紛争とは殆ど関係が無く、限定された市場と、低水準の航空技術への官民の投資が大いに関係していた。

2015-07-31

「紐を押す」の語源

|

「紐を押す」という言葉の起源はしばしばケインズに帰せられるが*1Tim Taylorがそれについて以下のように書いている

Although I have seen the "can't push on a string" metaphor attributed to John Maynard Keynes in a number of places, I haven't seen an actual primary source where Keynes used the phrase.

(拙訳)

「紐を押すことはできない」という比喩がケインズに帰せられるのを数多く目にしてきたが、ケインズがそのフレーズを用いた実際の一次的なソースを目にしたことはない。


その代わりにここでTaylorが提示しているのが、トーマス・アラン・ゴールズボロー議員民主党メリーランド)起源説である*2。彼は、1935年3月18日に開かれた1935年銀行法に関する下院銀行・通貨委員会でのヒアリングをソースとして挙げている。以下は彼がこちらの資料のp.377から引用した部分で、デフレを終わらせるためにFRBが何ができるかが議論されている。

Governor Eccles: Under present circumstances there is very little, if anything, that can be done.

Mr. Goldsborough: You mean you cannot push a string.

Governor Eccles: That is a good way to put it, one cannot push a string. We are in the depths of a depression and, as I have said several times before this committee, beyond creating an easy money situation through reduction of discount rates and through the creation of excess reserves, there is very little, if anything that the reserve organization can do toward bringing about recovery. I believe that in a condition of great business activity that is developing to a point of credit inflation monetary action can very effectively curb undue expansion.

Mr. Brown: That is a case of pulling the string.

Governor Eccles: Yes. Through reduction of discount rates, making cheap money and creating excess reserves, there is also a possibility of stopping deflation, particularly if that power is used combined with this broadening of eligibility requirement.


(拙訳)

エクルズ議長*3
現状ではできることは殆どありません。
ゴールズボロー氏
紐は押せないということですね。
エクルズ議長
紐は押せない、というのは良い表現ですね。我々は不況の深みに嵌っており、本委員会の前にも何度か申し上げた通り、公定歩合の引き下げや超過準備の創造によって金融を緩和的な状況にすること以上に、準備銀行が回復をもたらすためにできることは殆どありません。企業活動が非常に活発になり、信用インフレが発生するに至った状況においては、金融政策行動は、行き過ぎた拡大を極めて効果的に抑えることができる、と私は思います。
ブラウン氏*4
それは紐を引くケースですね。
エクルズ議長
そうです。公定歩合の引き下げ、低金利、超過準備の創造によりデフレを止める可能性も存在します。殊に、適格要件*5の拡大とセットでそうした権限が行使された場合には。

このやり取りについて、Taylorは、以下のように補足している。

Later in the hearings, several other speakers refer back to the "push on a string" comment, which clearly had some resonance.

(拙訳)

この後のヒアリングで、他の幾人かの発言者も、先の「紐を押す」コメントに言及している。この言葉は明らかに幾ばくかの共鳴をもたらしたようである。

*1:小生もここでそのように書いたことがある。

*2:ゴールズボローのWikipediaエントリや「Pushing on a string」のWikipediaエントリにもその旨の記述がある。

*3:Taylorがリンクしたこちらのサイトによると、「Marriner S. Eccles was appointed chairman (called “governor” before 1935) of the Federal Reserve Board on November 15, 1934.」との由。エクルズについてはこちらのエントリも参照。

*4Prentiss M. Brown民主党ミシガン)。

*5文脈からすると、公開市場操作の対象となる証券の要件を指しているようである。