Hatena::ブログ(Diary)

himaginaryの日記

2016-07-24

ある金融財政協調策の提案

|

Tony Yatesが自分の理想とする財政金融協調策について以下のように述べている(H/T Economist’s View)。

People may differ on the effectiveness and desirability of unconventional monetary policy. But most of those in the sensible camp would agree that if we were about to head into recession, the most important aspect of the policy response is not what the Bank of England will do but how the Treasury will respond. To that end now is one of those times when it would have been much better to have had monetary and fiscal policy coordination hard-wired into the framework. My preferred system for doing this would be one in which the Bank of England’s monetary policy committee decides, after considering the limits to both conventional and unconventional monetary policies, how much stimulus it thinks it is missing. It then communicates this in some commonly understood units (perhaps equivalent changes in VAT) and then it is over to the Treasury to consider both whether it agrees with the missing stimulus analysis and, if so, how it intends to respond. The office for budget responsibility then has a role in checking whether the Treasury’s response is consistent with the long-term fiscal framework.

(拙訳)

非伝統的金融政策の効果と望ましさについての人々の意見は分かれるかもしれない。しかし、景気後退に向かいつつある際の最も重要な政策反応要因は、イングランド銀行が何をするかではなく、財務省がどのように対応するかである、という点については、分別あるグループに属する大半の人の意見が一致するはずである。その点に鑑みた場合、現在は、金融財政政策の協調が枠組みとしてきちんと確立していれば大いに良かったのに、と悔やまれる時期の一つである。私が好む協調の仕組みは、イングランド銀行金融政策委員会が、伝統的および非伝統的金融政策の限界を吟味した上で、必要と思われる刺激策の額を決定する、というものである。それから同委員会は、共通の理解が得られる単位(その額に相当する付加価値税の変化など)という形で額を伝達する。そこから先は財務省の守備範囲となり、必要とされる刺激策の分析に同意するかどうか、もし同意するならばどのような政策対応を行うか、を検討することになる。そして予算責任局は、財務省政策対応が長期的な財政の枠組みと整合的かどうかをチェックする、という役割を担うことになる。

Yatesによれば、オズボーンの財政法に対する労働党のジョン・マクドネルの対案(Yatesはサイモン・レン−ルイスの手になると推測している)がこの考えに最も近いという*1。しかし現状は、Yatesに言わせれば、オズボーンの後任のフィリップ・ハモンド財務相財政政策の「リセット」を唱えるものの誰もその内容を本当に理解してはおらず、中銀のカーニー総裁が“インフレ目標を達成するツールはすべて揃っている”と主張するもののそれが常に正しいわけではないことを我々は知っている(ただし信認を得るために総裁がそう言わざるを得ないことも分かる)、という状況にある。

2016-07-23

フィッシャー式逆さ眼鏡派と質的緩和

|

今年初め、コチャラコタによる新フィッシャー派(フィッシャー式逆さ眼鏡派)への批判と、それに対するStephen Williamsonの反論を紹介したが(ここここ)、同様のやり取りがまたあった。


今回もコチャラコタは無限期間モデルと有限期間モデルの違いに焦点を当て、無限期間モデルにおける定常解は、長期の有限期間モデルの特性を理解する上であまり役に立たない、ということをニューケインジアンモデルと資産価格モデルの2種類のモデルで示した。それに対しWilliamsonは、資産価格モデルでコチャラコタが示した結果について、マイナスの実質金利仮定したのだから自明の話、と一蹴した。また、ニューケインジアンモデルでコチャラコタが示した結果については、差分方程式を後ろ向きに解くと不安定になるが前向きに解くと安定的になる、というのは良くある話、と指摘した*1


返す刀でWilliamsonは、George W. EvansとBruce McGoughの新フィッシャー派批判論文を斬っている。このEvans=McGough論文は、ここで紹介したEconomist's Viewゲストエントリを発展させたものと思われ、適応的学習を基にしている。それに対しWilliamsonは、コチャラコタのニューケインジアンモデルに適応的期待を導入した結果を示して、Evans=McGough論文批判は当たらない(=適応的期待の程度が高くて価格が粘着的な場合は新フィッシャー的ではないが、価格が粘着的でないと新フィッシャー的になる)、と反論した。ただ、適応的学習の研究は単純な適応的期待とは違うので、Williamsonはその点を勘違いしている気もする。


一方、思わぬところからWilliamsonへの援軍が現れた。ロジャー・ファーマーが、ブログでWilliamson支持を表明した(H/T 本石町日記さんツイート*2

I am on Stephen’s side in this debate. But I do not, I repeat I DO NOT, believe that the economy is self-stabilizing. If the Fed raises rates before the private sector has begun to recover, and if that is the only change to either monetary or fiscal policy, Narayana would be right: the Fed action would derail a nascent recovery. To prevent this from happening; a rate rise must be accomplished by a simultaneous intervention in the asset markets to prevent the crash in the values of other risky and long dated asset classes that will inevitably accompany a Fed increase in the policy rate. This is what Willem Buiter has called ‘Qualitative Easing’.

Inflation is persistent in historical data. But it is not persistent because private actors are prevented from changing prices by what New-Keynesian economists refer to as ‘sticky prices’. As I explain in my forthcoming book, inflation is persistent because people's beliefs about future NGDP growth are persistent. We ARE in a low inflation trap. The way out is not through further interest rate cuts, as some have advocated. It is through a rate rise, accompanied by a fiscal/asset market intervention.

(拙訳)

この論争について私はスティーブンの側に立つ。しかし私は、経済が自己安定的だとは決して信じていない。もし民間部門回復し始める前にFRB金利を引き上げ、それが金融と財政を通じた唯一の政策変更ならば、ナラヤナが正しく、FRB政策は緒に就いたばかりの回復を脱線させることになるだろう。それを避けるためには、金利引き上げは資産市場への介入を同時に伴わなくてはならない。FRB政策金利引き上げは必然的に各種の長期リスク資産の価値の暴落を招くので、それを防ぐ必要があるのだ。ウイレム・ブイターはそうした政策を「質的緩和」と称した。

インフレは過去のデータにおいては継続的である。しかし、それが継続的なのは、ニューケインジアン経済学者が「粘着的価格」と呼ぶもののために民間主体が価格変更ができないためではない。私が出版予定の本で説明しているように、インフレが継続的なのは、今後の名目GDP成長率に関する人々の考えが継続的だからである。我々は今や低インフレの罠の中にいる。ここから抜け出す方法は、一部で提唱されているようなさらなる金利引き下げではない。財政ないし資産市場介入策を伴う金利引き上げが脱出策となる。

このファーマーのエントリのコメント欄にWilliamsonが姿を見せ、経済の自己修復性については自分は不可知論者だ、と述べ、その点を巡ってファーマーと何回かやり取りをしている。

なお、新フィッシャー派の論理成立には財政出動が欠かせない、ということは、Williamsonの「盟友」Andolfattoがかねてから主張していることであり(cf. ここここ)、ここでのファーマーの考えはそれと通底しているようにも思われる。

*1:併せて、こうした枠組みでは通常のテイラールールはあまり性質が良くないので、それに代わる金利政策ルールを導入しなくてはならない、という点も指摘している。

*2:ただしファーマーは、コチャラコタとWilliamsonの上記のやり取りではなく、Williamsonのセントルイス連銀サイト記事(The Big Pictureにも転載されている[H/T 本石町日記さんツイート])と、それを批判したコチャラコタブルームバーグ論説に反応している。

2016-07-22

実力主義の陥穽

|

ジャスティン・フォックスがブルームバーグ論説で、メリトクラシーという言葉の語源になった本*1について書いている

The enduring popularity of the related term “meritocracy” is a bit harder to figure. British sociologist and Labour politician Michael Young coined it in 1958 in his dystopian satire, “The Rise of the Meritocracy,” the whole point of which was that a true meritocracy would be a nightmare. Yet the word has gone into everyday use in the U.K. and U.S. stripped almost entirely of that irony and menace.

...

“The Rise of the Meritocracy” is told from the perspective of a pro-meritocracy sociologist, writing in 2033 in an attempt to explain the social unrest that had recently broken out.

...

Writes Young's narrator:

Today the eminent know that success is just reward for their own capacity, for their own efforts and for their own undeniable achievement. They deserve to belong to a superior class.

As a result, the class system under meritocracy ends up becoming more rigid and harsh on the lower classes than what went before. Eventually, the social peace breaks down. Resentful “morons” begin to cause trouble, as do smart parents of not-so-smart children and smart women frustrated with being put on the mommy track. The book ends with the uprising still in progress.

What are we to make of all this? Writing for the Guardian in 2001, the year before he died, Young argued that:

It is good sense to appoint individual people to jobs on their merit. It is the opposite when those who are judged to have merit of a particular kind harden into a new social class without room in it for others.

(拙訳)

その関連語である「メリトクラシー」の不動の人気は、それよりは少し理解しにくい*2英国社会学者労働党政治家であったマイケル・ヤング1952年ディストピア的風刺小説「メリトクラシーの勃興」でその言葉を発明した際の趣旨は、真のメリトクラシーは悪夢である、ということだった。しかしその言葉は英国米国で日常語となり、そうした皮肉と脅威はほぼすべて剥ぎ取られた。

・・・

メリトクラシーの勃興」は、メリトクラシーを支持する社会学者が、2033年に、直近に発生した社会不安を解説するために書いた、という体裁で記述されている。

・・・

ヤングの語り手は以下のように書いている:

今日、優れている人は、成功が、自分自身の能力、努力、否定しがたい業績に対する報酬に過ぎないことを知っている。彼らは上位の階級に属する資格があるのだ。

その結果、メリトクラシーにおける階級制度は、それ以前の階級制度に比べ、下位の階級に対してより厳格で過酷なものとなった。そして遂に、社会の平和は破られる。怒った「馬鹿者ども」や、それほど賢くない子供の賢い両親、および、母親業を余儀なくさせられた賢い女性は、問題を起こすようになった。この本は、反乱が進行中の状況で終わる。

これをどう考えるべきか? 死の前年の2001年にヤングは、ガーディアン紙で以下のように論じている:

個人の能力に応じて仕事を割り振る、というのは良識に適っている。ある種の能力を持つと判断された人が新たな社会階級に固定化され、それ以外の人がその階級に入る余地がない、というのはその逆である。

*1cf. メリトクラシー - Wikipedia

*2:この前段でフォックスは、ある本に出てきた言葉が一般に普及する際に、最初に込められた皮肉が消失した例として、「ベスト・アンド・ブライテスト」を挙げている。ここでフォックスが、「ベスト・アンド・ブライテスト」がそうなったのは「メリトクラシー」の場合よりまだ理解できる、と書いているのは、前者は造語ではなく、ハルバースタムの著書以前にも別の文脈で使われていたから、とのことである。

2016-07-21

地球上を歩いている最も危険な人物

|

レーガン政権行政管理予算局長を務めたデビッド・ストックマンが、バーナンキのことをそう呼んでいる(H/T Mostly Economics)。

Ben Bernanke is one of the most dangerous men walking the planet. In this age of central bank domination of economic life he is surely the pied piper of monetary ruin.

At least since 2002 he has been talking about “helicopter money” as if a notion which is pure economic quackery actually had some legitimate basis. But strip away the pseudo scientific jargon, and it amounts to monetization of the public debt—–the very oldest form of something for nothing economics.

...

In any event, Bernanke was tilting at windmills when he implied that the collapse of the US wartime and Roaring Twenties boom had anything to do with the conditions of 2002. Even the claim that Japan was suffering from severe deflation at the time was manifestly false.

In fact, during the final stages of Japan great export and credit boom, the domestic price level had risen substantially, increasing by nearly 70% between 1976 and 1993. It then simply flattened-out—–and appropriately so—-after the great credit, real estate and stock market bubble collapse of 1990-1992.

So even by the evidence of Japan, there was no basis anywhere in the world for Bernanke’s fear-mongering about Great Depression style “deflation” at the turn of the century.

Instead, Bernanke was already showing himself to be a dangerous academic crank with no compunction about dispensing among democratic politicians the most toxic ideological poison known to history. Namely, an invitation to plunge the public fisc deep into the red so that the central banks would have bonds to buy in their fight against the purported scourge of deflation.

...

What Japan has experienced is financial asset price deflation, not a shrinking CPI. What actually lies behind the idea of inflation targeting, therefore, is the even more insidious doctrine of wealth effects. That is, the idea that by funding speculators to drive stock and bond prices higher, central banks can actually create lasting gains in real wealth and living standards.

So it can be well and truly said that rarely has a more insidious and destructive policy idea gained wide currency than has Bernanke’s 2.0% inflation target. The proof of the pudding lies in Japan——the misfortunate recipient of two decades of destructive advise from Bernanke and his propagators and assigns.

(拙訳)

ベン・バーナンキは、地球上を歩いている最も危険な人間の一人である。経済生活を中央銀行が仕切っている時代において、彼は間違いなく金融的破滅のハーメルンの笛吹き男である。

彼は少なくとも2002年以来、「ヘリコプターマネー」について、単なる経済的いんちきに過ぎないその概念に恰も何らかの正当な基盤が実際に存在するかのように話している。しかし疑似科学的な専門用語を剥いでみれば、それは公的債務マネタイズに帰着する。それは、只で何かを手に入れようとする経済学の最古の形態である。

・・・

いずれにせよ、米国の戦時中ならびに狂騒の20年代のブームの崩壊と、2002年の状況が関連している、とバーナンキが述べた時、彼は風車に突撃していたのである。当時日本が深刻なデフレに苦しんでいるという主張でさえ、明白な誤りであった。

実際には、日本の輸出と信用の大ブームの最終段階においては、国内物価水準はかなり上がっており、1976年から1993年の間に70%近く上昇した。その後は、信用・不動産株式市場の大バブルの1990-1992年における崩壊を受けて横ばいに転じたが、それは適切なことであった。

従って、日本からの証拠を考え合わせたとしても、世紀の変わり目に大恐慌型の「デフレーション」の脅威を言い立てたバーナンキの主張にはまるで根拠が無かった。

その時のバーナンキは既に、史上知られている中で最も有毒なイデオロギーの毒物を民主党政治家に広めることに何ら良心の呵責を感じない危険な偽物学者という本性を露わにしていた。その毒物とは、デフレの災厄なるものと戦うために中央銀行国債を購入できるよう公的財政を大赤字に落とし込む、という誘惑である。

・・・

日本が経験したのは金融資産価格のデフレーションであって、CPIの縮小ではない。従って、インフレ目標の背景にある本当の思惑は、資産効果というさらに危険なドクトリンなのである。それは即ち、投機家に資金を与えて株式債券の価格を押し上げることにより、中央銀行が実質資産生活水準の継続的な上昇を実際に生み出すことができる、という考えである。

ということで、バーナンキの2.0%のインフレ目標以上に危険で破壊的な政策思想が世の中に広まったことは滅多にない、と断言して差し支えないだろう。論より証拠で、日本がその証拠になっている――バーナンキ、および彼の考えの布教者や教徒から破壊的な助言を20年に亘って受けてきた不運な国として。

この後、アベノミクスのこれまでの経緯を否定的に概観した上で、ストックマンは以下のように述べている。

In fact, real GDP is currently heading for its fifth recessionary dip since the great financial crisis, and is no higher than it was in early 2013. Yet upon his victory in the upper chamber elections on Sunday, Prime Minister Abe announced that he will now double down on “stimulus”.

And this time he is making no bones about calling in the helicopters. Why even Ben Bernanke himself is on hand to help launch Japan’s final spree of monetary madness.

...

In fact, the whole point is that this $100 billion fiscal expansion package will be financed by an equivalent increase in bond purchases by the BOJ. That is helicopter money plain and simple.

It’s also fiscal and monetary suicide. Japan’s debt is so massive and has risen so relentlessly even as its population and labor force has started to shrink that this latest round of fiscal stimulus can have only one outcome.

To wit, the government of Japan will ultimately be forced to repudiate its debts to the BOJ. When that happens a terminal monetary implosion will not be far behind.

In the interim, Bernanke’s abominable doctrine of helicopter money may spread to Europe or even here. Already the universal adoption of its QE variant—-that is, helicopter money lite—-has made a farce of global bond markets.

(拙訳)

実際のところ、実質GDPは大金融危機以来5度目の景気後退的な落ち込みに向かっており、2013年初頭の水準を超えてはいない。しかし日曜の参院選に勝利したことで、安倍首相は「刺激策」への賭けを強化すると述べている。そして今回の彼は、ヘリコプターを呼ぶことを躊躇していない。金融の狂気の最後のどんちゃん騒ぎを始めることに関してベン・バーナンキ自身が現地で手助けしているのだから、何を躊躇うことがあろうか。

・・・

実際のところ、この1000億ドルの財政拡張策が、日銀の同額の国債購入増で賄われる、というところがミソなのである。それはまさにヘリコプターマネーそのものである。

それは財政金融的な自殺行為でもある。日本では人口と労働力人口が縮小し始めたにも関わらず、債務があまりに巨額であり、かつ、あまりにも容赦無く増加したため、この直近の財政刺激策の結末は一つしかあり得ない。

即ち、日本政府日銀に対する債務を最終的には踏み倒さざるを得ない。そうなった時には、末期的な金融の内部崩壊は遠くない。

その間にも、バーナンキヘリコプターマネーという忌まわしいドクトリンは、欧州のみならず当地にも広がるだろう。既に、量的緩和という派生形――即ち、ヘリコプターマネー・ライト――が各所で採用されたことにより、世界の債券市場は茶番劇と化している。

mimasamimasa 2016/07/22 04:11 通貨は、財やサービスの生産過程、特に設備投資などの増産過程で発生して流通する。広義のマネーの増加は資本の増加であり、貯蓄の増加だ。広義のマネーは資本総額=貯蓄総額だ。

消費が最終目的の生産活動は消費の志向を自ら変化させる。技術革新が起こったり、技術が進歩しても同じよう生産活動が大きく変化して消費の志向が変化する。この現実を反映するように一部の資本は投下資本を回収できないで、資本が減価する。同時に広義のマネーが消滅するのである。

マネーは経済活動そのものだ。政府が政府債務を増やすことでマネーを創出し、この政府債務を買う中央銀行の政策で、市場に狭義のマネーが潤沢にあるなら、それをうまく利用して健全財政に移行するしかないのだ。

マネーが天から降ってくる妄想=純粋バブルを信じる経済学者がいるとは私には信じられない。

mimasamimasa 2016/07/22 20:13 日本国債は政府がマネーを借りて使っている段階で、国民の預金などの資産に転じて、この転じたマネーが新しく発行される国債に消えていった。国債は実質の資産の裏付けがほとんどないので国債がマネーの代わりになりえないが、立派にマネーとして通用している。国債は返済されるべき存在だからマネーなのだという屁理屈が国債バブルなのだ。しかし、これを国債バブルと呼ぶ人はほとんどいない。

国債が民間に返済される段階で何が起こるかは単純明快だ。単純に日本国債1000兆円と日本国民の銀行預金2000兆円の経済を想定して思考実験すればいいだけだ。

結論から言えば、国債が納税者の努力によって、全額返済されれば、日本国債0円と日本国民の銀行預金1000兆円の経済が出現することになる。民間の資産が消えてなくなるから国債バブルなのだ。

しかし、仮想経済の下で、日本国債の返済過程で起こる現実は厳しいものになる。納税のための現金を準備する主体は実際は銀行だ。現金を用意するために国債を売却する必要になったり、民間債務者への貸しはがしが起こるかもしれない。どう見ても、そんな金融システムにかかわる重大なロスを長期間続けるわけにはいかない。

そこで、この難題を解決するために日銀の量的緩和を利用するのだ。日銀が民間から国債を買い取って納税のための現金を手当てし、納税者に納税用現金として使ってもらう。納税者から政府に渡った現金は政府から直ちに、日銀に直行して日銀のバランスシートを解消する。

消費増税はインフレを意味するが、実際に起こる経済効果はデフレだ。政府に貸した国民の巨額不良資産はインフレ税である消費税により解消しなければならなくなるのは避けようがない。

直接、経済の生産活動により獲得したマネーと単に、税により消滅する国民の貯蓄の取り崩のマネーは実際には区別がつかなかたちで、自由に使えるマネー総量は減少してゆく。

最終的には資産がマネーを生まなくなり、資産価格も確実に下落する。

資産を保有しても利益を上げられないほうが、これからの労働力不足の日本社会には必要なのだ。賃金のほうが資産価格より価値が相対的に高くなる政策が正しい。

マネーは増えなくても貯蓄されている。貯蓄のあるものはこれを取り崩し、貯蓄のないものは労働の対価を求めよ。

デフレは財政再建の必然的結果だ。正常な経済はこうして永遠に存続することになる。

2016-07-20

ユニバーサル・ベーシック・インカム:マンキューの指摘

|

マンキューが、平均所得が5万ドルだが所得格差が大きい経済における以下の2つの社会保障政策比較している

  1. 皆に1万ドルを移転。財源は所得への20%のフラット・タックス。
  2. 資力調査を伴う1万ドルの移転。所得の無い人には満額が支給され、所得が増加するにつれ支給額は減少する(所得が1ドル増加するごとに20セント減少する)。財源は、所得の5万ドルを超える分への20%のフラット・タックス。

このエントリのネタ元になったのは、シカゴ大のIGMフォーラムのベーシックインカムに関する経済学者へのアンケート調査。マンキューは、そこで寄せられた幾つかの意見を上記のスキームに当てはめて以下のように集約している。

  • 政策1は狂っている。ビル・ゲイツ政府所得移転を受ける謂れは無い。彼はそれを必要としていないのに、我々はそのために増税しなくてはならないのだ。
  • 政策2の方がより累進的である。所得移転の対象者が本当に必要な人に絞られていて、増税額が少なくて済み、しかも平均以上の所得を得ている人に負担者が限られている。

だが、この2つのスキームは等価であり、各人の純支払い(=税−所得移転)は全く同じである、とマンキューは指摘している。


実際、所得をYとして各人の純収入を表すと、

  • 政策1
    • Y*0.8+10000
  • 政策2
    • 所得が5万ドル以下:Y+(10000-Y*0.2) = Y*0.8+10000
    • 所得が5万ドル超  :Y-(Y-50000)*0.2 = Y*0.8+10000

となり、等しくなる。