Hatena::ブログ(Diary)

himaginaryの日記

2017-06-26

ロドリック「トランプのTPP離脱は正しかった」

|

引き続きロドリックのインタビュー記事から。昨日エントリではロドリックのWTO批判を紹介したが、TPPにも矛先を向けている。

Judis: So we are get down to nitty-gritty Let’s go back to the three steps for rebalancing trade agreements and to American trade policy. Do you think Trump was right to abandon TPP?

Rodrik: Yes.

Judis:. There are a lot of people who thought it was a good idea on geopolitical if not economic grounds. It was a way to strengthen America’s position in Asia against that of China.

Rodrik: I think many people thought the economics was unimportant and that geopolitically it was a way of getting Asia to play by American rules and counterbalancing China and so forth. Whether that is good or not, whether that made sense or not from geopolitical standpoint, I think it is crazy to have a trade agreements which is extremely contentious politically and which contains a lot of elements that are highly problematic and use it for geopolitical reasons. If you want to achieve a geopolitical agreement not an economic agreement, do that. I think it was very dishonest and very inappropriate.

On the economics, it is another instance of a trade agreement that would have produced aggregate gains that were really miniscule. The best that the most pro-TPP economists could produce was an estimate that it would increase US GDP 0.4 percent after 10 years. And that included all kinds of assumptions of how employment would not be affected and workers would move to new jobs and new opportunities and so forth, stuff we know from earlier that we doesn’t happen, Even in the best circumstances, the overall gains were miniscule.

Then it had really problematic elements. The one I find the most problematic in these new trade agreements is the ISDS, the investor state dispute settlement, which is an abomination. [The TPP would have established independent tribunals that corporations could use to file suit to overturn national regulations.] I think it is a derogation of domestic legal standards and it undermines the integrity of a domestic regulatory and judicial system.


(拙訳)

インタビュアー
本題に戻りまして、貿易協定をリバランスするための3段階と米国の貿易政策に話を戻しましょう。トランプがTPPを破棄したのは正しかったと思われますか?
ロドリック
はい。
インタビュアー
経済学的にはともかく地政学的にはTPPは良いアイディアだった、と考えている人が多くいます。中国に対抗してアジア米国の地位を強化する一つの方法だった、と。
ロドリック
経済学は重要ではなく、地政学的にアジア米国のルールに従ってプレイさせる一つの方法であり、中国に対抗する云々ということを多くの人が考えていると思います。それが良いか悪いか、それが地政学的な観点から合理的な否かに関わらず、政治的に非常な議論を呼んでいて、極めて問題含みの要素を数多く抱える貿易協定を、地政学的な理由で利用する、というのは狂気の沙汰だと私は思います。経済協定ではなく地政学的な協定を結びたければ、そうすれば良いのです。非常に不誠実で不適切なやり方だった、と私は思います。
経済学的に言えば、TPPは、もたらす合計利得が極めて小さい貿易協定のもう一つの例でした。TPP推進派の大半の経済学者が出せた最善の推定は、10年後の米国GDPを0.4%押し上げる、というものでした。しかもそれは、雇用は影響を受けず、労働者が新しい職に就き、新しい機会を手にする、などといった、それまでの経験から生じないことが分かっている、ありとあらゆる仮定を含んだものだったのです。最善の環境においてさえ、全体的な利得は小さなもの、というわけです。
その上TPPには、本当に問題がある要素が含まれています。これらの新協定で私が最も問題だと思うのは、ISDS、投資家対国家の紛争解決*1です。これは醜悪なものです。[TPPでは、国内規制を引っ繰り返すための訴訟に企業が利用できる独立した裁判機関の設置を予定している。]これは国内の法的基準の権威を失墜させるものであり、国内の規制や裁判の体系の全体性を損なうものだ、と私は思います。

2017-06-25

1990年代に米国が犯した過ち

|

引き続きロドリックのインタビュー記事から。

Rodrik: ...Nationally we have democratic institutions for deciding who benefits from markets and how resources and income are to be distributed. Internationally, all we have are tool shops and arrangements whereby trade lawyers and technocrats decide on a global agenda without any of the legitimacy or authority that you have at the national level. When you look at it from that perspective, I am not surprised at the backlash against the international arrangements that were created in the 1990s and that have led the push to globalization.

Judis: Are you saying that in the ‘90s, the United States should have been much more wary and cautious when it helped to found the main international trade group, the World Trade Organization (WTO), in 1995?

Rodrik: A lot of wrong turns were taken in the 1990s. The WTO had some good things in it, but as a trade regime, it exemplifies global overreach. It tries to fix global standards for intellectual property rights, industrial policies, and various health and safety regulations. As a result, it reached into areas that are more properly a national responsibility and where the argument for global harmonization is quite weak. It was bad economics that resulted in a loss of legitimacy for the global trade regime.

Another wrong turn came in what the United States didn’t do when it opened its economy with NAFTA, the WTO, and then the entry of China into the WTO. At some point, the United States could have done what Europe did in an earlier stage in this history when Europe became an open economy. That is to erect very generous social insurance and safety nets. The kind of insecurities and anxiety that openness to trade creates can be compensated or neutralized by having extensive social policies, and that’s what Europe managed to do.

Europe is much more open to trade in the United States. Yet to this day, trade remains uncontroversial in Europe. When you look at populism in Europe, it’s not about trade at all. It is about other things, it is about immigrants going to reduce the welfare state.

Judis: But aren’t populists in southern Europe and France up in arms about Germany and its trade balance?

Rodrik: It’s about macro finance, it’s about the role of Brussels, it is not about putting trade restrictions on China and Mexico. In Britain, the Brexiteers wanted to leave Europe in part so that they could pursue free trade policies unencumbered by Brussels. The issue of trade and import competition was largely neutralized as a political issue in Europe by the tradeoff of a generous welfare state. When the United States became an open economy in the ‘80s and ‘90s, it largely went the other way. We didn’t try to erect a stronger safety net. If anything, the safety net was allowed to erode. That I think was a major wrong turn and we are paying the price for that now.

Judis: If you look back at the 1996 election, and Bill Clinton’s speeches, when he said change is our friend, he was saying what you’re saying. He was talking about a more generous welfare state, mainly in terms of education and health care. And in his second term, before the Monica Lewinsky scandal broke, and Republicans began impeaching him, he wanted to expand Medicare, and other programs,

Rodrik: You’re right, there was a fork in the road. I do remember that. I remember my stuff getting cited at that time [Has Globalization Gone Too Far? came out in March 1997], but in fact there wasn’t much action. There was a general problem even with the center-left. You heard let’s liberalize finance and let’s do trade agreements and don’t worry then we’ll have compensation and the education and the transfers. In the end, we got a lot of the first and very little of the second, and that’s how I think the center lost its credibility.


(拙訳)

ロドリック
・・・国家レベルでは、誰が市場から利益を得るか、および、資源と所得をどのように分配するかを決定するための民主的な制度が存在しています。国際レベルでは、貿易関係の法律家テクノクラートが、国家レベルでは存在する合法性や権限は一切抜きで国際的な政策を決定するのに使う道具立てと取り決めしかありません。そうした観点から見ると、1990年代に策定されグローバル化推し進める元となった国際的な政策に対する反発が生じたのは驚くに当たりません。
インタビュアー
90年代の米国は、国際的な主要貿易機関である世界貿易機構(WTO)を1995年に創設する一翼を担った際に、もっと注意深く警戒すべきだった、ということでしょうか?
ロドリック
多くの誤った決定が1990年代になされました。WTOにも良い点はありますが、貿易体制としてはグローバル化の行き過ぎを体現するものとなっています。WTOは、知的財産権、産業政策、および様々な医療や安全の規制について国際基準を確定しようとしました。その結果、本来は国家レベルで責任を持つべき分野、国際的な統一化を実施する根拠が極めて薄弱な分野に手を伸ばしました。それは悪しき経済学であり、国際貿易体制の合法性を弱める結果に終わったのです。
もう一つの誤った決定は、NAFTAWTO米国経済が門戸を開き、さらには中国WTO加盟を認めた時に、米国がなすべきことを行わなかったことです。どこかの時点で米国は、この国際経済史の中の以前の段階で欧州が開放経済になった時に行ったことを実施すべきでした。即ち、非常に寛大な社会保障制度とセーフティネットを打ち立てるべきだったのです。貿易を開放した時に生じる不安定や不安は、大規模な社会政策によって補償ないし打ち消すことができます。それが欧州が上手く実施したことです。
欧州米国よりも遥かに貿易に開放的です。しかし今日に至るまで、貿易が欧州議論になることはありません。欧州ポピュリズムを見ると、貿易は全く問題になっていません。それ以外のこと、移民福祉国家を損なうといったことが問題になっているのです。
インタビュアー
しかし南欧とフランスポピュリストは、ドイツとその貿易収支に対し腹を立てているのではないですか?
ロドリック
彼らが問題にしているのはマクロ金融ないしブリュッセルの役割についてであって、中国メキシコとの貿易に制限を掛ける、という話ではありません。英国ブレグジット賛成派が欧州からの離脱を望んだのは、ブリュッセルに邪魔されないで自由貿易政策を追求できるから、というのが一つの理由でした。欧州の貿易と輸入競争の問題は、寛大な福祉国家と引き換えに政治問題としてはかなりの程度帳消しにされました。米国が80年代と90年代に開放経済になった時には、概ね逆方向に行きました。より強力なセーフティネットを張ろうとはしなかったのです。むしろどちらかというとセーフティネットが縮小するのを容認しました。私の考えでは、それは重大な誤った選択であり、その代償を我々は今支払っているのです。
インタビュアー
1996年の選挙と、変化は我々の味方だと述べたビル・クリントンスピーチを振り返ると、彼は貴兄と同じことを言っていました。彼は主に教育と医療の分野における、より寛大な福祉国家について話していました。そして二期目にモニカ・ルインスキーのスキャンダルが発覚し、共和党が彼を弾劾し始める前には、彼はメディケアなどの政策を拡大しようとしていました。
ロドリック
おっしゃる通りで、それが分岐点でした。そのことは覚えています。当時私の著書[1997年3月発売の「Has Globalization Gone Too Far?*1」]が引用されたものでした。しかし実際のところ、行動はあまりなされませんでした。中道左派でさえも、一般的な問題を抱えていたのです。金融を自由化し貿易協定を結ぼう、補償と教育と所得移転をするから心配しなくて良い、という話がされましたが、最終的には前者は大いに実施され、後者はほとんど実施されませんでした。それで中道は信認を失った、と私は思います。

2017-06-24

外国人労働者受け入れとソーシャルダンピング

|

21日エントリで紹介したロドリックのリバランス論について、彼が唱える労働の移動性の緩和がもたらす悪影響を指摘する反応をツイッターで頂いた。実は元記事でもインタビュアーがその点を指摘している。

Judis: You talked earlier about changing trade agreements so that they reflect the interests of labor rather than capital. But the main thing you mentioned in explaining it is allowing increased visas for guest workers. That wouldn’t seem to benefit a host nation’s workers. Look at the abuse of H-1B visas in the United States.

Rodrik: That’s true. But is also depends on how you manage it. If am a worker in the United States or Europe, would I rather compete with a Bangladeshi workers who is working in Bangladesh under Bangladeshi labor standards and rules and exporting goods into my market or would I rather compete with him in the United States or Europe earning American and European wages and operating under our labor standards? I would much rather than have the second.

Temporary labor mobility schemes would regularize something that is already happening, but informally and with much greater damage to labor markets and countries. They would also improve labor standards of the workers with whom you are competing. I would add it’s not only about guest worker schemes. It is also about much better safety nets. It’s about social dumping.

...

We protect workers from competition from other domestic workers. I can’t hire workers in the United States who work below minimum wage, but I can compete back door by outsourcing to a company in Bangladesh and doing it that way. So social dumping is essentially a mechanism that undermines domestic labor standards and other norms. Preventing it would be one way of changing the rules to make them more symmetric with respect to how we treat businesses and workers.


(拙訳)

インタビュアー
先ほど、資本よりは労働の利益を反映するように貿易協定を変更する、というお話をされました。しかし貴兄はその説明の際に、外国人労働者にもっとビザを出すことを認める、という話を主にされました。それは受け入れ国の労働者の利益になるように思われません。米国のH-1Bビザの悪用が良い例です。
ロドリック
確かにそうです。ただ、それはやり方次第、という面もあります。欧米の労働者として、バングラディッシュ国内にてバングラディッシュの労働基準や規則の下で働いていて我々の市場に商品を輸出しているバングラディッシュ人労働者と、欧米にて欧米水準の賃金を得て我々の労働基準の下で働いているバングラディッシュ人労働者のどちらと競争したいでしょうか? 後者でしょう。
一時的な労働の移動性を高めるという政策は、既に非公式な形で起きていて、労働市場や国に多大な損害を与えていることを正規化するものです。それは、人々が競争している労働者の労働基準を改善することにもなります。付け加えるならば、これは外国人労働者に限った話ではありません。より良いセーフティネットについての話でもあるのです。これはソーシャルダンピングの話なのです。
・・・
我々は他国の労働者との競争から労働者を保護しています。米国では最低賃金以下で働く労働者を雇うことはできません。しかし、バングラディッシュの会社にアウトソースしてそうした労働者を雇うことによって、裏口から競争することができます。つまりソーシャルダンピングとは基本的に、国内の労働基準や他の基準を損なう仕組みなのです。それを防ぐことは、企業と労働者の扱いがより対称的になるようにルールを変える、という一つの手段になります。

ダンピングダンピング 2017/06/25 10:38 http://sekaitabi.com/victoriasecet.html 
必ずしも”米国では最低賃金以下で働く労働者を雇うことはできません。” という命題は真ではないですね。
http://www.therichest.com/rich-list/most-shocking/5-clothing-brands-that-are-manufactured-in-prison/

2017-06-23

よくある証明テクニック

|

というUnlearning Economics(UE)のツイート画像をMostly Economicsが紹介している(なお、Mostly EconomicsはUEの経済学者ネタとして紹介しているが、元画像にはfacebook.com/Mathmaticxという小さな注釈が付いており、UEは、2番目が経済学でありがち、という趣旨のコメントを付けている)。

以下は同画像の内容の拙訳。


威圧による証明
自明!
小難しい記号による証明
この定理は[ℌ]W∩Fα(N)≠0の時に|⊕k∈S(ℜFα(i))i∈Uk|≼N1という事実から直ちに導かれる。
入手できない研究による証明
この定理は、1973年のユーゴスラビア数学協会の講演において配布された手書きのノートで証明された結果の簡単な系である。
幻の参照先による証明
ある教科書の478ページに記されている。なお、同教科書は396ページしかない。
循環論法
[BL]の命題5.18は[C]の定理7.18の簡単な系であり、それは[K]の系2.14に基づいている。一方、その系は[BL]の命題5.18を参照する形で導出されている。
権威による証明
私の良き同僚であるアンドリューが、数年前にこれの証明を思いついたように思う、と述べている…
インターネット参照
興味のある方のために、その結果は本書のウェブページに示されている。ただし残念ながらそのページはもはや存在していない。
回避による証明
第3章:この証明は、定理をさらに追究した後の第7章に回す。 第7章:簡単化のためz=0の場合のみ証明するが、一般的な場合については付録Cに記述する。 付属C:正式な証明は本書の範囲を超えるが、当然ながら我々は直観的にそれが事実であることを知っている。

2017-06-22

FRBの語られざる使命

|

というブルームバーグコラムを、利上げ前の13日にコチャラコタ書いている原題は「The Fed's Unspoken Mandate」)。

The U.S. Federal Reserve’s two main goals are to promote maximum employment and keep inflation close to 2 percent. But it also acts as if it has another, unspoken mandate: Don’t do anything too radical in pursuit of those goals. This allegiance to what’s considered “normal” harms a lot of people, black Americans in particular.

(拙訳)

米国FRBの2つの目標は、最大限の雇用の促進とインフレを2%に近付けることである。しかしFRBは、恰も、語られざるもう一つの使命が存在しているかのように行動している。その使命とは、それらの目標の追求に際し過度に急進的なことをするなかれ、というものである。「正常」と見做されることへのこの忠誠は、多くの人々、特に黒人を傷付けている。

この後コチャラコタは、2010年11月に高い失業率と低いインフレ率の見通しを前にFRBが十分な緩和策を取らなかったこと、および、FRBの行動パターンを描写しているテイラールールで金利引き下げが十分でないことを、この語られざる使命の傍証として挙げている。また、その使命は金利変動を抑えるので銀行と長期債投資家には有利に働くが、失業率物価の変動を大きくするので黒人をはじめとする多くの米国人には不利に働く、と指摘している。

論説は以下のように結ばれている。

I’m often asked how the Fed can use the rather blunt tool of monetary policy to mitigate racial inequities. One simple answer: Stop putting so much weight on the unspoken mandate of “normal” monetary policy. This would help all Americans, and -- assuming historical patterns hold true -- particularly black Americans.

This week, the Fed will probably increase its short-term interest-rate target by another quarter percentage point and announce plans to shrink its bond holdings. Officials will portray the moves as necessary to “normalize” monetary policy, providing further evidence that the unspoken mandate is a key shaper of Fed policy, and that all Americans -- especially black Americans -- remain needlessly exposed to excessive economic risk.

(拙訳)

かなり切れ味の悪い金融政策ツールを使ってFRBはどのように人種間の格差を縮小できるか、と私は良く訊かれる。一つの単純な答えは、「正常な」金融政策という語られざる使命にそれほどの重きを置くのを止めよ、というものだ。そのことはすべての米国人にとって助けとなるし、過去のパターンが成立することを前提にするならば、特に黒人の助けとなる。

今週、FRBはおそらく短期金利目標をまた0.25%引き上げ、保有債券の圧縮計画についての声明を出すだろう。高官たちは、そうした動きを金融政策の「正常化」に必要なもの、と説明するだろう。それは、語られざる使命がFRBの政策を形成する鍵となっており、すべての米国人、就中黒人が不必要に過剰な経済リスクに曝されている、というさらなる証拠を提供する。

KRKR 2017/06/23 12:04 http://d.hatena.ne.jp/himaginary/20140419/summers_INET_interview

サマーズの

・今の金利水準で投資しない企業で引き下げれば投資する企業はどれだけあるのか?
・社会の上位層が資産を独占している状況下で、金利を引き下げて資産価格を上昇させたら所得分布はどうなるのか?

のことはどう思ってるんでしょうか
(FRBに引き締めてほしいと言っているわけではありません)