Hatena::ブログ(Diary)

himaginaryの日記

2017-12-15

財政緊縮策がナチスを台頭させた・補足

|

前回エントリは意外に多くの反響を頂いた。そこで紹介したNBER論文のungated版は見当たらなかったが、それを取り上げたVox記事「Study: austerity helped the Nazis come to power」があった。

同記事によると、大恐慌ナチスを台頭させた、という説の欠点について論文は以下のように指摘している。

There’s a hole in the traditional argument that the Great Depression explains the rise of the Nazis: Lots of other countries suffered during the Depression, too, without collapsing into totalitarian dictatorships.

“During the 1920s, there was no substantial difference in the economic performance of nations that, in the mid-1930s, were democratic regimes or dictatorships,” the authors note. “The depth of the depression was only slightly greater in Germany than in France or the Netherlands, and was even worse in Austria (and other eastern European nations) and the USA.” Of those countries, Austria also saw a radical right-wing dictatorship come to power under Engelbert Dollfuss, in 1932. But France, the Netherlands, and the US did not see radical right-wing parties take office.

Also troubling for the most simplistic economic explanation is the fact that unemployed people weren't particularly likely to vote for Nazis. The authors cite reams of research showing that the unemployed were likelier to vote for the Communists or the Social Democrats. “It was not that Hitler did not try to appeal the unemployed masses,” they note, “but rather that the Communist Party was perceived as the party that traditionally represented workers’ interests.”

(拙訳)

大恐慌ナチスの台頭を説明するという従来の議論には穴がある。他にも多くの国も大恐慌に苦しんだが、全体主義独裁体制に陥ることはなかった。

1930年代半ばに民主主義体制もしくは独裁体制になった各国の1920年代経済パフォーマンスには、大きな差はありませんでした」と著者たちは記している。「恐慌フランスオランダよりもドイツでほんの少しだけ深刻だったに過ぎず、オーストリア(や他の東欧諸国)や米国の方がひどかったのです。」それらの国の中では、オーストリアにおいてもエンゲルベルト・ドルフース率いる急進的な右派独裁政権が1932年に誕生した。しかしフランスオランダ米国では急進的な右派政党政権を握ることはなかった。最も単純な経済的な説明にとってそれ以外に問題なのは、失業者が特にナチスに投票したわけではない、という事実である。著者たちは、失業者共産党もしくは社会民主党に投票した、ということを示した研究を数多く引用している。「ヒトラー失業した大衆に訴求しようとしなかったわけではありません」と彼らは記している。「ただ、共産党の方が伝統的に労働者の利益を代表する政党と見做されたのです。」


また、戦時賠償の影響、および緊縮策の具体的な規模について以下のように書いている。

One uniquely German factor that might help explain the Nazis' rise are the harsh war reparations, totaling 260 percent of Germany's 1913 GDP, that World War I's victors imposed under the Treaty of Versailles. As early as 1920, John Maynard Keynes was warning that the economic pain caused by forcing Germany to pay that debt could lead to the rise of a dictatorship.

But the authors note that Germany's debt was mostly not repaid; US President Herbert Hoover announced a moratorium on the payments in 1931, and then they were suspended by the Allies in the Lausanne Conference in 1932. They do not dismiss the idea that the reparations played a role, particularly after Brüning, in his role as chancellor, publicly denounced the reparations system in 1931, which led international capital markets to worry that Germany wouldn't repay its debts, and made it harder for the country to borrow. The authors just don’t think that it, and the Great Depression itself, are sufficient explanations.

That's where austerity comes in. The scale of the cutback that Brüning enacted from 1930 to 1932 is truly staggering. The authors estimate that Brüning cut German government spending by about 15 percent, after inflation, from 1930 to 1932. He raised income taxes on high earners by an average of 10 percent, and slashed unemployment, pension, and welfare benefits.

The economic consequences were horrific. GDP fell by 15 percent, as did government revenue. Unemployment increased from 22.7 percent to 43.8 percent. Brüning came to be known as the “Hunger Chancellor.”

“Although Germany was not the only country hit by the Depression, it was the only major country to implement prolonged and deep austerity measures,” the authors write. Britain, by contrast, actually increased government spending during this period.

(拙訳)

ナチスの台頭を説明するのに役立つかもしれない一つのドイツ特有の要因は、第一次大戦の勝者たちがベルサイユ条約によって課した、ドイツ1913年GDPの260%にも及ぶ苛烈な戦争賠償金である。早くも1920年ジョン・メイナード・ケインズは、債務返済をドイツに強制することによって生じる経済的困難が独裁政権の台頭につながるかもしれない、と警告した。

しかし著者たちは、ドイツ債務は大半が支払われなかった、と指摘している。ハーバート・フーバー米大統領1931年に支払猶予を宣言し、その後1932年のローザンヌ会議で連合国は返済を延期した。著者たちは、賠償金が一因となった、という考えを否定してはいない。特に、首相の座に就いたブリューニングが1931年賠償システムを公然と非難したことで国際資本市場がドイツ債務返済に懸念を抱くようになり、同国の借り入れが難しくなった。ただ著者たちは、そのことと大恐慌だけでは十分に説明できない、と考えている。

そこで緊縮策が登場する。ブリューニングが1930年から1932年まで実施した歳出削減の規模は、真に驚愕すべきものである。著者たちは、ブリューニングが1930年から1932年に掛けてドイツ政府の歳出をインフレ調整後で約15%削減した、と推定している。彼は高所得者所得税を平均10%引き上げ、失業年金福祉の給付に大ナタを振るった。

その経済的帰結は恐るべきものだった。GDP政府の歳入は15%低下した。失業率は22.7%から43.8%に増加した。ブリューニングは「飢餓宰相」として知られるようになった。

ドイツ大恐慌の打撃を受けた唯一の国ではありませんでしたが、長期の大規模な緊縮策を導入した唯一の主要国でした」と著者たちは書いている。対照的に英国は、同期間の政府支出を実際に増やした。


論文の研究内容については以下のように説明している。

Galofré-Vilà, Meissner, McKee, and Stuckler are hardly the first people to tie the pain caused by austerity to the rise of the Nazis, but they’re among the few to have tried to quantify the effect. They first estimate the level of austerity in each state and district in Germany using each local area’s average tax rate. While Brüning’s government increased income taxes across the board, most income taxes were local, so the federal tax hikes resulted in different-sized tax hikes in different areas. And, the authors find, areas that saw bigger increases in their average tax rates also saw larger vote shares for the Nazi Party in the July 1932, November 1932, and March 1933 elections.

They find similar results if you define austerity as state and local spending cuts, or use a measure combining both spending cuts and changes in income or wage tax rates. "Regardless of how we measure austerity, the estimated association of austerity with the Nazi vote share is positive and statistically significant in most of the models considering the different elections between 1930 and 1933," they conclude.

According to one estimate, a 1 percent increase in spending cuts is associated with a 1.825 percentage point increase in the Nazi vote share. The results are even stronger if you look only at cuts to municipal pensions, unemployment support, and health care, and they hold up if you use Nazi party membership as the dependent variable, rather than Nazi vote share.

(拙訳)

ガロフレービラ、マイスナー、マッキースタックラーは、緊縮策とナチスの台頭を結び付けた最初の人々とは言えないが、その影響の定量化を試みた人は他にあまりいない。彼らはまず、各地域の平均税率を用いて、ドイツの各州・地区の緊縮策の程度を推計した。ブリューニング政権所得税を一律に引き上げたが、所得税の大部分は地方税であったため、連邦税を引き上げた結果、税率の引き上げ幅は地域によって異なるものとなった。そして、平均税率の引き上げ幅が大きい地域ほど、1932年7月、1932年11月、1933年3月の選挙でのナチ党への投票率が大きかった、ということを著者たちは見い出した。

緊縮策を州・地方の歳出削減と定義しても、もしくは歳出削減所得税ないし賃金税の税率を組み合わせた指標を用いても、著者たちは同様の結果を得ている。「緊縮策をどのように測定しても、1930年から1933年の間の異なる選挙を検討したモデルの大半において、緊縮策とナチへの投票率との関係の推計結果は正であり、統計的に有意であった」と彼らは結論している。

ある推計結果によれば、1%の歳出削減は1.825%ポイントのナチへの投票率の上昇につながった。地方政府年金失業支援、医療の削減だけを考慮した場合には、結果はもっと強いものとなり、ナチへの投票率の代わりにナチ党への参加を従属変数とした場合にも同様の結果が成立する。


緊縮策なかりせば、の結果については論文は以下のように考察している。

“At the upper end of these point estimates,” the authors write, “it is plausible to argue that the Nazis might never have achieved power in March 1933 since it would have required coalition partners to supply up to 11 percent of the votes.” In reality, after the March election (during which Hitler was already Chancellor) the Nazis maintained their coalition with the hard-right German National People's Party (Deutschnationale Volkspartei, or DNVP), which controlled about 8 percent of votes in the Reichstag.

The difference between being 8 percent short of a Reichstag majority and 11 percent short might not seem very large. And, to be sure, it’s possible Hitler would’ve been able to retain the chancellorship even if he had slightly fewer Reichstag seats. His rise to power was not purely electoral: the 1933 election was characterized by widespread violent intimidation, especially targeting Social Democrats and Communists, by Nazi militias.

At the time of the election, German President Paul von Hindenburg had already issued the Reichstag Fire Decree, giving Hitler vast powers to suppress dissent. He’d eventually use those powers to arrest all Communist and some Social Democratic members of the Reichstag, allowing, within weeks of the election, the passage of the Enabling Act and Germany’s all-out collapse into dictatorship. Perhaps Hitler could’ve used the same powers to seize control of the German state despite a lower vote total.

But the results are nonetheless a reminder of how shaky Hitler’s parliamentary coalition was, and how a vote swing of a few percentage points could have threatened to end his tenure as chancellor less than two months after it began.

(拙訳)

「これらの点推定の上限を使えば、連立相手が票の11%を提供することが必要となるため、ナチス1933年3月に政権を奪取できなかった、と論ずることは可能です」と著者たちは書いている。実際には、(ヒトラーが既に首相だった)3月の選挙後にナチス極右ドイツ国家人民党(Deutschnationale VolksparteiないしDNVP)との連立を維持したが、同党は国会の票の約8%を握っていた。

国会の多数派を得るための8%と11%の違いは大きなものとは思われないかもしれない。そして確かに、国会の議席数が多少足りなくてもヒトラー首相の座を維持できたかもしれない。彼が権力の座に上り詰めたのは純粋に選挙によるものではなかった。1933年選挙は、ナチの民兵による特に社会民主党共産党を狙った広範な暴力的な脅迫に特徴付けられていた。

選挙時にパウル・フォン・ヒンデンブルク独大統領は既に国会議事堂放火令を発令しており、ヒトラーに反対派を抑圧する多大な権力を与えていた。彼は最終的にこの権力を用いて共産党社会民主党の全国会議員を逮捕し、それによって選挙後数週間で全権委任法を通し、ドイツは全面的な独裁制に移行することになる。ヒトラーは同じ力を用いて、全体の票が足りなくてもドイツ全土を掌握したかもしれない。

とはいえ、研究結果は、ヒトラー議会での連立政権が如何に脆弱であったか、および、数パーセントポイントの票の振れが就任後2カ月足らずで彼の首相としての任期を終わらせる可能性が如何にあったか、を思い起こさせてくれる。


この記事の最後では、米国を含む現代の情勢と当時の情勢を比較している。同じくこの研究を取り上げたビジネスインサイダー記事「1930s Germany shows us that bad tax policy can magnify Washington's worst problem by 1,000」やニューズウィーク記事「Raising Taxes And Cutting Social Programs Led to Hitler and The Nazis, Study Says」では、より明示的に今日の米国との比較を行っている。

2017-12-14

財政緊縮策がナチスを台頭させた

|

という主旨のNBER論文上がっている論文のタイトルは「Austerity and the rise of the Nazi party」で、著者はGregori Galofré-Vilà(ボッコーニ大)、Christopher M. Meissner(UCデービス)、Martin McKee(ロンドン大学衛生熱帯医学大学院)、David Stuckler(ボッコーニ大)。

以下はその要旨。

The current historical consensus on the economic causes of the inexorable Nazi electoral success between 1930 and 1933 suggests this was largely related to the Treaty of Versailles and the Great Depression (high unemployment and financial instability). However, these factors cannot fully account for the Nazi’s electoral success. Alternatively it has been speculated that fiscally contractionary austerity measures, including spending cuts and tax rises, contributed to votes for the Nazi party especially among middle- and upper-classes who had more to lose from them. We use voting data from 1,024 districts in Germany on votes cast for the Nazi and rival Communist and Center parties between 1930 and 1933, evaluating whether radical austerity measures, measured as the combination of tax increases and spending cuts, contributed to the rise of the Nazis. Our analysis shows that chancellor Brüning’s austerity measures were positively associated with increasing vote shares for the Nazi party. Depending on how we measure austerity and the elections we consider, each 1 standard deviation increase in austerity is associated with a 2 to 5 percentage point increase in vote share for the Nazis. Consistent with existing evidence, we find that unemployment rates were linked with greater votes for the Communist party. Our findings are robust to a range of specifications including a border-pair policy discontinuity design and alternative measures of radicalization such as Nazi party membership. The coalition that allowed a majority to form government in March 1933 might not have been able to form had fiscal policy been more expansionary.

(拙訳)

1930年から1933年に掛けてナチが選挙で成功を収めたという厳然たる事実をもたらした経済的理由は、現在のコンセンサスによれば、主にベルサイユ条約大恐慌(高失業率と金融の不安定性)によるものである。しかし、それらの要因だけではナチの選挙での勝利を完全には説明できない。代わりに考えられたのが、歳出削減増税などの財政収縮的な緊縮策が、とりわけそうした政策によって失うものが大きかった中流ないし上流階級において、ナチ党への票に寄与したのではないか、という説である。我々は、1930年から1933年に掛けてドイツの1024地区でナチ党およびそのライバルの共産党ならびに中央党に投じられた投票データを用い、増税歳出削減の組み合わせとして計測される急進的な緊縮策がナチの台頭に寄与したかどうかを評価した。我々の分析によれば、ブリューニング首相の緊縮策は、ナチ党への投票率の上昇と正の関連があった。緊縮策および対象となる選挙をどのように測定するかによって、緊縮度合が1標準偏差増すと、ナチへの投票率は2から5%ポイント上昇した。既存の実証結果と整合的に、失業率共産党への投票を増やすことを我々は見い出した。我々の発見は、境界ペア政策不連続設計や、ナチ党への加盟といった急進化の別の測定方法など、様々な特定化について頑健であった。1933年3月に多数派が政権を構築することを可能ならしめた連合は、財政政策がもっと拡張的であったならば成立し得なかったであろう。

2017-12-13

新たな金融政策伝達経路としてのDSR

|

BIS Quarterly Reviewの12月号の特集記事(Special features)の一つで、金融政策が民間部門の債務返済比率に与える影響についての研究結果を示している(H/T Mostly Economics)。記事のタイトルは「Is there a debt service channel of monetary transmission?」で、著者はBoris Hofmann(BIS)、Gert Peersman(ゲント大)。

以下はその要旨。

Previous research has explored the impact of private sector debt service ratios (DSRs), ie debt payments relative to income, on medium-term macroeconomic outcomes. This special feature, based on a study of 18 economies, finds that monetary policy shocks, in turn, have a significant impact on DSRs. We show that a monetary tightening leads to a significant and persistent increase in DSRs, with higher effective lending rates on the stock of debt outweighing a decline in the debt-to-income ratio. Moreover, the impact of monetary policy shocks on DSRs, as well as on economic activity, the price level, house prices and credit, turns out to be significantly larger in high-debt economies. These findings point to the existence of a debt service channel of monetary transmission.

(拙訳)

従来の研究は、民間部門のデットサービスレシオ(DSRs)、即ち所得に対する債務利払いの比率が中期のマクロ経済の動向に与える影響を研究してきた。本特集記事では、18ヶ国の経済の研究に基づき、金融政策が逆にDSRsに有意な影響を与えることを見い出した。我々は、金融引き締めがDSRsの有意かつ持続的な増加につながることを示す。そこでは、実行貸出利率の上昇が債務所得比率の低下を上回る。また、金融政策ショックがDSRsならびに経済活動、物価水準、住宅価格、および信用に与える影響は、債務水準の高い経済において有意に大きくなることが判明した。以上の発見は、金融政策伝達のデットサービス経路の存在を示している。

2017-12-12

コント:ポール君とグレッグ君(2017年第3弾)・補足

|

6日エントリで紹介したマンキューのブログエントリに以下の追記がなされていた。

Update: Robert Waldmann looks at the issue, concluding "no one has made an algebra mistake. Taxes on capital and capital income are different."

(拙訳)

追記:ロバート・ワルドマンが問題を考察して、「誰も数学の間違いは犯していない。資本への課税と資本所得への課税は別物である」と結論した。

しかし、このマンキューの引用部の直前に、ワルドマンは以下のように書いている。

Now I think the actual lesson here is that it makes no sense to look at a long term change divided by a short term change.

(拙訳)

ここで私が思うのは、今回の本当の教訓は、長期的な変化を短期的な変化で割ったものを見ることに意味はない、ということだ。

この点をワルドマン直前のエントリでも指摘している。

DeLong scolds Mankiw very harshly for using the word "static" with a different definition that the JCT. I personally wonder why Mankiw thinks anyone should be interested in a (long run)/(short run) ratio.

(拙訳)

デロングは、「静学的」という言葉を両院合同租税委員会JCT)とは違う定義で使ったことでマンキューを厳しく叱責している。個人的には、なぜ(長期)/(短期)に興味を持つ人がいるとマンキューが考えているのか不思議に思う。

また、マンキューがリンクしたエントリのコメント欄でも次のように書いている。

Stepping back, one might consider a (long term)/(short term) ratio an odd thing to calculate. One might consider it a mistake to suggest it is a policy relevant ratio. But it isn't an algebra mistake

(拙訳)

一歩下がって考えてみると、(長期)/(短期比率を計算するのは奇妙なことだ、と考えてもおかしくはない。それを政策に関係する比率として提示するのは間違いだ、と考えてもおかしくはない。しかしそれは数学的な間違いではない。


このワルドマンの指摘は、小生がこちらのエントリに書いた

なお、上の論者の誰も指摘していないが、マンキューの「静学的ファーマン比率」で小生がもう一つ問題だと思うのが、分母のdxは静学的だとしても、分子のdwの算出についてはdkを考慮し、それをモデルの第一式(r = (1-t)f '(k))から導出している点である。従って、分母と分子の仮定がちぐはぐな比率になっており、経済学的な意味が損なわれているように思われる。

と同じことを言っているものと思われる*1


そのワルドマンのエントリのコメント欄にデロングも登場し、以下のように短・中・長期の変化を整理している*2

  1. 課税前の資本の収益率が低下しない短期では、賃金は上昇しない。
  2. 課税前の資本の収益率が低下しない短期に、税収は(Δt)(k)(r/(1-t))だけ低下する。
  3. 課税前の資本の収益率が低下しない短期に、利益は(Δt)(k)(r/(1-t))だけ上昇する*3
  4. 課税前の資本の収益率が低下するが、発注した投資がまだ執行されない中期に、賃金は(Δt)(k)(r/[(1-t)(1-t+Δt)])だけ上昇する*4
  5. 課税前の資本の収益率が低下するが、発注した投資がまだ執行されない中期に、税収は(Δt)(k)(r/[(1-t)(1-t+Δt)])だけ低下する。
  6. 課税前の資本の収益率が低下するが、発注した投資がまだ執行されない中期に、利益は当初の水準に戻る。
  7. 資本ストックが均衡に達する長期では、賃金は(Δt)(k)(r/[(1-t)(1-t+Δt)]) + {ハーバーガーの三角項}だけ上昇する。
  8. 資本ストックが均衡に達する長期では、税収は(Δt)(k)(r/[(1-t)(1-t+Δt)]) - {rtΔk[1/(1-t+Δt) -1]}だけ低下する*5
  9. 資本ストックが均衡に達する長期では、利益はrΔkだけ上昇する。
  10. 資本ストックが均衡に達する長期では、そうした追加利益は海外に流れ、GDPGNP乖離が拡大する…。
  11. 政治的ノイズを削除し、バイアスと変動の望ましいトレードオフを得るためにΔk = 0としたJCTやOTAやCBOなどの「完全に静学的な」計算では、(Δt)(k)(r/[(1-t)(1-t+Δt)])だけ賃金は上昇し、税収は低下する。

デロングは、マンキューは(4)を(2)で割ってそれが「静学的な」分析だと主張しているが、そうしたことは前例が無いし、意味が無い、と指摘している。そして「静学的な」分析は(11)だ、と述べている。

これに対しマンキュー本人が同じコメント欄で反応し、自分のやったのは(7)を(2)で割ったことだ、と応じている。それに対しデロングは(意外にも?)素直に謝意を表している。

*1:ちなみに小生はその指摘をデロングのエントリのコメント欄に投稿している(ただしそのコメントでdw/dxの式を間違えている[1/(1+f '(k)/f "(k)*k)ではなく1/{1+(f '(k)*t)/(f "(k)*k)}が正しい])。なお、その後デロングは、ここで紹介したエントリで、「Mankiw correctly calculates kdτ when he is calculating the change in wages...But messes up when he calculates:dTR...」と書いている。

*2cf. デロング自身のブログのエントリ、今回のワルドマンのエントリのきっかけになったと思しきマンキューの12/5エントリに反応したエントリ

*3:この短期の変化を本ブログの10/26エントリで引用したデロングの図で言えば、Cは変化せず、Aが一時的に増加してその分Bが減少する、ということになる。

*4:デロングのコメント(ないし12/9エントリ)によれば、資本の一単位当たりの税引き前借り入れコストの低下により追加的なキャッシュフロー r/(1-t) - r/(1-t+Δt) = rΔt/[(1-t)(1-t+Δt)] が生じ、それに資本ストックkを掛けたものが賃上げに充てることのできる総キャッシュフローということになる。あるいは微分式を考えるならば、本ブログの10/26エントリで引用したデロングのτ = tr/(1-t)という関係式からdτ = rdt/(1-t)2となるので、それを賃金上昇=kdτ(図のqのエリアで、税収減少に等しい)に代入したもの、と考えることもできる。デロングは、マンキューも賃金上昇に利用可能なキャッシュフローの計算ではこのように税引き前利益が税率引き下げの影響を即座に受けると前提したのに対し、税収の計算では影響を即座に受けないという前提を置いたために食い違いが生じた、と指摘し、「資本への課税と資本所得への課税は別物である」というのが食い違いの原因だというワルドマンの見方を否定している。

*5:[12/13追記]第2項のrの直後のtはおそらく不要なので取り消し線で削除。

2017-12-11

資金循環表今昔

|

先月末にイタリア銀行が資金循環勘定をテーマとしたコンファレンスを開催し、そのオープニング講演で同行のルイジ・シニョリーニ(Luigi Federico Signorini)副総裁資金循環勘定の歴史を振り返っている(H/T Mostly Economics)。

Real national accounts had begun to be compiled following the Keynesian revolution, as the invention of macroeconomics and the definition of the attending concepts (income, consumption, investment, savings) prompted the development of statistical methods to produce a reasonable approximation of the real-world counterparts to those concepts. The first release of the United Nations’ Systems of National Accounts came in 1947. Once the statistical foundations for real national accounts had been laid, moving on to financial accounts seemed natural. As we were soon to learn, this was no easy task. Even more, making the two sets of macro accounts consistent, i.e. integrated – a logical and easy step in theory – was in fact very difficult in practice.

The effort to understand and possibly control business cycles after the devastation of the Great Depression was itself a powerful driving force for the development of financial accounts. Financial variables such as bank loans and deposits, bonds and shares, arranged within a consistent framework, were seen as necessary to get a full picture of the cyclical factors in the economy.

The availability of information on financial flows may also have been regarded in those days as instrumental to economic planning; in some Western countries this was considered a very important and effective tool of economic policy in the post-war period. With illusions of top-down planning long forgotten in many market economies, this point is easily overlooked nowadays, but it was surely another significant factor in those times.

(拙訳)

実体経済の国民勘定は、ケインズ革命後に構築が始まりました。マクロ経済学が発明されたことと、それに付随する概念(所得、消費、投資、貯蓄)が定義されたことにより、実世界でそうした概念に相当するものを適度な近似値として生み出すための統計手法が開発されました。国連の国民経済計算の最初の版は1947年に登場しました。実体経済の国民経済勘定の統計的基礎が確立された後に、資金循環勘定に話が移るのは自然なことでした。すぐに明らかになったのは、これは大変な作業だ、ということでした。また、二つのマクロ勘定を整合的なものにすること、即ち統合することは、理論上は論理的かつ容易な作業のはずですが、実際には非常に困難なものでした。

大恐慌の惨状を経た後、景気循環を理解し、できれば制御しようとしたこと自体が、資金循環勘定を開発する強力な推進力となりました。銀行融資や預金、債券株式といった金融変数が一貫した枠組みの中で整備されることが、経済の循環要因の全体像を把握する上で必要なことだと考えられました。

資金循環の情報が利用できることは経済計画にも役立つ、と当時は考えられたようです。西側の幾つかの国は、戦後の経済政策の極めて重要かつ効果的なツールと見做していました。市場経済の国の多くではトップダウン計画という幻想が忘れられて久しいため、この点は今日では見過ごされやすいですが、当時は間違いなくもう一つの重要な要因だったのです。


その後の盛衰についてSignoriniは以下のように記している。

There was a golden age of financial accounts between the 1960s and the early 1970s. James Tobin, among others, used them to look at the way agents allocate wealth across financial and non-financial assets; in his Nobel Memorial Lecture in 1981, he discussed ‘Money and finance in the macro-economic process’ using flow-of-fund tables. ...

Interest in financial accounts declined in the 1980s, only to pick up again after the crisis. ...

Financial accounts continued to be used, though to a lesser extent, by economists such as Wynne Godley and Raymond Goldsmith. Then the Asian crisis of the late 1990s showed the importance of sectoral financial connections and the need to study the balance sheets of banks, firms, and households. Since the start of monetary union, the ECB’s monetary analytical framework has included financial accounts as a tool for cross-checking its ‘first pillar’ (economic analysis) against its ‘second pillar’ (monetary analysis).

However, it was the global financial crisis that generated renewed interest. A lesson of the crisis was that tracking sectoral imbalances was important; that an excessive level of debt may cause vulnerabilities; and that therefore the pursuit of financial stability required monitoring the level of corporate and household debt and the leverage of financial institutions. Finance was no longer a mere veil.

(拙訳)

1960年代から1970年代初めに掛けては、資金循環勘定の黄金時代でした。中でもジェームズ・トービンは、経済主体が富を金融資産と非金融資産にどのように配分するかを調べるのに使いました。1981年のノーベル受賞講演で彼は、資金循環表を使って「マクロ経済過程における貨幣金融」について論じました。・・・

資金循環勘定への関心は1980年代に低下し、再び関心が高まったのは危機後になってからでした。・・・

資金循環勘定は、使用頻度は落ちたものの、ウィン・ゴドリーやレイモンド・ゴールドスミスといった経済学者によって使われ続けました。その後、1990年代後半に発生したアジア危機は、部門間の金融的なつながりの重要性と、銀行、企業、家計のバランスシートを研究する必要性とを示しました。ECBの金融分析の枠組みは、通貨統合の開始以来、資金循環勘定を、「第一の柱」(経済分析)と「第二の柱」(金融分析)をクロスチェックするためのツールの一つとしてきました。

ただ、改めて関心を呼び起こしたのは世界金融危機でした。危機の教訓は、部門間の不均衡を追うことが重要、というものでした。過大な負債脆弱性をもたらす可能性があるので、金融の安定性を追求するためには企業や家計の債務金融機関のレバレッジの水準をモニタすることが必要となるのです。金融はもはやベールではないのです。