Hatena::ブログ(Diary)

himaginaryの日記

2015-07-01

米国の所得における近年の労働分配率の低下:新古典派的な仮説明

|

ハーバードケネディスクールのRobert Z. Lawrenceが表題のNBER論文(原題は「Recent Declines in Labor's Share in US Income: A Preliminary Neoclassical Account」)を書いている

以下はその要旨。

As shown in the 1930s by Hicks and Robinson the elasticity of substitution (σ) is a key parameter that captures whether capital and labor are gross complements or substitutes. Establishing the magnitude of σ is vital, not only for explaining changes in the distribution of income between factors but also for undertaking policy measures to influence it. Several papers have explained the recent decline in labor’s share in income by claiming that σ is greater than one and that there has been capital deepening. This paper presents evidence that refutes these claims. It shows that despite a rise in measured capital-labor ratios, labor-augmenting technical change in the US has been sufficiently rapid that effective capital-labor ratios have actually fallen in the sectors and industries that account for the largest portion of the declining labor share in income since 1980. In combination with estimates that corroborate the consensus in the literature that σ is less than 1, these declines in the effective capital ratio can account for much of the recent fall in labor’s share in US income at both the aggregate and industry level. Paradoxically, these results also suggest that increased capital formation would raise labor’s share in income.

(拙訳)

1930年代にヒックスとロビンソンが示したように、代替の弾力性(σ)は、資本と労働が粗補完財であるか粗代替財であるかを描写する重要なパラメーターである。σの大きさを確証することは、要素間の所得の分配の変化を説明するためだけではなく、それに影響を与える政策手段の実行のためにも極めて重要である。幾つかの論文は、σが1より大きいこと、および、資本の深化があったことを主張することにより、近年の所得の労働分配率の低下を説明した。本稿はそれらの主張を論駁する実証的結果を提示する。それによると、測定された資本労働比率の上昇にも関わらず、米国における労働増強的な技術変化があまりに急速だったため、1980年以降の労働分配率の低下に最も寄与した部門および業種において、実効資本労働比率は実際には低下していたことを示す。σが1より小さいというこの分野のコンセンサスに沿う推計結果と相俟って、この実効資本比率の低下は、米国の所得における近年のマクロレベルおよび業種別レベルの労働分配率の低下のかなりの部分を説明できる。逆説的ではあるが、この結果は、資本形成の増加は所得の労働分配率を上昇させるであろうことも示唆している。

2015-06-30

ウィンターズ・ボーンの経済学

|

論文の要旨を読んで何となく連想した映画をタイトルに使ってみたが、「Human Capital Quality and Aggregate Income Differences: Development Accounting for U.S. States」というNBER論文上がっている。著者はEric A. Hanushek(スタンフォード大フーバー研究所)、Jens Ruhose(Ifo経済研究所), Ludger Woessmann(同)。

以下はその要旨。

Although many U.S. state policies presume that human capital is important for state economic development, there is little research linking better education to state incomes. In a complement to international studies of income differences, we investigate the extent to which quality-adjusted measures of human capital can explain within-country income differences. We develop detailed measures of state human capital based on school attainment from census micro data and on cognitive skills from state- and country-of-origin achievement tests. Partitioning current state workforces into state locals, interstate migrants, and immigrants, we adjust achievement scores for selective migration. We use the new human capital measures in development accounting analyses calibrated with standard production parameters. We find that differences in human capital account for 20-35 percent of the current variation in per-capita GDP among states, with roughly even contributions by school attainment and cognitive skills. Similar results emerge from growth accounting analyses.

(拙訳)

米国の多くの州の政策では、州の経済発展のためには人的資本が重要ということを前提にしているが、より良い教育と州の所得を関連付けた研究はほとんど無い。国際的な所得の差についての研究を補うものとして、国内の所得の差が、質を調整した人的資本の指標によってどの程度説明できるかを調べた。我々はセンサスのミクロデータでの学歴と、出身州/国の学力テストでの認知スキルに基づき、州の人的資本の精緻な指標を開発した。現在の州の労働力人口を、地元民、別の州からの移住者、および移民に分類し、学力テストの成績を選択的な移住について調整した。我々はこの新たな人的資本指標を、標準的な生産パラメータでカリブレートした発展会計分析において用いた。我々は、人的資本の差が、現在の州間の一人当たりGDPのばらつきの25-30%を説明することを見い出した。学歴と認知スキルの寄与はほぼ半々であった。成長会計分析からも同様の結果が得られた。


論文のungated版は見つからなかったが、こちら2014年の米経済学会でのプレゼン資料が読める。


ノアピニオン氏もこの論文取り上げIQの差の所得格差への寄与がせいぜい1/3か1/6(=就学でIQが上がらないとした場合)に過ぎないのであれば、他の要因(おそらくは交易による相乗効果や制度的要因)で決まる部分が大きいということではないか、と述べている。


ちなみに、少し前に米国の州の一人当たりGDPを他国と比較する試みが話題になったことがある

2015-06-29

なぜもっと働くの?

|

「Why Work More? The Impact of Taxes, and Culture of Leisure on Labor Supply in Europe」というNBER論文上がっている。著者はルイジアナ州立大学のNaci H. MocanとLuiza Pogorelova。

以下はその要旨。

We use micro data from the European Social Survey to investigate the impact of “culture of leisure” and taxes on labor force participation and hours worked of second-generation immigrants who reside in 26 European countries. These individuals are born in Europe, and they have been exposed to institutional, legal and labor market structures of their countries, including the tax rates. Fathers of these individuals are first-generation immigrants who migrated from 81 different countries. We construct measures of “taste for leisure” in the country of origin of each immigrant father. We employ average and marginal taxes for each country of residence, and control for a large set of individual characteristics, in addition to attributes of the country of residence and country of ancestry. The results show that for women, both taxes and culture of leisure impact participation and hours worked. For men, taxes influence labor supply both at the intensive and the extensive margins, but culture of leisure has no impact.

(拙訳)

我々は欧州社会調査のミクロデータを用い、「余暇の文化」および税制が、欧州の26ヶ国内に居住する移民の第二世代の労働参加率と労働時間に与える影響を調べた。それらの人々は欧州で生まれており、税率など制度、法律、および労働市場構造は各国の環境下にある。それらの人々の父親たちは移民の第一世代であり、81ヶ国から移民してきた。我々は移民の父親世代の出身国それぞれについて、「余暇への嗜好」の指標を構築した。我々は、居住国や出身国の特性ならびにその他の様々な個人の特性をコントロールした上で、居住国の平均および限界税率での説明を試みた。得られた結果によれば、女性については、税制余暇の文化の双方が労働参加率と労働時間に影響した。男性については、税制は内延効果と外延効果の両方の労働供給に影響したが*1余暇の文化の影響は見られなかった。

*1:ここでは内延効果=労働時間、外延効果=労働参加率の意味で使用していると思われる。cf. ここ

2015-06-28

暗隅に繋がれた鬼を避く

|

昨日エントリの冒頭で触れたIMFブログ記事は「U.S. Monetary Policy: Avoiding Dark Corners」と題されており、その元となっている論文は「Avoiding Dark Corners : A Robust Monetary Policy」と題されている。ここで「dark corner」はブランシャールの昨年9月の論説で用いられた語であり、同論説では以下のように説明されている。

We all knew that there were “dark corners”—situations in which the economy could badly malfunction. But we thought we were far away from those corners, and could for the most part ignore them. Japan sat unhappily in that picture, an advanced economy stuck in a long slump with deflation. But its situation was often interpreted as the result of misguided policies rather than a harder-to-solve problem.

The main lesson of the crisis is that we were much closer to those dark corners than we thought—and the corners were even darker than we had thought too.

(拙訳)

我々は皆、「暗隅*1」――経済が非常な機能不全に陥るような状況――が存在することを知っている。しかし我々は、自分たちはそうした暗隅から遠く離れており、概ね無視できると考えた。日本はデフレを伴う長期の不景気に嵌った先進国経済であり、その構図に当てはまらなかったが、大抵の場合、日本の状況は誤った政策の帰結であり、解決が難しい問題のせいではない、と捉えられていた。

危機の主たる教訓は、我々は思ったより暗隅にかなり近いところにいる、ということであった。また、暗隅は思ったよりもさらに暗いところでもあった。


以下は、今回のIMFブログ記事からの引用。

The paper finds that—under conditions of still recovering demand, low inflation, and the policy interest rate near zero—the balance of risks favors more patience to start interest rate increases. The consequence of such a policy would still mean gradual, albeit slightly steeper, path of subsequent rate increases and a modest planned overshooting of inflation.

The intuition is straightforward: it is costly to have the policy interest rate at zero, where the room for maneuver to respond to negative shocks becomes constrained. This is the “dark corner” in the title. Given the potential for future negative shocks that could push the economy back toward low growth and falling inflation, optimal policy should aim to get the economy as quickly as possible back to full employment and away from this dark corner. Waiting a little longer to pull the trigger on policy rates—as former U.S. Treasury Secretary Lawrence Summers says, until the “whites of inflation’s eyes are visible”—provides valuable insurance against ending back at zero interest rates. The case is further strengthened when one takes into account uncertainties related to the amount of slack and the neutral policy rate.

Such a policy has the potential to temporarily generate a bit more inflation (see chart). But that’s okay and, we think, a reasonable cost to pay. After all, expectations are well anchored and the Fed has strong credibility and a proven track record in addressing inflation, when it arises.

(拙訳)

論文では、需要が回復途上にあり、インフレ率が低く、政策金利がゼロ近傍という条件下では、リスクのバランスを考えると、利上げ開始に当たっては辛抱強くあった方が良い、ということを見い出している。そのように利上げを遅らせた政策においても、導出される今後の利上げ経路は、傾斜は少しだけ急になるものの、やはり緩やかなものとなる。また、インフレ率は予め計画された通りややオーバーシュートする。

その直観的説明は素直なものである:政策金利がゼロのままだと、負のショックへの政策対応の余地が限られるため、犠牲が大きい。これが表題の「暗隅」の意味するところである。将来の負のショックによって経済が低成長とインフレ低下に押し戻される可能性を考えると、最適な政策は、できるだけ早く完全雇用に戻ると共に暗隅から離れることを目的とすべきである。政策金利の引き金を引くのを少し待つこと――ローレンス・サマーズ元米財務長官が言うように、「インフレの白目が明確になる」まで――は、ゼロ金利に舞い戻るという結末を防ぐための非常に有用な保険となる。経済のスラックの量や中立金利に纏わる不確実性を考えたならば、猶更のことである。

そうした政策は、一時的にインフレ率をやや高める可能性がある(図参照)。しかし、それは問題無く、払う対価としては妥当なものである、と我々は考える。何といっても、予想はかなり安定的であり、また、インフレが生じた時のFRBの対応への信頼性および実績には定評がある。


記事では、論文の以下の図が引用されている。


また記事の後半では、将来の経済指標予測や金利経路を明確化するなど、FRBコミュニケーションをさらに拡充することを提言している。

*1:「dark corner」をどう訳そうかと迷ったのだが、ぐぐっているうちに「暗隅」という言葉があることを知ったため、それを用いた。また、「暗隅に鬼を繋ぐ」という諺があることも知ったが、その諺がブランシャール論説にあしらわれている(本エントリでも借用した)怪物の図とイメージ的に合っていたため、タイトルはそれに因んでみた。

2015-06-27

サマーズ「慌てて利上げして経済を台無しにした日本の轍を踏むべきではない」

|

少し前にIMFFRBに利上げに慎重になることを呼び掛けたが、その裏付けとなる研究を紹介した記事がIMFブログ上がっている。同記事では、サマーズの「whites of inflation’s eyes are visible(インフレの白目が明確になる)」まで利上げを待つべき、という言葉が引用されており、調べてみると、出典は2/8付けFT論説であった。

同論説についてはこちらの日本語ブログ記事でも言及されているが、その中でサマーズは、インフレおよびインフレ予想が2%を超える危険性が明確になるまで利上げは待つべきである、と述べ、その理由として以下の4点を挙げている。

  1. 大部分の労働者実質賃金が停滞していること
  2. インフレの少々の加速はむしろ良いこと
    • 2007年以降に2%インフレが維持されていた場合の水準より現在の物価は4%ほど低く、物価水準目標の考え方からすれば、キャッチアップのために2%超のインフレ率を支持する考え方もあり得る。また、実質金利を下げるという考え方からもそれは支持される。
  3. 表題の件
    • 下記参照。
  4. 金利と強いドルは債務国の負担を増やし、米国貿易赤字を悪化させる

このうちの第三の理由についてサマーズは以下のように述べている。

Third, a plane that accelerates too rapidly as it takes off may cause passengers discomfort while a plane that accelerates too slowly may crash at the end of the runway. Historical experience is that inflation accelerates only slowly so the costs of an overshoot on inflation are small and reversible with standard tightening policies. In contrast, aborting recovery and risking a further slowing of inflation is potentially catastrophic — as Japan’s experience demonstrates. So in a world where economic forecasts are highly uncertain, prudence in avoiding the largest risks counsels in favour of Fed restraint in raising rates.

(拙訳)

第三に、離陸時の加速が急過ぎる飛行機は乗客に不快感を与えるが、加速が緩やか過ぎる飛行機は滑走路の終端で墜落してしまうかもしれない。歴史の示すところによればインフレの加速は常に緩やかであり、そのため、インフレの行き過ぎの代償は小さく、通常の引き締め政策で反転可能である。対照的に、回復を中断させ、さらなるインフレの減速のリスクを冒すことは、大惨事をもたらす可能性がある――それは日本の経験が示すところである。従って、経済予測の不確実性が非常に高い世界では、最大のリスクを回避するために慎重に行動するならば、FRBは利上げに抑制的になるべき、ということになる。