Hatena::ブログ(Diary)

フランシーヌの場合は このページをアンテナに追加 RSSフィード

あつかましいwebサービスをつくりました。twitterと連携し、誕生日の1週間前になると、あなたのAmazonのほしい物リストを自動でつぶやきます。現在β運用中、使っていただけると、テストが捗ります。#よろしくたのみますよ

2009-11-22

「戦争・写真 そしてメディアの危機」tsudaりまとめ。

早稲田大学で今やってる、WASEDAフォトジャーナリズムフェスティバル。

http://www.daysjapan.net/waseda/index.html

メインの期間は今日から2週間で、フォトジャーナリズムをテーマにした様々な展示やシンポジウムを無料でやってる。明日は無料のコンサート。加藤登紀子(@TokikoKato)さんやアイヌチェルノブイリの方が出る

共催のDAYS JAPANは、フォトジャーナリズムメディアとして、例えば今年はじめのガザや、アフガニスタン、日本だと原発に揺れる祝島を取材してきた、日本では大変貴重な雑誌。


ちなみにこの雑誌が存続の危機に瀕していて、定期購読者が500人増えたら存続でき、1500人増えたら運営が安定するんだって。

一冊定価820円が年間8,700円で届けてもらえるっていうので会場で申し込んだ。キャンペーンで7,700円になったんだけどwebには情報ないので会場限定だったのかな。

http://www.daysjapan.net/subscription/index.html


話者は白山眞理氏(日本カメラ博物館運営委員)、広河隆一氏(「DAYS JAPAN」編集長・フォトジャーナリスト)、上杉隆氏(ジャーナリスト)。上杉さんはネットでは記者クラブ批判の旗手として有名。

tsudaりは自分で大事と思うところをまとめてたので、自分のつぶやきが中心になるけど、他の方のも入れてったらいい感じに補完できた。

他の方の投稿には頭にIDをつけた。


白山眞理「日本の戦争の時代、報道写真家たちはどう生きたか」


広河隆一「現代の戦争報道メディアの役割」

  • 広河「大学を出てイスラエルに行った。その頃イスラエルには、政府の戦争ということが言われていて、それをおかしいという市民の声があった。その声は潰され、イスラエル右傾化していった。 #daysjapan posted at 14:47:55
  • 広河「当時戦争を仕掛ける側から、戦車の後ろから写真を撮ることに屈辱を感じた。仕掛けるのは大抵西側で、取材も容易。一方で着弾点で取材することは非常に困難。 #daysjapan posted at 14:51:35
  • 広河「ジャーナリストをシャットアウトしてるところでは、報道されたくないことが行われている。そういうところこそ、何としてでも入って、報道しなければならない。 #daysjapan posted at 14:54:25
  • 広河「現在の報道では、爆弾の下で苦しんでいる人や、なぜそんなことが起きているのかまでは追跡されず、見る側も彼らの苦しみが想像できない、彼らの声が聞こえない。そういう危機的な状況にある。 #daysjapan posted at 14:58:19
  • 広河「イスラエルの人道的で感動的な写真がピューリッツァー賞を取ったが、実はイスラエル右翼活動家の女性だった。パレスチナからのロケット弾の写真は賞を取ったが、ガザへ打ち込まれる写真は賞を取らない。 #daysjapan posted at 15:01:58
  • 広河「戦争はたいてい自分がやられたと言って始められる。そして見たくないものは数十キロ先で起きてる惨劇でも目に入らない。そして自分達を完全な被害者の立場に置く。 #daysjapan posted at 15:07:00
  • machuiii:#daysjapan 爆撃のすぐ側での数多の叫び声、被害状況に対する想像力を失ってしまっている。「きれいな戦争」のイメージが形成される。 posted at 15:31:11
  • 広河「ジャーナリストの仕事は、人間の尊厳のためにある。 #daysjapan posted at 15:08:51
  • kanakob:広河:ジャーナリストであるというアイデンティティを失う・・・メディアが戦争に取り込まれる #daysjapan posted at 14:58:32
  • kanakob:広河:爆弾が落ちる先に何があるか。 #daysjapan posted at 14:59:41
  • kanakob:広河:ジャーナリストの仕事をする人は、いる。しかし、それを発表するメディアがないからDAYSJAPANを作った。 #daysjapan posted at 15:01:04
  • kanakob:広河:犠牲者の写真を、被害者の写真を見る機会は少ない。犠牲者があたかもいないかのように #daysjapan posted at 15:01:59
  • kanakob:広河:イスラエル、自分たちが犠牲者であるという情報しか流さない。ガザ空爆支持90%のわけはそれ。 #daysjapan posted at 15:05:01
  • 広河「私たちは数多くのニュース、そのヘッドラインだけを見て世界を理解した気になってしまう。大切なのは、その背景。そしてそこにある人間の尊厳だ。 #daysjapan posted at 15:12:13
  • kazemachi:#daysjapan 広河さん「アラビア語のカディーヤ。大義とか正義と訳されるが、それは意味の一部で、本来の意味は背景にある歴史や文化を含めて見るということ」ジャーナリズムはこのレベルまで掘り下げること、という話だった。 posted at 15:15:16
  • シンケンジャーの本読んでる子供も客席にいる。殿と唐橋今日かっこよかったね。 #daysjapan posted at 15:14:17


上杉隆メディアの危機とジャーナリズム


あと、その前に行った広河隆一氏の写真展「人間の戦場40年」−核と中東アジア の感想。

  • オススメプランを参考に写真展みてる。ナクバから50年も経ってるのに戻れぬ故郷を見つめるお爺ちゃんの写真が。RT @suzumeryo: 22日のオススメプランです♪ 10時→ワセダギャラリーで「触れる地球」 11時→大隈タワーで「広河隆一・人間の戦場」 … #daysjapan posted at 13:29:16
  • 広河隆一写真展見てきた。パレスチナへの今年はじめの攻撃で死体の一部が降ってきて以来口の聞けない子供の写真を見て胃がしまった。グロい写真じゃないけどグロい。 #daysjapan posted at 13:47:28
  • 一方でカメラに銃口を向けるイスラエル兵の虚ろで少し戸惑ったような顔を見るともうどうしていいのかわからなくなる。 #daysjapan posted at 13:52:48

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hsksyusk/20091122/photomedia