スマートフォン用の表示で見る

パレスチナ

地理

パレスチナ

ぱれすちな

[Palestina]

地域名。大雑把に言って、地中海東岸南部、アフリカ大陸ユーラシア大陸の交点のアジア側。この地域は古代から諸民族が入り乱れてきたので、どこからどこまでといった場所の限定は難しい。たぶん、第一次世界大戦後の英国委任統治領パレスチナヨルダン川−死海ラインから地中海まで)が、地理概念としては一番正確に近いはず。

もっとも、政治的な思惑の絡んだ概念でもあるので、イスラエルの領土(1947年国連決議によるものとか)を「パレスチナ」概念に含むのか含まないのか、とかいう根本的な問題があるし、さらに「イスラエルパレスチナに含まない」とすると、今度はどっからどこまでがイスラエルなのかとか(イスラエル人の極右勢力であれば、全部イスラエル領土と主張するだろうし、左派には左派でいろいろ主張がある)いろいろな問題が山積。

 

 

同様に、「パレスチナ人」と言っても、「パレスチナ国があってパレスチナの旅券を発行されたパレスチナ国民」が存在したわけでもないので、良くも悪くも定義自体が政治的なイシュー(及び取り引きの道具)になってしまう。