スマートフォン用の表示で見る

木村伊兵衛

アート

木村伊兵衛

きむらいへえ

写真家1901年12月12日東京生まれ。1974年5月31日死去。

1920年ころ台南の勤務先で営業写真の基礎を習得する。1923年に沢井久子と結婚、翌年日暮里に営業写真館を開業。

1930年花王石鹸広告部に嘱託として入社、A型ライカと引伸機を購入し、以降写真家として活躍した。

報道写真とポートレートを結合させた新しい分野を開拓した名カメラマン。著名人ポートレートや舞台撮影のほか、下町のスナップなど人物撮影において数多くの傑作を残した。

ライカの特性を最大限に活かし、被写体を意識させずに傑作を生む。芸術作品というと大型カメラが主流の時代、小型カメラによる作品作りを試みて“スナップ写真の名手”と呼ばれた。従五位勲四等旭日小綬章を受ける。

没の翌年、木村伊兵衛写真賞が創設された。門下生には田沼武能がいる。