地球を、開けよう。

2013-04-25

JFLA Lecture Series/JFLAレクチャーシリーズ

f:id:japanfoundation:20120827162916j:image

It has been almost 11 months since we moved to our new office on the Miracle Mile in Los Angeles and with our new location; we have been able to organize many more events that are open to the public. One of our most popular programs is our lecture series where we invite specialists in a field related to any aspect of Japan including, but not limited to, pop culture, gaming, politics, technology, research, traditional culture and food. Below is a list of all the lectures we have presented so far.

ロサンゼルスのミラクルマイル沿いにオフィスを移転してから、もうすぐ11ヶ月経ちますが、新オフィスでは、より多くの一般向けのイベントを開催することが出来る様になりました。JFLAで最も人気のあるイベントの一つであるレクチャーシリーズでは、ポップカルチャー、ゲーム、政治、テクノロジー、リサーチ、伝統文化、食、などなど日本の様々な分野に関するスペシャリストをお呼びしています。今回は、私たちが今までに開催した全レクチャーリストを紹介します!


Lecture 1: Explore the World of GO/囲碁の世界を知ろう

Date:December 15, 2013/2013年12月15日

f:id:japanfoundation:20130425074239j:image

For our very first lecture, we invited Andrew Okun, President of American Go Association, to talk about the ancient board game of Go with some hands on gaming afterwards. Participants had an educational afternoon learning about the history and development of the game as well as basic instructions to play the game. This lecture was organized in collaboration with the American Go Association.

第一回目のレクチャーでは、アメリカ囲碁協会会長、アンドリュー・オクン氏をお招きし、昔から日本に伝わる囲碁について、ゲームの実演も交えながらお話頂きました。参加者は、囲碁の歴史や発展、そして基本的なゲームの遊び方を教わり、学び多き午後を過ごしました。このレクチャーはアメリカ囲碁協会の協力のもと、開催されました。


Lecture 2: Paro – The World’s Most Therapeutic Robot/パロ–世界で最もセラピー効果のあるロボット

Date: January 12th, 2013/2013年1月12日

f:id:japanfoundation:20130425074238j:image

For the second lecture, we invited Dr. Takanori Shibata, the creator of PARO, the world’s most therapeutic robot to talk about his invention and allow the guests to experience the comforting effects of the robotic baby harp seal. Dr. Shibata also discussed the advancements of robotics in Japan and the ways that the cutting edge technology is used to help in everyday lives.

第二回目となるレクチャーでは世界で最もセラピー効果のあるロボット「パロ」のクリエーター、柴田崇徳博士を迎え、その開発についてのお話を伺い、また、参加者は「パロ」と実際に触れ合い、その癒し効果を体験することも出来ました。柴田博士は日本でのロボット工学の進歩や、これらの最先端技術をどのような方法で日常生活に役立てるか、などについて語られました。


Lecture 3: Restoration of Fukushima From 3.113月11日からの福島復興

Date January 24th, 2013/2013年1月24日

f:id:japanfoundation:20130425074237j:image

During the month of January, we had another lecture with Satoru Mimura from the Fukushima Future Center for Regional Revitalization at Fukushima University. He talked about his work to support the people affected by the Great East Japan Earthquake by researching the effects of radiation caused by the Fukushima Dai-ichi power plant. Based on his findings, he hopes to develop a plan to offer prospects in support of the restoration and rehabilitation of Fukushima. This event was co-organized by the Japan America Society of Southern California.

引き続き1月には、福島大学うつくしまふくしま未来支援センターの三村悟氏をお招きしたレクチャーも開催しました。三村氏は、福島第一原子力発電所放射能による影響についての研究を通して東日本大震災被災者支援に取り組んでいます。また、その研究成果を基に福島復興・再生支援の展望を提示していくことを目指しています。このイベントは南カリフォルニア日米協会との共催により実施いたしました。


Lecture 4: Anime and Hollywood/アニメとハリウッド

Date: February 20th, 2013/2013年2月20日

f:id:japanfoundation:20130425074236j:image

The popularity of anime has had a long history in the United States and to introduce it to a young audience, we invited Roland Kelts, author of “Japanamerica: How Japanese Pop Culture Has Invaded the U.S.,” to discuss his views on Anime, its influences on Hollywood, and vice-versa. Keltz used many examples from his research to show the symbiotic relationship between American and Japanese culture. He was also on hand to sign copies of his book after the lecture.

アメリカにおけるアニメの人気には長い歴史があり、それを若い世代に紹介するため、『ジャパナメリカ―日本発ポップカルチャー革命―』の著者ローランド・ケルツ氏をお迎えし、アニメ、そのハリウッドでの影響などついて語っていただきました。ケルツ氏は研究成果から得たたくさんの例を出しながら、アメリカ日本文化共生関係について説明しました。また、レクチャー後には、快く著書にサインをして下さいました。


Lecture 5: “Asian Voices” And the US Japan Relationship in 2013/「アジアの声」と2013年の米日関係

Date: March 1st, 2013/2013年3月1日

f:id:japanfoundation:20130425074235j:image

In March, we invited Aiko Doden, Senior News Commentator for Japan Broadcasting Corporation, to talk about many issues that have an effect on US Japan Relationship in 2013. This event was co-organized with the Los Angeles World Affairs Council and Young Professionals and as a result we had many youth leaders in attendance who were interested in the world affairs and making a positive contribution to society.

3月は、NHK解説委員の道傳愛子氏をお招きし、2013年の米日関係に影響する様々な事柄についてお話頂きました。このイベントはLos Angeles World Affairs Council and Young Professionalsとの共催で行われたため、世界情勢に関心を持ち、社会に貢献しているたくさんの若きリーダーたちにご出席頂けました。


Lecture 6: Bento – Japanese Culture in a Box/弁当–箱の中の日本文化

Date: April 8th, 2013/2013年4月8日

f:id:japanfoundation:20130425074234j:image

For our sixth lecture, we invited Debra Samuels, Boston Globe food writer, cooking instructor and author of the popular cookbook “My Japanese Table: A Lifetime of Cooking with Friends and Family” to talk about her inspiration and love for the Japanese bento (lunch box). The lecture was divided into three parts where Samuels described her time in Japan and how she was introduced to the art of Japanese cuisines, demonstrated how she prepares her food, and invited participants to assemble their own bentos using pre-made items. Everyone who attended received a gift bag with a maccha cupcake featuring Samuels’ recipe and a box of green tea courtesy of Takaokaya.

第6回目は、日刊新聞ボストン・グローブのフードライター、クッキングインストラクター、そして“My Japanese Table: A Lifetime of Cooking with Friends and Family”という人気のある料理本の著者デブラ・サミュエルズ氏をお招きし、日本のお弁当から彼女が得るインスピレーション、そしてその魅力についてお話頂きました。レクチャーは3つのパートに分けられ、まずサミュエルズ氏は、日本で過ごした日々について、そしてどのように日本食の美について教わったかを話され、その後お弁当の準備の仕方のデモンストレーションをしました。また、用意してあったお弁当用の食品を用いて、参加者に実際にそれぞれのお弁当を作ってもらいました。イベントの最後には、参加者は皆、高岡屋からご提供頂いた抹茶ボックスとサミュエル氏のレシピで作られた抹茶カップケーキの入ったギフトバッグを受け取っていました。


Lecture 7: Watch & Learn – Classical Japanese Dance and Make-Up/見て学ぼう–『日本舞踊と化粧』

Date: April 10th, 2013/2013年4月10日

f:id:japanfoundation:20130425074922j:image

We invited Masako Nishikawa and Kirk Nishikawa Dixon from the Nishikawa School of Classical Japanese Odori (Dance) to talk about what they do and demonstrate Traditional Japanese Theatre Make-Up. After the initial presentation covering the history of Nishikawa Ryu, Kirk fielded questions from the crowd while Masako demonstrated the intricacies of Japanese theatre costumes from the white makeup to the elaborate hairpiece and kimono. At the end of the lecture, everyone wanted to take pictures with Masako, who was fully dressed for Classical Japanese Odori.

日本舞踊西川流の西川まさ子氏と西川カーク・ディクソン氏を迎えて、日本舞踊のレクチャーに加え、舞台化粧のデモンストレーションをご披露頂きました。西川流の歴史についての説明も含めたプレゼンテーションをされた後は、カーク氏が観客からの質問にお答えし、その間にまさ子氏が白塗りの舞台化粧、精巧な造りの鬘、着物など舞台衣装一式の着付けのデモンストレーションを行いました。参加者の皆は、日本舞踊の衣装にすっかり身を包んだまさ子氏と一緒に写真を撮りたがっていました。


Lecture 8: Curators’ View – Japanese Contemporary Photography/キュレーターズ・ビュー–『日本の現代写真』

Date: April 18th, 2013/2013年4月18日

f:id:japanfoundation:20130425074921j:image

Through the Japan Foundation’s Curator Exchange Program, Britt Salvesen, Curator and Head of the Photography Department at the Los Angeles County Museum of Art (LACMA) and Amanda Maddox, Assistant Curator of Photographs at the Getty Museum, had the opportunity to visit Japan and tour many contemporary art museums in Japan with a focus on photography. During this lecture, they shared their experiences from the trip as well as their new interest in Japanese photography and art.

ロサンゼルスカウンティ美術館写真部門長・キュレーターブリット・サルヴェセン氏とJ・ポール・ゲティ美術館写真部門、アシスタント・キュレーターアマンダ・マドックス氏は、国際交流基金学芸員招へいプログラムを通して来日し、写真に焦点を置いているたくさんの日本の現代美術館を訪問しました。このレクチャーでは両氏が日本訪問で経験したことや日本の写真・アートの興味深い新たな魅力についてお話されました。


The popularity of our lecture series has steadily grown during the past few months and we are currently in the process of organizing more lectures for the upcoming months. We will continue to present exciting and lively events here at JFLA that will appeal to all age groups and interests.

このレクチャーシリーズは、開始数ヶ月で着実に人気を得ており、現在は、近日中に開催を予定している次のレクチャーの企画・準備をしています。JFLAでは、あらゆる年代の、さまざまな興味を持つ方々みんなに楽しんでもらえる様に、エキサイティングで活気のあるイベントをこれからも開催していきたいと思います。

2013-03-25

Musical delight in Sydney!/音楽の喜び in シドニー!

f:id:japanfoundation:20130325153532j:image


f:id:japanfoundation:20130325153303j:image

Following on from Sheila’s post, our branch too had a taste of musical delights like J-Rock!

前回のSheilaの投稿に続き、シドニーオフィスでもJロックのように、音楽の楽しさを味わえるイベントを開催しました。


Our first major event for 2013 saw listening series ‘Japan in Stereo' take flight.

Over five weeks, five guest presenters we invited to tell Australians more about J-music genres. Not only the well-known genres like Koto and Shamisen.

The genres we looked at were J-Rock, Onkyo-ha, Enka, Koto and Gagaku.

シドニーオフィスでの2013年の最初の大きなイベントは、「Japan in Stereo」という5週間に渡って、計5名の専門家ゲストをお招きし、琴や三味線などの有名なジャンルだけでなく、様々な日本の音楽(Jロック・音響派演歌・琴・雅楽)についてオーストラリアの人々に語っていただく、というものでした。


What is ‘Gagaku/雅楽’ and ‘Onkyo-ha/音響派’? Ever heard of ‘Enka/演

歌?

雅楽」、「音響派」とは何でしょうか?「演歌」は聴いたことがありますか?

I knew of Gagaku from a previous event however as Onkyo-ha, this was truly the first time to know it exists, let alone what it sounds like. Onkyo-ha is translated as Minimalist electro-acoustic improvisation. As our guest mentioned, not all artists like to use this title.

Guest speaker Oren Ambarchi, is a Melbourne-based multi-instrumentalist who is insatiably curious about the possibilities of sound and resonance, and has collaborated with some of the foremost figures in Japan’s avant-garde Onkyo-ha scene.

雅楽は、前回のイベントを通して既に知っていましたが、音響派については、いったいどの様な音楽なのか全く分からず、その存在自体も今回初めて知りました。音響派とはミニマルな電気音響系の即興音楽です。ゲストスピーカーがお話された通り、アーティストたちは必ずしも「音響派」という呼称を好みません。ゲストスピーカーとしてお招きしたオーレン・アンバーチ氏は、メルボルンを拠点として活動するマルチインストゥルメンタリストです。音とその共鳴の可能性を飽くなき好奇心で追い求めており、また日本の前衛的な音響派シーンの最前線で活躍するアーティストともコラボレーションをしています。

f:id:japanfoundation:20130325154019j:image:left Onkyo-ha won’t be everyone’s ‘cup of tea’ but after listening to examples of Oren’s work and the explanations of the processes, I definitely have a deeper appreciation for the musical genre.

音響派は、みんながみんな「好き」、というジャンルではありませんが、オーレンの音とその制作過程についてのお話を聞いた後は、とてもその音楽が好きになりました。


The other genre that intrigues me is Enka. The English translation is post-war pop and for those fans of Roy Orbinson out there, we think that’s a good Western equivalent to get a visual of what Enka is.

We were lucky enough to have Dr. Shelley Brunt as guest speaker who has studied the infamous New Year’s Eve ‘Red and White Song Contest’ in Japan for many years.

その他のジャンルで私が興味を引かれたのは演歌です。英語圏では、演歌は、「戦後の日本のポップミュージック」と訳されます。ロイ・オービソンのファンの方は、演歌の西洋バージョンがロイ・オービソン、と考えていただければイメージしやすいと思います。ゲストスピーカーには、日本ではとても有名な、大晦日の「紅白歌合戦」について長年研究しているShelley Brunt氏をお招きすることが出来、とてもラッキーでした。

f:id:japanfoundation:20130325154405j:image:w360


Brunt explained how Enka is a genre that not many people outside of Japan know of. This is due to the fact that this musical style and the artists have a deep connection and profile to their hometowns, thus appealing to a Japanese audience is perfectly in-line.

I was surprised to see that Enka is very popular with younger audiences and artists too, not just the older generations. From gorgeously dressed women in kimonos to young hip men, it is a fascinating world.

Brunt氏は、演歌は、日本国外ではそれほど知られておらず、またその理由として音楽のスタイル、歌い手が故郷に対して深いつながり、ゆかりを持っている、ということがあり、そしてそれが日本人には愛される理由でもある、と説明されました。私は、ご年配の方だけでなく、若い世代の演歌歌手、演歌ファンが多いことに驚きました。ゴージャスに着物を着こなす女性歌手から若くて今時の男性歌手まで、とっても面白い世界です。


Fun start to the year - stay tuned for what Sydney gets up to next!

楽しい一年の始まりとなりました。次回のシドニーオフィスのイベントにもご期待ください!

2013-02-11

Quick lessons in J-Rock and Uchusentai クイックレッスン:Jロック&UCHUSENTAI

Sheila

My knowledge of J-Rock is close to zero. And even though JF Manila Library has quite a selection of J-Rock and J-Pop music, my exposure to Japanese music is mostly to traditional music or contemporary music using traditional instruments (i.e. taiko, shamisen and koto). When news came about that our office will going J-Rock this Nihongo Fiesta, I knew I had a lot of catching up to do (I didn’t know J-Rock and I clearly have no idea who Uchusentai: NOIZ was or what visual kei rock group looks like). Nihongo Fiesta (fiesta is a Spanish word for feast or party) is one of JF Manila’s yearly events that attract thousands of Filipinos of all ages to celebrate and participate in a weekend of Japanese language and art through activities such as speech contests, quiz bees and concerts. Since the 2013 Nihongo Fiesta was going to highlight the concert of Uchusentai, our office secretary was kind enough to email me the link to the group’s video “Narda” to educate me with the group’s music and over-all look.


私は、Jロックについてほとんど知りません。マニラ日本文化センターライブラリーには、JロックやJポップのCDもありますが、私の場合、日本の音楽といえば伝統的な邦楽邦楽器(太鼓、三味線、琴など)に触れる機会がほとんどでした。ですので、今回、Nihongo Fiesta(日本語フィエスタ)でJロックイベントを開催するというニュースを聞いたとき、たくさんキャッチアップしなくちゃいけないことがあるな、とすぐに思いました。(Jロック自体もあまり聞いたことがありませんでしたし、UCHUSENTAI: NOIZがどのようなグループなのか、「ビジュアル系」ロックグループとは何なのかも当初は想像がつかなかったのです。)Nihongo FiestaFiestaスペイン語で「宴会」・「パーティー」という意味)はマニラ日本文化センターが開催する年一回のイベントです。期間中は、数千人の老若男女のフィリピン人が集まり、スピーチコンテスト・クイズ・コンサートなどを通して日本語や日本のアートに浸かる週末を過ごします。2013年のハイライトはUCHUSENTAIのコンサートなので、オフィススタッフが詳しくない私のために親切に、彼らのミュージックビデオ“Narda”の動画のリンクをEメールで送ってくれました。


f:id:japanfoundation:20130211134211j:image:w360


Lesson 1: The Look

At first glance, the group reminded me of the American rock band KISS because of the make-up and the flamboyant outfits. Apparently this is what the Japanese movement “visual kei” is: the use of make-up, elaborate hairstyles and flamboyant costumes. And Uchusentai is one the popular visual kei bands of Japan.


レッスン1:見た目

UCHUSENTAI: NOIZを最初に見た時、そのメイクと派手な衣装からアメリカのロックバンドKISSを思い出しました。メイクアップ、独特なヘアスタイル、そして派手な衣装。これが日本の「ビジュアル系」のスタイルなのでしょう。そして、UCHUSENTAIは人気のあるビジュアル系バンドの一つです。


Lesson 2: The Music

The first video of NOIZ that I saw was their video the Filipino rock song “Narda”. I was surprised, their version was pretty good. No wonder it became a big hit with the Filipinos. http://www.youtube.com/watch?v=lde76arEmGA. Their music style is not what I expected; I thought I would hear be a lot of screaming/noise (in Japanese of course) but their music is rather pleasant. Not the sound I was imaging based on their look.

With only 2 weeks to go before the Uchusentai: NOIZ concert, our office is finalizing all the logistical requirements for the event. I have been updating my checklist little by little at the same time listening to their music and watching their videos from last year’s “Best of Anime” to better prepare myself for the concert. Now that I have an idea on what they look like and what they sound, I think I am ready for the concert. The only thing I need to do now is prepare for the big crowd… that I think will be Lesson 3: The Crowd.


レッスン2:音楽

私が最初に見たのは、フィリピンのロックソングをカバーした“Narda”という曲のミュージッククリップです。彼らのカバーはとても素晴らしくてびっくりしました。フィリピンで大ヒットしたのもうなずけます。http://www.youtube.com/watch?v=lde76arEmGA

彼らの曲は、私が予想していたスタイルと違いました。彼らの見た目から、シャウトしたり(もちろん日本語で)、ノイズ系の音が入ったりするのかなと思っていましたが、実際は心地よく聞きやすい音楽で私が見た目から想像していた音ではありませんでした。

2週間後にUchusentai: NOIZのコンサートを控え、オフィスではロジの最終調整に入っています。私も担当部分のチェックを少しずつ進めながら、彼らの曲を聴いたり、昨年のBest of Animeのビデオを見ながらコンサートの準備を少しずつ進めています。その甲斐あって、今では彼らの見た目や曲のスタイルが分かってきて、いよいよ当日に向けての準備が整ってきたと思います。あともう一つだけ、事前にしなくてはいけないことは、大群衆対策です。これについては次のレッスン3:人込みでご説明します。

2013-01-03

あけましておめでとうございます!!Happy New Year!!

あけましておめでとうございます!たろうです。

僕の家族は、4人が別々の場所に住んでいるので、年末年始に一緒に過ごす時間はとても貴重です。特別なことはしなくてもゆったりと過ごします。

1月1日から3日は、おせち料理を家族で食べました。

近年のお正月は、近くのお店に注文したおせち料理を食べることが多くなりました。

お雑煮栗きんとんなどは母が作ってくれます。

2013年もよろしくお願いします!


Happy New Year!

I’m Taro from Hiroshima.

My family members live separately, so new year’s holiday is very precious.

We spend our time together in a relaxed way.

We had osechi-ryori, traditional Japanese New Year's food. In recent years, our family orders osechi-ryori at department store nearby. Also, my mother makes ozoni, rice cakes boiled in vegetable soup and kuri-kinton, sweet chestnut with mashed sweet potatoes.

I wish you all the best for 2013!

f:id:japanfoundation:20130101233042j:image:medium

f:id:japanfoundation:20130101233041j:image:medium

f:id:japanfoundation:20130101233040j:image:medium

2012-12-28

The year 2013 is coming!!もうすぐ2013年だね!



Hello everyone, this is STEVIE from Tokyo again! How was your Christmas break?

We haven’t had snow yet in Tokyo though we can feel the winter has come. It is getting colder day by day!

こんにちは!東京のスティービーです!みんなのクリスマス休暇はどうでしたか?

東京はまだ雪はふっていないものの、冬の訪れを感じています。日に日に寒くなってきていますね。


Well this year, 2012, really flew by. I fortunately have had lots of unforgettable projects and meetings, especially KIZUNA (means ‘BOND’) project. As you may remember (hopefully you remember) my previous Blog posted about KIZUNA

いやー、2012年は本当にあっという間でした・・・。でも幸運なことに、多くの忘れられないプロジェクトや人との出会いに恵まれました。その中でも特に「キズナ強化プロジェクト」ですね。以前のぼくのブログで書きましたが、覚えていてくれますかねー!?


http://d.hatena.ne.jp/japanfoundation/20120809/p1


I actually described mainly about ‘Short Visit to Japan’ program for 1000 American high school students at my blog.

This time, let me introduce you about ‘Short Visit to the U.S.A’ program for 1000 Japanese high school students from the Tohoku devastated area.

以前のブログでは、主に「アメリカの高校生1000人来日」のプログラムを取り上げましたが、今回は、「東北の被災地高校生1000人アメリカ訪問」のプログラムを紹介させてもらいます。


More than 220 students already went to the U.S. indeed in October and November and remaining 800 students will visit the U.S. in coming January and March!

実に220人以上の高校生が今年の10月と11月にかけてアメリカへ渡りましたが、残りの約800人が来年の1月と3月にアメリカへ旅立ちます!


As I joined the group in October, I was deeply impressed with not only their presentations on the current situation of the disaster-affected areas, but also with their strong growth!!

ぼくは10月のグループに同行しましたが、その時の、被災地の状況について説明した学生のプレゼンテーション内容もさることながら、その成長に心の底から感動しました!


I promise myself of further growth in the coming 2013!

自分もきたる2013年にはさらなる成長をすることを誓います!


Yoi Otoshi wo!!

よいお年を!!


Stevie

スティービー


f:id:japanfoundation:20121228222429j:image:w360


f:id:japanfoundation:20121228222427j:image:w360


f:id:japanfoundation:20121228222425j:image:w360


f:id:japanfoundation:20121228222422j:image:w360