Hatena::ブログ(Diary)

ARTIFACT@ハテナ系 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

日記一覧 注目エントリー 人気エントリー

2008-04-14

「要は、勇気がないんでしょ?」で始まる太平洋戦争

※書き手は日本帝国海軍。友人は日本帝国陸軍

ちょっと昔の話。今よりも僕はずっとずっと言い訳をするのが好きで、理屈を説明するのが好きだったんです。

でまぁ、当時も今と変わらず石油がなくて、

男友達と飲みながら「石油がない、だから作戦行動できないんだ」と文句言ってたのです。

御前会議で。


したらまた、この友達が「じゃあ、わかった」と言うのです。「今からハワイに行こう」と。

奇襲作戦なんかしたことないオレは焦りました。「いや、ちょっと待って」とあわてます。

でも友達は、少し遠くで飲んでいる真珠湾の戦艦と巡洋艦を指さし、「あそこ行ってドンパチやろうぜ」と言い、天皇に上奏しようとします。

オレは「いや、向こうも迷惑だし」とか「さすがにうざいっしょ」とか言って止めます。

友達は「嫌がられたらすぐ和平交渉すればいいんだよ」と言ってましたが、オレが動こうとしないので行くのをあきらめました。


「じゃあ、ハワイじゃなくて、インドネシアを占領しているオランダ襲うか?」と友達は言います。

「逆にそっちの方が難易度高いだろ」とオレは顔をしかめます。

「でも石油がないんだろ? だったら奪うしかないだろ」

「そうだけど、もっと普通に経済交流したいっていうか」とオレ。

「なに、普通って?」

「貿易とか、同じ経済ブロックとか、そういう…」とハッキリ言えない自分。

「じゃあ、オレが今から総理大臣になって、それでお前に占領作戦を紹介したらいいか? それも国の方針だよな」

「それは…、だけど、ほら、お前もこの前言ってたじゃん。占領で手に入れた国って反日分子が多いとか」

「は?」

「その…」

「…反日分子じゃねぇよ。ノリが良い子だよ」

「あ、そうだったね。…でもオレ、ノリの良い子、少し苦手だし。そこまでして石油が欲しいってわけでもないし…」


友達はオレの顔をじっと見つめながら、一言、

「だせぇ」

と言いました。


ごちゃごちゃ言ってるけど、勇気がないだけじゃん


彼は言います。

言い訳をして、さも「こういう事情なんだ、だからしょうがないんだ」って言うけれど、

勇気がない自分を必死になって正当化してるだけじゃん、と。

戦争起こす勇気もないやつが、石油がないとか言うんじゃない。


どうせ日本海海戦に行けば「バルチック艦隊は遠洋航海で弱体化していて…」って言うし、

第一次世界大戦につれていけば「ああいう場のノリは苦手だし、そういうところに来る国と仲良くなれそうにない」とか言うだろうし、

大東亜共栄圏のかわいい国を狙えって言えば「いや、その国では地層が違って石油が出ないし」って何かにつけて言い訳するんだろ?

だったら「自分には戦争を吹っかける勇気がないんです」って素直に認めて文句言うんじゃねぇよ。

そっちの方が、よっぽど何かってときに力になりたいってと思うし、

つーか、できない理由並べて、今の自分を否定させずに、わかってもらおうとするその魂胆がだせぇ、と。


あれは恥ずかしかったなー。すげぇ。恥ずかしかった。

その場は言い訳もできず笑ってごまかしたけど、呉に帰ったら彼の顔とセリフが思い浮かんで、

旗艦長門の中で「でもさ、でもさ」と必死に言い訳考えてた。

オレにはオレの事情があるんだ、時代は大艦巨砲主義じゃないんだ、しょうがねぇじゃんかよって。「海行かば」聞きながら(笑)


ひとしきり考えたら、そんな自分を「だせぇ」って思った。

※改変元

要は、勇気がないんでしょ? - Attribute=51[↑B]

※発想元

(id:guri_2)さんの記事になんでこんなにブックマークが集まるのか問題について、やっぱり世の中ポジティブ教徒が多いのかなあと思うんだけれども、そんなに簡単な話もないような気がするのでなんかダラダラと書いてみるよ。 - orangestarの日記[↑B]

kanose 心理 日本帝国陸軍ポジティブ教徒ということで

できない理由ばっかり探しちゃって…(女の子のイラスト付きで) - chanbaraの断片 - 断片部[↑B]

ymScott 社会, 視点 「できない理由ばっかり探して」「要は、勇気がないんでしょ」 ←なんせ軍部がこの言葉を駆使して太平洋戦争に突入した国だからな。この日本てのは。世論にバーサク効果なんだからマジックワードどころじゃない。

re: お前はビビりだ!要は勇気がないんでしょ! - ls@usada’s Backyard[↑B]

これはかなりの汎用性がある。具体的には、「〜をやらないとは、お前は勇気がない」「ビビり」「腰抜け」「情けない」「かっこ悪い」などと非難する事で、まるでそうするのが当然で、そうしない事は人間として許されないかのような圧力を、一切本題に言及する事なく、インスタントに作り出す事ができる。「〜をやらないのは、人間としてどうかと思う」「普通はそうする」「みんなやってる」等に代表される、人間性メソッドと大体同じ効果が出ている(勇気メソッド?)。

gohshigohshi 2008/04/14 13:12 ウケた。

ご存じかも知れませんが一応捕足しますと、対米開戦を一番先導してたのは海軍内の「石油がなくなる前に一か八かぶちかまさないと」と言ってた派閥で、米内や山本も「開戦したらそらヤバいけど、状況打開するには開戦を視野に置いて交渉するしかない」と思ってたわけですから、海軍は気がすすまなかったのに陸軍に引きずられて戦争になった…とは言えないです。蛇足ながら。

kanosekanose 2008/04/14 20:40 補足どうもです! 開戦前の状況は複雑ですが、ネタなのでわかりやすさを選びました。この記事を読んだ人はこれで歴史がわかった!と思わないでください(笑)

YOSIZOYOSIZO 2008/04/14 23:17 「この記事を読んだ人はこれで歴史がわかった!と思わないでください(笑)」
そんな奴ぁいねぇよwww!!!!



・・・まさか・・・いない・・・よね?

terracaoterracao 2008/04/15 00:37 日米開戦の経緯っててこうだったんですね!
陸軍は許せません!

この記事を読んで、よく歴史がわかりました!ありがとうございました!

ApemanApeman 2008/04/15 01:15 東條英機の秘書官だった赤松貞雄は「わるいのはあんな戦争が戦えないと言わなかった海軍だ」と語っていたそうで、これも「要は、勇気がなかったんでしょ?」のバリエーションではありますね。

kerker 2008/04/15 02:01 程度によるだろw

通行人q通行人q 2008/04/16 13:06 日中戦争を拡大させたのは海軍です。陸軍はやりたくなかった。
その伏線があって、対米開戦で今度は陸軍が。。。

対米外交のヌヌメ対米外交のヌヌメ 2008/07/01 17:39 ちょっと昔の話。今よりも僕はずっとずっと資源確保が好きで、実現に向けて漸進するのが好きだったんです。

でまぁ、当時も今と変わらず米国が強くて、

男友達と飲みながら「米国が強い、だから資源が確保できないんだ」と文句言ってたのです。

対策会議で。



したらまた、この友達が「じゃあ、わかった」と言うのです。「今からハルノート呑もう」と。

あんな不利な条件受諾したことないオレは焦りました。「いや、ちょっと待って」とあわてます。

でも友達は、少し遠くで飲んでいる大陸の軍隊を指さし、「あそこ行って撤退させようぜ」と言い、政府に掛け合おうとします。

オレは「いや、向こうも迷惑だし」とか「さすがにうざいっしょ」とか言って止めます。

友達は「嫌がられたらすぐ現地の民衆に任せればいいんだよ」と言ってましたが、オレが動こうとしないので行くのをあきらめました。



「じゃあ、ハルノート受諾じゃなくて、新規の資源開発するか?」と友達は言います。

「逆にそっちの方が難易度高いだろ」とオレは顔をしかめます。

「でも資源を確保したいんだろ? じゃあハルノート呑むしかないだろ」

「そうだけど、もっと普通に進みたいっていうか」とオレ。

「なに、普通って?」

「大東亜共栄圏とか、同じ経済ブロックとか、そういう…」とハッキリ言えない自分。

「じゃあ、オレが今から総理大臣になって、それでお前に正しい外交を紹介したらいいか? それも国の方針だよな」

「それは…、だけど、ほら、お前もこの前言ってたじゃん。軍事的に空白の地域って大国の介入が多いとか」

「は?」

「その…」

「…大国の介入じゃねぇよ。ノリが良いんだよ」

「あ、そうだったね。…でもオレ、ノリが良いの、少し苦手だし。そこまでして資源を確保したいってわけでもないし…」



友達はオレの顔をじっと見つめながら、一言、

「だせぇ」

と言いました。



ごちゃごちゃ言ってるけど、勇気がないだけじゃん



彼は言います。

言い訳をして、さも「こういう事情なんだ、だからしょうがないんだ」って言うけれど、

勇気がない自分を必死になって正当化してるだけじゃん、と。

ハルノート呑む勇気もないやつが、資源が欲しいとか言うんじゃない。



どうせ第一項は「不可侵条約を提案してるだけ…」って言うし、

大陸についての項目では「ああいうノリは苦手だし、そういうノリになる国と仲良くなれそうにない」とか言うだろうし、

第六項を狙えって言えば「いや、その間に備蓄が尽きて生活できなくなるし」って何かにつけて言い訳するんだろ?

だったら「自分にはハルノート呑む勇気がないんです」って素直に認めて文句言うんじゃねぇよ。

そっちの方が、よっぽど何かってときに力になりたいってと思うし、

つーか、できない理由並べて、今の自分を否定させずに、わかってもらおうとするその魂胆がだせぇ、と。



あれは恥ずかしかったなー。すげぇ。恥ずかしかった。

その場は言い訳もできず笑ってごまかしたけど、家に帰ったら彼の顔とセリフが思い浮かんで、

布団の中で「でもさ、でもさ」と必死に言い訳考えてた。

オレにはオレの事情があるんだ、時代はアジア独立主義じゃないんだ、しょうがねぇじゃんかよって。「短期決戦」考えながら(笑)



ひとしきり考えたら、そんな自分を「だせぇ」って思った。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト

コメントを書くには、なぞなぞ認証に回答する必要があります。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kanose/20080414/startpacificwar