くりごはんが嫌い このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

新潟 |映画 | オールタイムベスト | カンフー | ゾンビ | 地雷 | アメコミ | 読書 | 聖書 |超訳 | 音楽 | 思想 | ネタ | 事件 | ゲーム | モノポリー | アニメ
2006 | 06 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 |

2016-09-14

[]意外や意外、ド直球のノワール黒川博行後妻業16:39 意外や意外、ド直球のノワール/黒川博行『後妻業』を含むブックマーク

前回、黒川博行直木賞受賞作『破門』と『国境』について書いたのだが、その二作から黒川博行という作家にドップリハマってしまい、その二冊を含むシリーズの『疫病神』、『暗礁』、『螻蛄(けら)』を全部読んだ。

これが信じられないほどおもしろく、今までの読書体験のなかでもトップクラスだったのだが(このシリーズについてはまた別エントリで)、はたしてこの他の作品はどうなんだろうと今映画化されて話題になっている『後妻業』の文庫版を読んだ。

f:id:katokitiz:20160914163801j:image

発売された直後に関西連続不審死事件というまったく同じような事件が発覚したことで話題になったが、そのタイトルから、事件と同じように資産家のジジイをだまくらかして公正証書遺言を作成させ、殺して遺産をその子供たちから奪い取る“後妻業”についての話かと思いきや、興信所の探偵(元マル暴担当の悪徳刑事)にジワジワと追いつめられていく犯人を描いたド直球のノワールであり、良い意味でやられた。

エルモア・レナードに影響を受けているだけあり、ひとつのシーンをひとりのキャラクターの視点で描いていくという手法で、前半は犯人と被害者家族の視点で後妻業の手口を丹念に描いたクライムノヴェルであり、中盤は探偵(元・マル暴担当の悪徳刑事)の視点でコツコツといろんな場所へと足へ運び、細かく細かく事件を追う、松本清張ばりの社会派ミステリーであり、後半は犯人の視点から、その探偵にジワジワと追いつめられ、破滅に向っていくノワールと、ジャンルがコロコロ変わっていく。

特に探偵のキャラクターがほぼほぼ無感情で淡々と犯人を追いつめていくのでハードボイルドの要素も多分にあるが、その人間とは思えないやり方で人を殺していく後妻業の天才・小夜子はそれこそ『鬼畜』のようでもある。そしてその探偵が依頼人の依頼を無視して、暴走することから破滅に向っていくというのは小説ではなくコーエン兄弟の『ブラッド・シンプル』のようでもあり、それこそ『疫病神』シリーズよろしく、いろんな要素の良い部分だけをぶっこ抜いて再構成したサンプリング小説といってもいいかもしれない。

もちろん黒川博行が得意とする関西弁の小気味良さと『疫病神』シリーズを読んだ者なら思わずニヤリとしてしまう小ネタ(ヤクザの息子や“ショーファー”といった単語など)もあり、あとがきに書いたあった通り集大成的な作品といえるのかもしれない。

後妻業”についての話を期待すると肩すかし喰らう可能性もあるが、それを遥かに凌駕するおもしろさ。480ページもあるように思えないスピード感と圧倒的なリアリティに手に汗握った。ノワール好きなら必読といえるだろう。超大傑作。

後妻業 (文春文庫)

後妻業 (文春文庫)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/katokitiz/20160914

2016-09-02

[]直木賞を受賞した作品としなかった作品/黒川博行『破門』と『国境23:45 直木賞を受賞した作品としなかった作品/黒川博行『破門』と『国境』を含むブックマーク

黒川博行の『破門』と『国境』をそれぞれ読んだ。

f:id:katokitiz:20160902234458j:image

元々読書量が多くなく、不勉強ながら黒川博行という作家のこともなにひとつ知らなかったが、唯一読書ウォーキングが趣味の親父が「ここ最近読んだ本のなかでダントツにおもしろかった。読んだ方がいい」とおすすめしてきたので、ならばと読んだのが直木賞を受賞した『破門』だった。

親父は浅田次郎横山秀夫など、ぼくが決して手に取ることのない本を読むような人なので、それらをあまりおすすめしてきたりはしなかったのだが、珍しくわざわざすすめてくるだけあって、なるほど。無類のおもしろさだった。

短めのセンテンスで紡ぎ、泥臭い関西弁によるやりとりが心地良く、まるで漫才を聞いているかのようなリアリティとユーモアがあり、ノワールのわりにポップでドライブ感があり、非常に読みやすかったし、日本という土壌でエンターテインメントするには丁度良い題材とアクションで、これが映像化されたのも納得。ジェイムズ・エルロイにも似た文体エルモア・レナードのような軽快さがあるなと素直に思ったが、若いときにそればっかり読んでたと作者がインタビューに答えていてすごく合点がいった。

何の情報もなく『破門』を読んだのだが、元々これは『疫病神』という作品のシリーズ最新作であることが分かり、そのなかに出てくる「北朝鮮に行って死にかけた」というエピソードが気になり、その話が読みたいと『国境』もすぐに購入して読んだ。いや、正確には月日はわりと経っていたのだけれど、頭のかたすみにずっとあって、あるときにふと「あ、あれ読みたかったんだ」と思い出して読んだのだが、こちらも信じられないくらいおもしろかった。

ハッキリ言ってやってることは『破門』と変わらないのだが、なんせ舞台は北朝鮮である。外に出るだけでガイドが付き、夜道を歩けば警官に取り押さえられるという状況。こんななか、自分たちをダマした詐欺師をヤクザとカタギのコンビが追うというストーリーで否が応でもワクワクする仕掛け。北朝鮮という国を徹底的に調べあげたジャーナリズムとエンターテインメントが合致。そこに映像化不可能なほどのスケールのデカさと男泣きの友情、さらには激しいバイオレンスと、とにかくおもしろい要素しかない小説だなと思った。読書量が多くないなかでもこれは今まで読んだなかでも上位に入ると言ってもいいだろう。

国境』は直木賞候補になったのだけれど、惜しくも落選したらしく(落ちたことを知った作者は二週間ほど悔しさを引きずっていたらしい)、今回の『破門』による受賞は念願だったといえる。だが、ふたつを読み比べると、間違いなく直木賞を取るのは『破門』になるだろうと思った。

確かに『国境』は信じられないほどおもしろい奇跡の小説といってもいいだろうが、よくできているのはどちらか?と聞かれると『破門』と答えるかもしれない。帯には「疫病神シリーズ最高到達点」と書いてあるが(だいたい本の帯は売るために大げさなことが書いてある)、あながちそれも間違いじゃないというか。納得できるくらいだった。

スピッツが売れるために『クリスピー』というアルバムを出したら思ったほど売れず、落胆し、そこから肩の力を抜いて『空の飛び方』を作ったら名盤になったというのは有名なエピソードであるが、それに近いものを感じるというか、必ずしも作者による自信作が読者や直木賞の選考委員の人にウケるとは限らないんだなということである。

ちなみにこの二冊があまりにもおもしろかったので、同じシリーズの『螻蛄(けら)』を読んでいるのだが、こちらも相当おもしろい……というか、主人公ふたりのやりとりが確実にパワーアップしているのがわかる出来。『破門』は来年映画化されるようだが、予習のために読んでみるのもいいかもしれない。おすすめだ。

破門 (単行本)

破門 (単行本)

2016-07-05

[]不倫も描き方によってはド級のミステリーになる『毒島ゆり子のせきらら日記』 09:35 不倫も描き方によってはド級のミステリーになる『毒島ゆり子のせきらら日記』を含むブックマーク

新潟では遅れて放送された『毒島ゆり子のせきらら日記』を観た。

f:id:katokitiz:20160705093521j:image

前田敦子が主演というだけで見始めたのだが、恋に落ちる相手に新井浩文、親友役に「飲みカワグランプリ」でおなじみの中村静香(ショートが似合わない)、さらに友川カズキ、役者としても活躍する黒猫チェルシーの渡辺大知、チャラン・ポ・ランタンのももといった通好みのミュージシャン。そして諸見里大介、バカリズムといった芸人まで幅広くキャスティングされており、彼らの演技を観るだけでも新鮮で楽しい。

前田敦子の大胆な濡れ場が見られるという触れ込みだったが、いうほど激しいわけではなく、そんなことよりも今までAKBの地続きのような不安定だった演技がしっかりしてきて(そのフワフワ感がよかったのだが)、いよいよ女優としてのポジションを確立してきたなと素直に思った。ポンコツだった指原莉乃がトップクラスの芸人に揉まれ、タレントとして一気に才能を開花させたように、前田敦子も名匠と言われる監督たちと組んできたことで、すさまじい早さで女優としての格を身につけてきたような気がした。存在感があってちゃんと主演としての華も兼ね備えているのである。

さて、このドラマ。ぶっちゃけ三話目くらいから飽きてしまい、その後まったく観ることはなく最終回を迎えたのだが、いちおう録画だけはしており「まぁ最終回だし、それだけ観たら全部HDDから消そう」と何気なく観てみたら、どうしてこういう経緯になったのか気になってしまい、結局、ながら見でありながらも四話目からまた見始めた。それでぶったまげたのである。途中のとある展開にだ。

こうやって書いたとしてもあたまから観る人はいないと思うので、ものすごくかいつまんでネタバレするが、三股くらいは平気でする恋愛体質前田敦子のモットーは「不倫をしないこと」。そこで運命の相手と出会うことになるのだが、その相手である新井浩文は既婚者だった。結果、前田敦子は不倫に溺れていくのだが、もちろんそれはポリシーに反することであり、前田敦子は奥さんとの離婚を望む。新井浩文前田敦子と結婚するために同棲をし、奥さんと離婚もし、婚姻届を役所に提出し、無事ふたりは結ばれましたとさ……というのが六話目までのあらすじの要約である。

ここまでなら凡百のよくある恋愛ドラマだ。まぁこの説明だけで観たいと思う人は皆無であろう。しかし、バカリズム演じる弁護士の登場でこの状況が一変する。

いきなり電話で喫茶店に呼び出された前田敦子バカリズムにこう告げられる。

「あなたを訴えようと思っています。あなたを訴えようとしているのは新井浩文の奥さんです。不倫関係を解消するように忠告したんですが、別れる様子がないので訴えることになりました」

突然のことで動揺する前田敦子。それは当然である。なぜなら彼女は新井浩文といっしょに役所に行き、婚姻届まで提出しているからだ。

「なんのことかさっぱりわからないんですけど」とうろたえる前田敦子を前になおもバカリズムはこう続ける。

新井浩文さんは円満なご家庭です。しかし、彼は奥さんと子供を置いて出て行きました。あなたにたぶらかされて不倫関係になり、不倫をやめたら家族に危害を加えると言われて、しかたなく同棲していたんです」

「新井さんがそんなこというわけないでしょ!?確認します!」と、すぐにその場から出て行く前田敦子新井浩文に会うが、彼はこう言う。

「その弁護士は別れた妻が雇ったニセモノだ。そいつのいうことは信じるな」

とはいえ、何を信じたらいいのかわからない前田敦子。あまりにも新井浩文との言い分が食い違うことに疑問をもったバカリズムは「一度三人で会いませんか?」と提案する。

後日、バカリズムの事務所にて、三人は顔を合わせることになった。前田敦子は「これが私たちが夫婦である証拠です」と言わんばかりに婚姻届を出したときの写真を見せる(二人で会ってるときに見せろよ……)。バカリズムは「そんなバカな!こんなことがあるわけが……」と驚愕の表情を見せるが、そのあとすぐに「ははーん……なるほどー」とそのトリックを見抜く………

そう、このドラマはいわゆる普通の不倫の話ではなく「そこで明かされる衝撃の真実とは!!!」的なミステリー仕立てになっているのである。

上戸彩の不倫ドラマ『昼顔』もラブストーリーではなく、「この不倫がバレるのか!?バレないのか!?」というサスペンスになっていたが、こちらも「結婚したはずの相手と結婚できておらず、なおかつ狂人扱いされて、奥さんから訴えられるかもしれない!?」という話であり、ヒッチコックとかが映像化しても違和感ないような感じになっているのが特徴。どこぞのレビューに「ホラー作品」と書いたあったがそれもなんとなく頷けるくらい怖い話でもあるのだ。

もちろんドラマはこれで終わるはずもなく、ここから怒濤のドロドロ展開になっていくわけだが、これは興味が沸いた人のためのお楽しみ。というわけで、この『毒島ゆり子』。ぼくのように三話目くらいで飽きてやめてしまった人は六話目から再度観ることをおすすめ。若い人のために政治も絡めて描いているのだが、まぁハッキリいってその辺はどうでもよかった……というか、ながら見だったので、頭に入ってなかった……制作者の方々もうしわけございません。

2016-06-30

[]“ヒップホップの寓話”『TOKYO TRIBE17:56 “ヒップホップの寓話”『TOKYO TRIBE』を含むブックマーク

TOKYO TRIBE』をレンタルDVDで鑑賞。

f:id:katokitiz:20160630175356j:image

ウォルター・ヒル日本で撮った“ヒップホップの寓話”って感じであり、その元々『ストリート・オブ・ファイヤー』が持っていた薄っぺらい部分やダサさも含めておおいに楽しんだ。

バトル・ラップ・ミュージカルと銘打って公開されたが、ホントに丸々二時間のあいだ、ラップと格闘アクションしかなく、かなり潔い映画。元々は原作から台本を起こすのに悩んでいたところ、セリフを全部ラップにしたらいいんじゃないか?というアイデアが浮かんだそうだが、これは実写映画化という部分においては大正解だったのではないだろうか。そもそも漫画ファンは何をどうしたって納得しないわけだし。

園子温監督作品にしては画面のルックがゴージャスであり(良い意味でも悪い意味でも)、架空の“トーキョー”を表現するためのセットのクオリティは高く、それをメインにカメラを長めにぶん回したのは大正解。もちろんそれだけじゃなく、役者へのまなざしと使い方はさすがで、身体がキレまくりの清野菜名のアクション。『キル・ビル』と勘違いされてキレるしょこたん。このためだけに登場するミニスカ佐々木心音。乳わしづかまれるだけの叶美香。フレッシュなYOUNG DAISの存在感。『時計じかけのオレンジ』みたいな部屋で暴れ回る窪塚洋介。驚異的な肉体で日本人離れした立ち振る舞いを見せる鈴木亮平。カメラ目線でラップし続ける染谷将太と、全体的に海背川腹感が漂う。しっかりと調理することにより、彼らがわちゃわちゃしてるだけで最後まで観れるようになっているのも特徴(あと市川由依も含め女性陣のおっぱいの出し方は異常、ヌードもふくめて)。

その役者のぶつかり合いと、終始、似たようなことを言い続けるラップがメインのため、ぶっちゃけストーリーはあってないようなものであり、見終わったあとも釈然としないというか、あまり理解できてないが(なんか、カラーギャングがケンカしてるくらいの)、クライマックスに訪れる『DEAD OR ALIVE』的な強引な終わらせ方に、なぜかここいちばんで地震がくるなど、三池崇史が撮ったらどんなことになっていただろうと興味が沸く。

YOUNG DAISと鈴木亮平の確執の理由が死ぬほどくだらないなど、そのあっかんべー感も含めて園子温の娯楽部分をむき出しにした作品。元々おふざけしかない映画なので文句をいうのも野暮かなと。『地獄でなぜ悪い』を想像して、大爆音で観るべし。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/katokitiz/20160630

2016-06-27

[]人におすすめされなければ絶対に観てない『超高速!参勤交代10:08 人におすすめされなければ絶対に観てない『超高速!参勤交代』を含むブックマーク

超高速!参勤交代』をレンタルDVDで鑑賞。

職場の上司と「自分では絶対にレンタルしないけど、人におすすめされて観て、それでいておもしろかったといえる映画を貸す」という遊びをしていて、その人は基本的に映画を観るという行為をあまりする人ではなかったし、さらに好きな映画は『ワイルド・スピード』シリーズだったので、真逆の『用心棒』を貸した(ホントは『トルク』を貸したかったんだけど、人に貸してたので貸せなかった)。モノクロ映画も色がついてないから嫌いという人であったが、ちゃんと仕事終わりで寝ずに観て、おもしろかったと言ってすぐにDVDが返ってきた。「いやー、絶対に観ないと思ってましたよ、時代劇だしー」と聞いたら「時代劇好きだよ。『超高速!参勤交代』とか、ちょーおもしろかったし、二回も観たし」と返されてそこではじめてその映画の存在を知った。

調べたらヒットしているようで、なんと今年に続編が公開されるというではないか。なぜ知らなかったのだろうと思ったら、公開されたときは『アナと雪の女王』フィーバーで、そっちに目がいっていたようである。

とはいえ、基本的に『超高速!参勤交代』という、映画館に足を運ぶことはおろか、死んでもレンタル店で手に取ることのない、ダサいタイトルだ。知っていたとしても観ることはおそらくないだろう。しかも監督は中の下くらいの映画「しか」撮っていない人で、まぁこの人の新作が公開されたからといって率先して観にいく映画ファンなど、この日本に存在するのだろうかという感じ。言われてからレンタル店でパッケージを観ても全然ピンとこなかったし、二週間くらいスルーしていたのだが、「絶対観た方がいいよ!むしろ観て!マジでおもしろいから!」と執拗に連日言われたので、軽い接待のつもりで観た。そうしたら驚いた。

これがものすごくおもしろかったのである。

f:id:katokitiz:20160627100707p:image

結構ややこしく込み入ってるあらすじだが、要約すると、ある老中の陰謀により、8日かかる参勤交代を5日で完遂しなければならなくなった小藩の話。

浅田次郎も『一路』という小説を書いているが、プロットはそれとほぼ一緒。古くからは『オデッセウス』という物語もあるが、ある場所からある場所へ移動するさい、次から次に無理難題や難関が押し寄せ、その度に少人数の隊が知恵を絞って突破していくという骨格があり、明らかに『隠し砦の三悪人』を下敷きにしている(しかもその少人数の隊は7人で菊千代という名前の猿がいるという『七人の侍オマージュもあり)。

丁寧な前フリとロケハンが見事なウエルメイドな映像。全体的に地味ながら分かってるキャスティング。参勤交代という映画にして持つのかわからないテーマでありながら、コメディ、ラブストーリー、アクション、泣き、裏切りとエンターテインメントの随を集めたような展開でもって、一秒たりとも飽きさせない。

しかも福島が舞台ということで、参勤交代ができないともしかしたら住むところがなくなってしまうかもしれないというくだりや「福島の土をこれからも大事にしろ」というメッセージなど、全体的に3.11のことが根底にあり、飢饉のときに米を送るなど、わりと顕著にそういったシーンも出てくる。

基本的に殿様が馬に乗らずに走るとか、籠に乗らないとかありえない部分もあるが(しかし、籠に乗らないという部分は閉所恐怖症という見事な設定で突破)、ここまでのことをされたら細かい部分に文句をいう気もない。親父にも見せたら「ここ最近観た映画で一番おもしろかった」と言っていたし、一日一本映画を観るわりに、つまらなかったらすぐ寝るおかんも寝ないで最後まで楽しんで観ていたので、まぁそういう映画だと思っていただければ間違いない。普通におすすめ。続編も観たい。

ozozgooozozgoo 2016/08/04 02:51 殿、それで言ったら「殿、利息でござる!」も傑作ですよ!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/katokitiz/20160627