Hatena::ブログ(Diary)

延原時行歌集「命輝く」(「番町出合いの家」鳥飼)

2018-04-20

延原時行歌集「命輝く」(第2985回)(ブラジルの国花「イペ」)

 延原時行歌集「命輝く」(第2985回)
「復活の家出発進行―感謝無限の旅一歩一歩」

今朝も初めに先生のメルマガ「風の便り」で届いた「今日の歌」を収めます。

4月20日

鳥飼先生

      「イぺ」の花を評しての歌六

一 今日も読む有限の物「神性に於いて在るなり」被決定Kontingenzとぞ
二 かく見るを恩師「覚醒」とぞや唱えけり此処に「忠誠」促さるべし
三 恩師のや御書簡耽読二極あり「空神至誠」神至誠喚ぶ
  (備考:1983年7月1日夕付懐かしき御書簡なり)
四 かくしてや我が至誠学褒め給ふ「原事実」とや「表現」共と
五 イぺ2の花麗しきぞやなにやある神性に在り神装ふなり
六 主イエスがや野の花を指し「働かず」「神装ふなり」卓見至極
  (備考:『マタイ』6・26-30、熟読参照)

IXIA!
延原時行
(* 鳥飼師, 4/19, 2018 8:20 PM:「延原先生 今日も有難うございます。好天気に誘われて、いま神戸で奇麗に咲いているブラジルの国の花「イペ」(黄色のかわいいラッパのような花)を今日は見てきました。数日前に元町の大丸百貨店前で目にしていて、鯉川筋を上ったところに「海外移住と文化の交センター」があって、そこで現在開催中の「ブラジルの光・家族の風景:大原治雄写真展」(5月6日まで開催)と「イペ」の花を見てきました。高校生の時に「ブラジル移民」を夢見たこともありましたので・・・・。
御礼方々
IXIA!!
鳥飼慶陽」)

いま見ごろの「イペ」の花です。神戸大丸の近くでイペの花を見上げていると花好きのご婦人方が寄ってきて花談義が始まります・・・鯉川筋北野坂を上っていきました。

f:id:keiyousan:20180419100446j:image:w360

f:id:keiyousan:20180419100519j:image:w360

f:id:keiyousan:20180419103045j:image:w360

f:id:keiyousan:20180419103139j:image:w360

f:id:keiyousan:20180419103108j:image:w360

110年も前から国策としてブラジル移民が始まり、神戸の港から出港していきましたが、出発を控える移民の収容施設だった場所が今「海外移住と文化の交流センター」になっています。二度目の訪問ですが、センター長さんらしきお方が親切に案内をして下さいました。たいへんいい学びになりました。ここに咲くイペの花はまた格別の美しさでした。

f:id:keiyousan:20180419105154j:image:w360

f:id:keiyousan:20180419105238j:image:w360

f:id:keiyousan:20180419105323j:image:w360

f:id:keiyousan:20180419105411j:image:w360

f:id:keiyousan:20180419105443j:image:w360

帰路は有名な「北野ホテル」や「北野工房」などを見ながら・・三宮で「魚心」さんでお寿司をいただいて・・・

f:id:keiyousan:20180419121120j:image:w360

f:id:keiyousan:20180419120934j:image:w360

次は昨日の私たちの花壇です。

f:id:keiyousan:20180419164055j:image:w360

f:id:keiyousan:20180419164137j:image:w360

f:id:keiyousan:20180419164026j:image:w360

今回も猫ちゃんツグミくんと・・・

f:id:keiyousan:20180419164425j:image:w360

f:id:keiyousan:20180419164455j:image:w360

f:id:keiyousan:20180419164611j:image:w360

f:id:keiyousan:20180419164701j:image:w360

おわりに本日のメイン・・・スズメたちの砂遊び・・・

f:id:keiyousan:20180419165137j:image:w360

f:id:keiyousan:20180419165159j:image:w360

f:id:keiyousan:20180419165316j:image:w360

f:id:keiyousan:20180419165331j:image:w360

2018-04-19

延原時行歌集「命輝く」(第2984回)(友人との「三水会」魚処「でぶ」さんにて)

 延原時行歌集「命輝く」(第2984回)
「復活の家出発進行―感謝無限の旅一歩一歩」

今朝も初めに先生のメルマガ「風の便り」で届いた「今日の歌」を収めます。

○(4月19日)人の旅路は感恩深しの歌十首
      (* 鳥飼先生 4/18, 2018 23:00)
一 「でぶ」さんで三水会がありてぞや真砂の快癒ちと話したり
二 ちととぞや話すもたっぷり中味あり命賭けたる奇跡の快癒
三 話す毎御神の恵み溢れきて尽きぬ話は感謝一筋
四 一筋に『あなたに最近誰なるや』尋ねし末の感謝談
五 我もぞやかかる話の実験談書きし一冊密かにあるや
  (備考:拙著『あなたにいちばん近い御方は誰ですか――妻と学ぶ「ラザロとイエスの物語」』東京・日本キリスト教団出版局、2011年)
六 我妻や絶後笑み増し不思議やも深き低みの底ぞ飛翔す
七 この話笑み増し底の底飛翔「復活省察」ものがたりなり
  (備考:拙著『復活の省察[上巻]――妻と歌う:生くるとは深き淵より共々に甦ること喜びてこそ』新潟・考古堂、2014年、や続編ぞ)
八 前編も続編もぞやありてぞや人の旅路は感恩深し
九 途中にて旅路終らず永久のたびピリポ街道主ぞ語りたり
十 とわごころ十字架超えて主や飛翔真の命や御父御許ぞ


IXIA! 延原時行
(* 4/18, 2018 9:17 PM:「今日も有難うございます。今日お昼には福岡玉名市の古川泰龍師が献身的に取り組まれた「福岡事件」の再審運動を引き継いでおられる古川龍樹師が拙宅に立ち寄って下さいました。相変わらずご家族を挙げて益々意欲的に全国行脚を継続しておられます。凄い取り組みです。加えて夜は娘の大病で4カ月間欠席をしていた「三水会」(毎月第三水曜日の夜の愛餐交流会)が「でぶ」さんであって娘の奇蹟的快癒のお話をたっぷりとさせてもらいました。いい夜でした。
IXIA!! 鳥飼慶陽」)


魚処「でぶ」さんでの「三水会」・・・料理がすべて美味しくて・お安くて・・・話も弾んで、少々すすみすぎたようで・・・

f:id:keiyousan:20180418180417j:image:medium

f:id:keiyousan:20180418181300j:image:w360

f:id:keiyousan:20180418190517j:image:medium

f:id:keiyousan:20180418190439j:image:w360

昨日も二カ所でツグミ君に出会いました。

f:id:keiyousan:20180418125944j:image:w360

f:id:keiyousan:20180418125937j:image:w360

f:id:keiyousan:20180418130431j:image:w360

昨日から花壇のクレマチスが咲き始めました。

f:id:keiyousan:20180418130158j:image:w360

f:id:keiyousan:20180418130206j:image:w360

ここで野良ちゃんたちも登場願います。

f:id:keiyousan:20180417100947j:image:w360

f:id:keiyousan:20180417100039j:image:w360

f:id:keiyousan:20180417101535j:image:w360

おわりに「藤の花」のいまを・・・

f:id:keiyousan:20180418125051j:image:w360

f:id:keiyousan:20180418125100j:image:w360

f:id:keiyousan:20180418125247j:image:w360

f:id:keiyousan:20180418125535j:image:w360

f:id:keiyousan:20180418125557j:image:w360

2018-04-18

延原時行歌集「命輝く」(第2983回)(ご近所の野良猫ちゃんたち)

 延原時行歌集「命輝く」(第2983回)
「復活の家出発進行―感謝無限の旅一歩一歩」

今朝もはじめにの、延原先生のメルマガ「風の便り」で届いた「今日の歌」を収めます。

○(4月18日)人命御友下さる恵み豊かにの歌八首
       (* 鳥飼先生 4/17, 2018 20:56)
一 有難き思召しなり和歌にとり人慰むること程や無し
二 我が霊気御神にぞや捧げてやクモ膜下病溶かさむとてや
三 真砂さま瞼に宇宙集まりて柔らかきかな御力ぞ満つ
四 人にとり哲悦満てば安らかさ未来に向けて走るや見事
五 これこそや希望の霊気人命御友下さる恵み豊かに
六 人如何に悲惨なるとも裏からぞ神共にます見れば微笑ぞ
  (備考:復唱)
七 我妻や絶後笑み増し不思議やも深き低みの底ぞ飛翔す
  (備考:復唱)
八 あくまでも遜りてや御友こそ父の御許に飛翔すや燦

IXIA!
延原時行
Subject: 電子メールで送信:延原時行歌集第44回(2018年1月〜3月)
(* 鳥飼師 4/17, 2018 7:46 PM: 「延原先生 いつもありがとうございます。昨日に続いて「歌集」の第44回分を纏めましたのでお送りいたします。前回と今回は特に娘の大病に祈りを込めて歌い続けていただいたもので、大きな慰めと励ましをお受けした特別の意味合いを持つ歌集となりました。今日は昨年12月から今年3月末の歌を纏める作業を始めています。いずれ先生のもとにお送りしてお目通しいただいて、そのうえでとりあえず先生のブログ著作集に加えさせていただけないかと思っています。これだけでも一冊の歌集にして遺したいところですが、まずは娘たちに味読してもらおうと思っています。御礼方々ご報告まで。
IXIA!! 鳥飼慶陽」)

昨日は地元の「ふれあいのまちづくり協議会」の事務局に出向いてちと話し込んできたりして・・・・
本日も昨日のぶらり散歩で出会った野良猫ちゃんたちを収めます。

f:id:keiyousan:20180417100823j:image:w360

f:id:keiyousan:20180417100947j:image:w360

f:id:keiyousan:20180417100542j:image:w360

f:id:keiyousan:20180417100039j:image:w360

f:id:keiyousan:20180417100054j:image:w360

f:id:keiyousan:20180417101047j:image:w360

f:id:keiyousan:20180417101535j:image

2018-04-17

延原時行歌集「命輝く」(第2987回)(神戸長田・番町の金楽寺の境内)

 延原時行歌集「命輝く」(第2987回)
「復活の家出発進行―感謝無限の旅一歩一歩」

早速今朝も先生の「今日の歌」を収めさせていただきます。

4月17日 汝が命とや我が歌編むや哲悦嬉しの歌六
(* 鳥飼先生 4/16, 2018 22:29)

一 お宝と呼ぶなら見事汝が技量貧しき歌もどうにか読める
二 惚れ惚れと「御礼方々」沈思せる我が心にや汝が命の香
三 命とや歌とぞ併せブログわざどれ「巻末謝辞」に編入如何
四 汝の告ぐ愛娘のぞ快癒とやリハビリ精励歌と編む我
五 合作や日々にぞや生まるまま「哲悦」呱々の声ぞ挙ぐるや
六 恩師より我ら共にぞ薫陶を哲悦巡り受けし忘れじ

IXIA!
延原時行

Subject: 電子メールで送信: 延原時行歌集第43回(2017年7月〜12月)(* 4/16,2018 9:29 PM:「延原先生 今日も有難うございます。ただ今、未整理でした「延原時行歌集第43回(2017年7月〜12月)」を整えてみましたので添付させていただきます。今年の第44回は追って整えておきます。先生の日々の省察と歌は類を見ないお宝ですね。御礼方々
IXIA!! 鳥飼慶陽」)


昨日は地元番町の金楽寺(きんらくじ)の境内でゆっくりと・・・かつてまちづくりの初期、大きな集会所のなかったころ、この寺の本堂を借りて老人会を開いて、なぜかここで講話?をさせていただいたことがありました。葬儀などもここで執り行われてきましたが、いまはぶらり散歩の寄り道になっています。いい境内です。

f:id:keiyousan:20180416093817j:image:w360

f:id:keiyousan:20180416093843j:image:w360

f:id:keiyousan:20180416094004j:image:w360

f:id:keiyousan:20180416094326j:image:w360

f:id:keiyousan:20180416094347j:image:w360

f:id:keiyousan:20180416094121j:image:w360

f:id:keiyousan:20180416094157j:image:w360

f:id:keiyousan:20180416094236j:image:w360

2018-04-16

延原時行歌集「命輝く」(第2986回)(二匹の猫ちゃんがポーズをとってくれました)

 延原時行歌集「命輝く」(第2986回)
「復活の家出発進行―感謝無限の旅一歩一歩」

今朝も初めに先生のメルマガ「風の便り」で届いた「今日の歌」を収めます。

4月16日 神表現共創に伍すの歌八首
    (* 鳥飼先生 4/15, 2018 23:26)
一 そうですね巻末謝辞をキリリと締めて「神表現」の向きをや見ん
二 これはぞや滝沢神人学の面白さ「原事実」どまり非ず突破なり
三 従来や「イエス教導」「だが無縛」根底にこそ「原事実」とす
  (備考:『純粋神人論序説』272頁の限りでは)
四 これに我「至誠神学」にて批判「空神至誠」「神至誠喚ぶ」
五 滝沢の「原事実」をば突き破り「空神至誠」神至誠喚ぶ

  (備考:その事「最晩年の滝沢書簡」(1983年7月1日夕付)における我が所説への”treu”の明記に徴表されたるなり)
六 かくてぞや「神至誠喚ぶ」にて「神表現」の命わざ産む
  (備考:『純粋神人学序説』273頁にて起りし事なり:「純粋に神人学的に考える人間は、したがって、自分自身を一つの存在者として知っている。この存在者は一方では、絶対的に偶然的であり、あらゆる歴史的形態を持った規定から自由であり、他方ではしかし、何よりもまず、そのようなもろもろの規定とは比較にならないほど厳しい、唯一の神の規定、すなわち人間は、まさしく初めから終りまで、このような偶然的な存在者として自分自身の生涯において生ける神ご自身を表現すべきであるという、唯一の神の規定の下にたっているのである。このようなものとして人間は、たとえ苛酷な歴史的状況にあっても、絶えず希望に満ちている。」)
七 これだけの力点あれば「神表現」原事実超え「新現在」ぞ
八 かくてぞや「神表現」やホ氏のぞや「共創」に伍す

  (備考:See Dialogues of ANW, 366:”In so far as man partakes of this creative process does he partake of the divine, of God, and that participation is his immortality, reducing the question of whether his individuality survives death of the body to the estate of an irrelevancy. His true destiny as co-creator in the universe is his dignity and his grandeur.”)
IXIA!
延原時行

(* 4/15, 2018 7:48 PM: 「延原先生 今日も有難うございます。先生の新著『哲学の喜び』の印刷所選びも始めっているかもしれませんね。『復活の省察』をお出しになった考古堂、『対話論神学の地平』の春風社、『ホワイトヘッドと西田哲学のあいだ』の法蔵館、そして「仏教的キリスト教の真理」の行路社など、どの出版社も興味を示しておられることでしょう。すでに『受肉の神学』をはじめとした先生の膨大なネット上で著作群(全20巻)の出版に向けたご準備も楽しみに存じます。英書の大著の刊行と共に!!
御礼方々ご期待まで!!! 
IXIA!! 鳥飼慶陽」)

二匹の仲良し猫ちゃんがポーズをとってくれました。

f:id:keiyousan:20180415105017j:image:w360

目の前にムクドリが一羽・・・・

f:id:keiyousan:20180415105432j:image:w360

ベランダから瀬戸内を航行するフェリーと久しぶりに上った高取山。

f:id:keiyousan:20180415103913j:image:w360

f:id:keiyousan:20180415103959j:image:w360

おわりに、私たちの住宅の花壇と美しく咲き始めた藤の花。

f:id:keiyousan:20180415104849j:image:w360

f:id:keiyousan:20180415104027j:image:w360