Hatena::ブログ(Diary)

延原時行歌集「命輝く」(「番町出合いの家」鳥飼)

2018-06-12

延原時行歌集「命輝く」(第3034回)(本ブログは本号で小休止といたします)

 延原時行歌集「命輝く」(第3034回)
「復活の家出発進行―感謝無限の旅一歩一歩」

今朝も初めに先生のメルマガ「風の便り」で届いた「今日の歌」を収めます。


○(12日)御前に感ずの歌十二首
(* 鳥飼先生 6/11, 2018 18:23)

一 問題は他者の思想を借りる時許可求めしかなくば盗みぞ
  (備考:そもそもや「新著『哲学の喜び』を『復活の省察』のように横書きの組版にしてみましたが、横書きが読みやすくてうまく収まるように感じました」と5月7日の「御礼方々」にあるが、この当然のような記述に事前の問い合わせはおろか、許可の申請や無き事不可解至極。自分の物を扱う如し。通常の礼儀や一切なし! 実に実に驚きぬ。以前の大兄には見られぬ所業なり。いぶかしみ居るなり。これ、君のために書きおるなり)

二 良寛の一人遊びの歌世界新現在にまみえ粛然
  (備考:これ、我が歌、哲悦の基本姿勢なり)

三 組版に感ける御仁余りにも狎れ狎れしきぞ気概なきぞや
  (備考:人としての気概、著作にあるなり。組版からの著作への「嫉妬」狎れ狎れしさ産むなり)

四 気概なく人たる者や文章を書くや在るべき姿なるかや

五 汝が世界恐るべき底堕落がや始まり居るをみ前に感ず

六 一言す他者(ひと)の物自分の物と区別つかざる状態怪ぞ

七 著作はや構想在りての創作用その根本を見ざるは犯罪

八 著作はや生成世界これをぞや途中で分断これ組版の罪

九 結局は著作活動尊厳を尊重せざる横やりの罪

十 組版や著作ありての末の末時間過程や相違せるなり

十一 汝の書くすべて全く見当やはずれっぱなし窃盗者の論
  (備考:我が著作『哲学の喜び』進行中ぞ。途中中でや「組版」など、著者は全く与り知らぬ。横書きがいいかどうか、完成せるの時の判断ぞ。それが何故汝の関心事になるや。妙ではないか)

十二 願わくば我が云ふ事を思量され御神御前に内省ぞあれ

IXIA!
延原時行


延原先生

ただ今、先生の明日の歌「御前に感ずの歌七首」を拝見しました。ここに詠われていることについて、これまであえて弁明など応答しないでまいりましたが、わたしは先生のこの明日の歌には、先生との関係の崩れを感じさせるものを覚えました。もちろんこの明日の歌は、明日のブログでUPさせていただきます。奇しきご縁で、先生とは若き日より本日まで、深い御友誼をいただきました。あってほしくないことですが、このようなことも起こってしまいます。残念ながら、明日のブログをもって、「延原時行歌集「命輝く」(「番町出合いの家」鳥飼)を、しばらくお休みとさせていただきたく存じます。ここまでのお導きにたいしまして、心からの感謝と御礼を申し上げます。
IXIA!
鳥飼慶陽

ブログについて、昨夜上記の判断をして、メール便を送信しました。

このブログの閲読者は多いようですが、長期にわたり、ありがとうございました。わたしは相も変わらず、ほかのブログと共に、主としてフェイスブックにおいて、マイペースで発信してまいります。


やはり本ブログの最後に、昨日の写真を数枚収めさせていただきます。

f:id:keiyousan:20180611124248j:image

f:id:keiyousan:20180611124303j:image

f:id:keiyousan:20180611124316j:image

f:id:keiyousan:20180611153604j:image

f:id:keiyousan:20180611153908j:image





2018-06-11

延原時行歌集「命輝く」(第3033回)(サボテンの花は夜開く)

 延原時行歌集「命輝く」(第3033回)
「復活の家出発進行―感謝無限の旅一歩一歩」

今朝も初めに先生のメルマガ「風の便り」で届いた「今日の歌」を収めます。

○(11日)天が下哲悦の歌五首
(* 鳥飼先生 6/10, 2018 0:37)

一 天が下哲悦をばや戴きて歩む幸ひげに喩へなし

二 天が下哲悦のため原事実新現在を産むや尊し

三 新現在良寛言ひし一人なる遊びのままに「神表現」よ

四 恩師のや愛ずる唯一神規定偶有なるも神表現す

五 如何に人状況苛酷「神表現」なせば希望ぞ溢るるやげに

  (備考:滝沢克己『純粋神人学序説』273頁)

IXIA!
延原時行


先日、住宅の「花の会」の友人から立派に育てられた一鉢のサボテンをいただき、そのサボテンが昨夜から咲き始め、今朝は満開です。咲き始めて満開になる過程を見たのは初めてのことです。百合の花にも似た香もあって、素敵な花ですね。

f:id:keiyousan:20180610195116j:image

f:id:keiyousan:20180610214527j:image

f:id:keiyousan:20180610220505j:image

f:id:keiyousan:20180611062422j:image

f:id:keiyousan:20180611062444j:image

今朝の景色です。

f:id:keiyousan:20180611062610j:image

f:id:keiyousan:20180611062548j:image

f:id:keiyousan:20180611062615j:image

昨日は、好物のいなり寿司をいただき、ご近所のおじさんからはブルーベリーをいただきました。

f:id:keiyousan:20180610115727j:image

f:id:keiyousan:20180610095146j:image

2018-06-10

延原時行歌集「命輝く」(第3032回)(「賀川豊彦著作選集完結記念神戸集会」)

 延原時行歌集「命輝く」(第3032回)
「復活の家出発進行―感謝無限の旅一歩一歩」

今朝も初めに先生のメルマガ「風の便り」で届いた「今日の歌」を収めます。

○(10日)新著打ち込み嬉しもの歌八首
     (* 鳥飼先生6/9, 2018 22:01)

一 新著のや打ち込み励みおる今や楽しき事や言ふ術や無し

二 前半の講義録にや敬和のや記憶満載笑顔消えずや

三 巻末の恩師謝辞にや哲悦のロゴス基礎論開陳嬉し

四 鳥飼家次女真砂さま快癒のやご報告にや歌作り笑む

五 かくてぞや恩師哲悦「神表現」ホ氏の「共創」合してや燦

六 非核化をもたらすものや哲悦ぞ「神表現」と「共創」の秋(とき)

七 創作用そも究極事性(さが)成すや無自性なるに大悲事に寄す
  (備考:復唱)

八 我妻や絶後笑み増し不思議やも深き低みの底ぞ飛翔す
  (備考:復唱)

IXIA!
延原時行


昨日は午後、神戸の賀川記念館の礼拝堂において、アジアユーラシア総合研究所の主催の「賀川豊彦著作選集完結記念神戸集会」が開催され、多くの方々とお会いしてきました。

f:id:keiyousan:20180609131656j:image

f:id:keiyousan:20180609134852j:image

兵庫県の井戸知事のメッセージが寄せられたり、神戸社会人大学の青木俊一郎学長や鳴門市賀川豊彦記念館の田渕豊氏の挨拶などあり、川西重忠氏(桜美林大学名誉教授)と西義人氏(賀川記念館参事)とご一緒にお祝いのスピーチをさせていただきました。追って詳細な記事が神戸新聞で掲載されるそうです。

この日、川西氏が最近入手された賀川豊彦の遺品のひとつが披露されました。


f:id:keiyousan:20180609170528j:image

また、今から30年前の賀川豊彦生誕百年記念の時から御友誼を頂いている鳴門市の田渕豊さんは、上記のように鳴門市賀川豊彦記念館を代表してご挨拶をいただいた上に、今では広く知られるようになっている御自慢の出来立ての「黒パン」(全粒粉に奥様の作られる自家製甘酒と竹炭など)をお土産にいただいたりして・・・

挨拶をされる田渕豊さんと頂いた「黒パン」(美しい麦の穂を添えられて)

f:id:keiyousan:20180609141348j:image

f:id:keiyousan:20180609193407j:image

この日は東京からビデオ撮影をされる専門の方までお越しになっていました。このたびの「選集刊行記念の集い」は、東京でも二度開かてれ、結局このたびの「神戸集会」と合わせて三回とも皆出席ということになりました。予期しなかっら嬉しい経験でした。ありがとうございます。

2018-06-09

延原時行歌集「命輝く」(第3031回)(花壇の花々)

 延原時行歌集「命輝く」(第3031回)
「復活の家出発進行―感謝無限の旅一歩一歩」

今朝も初めに先生のメルマガ「風の便り」で届いた「今日の歌」を収めます。

○(9日)対話を越えての歌三首
    (* 鳥飼先生 6/8, 2018 22:09)

一 驚きぬ『対話を越えて』急上昇恩師カブのや仏基対話ぞ
  (備考:ジョン・カブ著、拙訳『対話を越えて――キリスト教と仏教の相互変革の展望』(京都行路社、1985年)アマゾン198,512位、6/8)

二 対話をぞ越えてや独り省察す誠これこそ哲悦の書ぞ

三 カブ著をぞ邦訳せしやふと我や解説書にも心血そそぐ
  (備考:拙著『仏教的キリスト教の真理――信心決定の新時代に向けて』(京都行路社、1987年刊、1999年増補版初版、2007年増補版再版

IXIA!
延原時行

まず、昨日の花壇の花々を・・・

f:id:keiyousan:20180608092804j:image

f:id:keiyousan:20180608092625j:image

f:id:keiyousan:20180608092706j:image

f:id:keiyousan:20180608152635j:image

f:id:keiyousan:20180608152806j:image

f:id:keiyousan:20180608152730j:image


近所の公園で、スズメたちと・・・

f:id:keiyousan:20180608093642j:image

f:id:keiyousan:20180608093302j:image

f:id:keiyousan:20180608093551j:image

f:id:keiyousan:20180608093512j:image

f:id:keiyousan:20180608093609j:image

f:id:keiyousan:20180608093438j:image

f:id:keiyousan:20180608093620j:image


ビワのみが地に落ちています。

f:id:keiyousan:20180608093958j:image

f:id:keiyousan:20180608094017j:image

2018-06-08

延原時行歌集「命輝く」(第3030回)(タチアオイとゴブ)

 延原時行歌集「命輝く」(第3030回)
「復活の家出発進行―感謝無限の旅一歩一歩」

今朝も初めに先生のメルマガ「風の便り」で届いた「今日の歌」を収めます。

○(8日)信心と哲悦の歌八首
    (* 鳥飼先生6/7, 2018 22:45)

一 『地平』にて基督心経我や編む日ノ本民の信心の為
  (備考:第七章 在家キリスト教提唱―我が巡礼の原視座から、第八章 在家基督教胸底、第九章 基督心経、の三論考を含む。一はヒック哲学との比較を論ずる神学論文、二は教程論、三は基督心経なり)

二 日ノ本の教会形成のみにてや信の含蓄学ばぬや民

三 独りにてインマヌエルやアーメンと称名しつつ生くる民出よ

四 かく思ひ上梓せる書も漸くに民の中にぞ根付き来るよ

五 此度はや『哲学喜び』省察し人生最中哲悦ぞ咲く

六 人誰も一人遊びを研きてや己が哲悦得ざれば無為ぞ

七 いかに人世知賢しらも哲悦に覚醒なくば只の愚者なり


IXIA!
延原時行


いま、タチアオイの花が奇麗ですね。この梅雨の季節になると咲く場所まで、ぶらり散歩で出かけてきました。

f:id:keiyousan:20180607101804j:image

f:id:keiyousan:20180607101841j:image

タチアオイの花をカメラに収めてからその足で、私の大好きなゴブ(一般にはグミと呼びます)の実がなっている場所へ・・・・

地べたにも実が落ちていて、いまが食べ時でした。だれも食べる人もないようです。ここのお宅は以前から空き家になっていて、お庭の塀から枝が伸びだしていて・・・

これまで幾たびも「ゴブの話」をここでも綴ってきましたが、鳥取の故郷の我が家の畑にあった「ゴブの実」を、幼いころによく食べた、あの味が忘れられなくて・・・

「ゴブの実」は御汁茶碗に入れて、少々塩をまぶして、ころころさせながら、美味しくいただくのです!

昨日は、幼いころのことを想い起しながら、御汁茶碗に入れて塩をまぶして、ころころと・・・

幼い時に味わった、あの味でした。美味しくいただきました!

f:id:keiyousan:20180607103212j:image

f:id:keiyousan:20180607102922j:image

f:id:keiyousan:20180607104339j:image

f:id:keiyousan:20180607104557j:image

終りに、立派に実った梅の実と花たちを・・・

f:id:keiyousan:20180607102813j:image

f:id:keiyousan:20180607102712j:image

f:id:keiyousan:20180607102740j:image