Hatena::ブログ(Diary)

検索迷子 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2050-01-01

SMAP記事のカテゴリ作成のお知らせ

こんにちは、検索迷子です。

PC版の通常の新着記事は、こちらからご覧ください。


SMAPについて書いた記事が、100件を超えたことを機に、

かねてからご要望をいただいていた、SMAP関連でカテゴリを作成しました。

PC版は、トップページ右上から記事一覧が見られます。

SMAP関連記事カテゴリ


スマホは、

カテゴリ一覧SMAP

または、サイドメニューを選択し、記事一覧→カテゴリ一覧→SMAP

で行けると思います。



通常記事一覧は、検索迷子ブログから、ブログ上部の「検索迷子」タイトルをクリックしてください。

(機種別の表示などは未確認のため、不明なかたはお問い合わせください)。



もともと検索迷子は、書籍レビューを中心とした雑記ブログのため、それ以外の記事、詩、短歌、書籍、雑記など過去記事については、随時分類をしていきます。

ご不便をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします。


2016.4.27

TAMTAM 2016/06/21 17:50 はじめまして。パソコンに弱い私なので、このコメントが届くかも分からないのですが、草磲くんの大ファンのおばさんです。私が、今まで、ぼんやりと感じていた、草磲くんの魅力を、明確に言葉にして下さって、ありがとうございます。これからも、のぞかせていただきます。

kensakumaigokensakumaigo 2016/07/21 22:56 TAMさん

こんにちは、検索迷子です。
コメントをいただいてから時間が経過してしまいましたが、ありがとうございました。
これをお読みいただけるといいなと思います。

草なぎさんを表現したことがきっかけで、ブログの書き方も変わって、自分のいろんなことが動き始めたため、草なぎさんにはきっと、ずっと思いを寄せていくと思います。

ファンのみなさんに喜んでいただけるよう、その素晴らしさを書き続けますね。
コメントをいただき励みになりました。これからもよろしくお願いします。

2016-12-30

(51)輝き続ける、SMAPという6つの星屑

|

こんにちは、検索迷子です。


早いもので今日はもう、12月30日。

12月26日のスマスマの放送や、そのほかのSMAPの話題で、いろいろ思うことはあるが、何も消化しきれていない。だからその話題は、いつか書ける日を待とうと思う。


そんななか、今朝の朝日新聞朝刊広告を見た。

SMAPファンのかたを中心に、クラウドファンディングで資金調達をして実現したこの広告、参画された1万3000人と、参画はできなかったけれどもSMAP応援したいというかたたちの熱意を強く感じ、朝からずっと心を揺さぶられた。


なかでも、6つの星に込められた「6人でSMAP」の思いにはっとして、それで今日は、このブログで初めて、森さんの話題にも少し触れたいと思って書き始める。


無言を貫く覚悟

年初の報道以降、ほぼ無言を貫くSMAPを観ながらずっと、自分の書くテーマを探ってきた。


無言を貫く覚悟を決めたかのような彼らの姿を見て、芸能界を知る立場ではない自分が、真偽の定かではない間接的な情報を集めて書けることはないと思ってきた。真実にリーチしたい気持ちを自制するように、心を鬼にして記事を書かずにきた。


私は人が持つ美しさを、より美しく、広く紹介するためにブログを書きたいと思っている。だからといって、批判や負の感情、猜疑心、罵詈雑言の視点を持ち合わせていないかというと、そうではない。むしろ、美しさを見つめる同じ深さで、闇の部分を考える続けることもある。


たとえ個人ブログであろうと、ほぼ、全方位でガラス張りのネット上では、文字を書き残す責任がある。陰でこっそりと書ける場のようでいて、それは必ず誰かが見ている。実際に私も過去、ネット上のいさかいや誹謗中傷などの闇の部分を監視し、追跡して書き手を特定し、警告を出すという仕事もしていたことがある。


負になだれこむ言葉のストッパーは、一度外すと制御がきかない。だからこそ、言葉を暴力的には使わない強い気持ちが必要だと思っている。昔、その当時の国内最大級規模のネットサービスに携わり、言葉の暴力性にダイレクトに触れてきたからこそ、この怒涛の一年の出来事に、中途半端な言葉で加担することはできなかった。


思いを、何でも言葉にしていいわけではない。それは今年、何度も自分に言い聞かせたことだった。


目の前のことに集中し続ける、SMAPの姿勢

彼らの無言を貫く覚悟を見つめながら、考えさせられることは多かった。


SMAPがこの一年貫き通した、言葉なき心の言葉たちを、私は憶測で書くことはできない。自分個人として、そのときどきのテレビやラジオで受け止めたものはあるが、それは答え合わせができない自分だけの感想で、文字にはしないと心に留めてきた。


事実としてわかったのは、語らない、ということだけだ。語れない、と書きたいところだが、それすら推測でしかない。だから、語らないという事実だけが、今、目の前でわかることだった。


そして、この一年、彼らは本当にプロ精神を持ち続けているかたたちだと、あらためて思うことが多かった。


心の中に複雑に絡まっているだろう感情、外野のノイズ、行動範囲の規制など、彼らを精神的にも外的にも蝕む要素は、いくらでもあっただろう。


でも、彼らは見かけ上は淡々と、目の前の仕事に取り組み続けた。メディアに出続け、その現場ごとで求められる役割に成果を出し続けた。


何よりも凄いのは、5人が5人とも同じように、仕事の評価を一ミリも下げることなく仕事を全うしていたことだ。職業人としては当然かもしれないが、当然なことがまかり通らない不条理さのなか、平常心を保つことはどれほど大変だっただろう。


心情がどうであろうと、それまで積み上げてきたものを破たんさせることもなく、むしろこれまで通り、仕事ごとに新たな側面を見せてくれたり、仕事を楽しんでいたりして、こなした仕事の数だけ評価を高めていった。


この、目の前の仕事に常に真剣に向き合う姿勢こそ、SMAPSMAPたるゆえんなんだと、今年の一年であらためて彼らの底力を見せてもらった気がする。


森さんも現場の第一線で、今日も戦い続ける

最近、仕事でオートレースの記事をチェックすることがあり、ほんの少しではあるが、森且行さんがSMAPを脱退した後、活躍しているオートレース業界というものがわかってきた。


詳細に書くほどの知識はないが、1つだけはっきりとわかったことがある。


それは、オートレース業界において森さんは、すでに大御所の位置にいる、ということだ。知っているかたからすれば20年近くいる業界だから、当然のことかもしれない。でも、20年現役で活躍しているということが、どれほど凄いのかまざまざとわかってきた。


オートレース界では、20代の選手も多く活躍されている事実を知ったとき、40代の森さんがどれだけの努力を重ねて、一戦一戦のレースを積み重ねてきたのか、その重みがずしんときたのだ。


職業としてのアスリートは、選手寿命が決して長くはない競技が多い。サッカーなら三浦知良さんとか、野球なら誰々さんとか、40代の現役選手は現役続行をしているという意味での注目もされる。


オートレース業界に、そうした、最適年齢ゾーン的な見方があるのかは定かではないが、レースごとに勝敗が一目瞭然となる世界にいて、どれほど注意深く体のメンテナンスをし、強い精神力を保ち続けているのかと思うと、森さんが本気でオートレース業界に飛び込んだ覚悟や取り組みが伝わり、いまさらながらその凄みがわかってきた。


と、森さんのオートレース業界の活躍を知るたびに、SMAPもまた、40代になってもアイドルという前人未到の領域に入り、かつずっと第一線で活躍してきているという共通点に気がついた。


森さんもSMAPも、彼らが第一線であることは当然とずっと見てきたが、これは並大抵のことではなかったんだと驚かされる。


冷静に考えると、現場の第一線から降りないどころか、もっと高みを見ていこうとする姿勢も共通しているし、業界の流れを変える先駆者的な役割を担ってきたという点も同じだ。


オートレース業界の記事を読むと、森さんは広告塔的な役割を担ったり、スマートな身だしなみやふるまいに配慮したりして、後輩に影響を与えているようだ。また、女性ファンの増加に貢献し、オートレース場の環境改善も進み、業界で戦績だけでなく、多大な功績を残しているのだ。


SMAPという名前を語っていい、この世の中のたった6人が、6様にこれほど活躍し続けている、その事実がどれほど偉大なことなのか、いまさらながら振り返って驚かされている。


今年最後の決戦の日

12月31日大晦日。

森さんは、川口オートレース場で行われる、スーパースターシリーズ決定戦の最終日の優勝決定戦に出場する。


優勝決定戦は、複数日に渡るレースで勝ち上がらないと出場できない仕組みで、森さんは今年、優勝決定戦に出られないレースがいくつもあった。きっと悔しい思いをたくさんし、マシンも身体のメンテナンスも十分に見直して来たことだろう。


そんななか、このSMAPSMAPでいられるかもしれない最後の日に、森さんは森さんの世界で戦いに挑む。


SMAP5人と、森さんにこの日、物理的な接点はたぶんないだろう。

それぞれがそれぞれの場所で、その日に自分が果たすべき役割に全力で集中するのだろう。


でも、6つの星屑たちはきっと、魂でつながって、心でエールを送りあっているのだと思う。


そこに過剰な言葉はいらない。

ただ、ただ、お互いを思い合う気持ちだけがあれば、それで伝わりあえる存在同士なのだと思う。



2016年が、終わる。


これほど、年末の最後の一日に、特別な意味が乗った年はなかった。


丁寧に目の前のことに集中しながら、第一線で輝き続け、決して第一線から逃げない6人のSMAP


彼らに敬意を表し、これからも、心から応援したいと思う。


神様、どうか彼らがずっと輝き続けていられるよう、見守っていてください。


では、また。



今日、初めて森さんの話題を書きましたが、ざっと調べて書いたため、事実に間違いがあればご指摘いただければと思います。


追記:

記事アップ後、オートレースにお詳しいから教えていただきましたが、森さんの明日のレースは、SMAPと約束をした「SG優勝」という、「SG」グレードのレースではなく、その下にあたるグレードとのことです。森さんは今年、「SG」参加資格となる年間ポイントが不足し、このグレートの出場にはいたらなかったそうです。


あらためて、森さんがどれほどの情熱で「SGでの優勝」を目標に戦っているのか、その厳しい世界が、少し理解できたような気がします。


読んでくださった、森さんのレースを見守り続けているかたに、心からお礼申し上げます。



コラボブログについて

今日は、「剛 しっかりしなさい!」ブログ運営者である、凪(なぎ)さんの【SMAPとココカラ】 (48)Harlm River Drive “SMAPの前にはいつも 一番高いハードルが置かれている。”(49)This is Love(50)愛の灯〜君とメリークリスマス 事実と真実 を受けて、コラボブログ第51回として書いた。


主旨について

ブログ主旨については、下記にリンク先を掲載している。

【コラボブログ:SMAPとココカラ】(2)SMAPとファンは、もはや一つの組織の最下段、【コラボブログ:SMAPとココカラ】(4)木村拓哉さんの自己犠牲の精神の序盤で紹介している。

2016-12-24

RADIOFISHの限界を超える挑戦

|

こんにちは、検索迷子です。


しばらく間があいたが、今日は前回のパラフェス記事のお礼に続けて、RADIOFISHの話題に触れたい。


SMAPファンかたに多く閲覧された記事のお礼と、RADIOFISHのことは分けて書いたほうがいいのかもしれない。でも、私のなかでこの2つの出来事は、時系列的につながっていて、それでブログを書こうという気持ちになったため、あえて分けないことにする。


パラフェス記事閲覧のお礼

前回、(47)パラフェス2016は、香取慎吾さんの壁画が放つ愛に包まれていた、という記事を書いたところ、主催者であるパラフェスのディレクターさんからも温かいコメント付きでリツイートしていただいたこともあり、ざっと確認するだけでも1000リツイート以上の拡散がされ、本当にたくさんのかたに読んでいただいた。


この記事の反響で、自分が書くべきものが何かを再確認させられた気がする。それは、自分の言葉で書き続けることの意味だ。


現場に行って肌で感じたものを、自分の言葉で楽しみながら書き、結果、それが誰かの心に届くのが、一番書き手としては嬉しいという、ごく当たり前のこと。


発注記事のように納期やテーマに制約がないことから、書きたい自発性だけが書き続ける原動力となっているため量産はできず、書きたいことをメモしたノートの落書きばかりが溜まるのが、いっとき心苦しかった。


備忘録がわりにTwitterで少しつぶやいてみても、それはかえって、すきっ腹に書きたい気持ちが充満するようなり、かえってしっかり書きたい気持ちがあおられた。


敬遠されがちな長文も、魂を込めて書けば、届く人には届くということも、今回とてもよくわかった。


長文で、個人ブログで、というだけで読むのを敬遠するかたはいると思うが、1テーマ1話読み切りで書くと、ネットのキーワード検索に強く、Twitterをしていないかたにも、時期が経過したタイミングにその話題に興味を持ったかたにも広く読んでいただける。リアルタイムよりも、がぜんロングテールに威力を発揮する。


今回書いたパラフェスの壁画記事は、書いて3週間経過した今日も読まれ、1年前の壁画記事もいまだに読まれ、ありがたいことに香取さんの壁画の記事を探すかたは、私の記事まですぐにたどり着いてくださる。


読み継がれる記事を目指したいという気持ちが、こうして結果となると、目先の閲覧数だけを指標とせず、続けてきてよかったと思う。


あらためて、読んでくださったかたに感謝したい。


オリラジのお二人を考え続けた時間

RADIOFISHの記事を、一か月半くらい書かずにいた。書くことがなかったかと言えばその逆で、躍進し続けるRADIOFISHの話題は日々投下され続け、書けることは山ほどあった。


私もイベントに行ったり、メンバーのテレビやラジオを視聴したり、ご本人たちのTwitterインスタグラムを見たりしていた。ファンのかたとも、イベント会場で会ったり観覧に一緒に行ったり、紅白出場のお祝い会をしたりと、最近はほぼ毎週会っていたくらいだ。


でも、大量の情報をまえに、さて、何を深く書けばRADIOFISHの応援になるのだろうと思っているうちに、投下される最新情報に、どんどん書こうとする話題が古くなっていく、という、視聴者としては楽しいが、書き手としては悩ましいというのを繰り返していた。


そんななか、ある機会があって二週間くらい、時間があればずっと、オリラジのお二人のことばかりを考えていた。


中田さんのことを考えては、藤森さんのことを考えてというのを延々と繰り返し、書いては全削除して一からやり直す、みたいな時間を過ごしつつ文章を書いていた。


オリラジのことを考えた時間の理由は、いまは書けないので、後日触れるかもしれないが、この二週間で、書くことに対する意識が変わったかもしれないほどの貴重な時間だった。


幼少期から作文が好きで、文章への苦手意識がゼロで、人に文章を読まれるのがまったく苦にならない自分が、私って文章がヘタだ、これは誰にも読ませたくないと本気で打ちのめされた。


それでわかったことがある。


自分がこれまでできると思ってたことを、できる規模やサイズでしかやってきていなかったんだなと。天井を自分で決めてしまっていて、そこを越えようと思ってこなかったんだなということを。


日々、何らかの形で文章を書き続けることが当たり前だったため、いつのまにか、だいたいこれくらいでという自分のレベルになじんでしまい、いつしか、ここが能力の限界と決めていたところがあったんだなと気づかされたのだ。


限界点を超えて、挑戦し続けるRADIOFISH

という私の話は、読んでくださっているかたには興味はないと思うので、RADIOFISHの話題にやっと戻すが、私がこの一年、RADIOFISHの活動を注目し続けた理由は、まさにこの、「限界を超えようとする意欲の高さ」だったのだと思う。


それをあらためて実感したのが、11月26日に韓国で開催された、「WebTV Asia Awards2016「Song of the year」」 で、RADIOFISHが「年間最優秀楽曲賞」を受賞した際の、FISHBOYさんの英語でのスピーチだった。


この動画はネット上にはあるが、今日はこの話題がメインではないので、かいつまんで内容だけ書くが、この受賞スピーチFISHBOYさんは「活動を始めて1年間は何も起きなかった(ブレイクという意味合いで)。でも、挑戦に挑戦を重ね続けて、晴れて今日、この名誉ある賞をいただけた」といった内容を話していた(意訳)。


このスピーチ映像、何度も繰り返して見ていて、とても好きなのだが、その都度、FISHBOYさんが話す、「challenge,challenge,challenge」と繰り返すところで泣きそうになる。


スピーチは、本来は中田さんがするはずだった。でも登壇前の控室で、海外のダンサーさんたちと談笑するFISHBOYさんの、コミュニケーション能力を見た中田さんが、直前でスピーチを代わるように言ってきたと、FISHBOYさんは後日、ご自身のラジオ番組で語っている。


FISHBOYさんは、「兄貴がスピーチしたほうが映像が(メディアに)使われるから、そっちのほうがいいと思ったけど、自分が喋らせてもらった」とも話していた。


私はこのときのスピーチを、FISHBOYさんにした中田さんの決断も凄いと思っている。冷静に適材適所ができることもそうだし、FISHBOYさんにRADIOFISHを代表して、語ってもらっても大丈夫という信頼も感じた。兄弟だからではなく、メンバーとして共に闘ってきた仲間としての信頼が伝わってきた。


代わってもらった本当の理由はわからないが、海外メディアへの露出を考えると、中田さんがスピーチをしたほうが良かったとは思う。でも、中田さんがこれまでメディアで語ってきた挑戦の歴史とはまるで違う重みが、FISHBOYさんがこのときに話した「challenge」と言う言葉にはあった。


RADIOFISHのユニットをやりたいと言い出した中田さんと、中田さんを信じて活動してきたメンバー、なかでもスキルマスターと呼ばれるダンサーさんの言葉だからこそ、その言葉が胸にずしんと響いた。


この場所にたどりつくまで、RADIOFISHの6人はどれほどのものを乗り越えてきたんだろう。


中田さん、藤森さん、FISHBOYさん、Show-hey(ショーヘイ)さん、SHiN(シン)さん、RiH!TO(リヒト)さん(SMAPファンの読者のかたに補足:つい最近、「つとむさん」は、中田さんにより別名がつけられました)の思いは、どれほどのものだったのだろう。


「芸人が、ダンスと歌に本気で挑戦する」「ダンサーが、お笑いとしてのダンスに挑戦する」という、未知なるものへの挑戦を続けてきたこと、そして、この活動をより大きなものにできると信じ続けてきた時間が尊く思えてきて、スピーチ映像を見るたびにぐっときてしまう。


自分たちができることの限界を超えて、挑戦し続けてきたRADIOFISHの凄さが今年、しっかりと伝わり、評価がどんどん高まってきているのは本当に喜ばしい。


高度化するパフォーマンスと、さらなる高みへの願い

彼らのさらに凄いのは、安定を望まず、今もなお、パフォーマンスをより高度化させて、限界点を何度も塗り替えているところにある。自分たちのパフォーマンスで、どれだけ観客を笑わせられるのか貪欲に挑戦している姿に、笑いつつも、胸を打たれる。


特に、年末に入ってからのパフォーマンスは、これまでの集大成といわんばかりに、これでもかというほどに、惜しげもなく、これまで蓄積してきたものを放出し、さらにプラスアルファを乗せてきている。


おーい、どこまでやるんだー。という気持ちになるくらい笑わせてもらい、大笑いした後は、もっとやれー。もっといけー。とあおりたい気分になる。


RADIOFISHは、苦労してきた末に今がある、という話はもちろん知ってほしい部分ではあるが、それよりも、いつも笑わせてくれる人たちだよねという爽快感で終わるほうが、見方としては正しいんだろうなと思う。


だから、もっとやれー。と私は言い続けたいし、限界点を塗り替え続けていってほしいと思っている。


RADIOFISHのパフォーマンスは、笑いやかっこよさはもちろんだが、活動を通して、自分の内面にある何かをスパークさせてくれる。


このスパークさせられる感覚が面白く、その飛び散る何かが、いったいどこから来るのだろうと考え始めると、彼らを見続けることがたまらなく楽しく、興味が尽きない。


もっと違う切り口の話題も書こうと書き始めたが、限界点を塗り替える話題だけで十分な量になったので、また機会を変えて書こうと思う。


出演番組やイベントごとのパフォーマンス書くには、露出量にスピードが追い付かず、ずっとジレンマがあった。でも、進化し続けるRADIOFISHには、ピンポイントの感想を書いてもどんどん新しい情報が入り、一つの話題が数日の命だとやっとわかった。


だから、個別レビューはいまのところ割り切って、できるだけ長期的に読まれるものをと、今日は違う観点で書くことにした。


11月中旬から今日まで、書かなかったり、見られなかったパフォーマンスに対する取りこぼし感はとても大きい(実は全部見れてない。さっと思いつくのは、骸骨祭りとか)。


活躍するRADIOFISHの記録として、反芻される記事が残せなかったという、取り戻せない時間をものすごく感じて、いっとき喪失感すらあった。でも、情報ゼロより、できることを残せばいいと開き直ることにした。


これが、私がここ最近の「RADIOFISHが書きたいのに書けないジレンマ」の、限界点を一つ突破した点で、そして、今時点でできる最大限のことだ。


25日は、オリラジトークライブに行く。

いまのところ、現地に行く予定はこれだけだが、さて、この先はどんな出来事が待っているのだろう。


最後に。

ふだん、季節感があることはあまり書かないのですが、


Merry Christmas!

May God bless you and your family on this special day.

(メリークリスマス!

特別な日に、あなたとあなたの家族に、神のご加護がありますように)


神は、RADIOFISHにとって、特別で、唯一の存在。

WORLD IS MINE(Type-B)

WORLD IS MINE(Type-B)


では、また。


RADIO FISHの過去記事(一番下が最新記事)

RADIO FISHの『ULTRA TIGER』の熱量

RADIO FISHの『ULTRA TIGER』のダンスの秀逸さ

RADIO FISHの『GOLDEN TOWER』のみどころ

RADIO FISHのダンス記事まとめと、中田さんのダンス

RADIO FISHの『WORLD IS MINE』リリースイベントでの熱気

『PERFECT HALLOWEEN2016』でオリラジとRADIO FISHが果たした役割

SMAPファンのかたにも贈りたい、RADIO FISHリリースイベント公式動画の感想

草なぎ剛さんと香取慎吾さんのラジオ番組で語られたRADIOFISH

RADIOFISHのライブイベントの楽しみかた


なお、少し前の記事の見出しから、アクセス検証のため「RADIO FISH」の正式名を「RADIOFISH」と意図的に変えているのを、あらかじめお断りしておきます。

まるまる 2016/12/25 10:29 トークライブに行かれるんですね。羨ましいです。
ぜひ彼らの生の言葉を聞いて感じられたことを聞かせていただけたら嬉しいです

2016-12-01

(47)パラフェス2016は、香取慎吾さんの壁画が放つ愛に包まれていた

|

こんにちは、検索迷子です。


11月22日(火)、日本財団パラリンピックサポートセンター略称:パラサポ)さんが開催された、パラスポーツ普及啓発のイベント「パラフェス2016〜UNLOCK YOURSELF〜」に参加するため、国立代々木第一体育館に行ってきた。


パラリンピックイベント関連の話題を書くのは、今日が4回目となる。

2016-11-10 (45)香取慎吾さんのパラサポ壁画は愛が描かれている

2015-11-30 SMAPさんのパラ駅伝の閉会式コメント

2015-11-11 SMAPさんとパラリンピックと壁画


イベント本題に入る前に、これに参加できたことや、記事を書こうと思った時間も含めて、私とSMAPファンのかたとのご縁なので、周辺の話も書いておきたい。


私のブログを読みなれているかたは、いつもの長文だと思っていただけるだろうが、イベント内容をすぐ知りたいかたは、見出しを参考にスクロールして、先のほうを読んでいただければと思う。


パラフェス参加までのいきさつ

前回、香取慎吾さんが2015年11月に日本財団ビルに描いた壁画に、再び光があたると知って、嬉しい気持ちで記事を書いた。できたら、実物大レプリカとメイキングムービーをこの目で見たいと思いつつも、5000名程度の枠だったため、参加の応募は、本当に現地に行きたいかたにと思って控えていた。


ところが、思わぬ幸運が舞い込んだ。

Twitterフォロワーさんで、私がSMAPを書き始めた初期から見守ってくださっているかたが、同行者を探していた香取さんファンのかたに私を紹介してくださった。


そのかたはTwitterブログもやっておらず、当ブログも知らなかったようだが、フォロワーさんがわざわざ記事を添付してまで、私との同行を勧めてくださった。


当初、Twitterのみの知人の仲介ということに難色を示されていたようだったようだが、私のブログを読んで、ここまで壁画に思いを寄せてくれている人なら、ぜひ一緒にと快諾してくださった。


そして当日、遠方から前泊して来られた、そのかたに同行させていただいた。そのうえ、ずっとネット上でお世話になってきたものの初対面だった、仲介者のフォロワーさんともご挨拶できるという素敵な時間を過ごせた。


と、周囲のかたのお力添えで現地に行って、楽しい時間を過ごしてから、一週間あまり。


実は参加が決まったときに、Twitterで香取さん壁画シリーズの次回を書くとつぶやいたものの、当日会場で受け取った思いがとてつもなく大きく、それをなかなか消化しきれなかった。


Twitterでたくさんの感想が流れ、ワイドショーでも取り上げられていることもあり、私が書かなくてももう十分だろうかと考えていた。


ところが、自分も自分なりに言葉にしなくてはと思う出来事があった。


11月28日(月)に、一年前のパラ駅伝に誘ってくださったかたと、同時期、私がTwitterのヘッダーに使っている、草なぎさんのドラマのロケ地である「一本桜」に案内してくださったかたと、偶然食事をする機会があった(この話はTwitterでもつぶやいているが、稲垣さんや草なぎさんゆかりのお店にも行ったので、機会があれば書こうと思う)。


お世話になったそのお二人とも、パラフェスには参加できず、当日はどうだったかと聞かれるままに感想を話した。すると、「他の人に聞いていた感想の10倍くらい情報量があって、状況が浮かんできてうれしい」と言っていただけた。


その一言に、はっとした。

長文でここに書き残すことで、私も誰かの役に立てるのかもしれないと。


観に行けなかった多くのかたのために、これは書き残そうと気持ちを固めた。自分がSMAPファンのかたに何重にも受けた好意を、きちんと文章にして返して行こうと思った。


今年に入って、SMAPファンのかたのことを思い、ブログを書くのは、時に押し寄せる切なさや、やりきれなさとの葛藤で、ものすごくエネルギーを使い、書くこと自体が心苦しかった。


それでも、記録の意味も込めて、今回のパラフェスは残さなければならない大事なイベントだったと思う。これが私にできる、小さな小さなファンのかたへのギフトになれば嬉しい。


ということで、やっと本題にいきます。


パラフェス2016の、充実したイベント内容に夢中になる

本題と書いたものの、この記事を読んでくださっている大半のかたにとっての「本題」は、香取さんの壁画やメイキングムービーの感想かもしれない。


それをわかりつつ、やはり今回のお礼も込めて、本来の主役であるパラフェスのイベントの感想を先に書いておきたい。


イベントの詳細レポートは、日本財団さんの公式ブログ日本財団ブログ ソーシャルイノベーション探訪ー「パラフェス2016 〜UNLOCK YOURSELF〜」に詳しいので、それをご参照いただきつつ私の感想をお読みいただければと思う。


19時から2時間半の予定が、22時15分終了となる長丁場のイベントではあったが、全体的に考え抜かれた、内容盛りだくさんの素晴らしいイベントだった。


まったく飽きることがなく、むしろ目の前で披露される出来事の一つひとつに夢中になった。


この日私は、会場の外のチケット引換所の列に、2時間近く前から同行させていただいたかたと並んでいたが、会場に訪れているかたの大半はSMAPファンであるという体感があった。


その大半がSMAPファンであろうかたたちが、同じく会場で繰り広げられるイベントを楽しんでいる様子がわかるくらい、イベントの雰囲気はとても良かったと思う。


車椅子バスケットボール競技説明や、デモンストレーションのとき、昨年、SMAP5人が、駒沢オリンピック公園の総合運動場陸上競技場で、同じ競技に真剣に取り組んでいた姿を、一瞬、思い返さなかったと言えば嘘になる。


でも、昨年に馳せる思いよりも、今このとき目の前で真剣に競技をするアスリートに集中して見入ってしまうほどに、パラアスリートのかたたちは輝いていた。


開始から順を追うと、ダンサーさんによるパフォーマンス、開会式とスピーチ、パラリンピアンと芸人さんによるパラリンピック競技紹介、コンサートという流れだった(香取さんの壁画のメイキングムービーについては後述するので、いったん順番からは外して説明させていただく)。


振り返ってみると、これだけ内容が充実して、多数のかたがセンターステージに登場して入れ替わっても、まるで無駄な時間がないと思うほどに、なめらかな進行で、興味がずっと持続するほど、会の運営が完璧だったと思う。


ちなみに会場は、正面に巨大スクリーンが1つあり、それを全員が正面から見える1、2階席に着席するスタイルだった。入場した際、3倍の人数は入場できたのではと思うほどに、会場の3分の2を占めるほどの暗闇の空席が目立った。


でも、結果的に、この入場規模が今回は妥当だったような気もしている。

その理由の一つは、プロジェクションマッピングの技術の利用によって、センターステージが多様な変化が効果的に働いたことがある。


少しわかりにくいかもしれないが、体育館の床自体に、そのときどきのイベント内容に合わせていた映像が投影されていたのだ。


映像が観やすい方向に全員が着席できて、イベントごとの映像技術を堪能できていたのだと思うと、全員の視線が同じ方向を向いていたのは、会場の一体感にもつながり良かったと思う。


床は、時にバスケットコート、時に陸上競技場のスタートライン、時にパフォーマンスを彩る立体的な映像と七変化し、後述するが、香取さんの壁画も全面に投影された。


また、ステージ左側にはセンターステージよりも少し小さめのサブスクリーンがあり、ステージ上でのやりとりが随時入力されて、表示されていた。


当初これは、ニコニコ動画のように会話をリアルタイム入力するものとして、登壇者も観客も、喋ったことが全部画面にでちゃうの? と笑いながら楽しんでいるところがあったが、冷静に考えるとこれは、聴覚障がい者が主に観るための、大事なスクリーンだったのだ。


それに気づいたとき、我ながら無知って怖いと思った。誰かにとって大事なコミュニケーションツールを、遊び的な冷やかし要素でとらえていたと思うと、くすくす笑っていたことが恥ずかしくなってしまった。


ステージ自体は全部が丸見えで、場面転換にスタッフが動く姿や、出演者の入退場の様子も見えたままだったのだが、本当に会全体がなめらかな進行だったと思う。


本当であれば、このイベントに出演されたかたお一人ごとのお名前もここに書いてコメントをしたく、関係者にもお礼を書きたいところだが、この場を最大限に楽しめたことに感謝したい、という一言に代えさせていただければと思う。


また、このイベントのディレクターさんがTwitterでつぶやかれていたが、このたった数時間のイベントの成功の陰には、一年前からの緻密な準備があったようだ。関わった多くのかたの思いを、この日、存分に受け止め、自分にできることを協力していこうという気持ちになった参加者は多いと思う。本当にいいイベントだったと心から思う。


香取さんの巨大壁画に心を奪われる

香取さんの壁画のレプリカは、入場してエントランスから体育館に向かう方向に、どーんと置かれていた。


あまりに唐突に目に飛び込んできたので、え、もう絵があるのとびっくりした。おかしなもので、絵を観たいと思ってやって来たのに、絵があまりにあっさりと目に入って驚いてしまった。


入場したかたたちの多くもSMAPファンで、やはり絵が目当てだったようで、絵の手前に大きく書かれていた「場内撮影禁止」の表示に気づかず、絵に吸い寄せられるようにカメラを構えかける人がたくさんいた。当然、周囲に静止され、あー、ダメなんだとがっかりした声を上げる人が多かった。


会場にいるとじわじわと、この絵がとうとう見られたんだと感慨深くなってきて、入場したときの体制のまま、正面からずっと観ていたいと思った。でも、あっという間に混雑してきて、絵の右横から歩いて観るために並ぶよう促されて、すでに行列は体育館半周分近くに伸びていた。真ん中で立ち止まって、全体像を見ることはほどんどできなかった。


それでも、列に並ぶ前になんとか、全体を俯瞰できる姿勢をとってみた。


なぜか最初に観たときに、淋しい感じがした。

絵が淋しいのとは違う。絵が飾られていた場所が淋しいと思ったのだ。なぜそう思ったかというと、理由は後からわかったのだが、場所が体育館で、絵の後方は体育館のがらんとした暗闇で、全体的に暗い感じがしたのだ。


美術館などとの展示とは違い、絵の周辺には数カ所のピンスポットがあるだけで、周辺が体育館の夜の照明レベル(夜に体育館に行ったかたことがあるかたには、わかる)だった。


その微妙な照明に照らされる絵を観ながら、よく考えてみたら、体育館にこれだけの絵を飾るって、かなりイレギュラーなことなのかもしれないと思った。普通なら体育館にあるのは、せいぜいアスリートのゆかりの道具だったりする程度で、絵画レベルの作品を展示してもらえたこと自体が凄いのだと思った。


日本財団さんのビルにある絵の実物は、縦2.6メートル、横6.1メートルで、天井が白、絵の左側の壁も白、床はグレーのじゅうたん(たぶん)の三方向がちょっとした囲いのようになっていて、絵の右側はオフィスフロアに吹き抜けになっている(写真で見る想像)。なんというか、壁という閉ざされた空間のなかでの、伸びやかさを表現した絵というイメージを持っていた。


それが、レプリカとなり四面がほぼフリーの状態になり、実物にある天井と壁の白のハイライト効果が、今回は、空間に四隅がない状態で絵がぽつんと放たれて、空中に浮きあがって置かれているような、不思議な感覚があった。


壁という縛りがない状態にふわりと存在する一枚の絵となって、絵の見え方が少し変化したような気がする。でも、それは悪い意味ではない。レプリカとなってまた新たな命が吹き込まれたような感じだった。


また、レプリカのためか(どういう技術で作成したかは不明)、メディアで観ていたときよりも、全体的に色彩が淡い印象があった。


たとえば、中心に大きく描かれている月の色合いは、紫紺かと思ったら、淡い紫のような色だった。「愛」の文字下にある青い円も、くっきり濃いスカイブルーかと思っていたら、淡い水色だった。


こうして最初に観たときは、自分がイメージしていた壁画像とのギャップを少しずつ埋める時間があったが、行列から出た後も、なんとなくエントランス側にいて視界に入れることができたので、何度も絵を観た。


いったん前情報で知っている先入観をリセットして、単純に、いまここにある絵を観ようと思い直して、もう一度、絵の全体を俯瞰してみた。


トーン全体が淡く柔らかで、でも伸びやかさがあり、何よりも「愛」がしっかりと伝わる。そして、絵を観ているだけで気持ちが温かくなるような、優しさと生命力を感じた。もう、これだけ受け取ったら十分なのではないかと思うくらい、心に灯りがともるような気分になった。


絵の周辺には、この絵の「説明文」が展示されていた。

絵に描かれた11個の要素、例えば、右側に「愛」という文字がある、といった絵を観るポイントが詳細に書かれているものだ。


この「説明文」がどのように作られたかは記載がなかったが、後述する香取さんのメイキングムービーから推測するに、香取さんが絵を描きながら、この部分は、こういう意味を込めて書いたと話していたのを、スタッフのかたが文字起こししたのかと思われる。


だから、香取さんが喋った会話口調での説明は、意図をくみ取りつつ、もう少し硬質な文面となっているのではないかと思った。


この説明文、A4サイズの用紙にびっしり2000文字くらい分量があり、香取さんがそれほど多くの思いをこの絵に込めていたのかということや、絵のパーツ一つひとつに多様な意味があると知り、本当に驚かされる。


あまりに具だくさんで完璧すぎて、パラリンピック支援に必要と思われる要素が入っているので、一瞬、これは財団さんから要素の発注ありきで、パーツを書いたのかと思ってしまったが、たぶん、それは違う。


香取さんは考え抜いて、考え抜いて、一つひとつの要素を足して、全体的なバランスを観ながら、迷いながらこれを書いたんだろうなと思う。


この説明文がパウチされたものが、エントランスに20カ所くらいに設置されていたようだが、この説明文の展示については、もう一工夫欲しかったところだ。


いかんせん、撮影禁止なうえに、一枚が小文字で長文なのでなかなか読み終わらず、行列が全く進まないで行列整理にスタッフが追い付かず、大混雑となってしまった。


会場では香取さんの思いを余すことなく受け止めようと、ケータイのメモに入力するかたもいたり、ノートにとっているかたもいたので、たぶん、そのかたたちがネット上にアップしてくれた11項目があると思う。


私はこの説明文のメモを一切とっていないので、詳細には書けない。この日は、絵そのものを全身で受け止めることだけに集中しようと思ったので、自分としては、やるべきことをやりきった感じがしている。


メイキングムービーで香取さんが見せた10日間の姿

メイキングムービーの上映は、唐突に始まった。


悪い意味でとらえないでいただきたいが、前述したこの日のイベントプログラムのなかで、香取さんのメイキングムービー上映は、メインプログラムの一つではなく、会場転換中のジャンクション的な扱いに見えた。


あまり憶測で書きたくないが、メインプログラム扱いできない理由があるなかで、最大限にできる形で披露してくれる努力をしてくれたのではないかと思うような、そういう唐突さだった。


開始も唐突で、終わりも唐突だった。

このメイキングムービーは始まりと終わりだけ、形式的な開始と終了のアナウンスがあり、壁画やメイキングムービーの話題を、MCのかたが膨らませることはなかった。それは、その日の他のプログラムにある温かい空気とはまるで異質の、事務的なものだった。


これは批判ではないので、誤解しないでいただきたい。


むしろ、日本財団さんがこの日できる最大限のことをしてくれて、SMAPや香取さん、ファンのかたたちに最大限の思いを寄せて、それでもここがギリギリのラインだったのだろうかと思うような演出だったのだと思うと、これが実現した今日と言う日を感謝したい気持ちになった。


壁画レプリカ、お蔵入りしたかもしれないメイキングムービーの上映にこぎつけるまで、どれだけ準備が大変だったのだろう、どれだけの人に頭を下げたのだろうと思うと、お客様を楽しませようとするその心意気に胸が締め付けられた。



上映されたのは、順番があいまいなので間違っていたらご指摘いただきたいが、ピアノと歌のコンサートが終わり、ラストの大黒摩季さんのライブ準備に入るときか、コンサート前だったか、会場が機材設置に入る手前だったと思う。


MCの平井理央さんが「このあとは、SMAP香取慎吾さんの壁画のメイキングムービーの上映があります」と少し前に言っていたが、それからすぐには映像は流れなかった。


しばらく、会場の雰囲気は機材設置の場面転換中という雰囲気で、ステージにはだれもいない休憩時間のような感じだった。連続するイベントプログラムが休憩なしに2時間くらいが過ぎていた時間だろうか。やっとまとまった休憩時間という雰囲気に席を立って、お手洗いに立つような人もちらほら見かけられた。


そんななか、何の前触れもなく、突然センターステージの床一面に、香取さんの壁画プロジェクションマッピング投影された。会場が歓声でわきあがると同時に、何の前置きもなく、香取さんが真っ白な壁を前にして話し始めた。


開場を埋め尽くしたSMAPファンの多くは、時に嗚咽をこらえながら、10日間、計60時間もかけて絵を描き続けた香取さんの姿を凝視した。


「i enjoy!」がテーマだから、自分も楽しんで描こうと思う、と語り始めてスタートしたものの、時に疲労困憊したような表情で語り、時にクリエイターとしての葛藤を吐露する、そんな香取さんの表情を一秒たりとも見逃すまいと、誰もがスクリーンに見入ったことだろう。


会場もいつしか、香取さんの張り詰めた空気が乗り移るかのような空気になっていた。目の前で絵を描いているわけではないのに、まるで描いている香取さんのずっとそばにいて、一日ごとにどんどんパーツが描き足されていく絵を観ながら、完成の声が聞けるのをただ祈るように見守るような雰囲気があった。


そんななか、香取さんが草なぎさんに絵の途中の写真を見せたという話になり、草なぎさんが香取さんがこれまで描いた絵の中で一番いいよと、大絶賛してくれたというエピソード披露され、場が一気にほっこりするようないい空気になった。


そして、最後にサインを書いて完成を告げる香取さんに、会場の緊張は一気に解けたように拍手が広がった。


他のお仕事と並行しながら、ご自身がそのとき出せるアーティスティックなものをすべて振り絞っている様子がうかがえる、とても素敵なムービーだった。


たぶん、コンサート前の構成もこんなふうだったのだろうかと想像した。

創造を形にする喜びや楽しさ以上に大きい、迷い、葛藤、苦悩。


進んでは立ち止まり、時に信頼できる仲間に相談し、要素を足したり引いたりバランスを考えたりして、それでも最後まで責任を持って、クロージングをする責任は自分にあるのだという強さを持っている香取さんのお人柄の素晴らしさ、クリエイターとしての才能。


その圧倒的な凄さに感動して、胸にこみ上げるものがあった。同行したかたは香取さんファンなので、もう映像が始まってから、ずっとずっと泣いていたようだった。


この香取さんの素晴らしい映像を観て感動したからこそなお、なぜこの壁画レプリカと、メイキングムービーが、たった5000人としか共有できないのだろうと思うと、いまのこの状況がよりせつなく胸に迫ってきた。


香取さんが語った「楽しいばかりじゃないときに、ちょっとでも楽しく明るい気持ちになってもらえたらなと思うので、気持ちが晴れる場を作れる画(え)になってくれたらいいですね」という言葉。


これは、ワイドショーなどでも使われた言葉だが、ムービー全体を観て、香取さんがどれだけのものを振り絞って、この壁画一枚に魂を注いだかがわかると、この言葉の重みは言葉以上の力を持つ。


人を喜ばせる一瞬のために、こんなに、こんなに全力を尽くして生きている人がいるんだと思うと、その澄んだ美しい心と、完成したときの立ち姿を思い出すだけで泣けてきてしまう。


日本財団さんは今回、できることを最大限にしてくださった感謝しかない。

それでも、と思う。


どうか、香取さんのこの壁画がくれるパワーを必要としているひとに、メイキングムービーでの魂を受け取りたいと思っているひとに、この私が体感させてもらった時間を、一人でも多くのかたに届けてほしいと願わずにいられない。


説明文も、期間限定でもいいので、公式ページにアップしていただくなど、香取さんの魂のかけらを、どうか一人でも多くのかたに伝えてほしい。


暗号的な読み解かせを、ファンと楽しんでしてきた香取さんが、どういうメッセージを絵に込めていたのか、答え合わせをするかのように知りたいかたは多いと思う。


香取さんが仕込んだ暗号や思いを、この絵からどれだけ読みとれたか、そういう答え合わせをする過程もまた、パラスポーツを応援するかたとの心の交流になると思っている。


この絵はただの壁画ではなく、もはや香取さんの魂であり、分身なのだと思う。


私自身、この絵を知る前と、実際にレプリカを観たあととでは大きく気持ちが変わった気がする。


絵一枚に出会うことで、変わる生き方、晴れになる一日、笑える一瞬がある。

それを教えてくれた、本当に素晴らしい絵だと思う。

どうか、一人でも多くのかたの心に、この絵を。


そして、メイキングムービーを観てなんとなく思ったのだが、香取さんはこの絵がお披露目される時、SMAPが5人が集まることを十分意識していたのではないかと思った。


一般のかたたちに観てもらう前に、ご自身が最もたいせつにして、もっとも評価されるのが緊張するであろうメンバーに、まずは喜んでもらえるかを考えていたのではないかと。


ファンのかたたちよりも先に絵を見ていたSMAPのメンバーは、心が晴れになった状態だったんだなと思うと、あの5人のいい笑顔の集合写真、中居さんの絵を見て見てという誇らしげに伸ばした手が、いまさらながら納得できる。


世界に一つだけの花』と『オリジナルスマイル』の5000人の合唱

香取さんの壁画のメイキングムービー公開のあと、パラフェスの大トリは大黒摩季さんのライブで終了した。


大黒摩季さんの素晴らしい歌とパフォーマンス、会場の一体感は文句なしにエンディングにふさわしかった。ああ、今日はイベントだったなぁと会場の空気も温かかった。


大黒さんに失礼がなければいいが、たぶんSMAPファンの多くのかたは、ラストの『ら・ら・ら』で中居さんが主演したドラマを思い返す人もいただろう。


そういう理由で楽曲は選ばれたわけではないだろうと思いつつ、どうしても「ら・ら・ら」を全員で手振りしつつ合唱しながら、中居さんのことが頭から離れなかった。それでも、大黒さんありがとうと思いながら、いまこの空間を楽しもうと楽しみきって、イベントは終了した。


ああ、一日充実していたね、もう22時過ぎてるね、さて、帰り支度をしようかという空気に会場がなった。


ステージにいた出演者全員がほぼセンターステージからはけて、イベントは終了し、会場は明るくなり始め、スタッフは片づけを始めていた。


終了した、と会場の誰も思っていた、その時。


スクリーンに、パラリンピアンの競技の雄姿がランダムに投影されるなか、『世界に一つだけの花』が場内に流れ始めた。


会場は悲鳴にも似た号泣とともに、それまでまったく光ってなかった、SMAPのペンライトが一気に灯り始め、そして、自然と大合唱となった。


私自身、その数日後に歌のライブを控えていて、まさに『世界に一つだけの花』を猛練習中だった。でも、このときはもう、泣いているんだか、叫んでいるんだか、声が声になっているんだか何がなんだかわからなかった。


手振りをしながら、とにかく、みんなと声を合わせて手を振って、声がどれだけ裏返っていようが、鼻声だろうが、声を出し続けていたいと思った。ただただ、歌う楽しさと空間に身を委ねるような不思議な時間だった。


本当なら、この場に一緒にいるはずだったSMAPは今ここにいないけれど、SMAP2020年まで果たそうとした役割をファンが引き継ぐかのように、このイベントに参加したかたもいると思う。


香取さんの絵を目当てにきたとしても、本来の主役であるパラスポーツ関係者を邪魔しないようにと控えめに、でも大真面目な気持ちでパラフェスを盛り上げるために来場した人もいるだろう。


その多くのかたたちが、「SMAPファン」であるということを表に出さずに過ごした数時間。


イベントは十分に楽しんだけれど、出演者や関係者のみなさんに申し訳なけれど、でも、『世界』が流れてしまうと、もう歯止めはきかないと言わんばかりに、抑えていたSMAP愛が一気にさく裂したかのように、会場全体がSMAPのペンライトの光の渦になった。


厳密には5000人ではないだろうが、ほぼ5000人と『世界に一つだけの花』を合唱するなんて、それも、SMAPがいない場にも関わらず、いまこの瞬間、SMAPを心の真ん中に熱く感じている人たちとともに一緒に歌うなんて。


世界に一つだけの花』のフルコーラスの大合唱のあと、会場は大きな拍手がわき、そこで本当に終わると思っていた。


でも、そこで耳慣れた口笛のイントロが聴こえ、『オリジナルスマイル』が流れた。再び、大合唱が始まった。


ふと見ると、数名のダンサーさんが衣装のまま、客席のファンに合わせて、最後までずっと踊り続けてくれていた。SMAPはステージにいないけれど、手を振る相手が客席の向こうにいて、ノリノリで踊ってくれていたことは、どれほど心の支えになっただろう。


後から知ったのだが、その日のパフォーマーさんには、SMAPのバックダンサー経験があるかたも複数いたようで、SMAPはいないけれどいるような温かい空気を作ってくれた、あのときのダンサーさんたちには本当にお礼を言いたい。


単純に歌って踊るのが楽しいと思える、そういう頭を空っぽにして楽しめる時間をもらえたことは、とても幸せなことだった。


歌って踊る客席に、スタッフのかたたちも驚いたようで、一度は止めたカメラを再び回しはじめたり、ファンに合わせて踊っているかたもいた。


もう『オリジナルスマイル』のときは、客電も明るくなり、もうとっくに観客としては完全退出をしなければならなかった。でも、誰もファンを止めることなく、2曲をフルコーラスで歌わせてくれた。


時間は45分も押していた。

なのに、日本財団さんの粋なはからいで、ファンは、「いるはずだったSMAPがここにいない」という喪失感を抱えて行き場がなかった思いを、この2曲を自由に歌わせてもらうことで、十分活力に転化させてもらったような気がしたと思う。


さらに、日本財団さんのはからいは、香取さんの壁画レプリカの公開時間も23時までと遅い時間までに設定してくださるところにも及んだ。壁画はイベント開始前後だけしか公開しておらず、イベント中は展示が一時的にクローズされていた。


普通に現地スタッフの終電などを考えたら、当初21時30分で終わるイベントが45分伸び、深夜時間帯になったにも関わらず、スタッフがいられるギリギリの時間まで、公開時間を延長してくださったのだ。


日本財団さんのこうした一つひとつの心配り、来場者を楽しませようとする思い、イベントを成功させようとする気持ちが、ひしひしと伝わるイベントだった。


来場するきっかけは多くのかたはSMAPだったかもしれないが、もし去年のパラ駅伝で、日本財団さんの取り組みに賛同しなければ、今年、いくら香取さんの壁画やムービーが見られても、ここまで来場することはなかったかもしれない。


また、SMAPファンも去年のパラ駅伝からのマナーがもし悪かったとしたら、こういうイベント内容を今年実施してもらえなかったかもしれない。


そう思うと、日本財団さんとSMAPファンって、一年前から今にいたるまで、「SMAP」を通して結びつき、信頼関係を築き上げ、ともにパラスポーツを盛り上げていこうという気持ちや、お互いを喜ばせようとする思いを持ち合い、もう一年かけて深めてきた絆が十分にあるのだと思った。


SMAP5人は会場にはいなかったけれど、SMAPを愛し、信じ、また再びこの場所で会いたいと願う人の思いの交信がされるような空間が、このパラフェスにはあった。


イベントの開催に尽力くださったみなさま、本当にありがとうございます。


そして、あの空間に一緒にいたみなさんと、あの空間にはいられなかったけれど魂を飛ばしてくれたかた、そして後追いで体験したいかたに。


気持ちが晴れないときは、香取さんの絵を思い出して、笑おう。


私は、5000人と一緒に歌った『世界に一つだけの花』を、一生忘れない。


忘れないだけでなく、あのときもらったパワーを、きちんと言葉で返して行こうと思う。


私は本業が書き手だが、無償個人ブログのため、記事を推敲なしに一発で書き上げているので、読みにくい点があったら失礼します。この荒々しい感じが、むき出しの思いそのものだと受け止めていただければと思う。


では、また。


コラボブログについて

今日は、「剛 しっかりしなさい!」ブログ運営者である、凪(なぎ)さんのコラボブログ 【SMAPとココカラ】(46)free birdを受けて、コラボブログ第47回として書いた。


主旨について

ブログ主旨については、下記にリンク先を掲載している。

【コラボブログ:SMAPとココカラ】(2)SMAPとファンは、もはや一つの組織の最下段、【コラボブログ:SMAPとココカラ】(4)木村拓哉さんの自己犠牲の精神の序盤で紹介している。

TAMTAM 2016/12/02 16:44 ここにいるはずだったSMAP・・・という言葉に、涙が出ました。慎吾くんも、SMAPの皆さんも、こころから、パラスポーツを、サポートしていくつもりだったはず。だからこそ、解散なんて、本人達が、どれだけ苦しい思いをしているかと思うと、本当に悲しい。
細かにリポートしていただき、ありがとうございます。SMAPがいなくても、SMAPの力は大きい。それは、これからも、ずっとそうだと思います。本当に、もっともっと多くの方々に知ってもらいたいですね。

ケロケロ 2016/12/02 17:41 とても丁寧なレポートありがとうございました。
SMAPの解散と言う現実が受け止めきれず逃避ばかりしていて、参加はしたいけど遠いしと申し込みもしなかったパラフェス。ブログを読ませていただいて申し込みしなかった事を後悔しました。でも検索迷子さんのお陰で詳しく知ることが出来本当に感謝します。
ありがとうございました。

cyamucyamu 2016/12/03 20:10 剛くんきっかけでSMAPファンになった者です。いつもブログ拝見しています。
読んでいて胸がいっぱいになりました。
情景が目にうかびます。素晴らしい空間だったのですね。

桂依桂依 2016/12/04 02:05 丁寧で詳細なレポありがとうございました。拝読してるうちに今までのことが色々浮かんできて泣いてしまいました。遠くて行けなかったけれど見てみたかったな。。。いつか見られる時があればいいけど。 スタッフの方々のお心遣い 本当にありがたい事でしたね。大黒さんももしかしたら わかっていらっしゃったのかも。SMAPを介してのご縁をちゃんと自分の日常に生かさないと。と改めて思いました。

2016-11-11

RADIOFISHのライブイベントの楽しみかた

|

こんにちは、検索迷子です。


RADIO FISHのライブイベントに、この一か月、集中して参加してきた。

いろんな公式動画も配信され、大量にインプットされるRADIO FISH情報に、都度、書きたいという気持ちがかきたてられる。


SMAPのことも並行して書き、仕事もしていると、自分が12人いて、SMAP5人とRADIO FISH6人を個別に書きたい気持ちを実現させて、かつ自分の生活ができればいいのにと一瞬、遠い目になる。


という理想はさておき、今日はRADIO FISHのライブに自分が参加してきた経験から、これから初めてライブのかたに行こうとするかたに、ちょっとした感想を書きたい。


ライブの楽しみかたはそれぞれなので、これが正解ということではなく、ずっとRADIO FISHの活動を見守ってきたかたの感想とは違うと思うが、私なりにこうやって楽しんだ、という感想だと軽く読んでいただきたい。


折しも、11月12日(土)は愛知県常滑市でのリリースイベント、翌13日(日)は滋賀県彦根市でのNHKのど自慢出演というのもあるし、年内まだまだイベントは目白押しだ。


直近の12日も13日も、100回くらい何とか行けないかものかと考えたが、どう考えても無理だった。だから、行けない無念さをせめても記事にして、行けるかたが最大限楽しんでいただければと書き始めることにする。


また、オリラジのライブというホーム感のある場所を除き、RADIO FISHのリリースイベントや、複数アーティストのライブでのファン比率、ファン以外のかたとの温度差もなんとなく肌で感じてきた。RADIO FISH応援のためにも、参戦経験者だからこそ書けることもあるのかと思うので、一度まとめて書いておく。


それを踏まえて、ライブイベントの楽しみかたのポイントを、3点だけに絞って挙げていきたい。

本当は、各楽曲の映像を秒単位でヘビロテしているので、動画のここを観てみてと、語りたいポイントは多数あるが、そこをぐっとこらえて、できるだけ初RADIOFISH参戦のかたに届いてほしいという思いを込めて書く。私だってわずか一か月前は初心者だったのだ。


楽しみかた(その1):独特の世界観のパフォーマンスに浸りきる

RADIO FISHはもともと、オリエンタルラジオがお笑いの延長線上としてユニットを結成したこともあり、かっこいいパフォーマンスでありながら、笑える要素がふんだんにある。


その最大のコンセプトは、「中田さんを崇める」というものだ。楽曲になじみがないかたは、一見、何だこれはと面食らうかもしれない。でも現地に行ったならばもう、そのコンセプトに全乗っかりして楽しんだほうがいい。


お笑いのプロとダンスのプロが集結して、本気の全力パフォーマンスをしているのを見ると、かっこよすぎて笑えてしまう。そして、身体をそらして引き気味で、半笑いで傍観者となって観ていることのほうが浮いてしまい、むしろかっこ悪いと思えるくらい、自分も民衆の一部になりきったほうががぜん楽しい。


「この世界は中田敦彦で成り立っている」という気持ちになるくらい集中するほうが、日々の些末なあれこれを忘れられて、異次元空間に浸りきれる。この場所にせっかく来たのだから、もうとことん振り切ったほうがいい。


楽しみかた(その2):コール&レスポンスで声を出す

楽曲を知らなくても、「NAKATA」コールが随所に出てくるので、ここだけでも声を出してみてほしい。曲構成はシンプルで、周囲を見ていれば、2回目からは次はここで来るぞとコツがつかめると思う。


そんなにRADIO FISHファンでもないし、ましてや中田さんのファンでもないし、宗教じみてやだ、と思うかたがいても、だまされたと思って「NAKATA」コールをしてみてほしい。実はこの「NAKATA」の名前、ものすごいストレス発散と、発声に最適な単語なのだ。


まさかと思うかもしれないので、少し真面目な説明をする。

私は趣味で2年ほどボイストレーニングをしていて、じき、ライブハウスでの発表会が迫っている。でも自分の仕事柄、黙々と原稿をチェックをして、一週間くらいメールのみで人とやりとりしていることがある。そうすると、表情筋をまったく使わないので、頬骨がロック状態になり、口角が上がらなくなり、声どころか食事をするために口を開けるのがしんどいときがある。


以前、RADIO FISHのライブに行く直前もそういうときがあり、ライブに行った翌日、ボイストレーニングの先生に、「今日、やけに声が出てますが、練習方法を変えましたか?」と言われて、はたと気づいた。


「昨日、ライブで「NAKATA」コールをたくさんしたからですかね?」と冗談で言ったつもりが、先生が「あ、たぶん、その音がいいんですよ」と言われた。え? と思って理由がわかった。「NAKATA」の音、母音が全て「あ」の音なのだ。


母音「あ」の音は、口を大きく開け、のどの奥が開きやすく、息が通りやすい、声の通りのいい母音なのだ。そのとき先生に教えていただいたのだが、大声コンテストで上位に入りやすいのは、「ばぁかぁーーー」という、母音「あ」の連続音だという。


これは、「ばか」というストレス発散の単語の破壊力かと思いがちだが、実はそれだけではなく、母音「あ」の効果なのだ。中田さんの名前と、ばかという単語を並べて恐縮だが、母音「あ」は、発声効果、発散効果がある音なのは間違いない。「あ」が三回も出てくる、「NAKATA」の音をライブ中何度も発声したことで、精神的にも発声的にもすっきりするのだから、これはなかなかいいぞと思った。


だから、ファンかどうかに関わらず、日頃のいろんなうっぷんを晴らすのが目的でもいい、ぜひ、「NAKATA」と大声で叫んですっきりしてみてほしい。楽しむことに理由なんていらないが、せっかく足を運んだなら、全力で声出しをおすすめする。


ちなみに、この「あ」の音、口を小さくしてつぶやいては効果がまるでないので、のどの奥を全開するくらいの勢いでいくほうが、口角アップ、声量アップには適している。


また、声を出すときの立ち姿、足幅だが、これはぜひ藤森さんを参考にしてほしい。

最近の藤森さん、本当に声がきれいになり、高音の伸びや声量が格段にアップしている。昔の「歌うま」の映像などを観るとわかるが、何が違うか具体的に書くと、立ち姿のシルエット、足幅の広さとひざや腰の入れ方、おなかへの力の入り方がまるで違う。


これはまさに、ボイトレでアドバイスされる、声が出しにくい時にやることなのだ。声は息の出し方で決まり、息をしっかり出すためにはおなかに力を入れる必要があり、おなかに力を入れるためにはひざを折って腰をかがめ、踏ん張るといいと言われる。


藤森さんの最近の歌い方や立ち姿は、スタンスを広めにとって、いつでもしっかり声が出せる姿勢でいることが多くなったように思う。たぶん歌う頻度が増えたことで、試行錯誤をしながら発声方法を自然と体得していったのだろうが、実はしっかりと本質をとらえていることなのだ。


と、藤森さんを参考にと書いても、観客席でできることは限られているので、大声を出そうと思うなら、隣の人とぶつからない程度に足幅を少し広げるくらいだが、一度試しにやってみてほしい。


楽しみかた(その3):とにかく踊って全身を使う

私自身、RADIO FISHのライブに4回(川崎リリイベ、パーフェクトハロウィントークライブ池袋西口公園)行った。


(実はVAMPSのライブも、当日仕事が予定より早く終わり、ファンのかたに当日券があると聞いて、衝動的に現地まで行った。でも、ちょうど出演後に到着したため入場を断念した。当日券売場で、「RADIO FISHの出番、終わりましたか?」と聞いたら、お姉さんにRADIO FISH? と首をかしげられ、あの、オリラジのユニットでと説明しても、?顔で、向こうにいるスタッフで知ってそうなひとを探してと言われ、さらに進行順の確認に手間取り、衝動的に行くものではないと痛感)。


話をもとに戻すと、なぜ、そこまでしてRADIO FISHが観たいのかといえば、スキルマスターと呼ばれる4人のダンサーさんのダンスがとにかく観たいから、それに尽きる。


川崎のリリースイベントに初めて行ったとき、事前にさんざん動画を観て、ブログを書いてきたけれど、間近でみるダンスの迫力に圧倒されて、これは映像で見るよりライブで観たいと強烈に思ったのだ。なので、行けるときがあれば行こうと思うようになった。オリラジトークライブは後輩芸人さんのため、厳密にはスキルマスターではないが十分に楽しんだ。


初めて行ったリリースイベントで発見したのは、どれも踊りたくなる曲ということだった。スキルマスターの4人が楽しそうに踊っているのを見ると、なおさら一緒に踊りたくなる。ダンスの技術は言うまでもないが、ダンスを踊っているときの幸せそうな姿に、思いっきり気持ちを惹きつけられるくらい、4人のダンスは素晴らしい。ただ観ているだけでは飽き足らず、知らないうちに一緒に踊りたくなるような、そんなパワーがある。


明日の常滑の会場はどうかわからないが、ラゾーナ川崎では、巨大スクリーンが観客席後方にあり、それが開演1時間前くらいからだろうか、ときどきアルバム『WORLD IS MINE』の特典DVDをランダムに流してくれていたのだ。

WORLD IS MINE(Type-A)(DVD付)

WORLD IS MINE(Type-A)(DVD付)


私は当日、3時間前くらいからビニールシートに座り、全員初対面のファンのかたたちに混ぜていただいて話をしていた。そんななか、1時間半くらい前から立ちあがって詰めてくださいと言われたタイミングくらいから映像が流れ、ファンのかたたちと歌ったり、コールをしたり(本人たちがいないのに自主練みたいに、ふー、とか声を合わせて)、身体を揺らしたりしながら、ああ、なんか身体を動かすって楽しい、コールをしたり、歌うって楽しいというスイッチが徐々に入っていったのだ。


この、小さい音量で映像と音声を事前に流してくれたのは、他のかたもかなり楽しんでいて、待ち時間がまるで苦にならないどころか、むしろ楽しい時間だった。


リリイベのレポートの公式映像でも、開演前にファンが少しリズムをとっている姿が見えるが、あのときは後ろのスクリーンは消えていたが、会場に楽曲の音声が流れていて、ファンはそれに合わせて既に歌ったり、身体を揺らしていたのだ。このライブ前の映像と音声の二段階の発信は、時間つぶしどころか、まるで観客のリハーサルみたいな、盛り上がる心の準備を整えるような効果があった。


何度もちょっとした合唱になったり、振り合わせみたいになったりして、不思議とそこで周囲のかたと「お互い、楽しんでますねー」という一体感ができたのはとても良かった。


本番では、スキルマスターの振りをじっくり観るというのもありだが、ポイントごとの振り付けはぜひ、一緒にやってみてほしい。動画を事前に視聴するのがベストだが、もう、なんとなく身体を揺らすでもいいと思う。とにかく、棒立ちにならず、RADIO FISHの振りを見ながら、ちょっとでも真似をするほうががぜん楽しい。


最新のテレビ出演のレポート動画を観て思ったのだが、RADIO FISHにはせっかくダンスを教えるスキルがある人が4人もいるので、観客への振り入れの時間も、イベントの目玉になるのではないかと思ったりもした。あのなかに混ざって、自分も教わりたいと思った人が、どれほどたくさんいるだろう。


演者としてRADIO FISHが出演してくれるのは、ただそれだけで嬉しいが、みんなで踊りを楽しむ場としても、RADIO FISHのイベントって成立するなと思った。うわー、私もグレイトスラッシュ(『ウルトラタイガー』の手を斜めに切り開く振り)を教わりたいと映像を観ながら、うらやましくなった。


スキルマスターのダンス好きな人間としても、4人の個性をフリートークの形で知るのも楽しいが、ダンスという専門スキルを通して知ってみたいという気持ちがわくような、そんな映像だった。


と、脱線してしまったが、RADIO FISHのライブイベントは、これでもまだ書きたりないくらい楽しむ切り口がたくさんある。


ぜひ現地に行けるかたは、声を出して、全身で踊って、この瞬間にしかない世界観にどっぷり浸りきって、最大限に楽しんでほしいと思う。中田さんのカリスマ度、藤森さんのハイトーンボイス、スキルマスターの圧巻のダンスパフォーマンスのどこに目が奪われるかは、人それぞれだと思うが、楽しいという気持ちが持ち帰れるのは間違いないと思っている。


なお、私は踊りすぎて、隣の人とキンブレがぶつかったりしてしまったので(ごめんなさい。キンブレは肩の高さがマナーなんですよね。学習しました)、本気で踊るには、ブレスレットタイプのサイリウムがいいかもしれないと個人的には思ったりした。


今のところ、次の参加予定は決まっていないが、行ける機会があればまた、思いっきり楽しもうと思う。


これで初心者のかたの参考になるかどうかは怪しいが、わずか一か月前の10月12日のリリイベまで私も初心者だったことを考えると、何も情報がないよりもいいかなと思うことにする。


では、また。


RADIO FISHの過去記事(一番下が最新記事)

RADIO FISHの『ULTRA TIGER』の熱量

RADIO FISHの『ULTRA TIGER』のダンスの秀逸さ

RADIO FISHの『GOLDEN TOWER』のみどころ

RADIO FISHのダンス記事まとめと、中田さんのダンス

RADIO FISHの『WORLD IS MINE』リリースイベントでの熱気

『PERFECT HALLOWEEN2016』でオリラジとRADIO FISHが果たした役割

SMAPファンのかたにも贈りたい、RADIO FISHリリースイベント公式動画の感想

草なぎ剛さんと香取慎吾さんのラジオ番組で語られたRADIOFISH


なお、前回記事の見出しから、アクセス検証のため「RADIO FISH」の正式名を「RADIOFISH」と意図的に変えているのを、あらかじめお断りしておきます。

2016-11-10

(45)香取慎吾さんのパラサポ壁画は愛が描かれている

|

こんにちは、検索迷子です。


今日は、香取慎吾さんが2015年11月に日本財団ビルに描いた壁画に、再び光があたると知って、うれしい気持ちで記事を書き始める。


日本財団パラリンピックサポートセンター略称:パラサポ)さんは、11月22日(火)に開催するパラスポーツ普及啓発のイベント「パラフェス2016〜UNLOCK YOURSELF〜」で、香取慎吾さんの壁画を、条件付きではあるが公開してくれることになった。


以下、パラサポフェスの公式アカウントから説明を引用する。もう既に先着順の限定数には達しているようだ。

https://twitter.com/parafes2016/status/796296460429967360


@parafes2016

11月22日開催のパラフェス2016にて、SMAP香取慎吾さんが描いたパラサポ オフィスの壁画メイキングムービーを初上映することが決定しました!あわせて約2.6メートル×6.1メートルの実物大レプリカも展示します。入場無料 詳細→

http://www.parasapo.tokyo/parafes/

19:20 - 2016年11月9日


この、パラサポフェス2016公式ページトップページでも、しっかりと香取さんの絵のことを告知をしてくれている。


私は、ちょうど一年前、この壁画についてブログを書いていた。

2015-11-11 SMAPさんとパラリンピックと壁画


そこでも触れたが、この絵は香取慎吾さんが「i enjoy!」をテーマに描いた渾身の作品で、観ていて温かい気持ちになるような素敵な絵だ。


でも、この作品は、サポートセンターの「エントランス壁画」のため、ビル内にお勤めのかたしか目にできないもので、当時のワイドショーや新聞でしか公開されず、残念な気持ちもしていた。


だから、いずれ何らかの形で公開してほしいと思っていた。それが今回、「実物大レプリカ」「入場者限定のメイキングムービー」という条件付きではあるが、多くの目にもう一度お披露目される機会が出来て良かった。


単純にうれしいが、そう思う理由はもう2つある。


絵に込められた「愛」の文字

この絵、公開当初には、私は丸の色味とか、全体的な印象しか持っていなかった。


でも、さすがに自著『SD慎語事典』でも披露した、「遊び心満載の隠しメッセージ」を含めるのが得意な香取さん。このなかには、巨大な「愛」という文字が一緒に描かれていたのだ。


いつくらいだろうか。昨年秋には見なかったワイドショーの動画をたまたま見かけ、香取さんが木村さんに、「ここに、愛っていう文字があるんだよ」と種明かしをしている場面を見かけた。


SMAP壁画を前に、5人で並んでいる画像(中居さんと木村さんが立って、稲垣さん、草なぎさん、香取さんがしゃがんでいるもの)をもし見ることがあれば、ぜひ木村さんの右手側にある、青と赤い丸の上を注目していただきたい。


青い丸と、赤い丸がまるで「愛」を背負うかのように、木村さんの身体の幅の3倍くらいの大きさで、「愛」という文字が描かれている。


この事実を知った時の衝撃といったら。十分絵を俯瞰で観ていたと思っていたのに、こんなに大きな「愛」をその当時に受け止めきれていなかったのかと。香取さんがこんなにしっかりと伝えてくれていた愛を、見落としていたのかと。


でも、少し時間は経ってしまったけれど、「愛」という文字を見たときに、その気持ちをしっかりと受け止めていこうと思ったし、返せる形があれば、返していきたいと思った。


今回お披露目されることが決まって良かったと思ったのは、ブログにこの話題を追記するきっかけができたこともある。


私が一年前に書いた壁画ブログ、実は一年経った今でも、ずっと読み続けられている。一枚の壁画に心を動かされて、それだけでこってりブログを書いたのは私だけだからということもあるだろうが、この絵を観たときの気持ちを忘れたくなくて、ブログに書き残そうと思って書いて、本当に良かったと思う。


だから、「愛」の文字があるということを書きたくても、もう二度と人前に披露されることがないかもしれない壁画の話題を追記するのは、少し心苦しかったが、今回思いっきりこの事実を書けたのは喜ばしい。


私が書いた内容がどうというよりも、この壁画に思いを寄せて、そのときの気持ちを振り返りたくなる場面が、この一年、ファンのかたにはたくさんあったのだろう。


ファンのかたにとって、これはただの絵ではなく、香取さんの愛そのもののメッセージが詰まった大事な一枚なんだなと、ずっとずっと思っていた。


だから、こうして追記できる日がきて、それだけでも一歩なにかが前進したようでうれしい。


日本財団さん、SMAPファンのかたの思いがここに

日本財団さんは、8月の報道以降、真っ先にSMAPがパラサポの活動への関わりを辞退したへの無念さや、ファンに対する思いやりのあるコメントを出してくださった、SMAPファンのかたにとって特別な存在だ。


その、つながりを実感させてくれる「形あるもの」として、この壁画は、日本財団さんにとっても、ファンのかたにとっても、もちろんパラスポーツにかかわるかたにとっても、たいせつな絵なのだと思う。この絵が結びつけてくれる、つながりの心理的な効果は大きい。


この絵がくれる、包容力、温かみ、ストレートな愛を、ファンのかたは必死に受け取ろうとして、その途中で私のブログを読んでくださったと思うと、それだけで胸が詰まった。長くブログをやっていると、アクセス傾向でそういうことも読み取れてしまう。


今回のレプリカ作成や、ムービー公開にあたり、日本財団さんや関係者のかたが、この時期、どれほど尽力していただいたのか、想像ができないほどに大変だったのではないかと思う。


また、私も個人的なやりとりではあるが、この絵を再公開してもらうためにはどうしたらいいか、という相談をされたこともあった。


その相談は、もはや一枚の絵の公開というレベルではなく、香取さんの魂、パラスポーツに関わっていたSMAPを誇りに思う気持ち、パラスポーツを盛り上げていきたいという気持ちが込められていて、そんなに簡単に答えられるものではなかったが、絵一枚がここまで人の心を揺り動かすのかと考えさせてもらった気がする。


たぶん、多くのファンのかたがこの絵の公開や、二次利用などを日本財団さんにリクエストをしてきたのだろうと思うと、その声が届いたことが何よりもうれしい。そして、その思いをしっかりキャッチして、さらに日本財団さんが思いたっぷりとこめた形で、公開が実現できたことに感動してしまう。


私は、この香取さんが描いた絵がくれた、愛の連鎖に心が揺さぶられる。絵の力の偉大さ、絵にまつわる壮大なストーリー性を感じ、絵が生き物のように愛を届け続けているようだ。愛は愛を呼び、実現不可能を思えたことを可能にする力を持つ。


だから、私も微力だが、この壁画一枚のことを再びブログに書こうと思った。たぶん、これも、この一枚の壁画をめぐる愛の連鎖を振り返る、歴史の反芻のお手伝いになると思う。


香取慎吾さん、この絵を描いてくれてありがとうございます。

日本財団さんも、ファンのかたも、この温かき愛あふれる絵の公開に、尽力してくださったかたも、ありがとうございます。


また、SMAP5人の壁画を前にした、誇らしげなショットを思い返す。


香取さんの才能は、抽象的なものを具体的な形にする。

稲垣さんが、香取さんがゲストのスマスマのときに「白紙に何かを描ける才能がうらやましい」といった話をされていたが、いま、まさにそれを実感する。


まずは何よりも、パラスポーツにかかわるかたに、あの壁画のパワーを受け止めてもらいたい。この絵は絶対に、一人でも多くの多くのかたに観てほしい。それだけの力がある絵だ。


この絵に寄せる、多くの人の気持ちに胸が熱くなる。ずっと、形ある「絵」として、形なき「愛」のメッセージを伝えるために、公開され続けてほしい。


香取さんが一枚の絵に込めた思いを、再び受け止めてみて、その、絵の影響力の大きさに心が震える思いがする。


私は、言葉を振り絞る役割が自分にはあると思ってブログを書いているが、本当は、この絵を前にして、何時間も何も語らずに、ただ、この絵に包まれていたい、そういう絵だ。


では、また。


コラボブログについて

今日は、「剛 しっかりしなさい!」ブログ運営者である、凪(なぎ)さんのコラボブログ 【SMAPとココカラ】(44) Love & Peace Inside?を受けて、コラボブログ第45回として書いた。


主旨について

ブログ主旨については、下記にリンク先を掲載している。

【コラボブログ:SMAPとココカラ】(2)SMAPとファンは、もはや一つの組織の最下段、【コラボブログ:SMAPとココカラ】(4)木村拓哉さんの自己犠牲の精神の序盤で紹介している。

2016-11-02

(43)ユーミンがSMAPに伝えた『守ってあげたい』という思い

|

こんにちは、検索迷子です。


今日は、10月31日放送『スマスマ』のS-liveでの、松任谷由実さんとSMAPがコラボをした『守ってあげたい』について触れたい。

松任谷由実40周年記念ベストアルバム 日本の恋と、ユーミンと。 (通常盤)

松任谷由実40周年記念ベストアルバム 日本の恋と、ユーミンと。 (通常盤)


本来ならもう一曲のパフォーマンス曲である、新曲の『Smile for me』についても触れたいところだが、2曲の世界観は異なるため、特に印象深かった『守ってあげたい』だけをレビューする。

宇宙図書館(通常盤)

宇宙図書館(通常盤)


私はこれまで、数曲ではあるがSMAPの楽曲のレビューをしてきて、SMAPが歌っている場面が本当に好きなんだなと毎回思う。特に、最近の『スマスマ』のS-liveは、どれも書き残したくなるような質の高さで、番組後、書こうかなぁといつも思う。


でも、Twitterの反響にそのまま感化されるのではなく、自分が独自に書けることってあるだろうかと思ったり、下調べの時間がかかることから気軽に書き出せないこともあり、しだいに時間が過ぎて、書けずじまいのことも多い。


今回のパフォーマンスは、ユーミンが番組放送後の11月1日にTwitterでつぶやいた言葉を見て、『今』このタイミングを逃しては、後悔するという思いがわいて書こうと思った。

@yuming_official

松任谷由実】今、マイケルが亡くなったときみたいな気持ち。なんでもっと早くSMAP応援してること、堂々と表明しなかったんだろう。

11:31 - 2016年11月1日


お金をもらって記事を書いているわけではないからこそ、自分のために書き残したいと強く思うものは、その本能に従おうと思った。言葉にしない感情は、自分の内面だけにしまい込まれ、表面的には「感想ゼロ」の状態になる。誰にも何も伝わらない。


だから、全力のパフォーマンスをしてくれた演者や、関係するスタッフに感謝の気持ちを伝えるには、受け手の自分も振り絞るような思いで、言葉にするしかない。


『守ってあげたい』の曲への、木村さんと中居さんの思い

まず、この曲にまつわる背景を少し書いておきたい。


今回のパフォーマンスが「新曲+もう一曲」のなかで、1972年(中居さん、木村さんが生まれた年)に荒井由実として活動をはじめ、40年以上第一線で活躍して楽曲数の多いユーミンが、この曲を選んだのは偶然ではないように思う。推測ではあるが、そう思った理由を2つ書く。


1つめは、ユーミンは『スマスマ』2006年5月22日放送以来、今回2度目の出演だが、前回の2006年出演時に話はさかのぼる。そのときのエンディングトークで木村さんが、その日は歌われなかった『守ってあげたい』が、中学時代に好きになった女の子とリンクする思い出深い曲、という話をユーミンに伝えていた場面があった。


そして、そこにかぶせるように中居さんが、「俺も好きなんだけど、、」と恥ずかしそうに話し、木村さんが中居さんと同じ曲が好きだという事実に照れたように「ふざけんな」と言っていた。この、どっちがよりこの曲が好きかをまるで競い合うかのような会話に、ユーミンが「照れるな」と発言している場面があった。こうした、木村さんと中居さんが好きな曲だったということも、選曲理由の一つだったのだろうかと思う。


少し補足すると『守ってあげたい』は、このエンディングトークをリアルタイム視聴していた際に、あれ、木村さんが中学時代にリリースされた曲だったかなと思った覚えがある。


この曲は1981年6月21日にリリースされた楽曲で、1989年6月28日にCDシングルで再リリースされている。72年生まれの木村さんと中居さんは、発売時に聴いていたのではなく、思春期のどこかで耳にして、この曲に心を奪われた時間があったのだと思うと、ロングセラーの威力を感じる良曲だということが再確認できる。このように、彼ら2人がこの曲を過ごした時間があったということが、選曲理由の1つめかと思わされた。


もう1つの理由は、ユーミンが今回の出演にあたり、彼らに送りたいメッセージが、この楽曲に詰まっていたとのでは思わされたことにある。


この曲、ざっくりと歌詞を解釈すると、「子供時代をともに時間を過ごした仲間が、大人になって少し落ち込んでいる状態にあると知り、私が今の苦しみからあなたを守ってあげたい、だから昔の夢を忘れずに夢をつかまえてと願う」といった、大切な存在への愛を伝える歌だ。


SMAPが現在置かれている状況、まさしく10代前半からともに時間を過ごした仲間同士が、不条理な状態のなかにいて空中分解の間際に追いやられているなかで、あなたたちを守ってあげたい、だからこれからも夢を持ち続けて、というダイレクトなメッセージをこの曲を通して、ユーミンは伝えようとしてくれたのではないかと思った。


選曲理由を推測するだけでも胸が熱くなるのに、パフォーマンスの素晴らしさは、それ以上のメッセージをくれた。


ユーミンの歌う姿に、歌にできることの幅広さを知る

視聴直後、最初に思ったのは、歌にはこんなに深く対話ができる力があるのだということだった。歌詞がフィットしているということ以上に、歌を歌っている表情、立ち姿、視線、指先など、全身でユーミンSMAP対話をしながら歌っていることが伝わってきて、あらゆる場面で心臓をわしづかみにされた。


特に、ユーミンの包容力のある、人間味にあふれる歌い方の意外性はとても大きかった。ずっと目尻を下げて微笑みを絶やさず、SMAP視線を向けて、手を振ったり、うなづいたり、前傾姿勢になったり、手を伸ばしたりしながら、ユーミンは歌を通してSMAPに語りかけていた。そして、SMAPもそれを受け取ろうとしていた。


数々の偉業を成し遂げ、大ステージの経験が豊富なユーミンの歌のイメージは、金属的な声質から、ポーンと空中に声を飛ばすような感じだった。歌詞は「恋愛ソングの教祖」とも言われることから、心にダイレクトに届くが、大衆向けに広く歌を届けるタイプのかたかと思っていて、目の前にいる、対少数に直接メッセージを伝える歌い方をするかたという印象は薄かった。


そういえば、2011年東日本大震災被災地支援で、NHKと共同で「(みんなの)春よ、来い」プロジェクトを行っていたことで、『第62回NHK紅白歌合戦』に出演時に、声が震えていたのを観た際は、感受性がとても豊かなかたなんだと驚いたことを思い出した。


繊細な感情を表す歌詞と同じほどに、繊細な感覚をくみ取り、それが歌う姿にダイレクトに出るかたなんだろうかと、今回、見方をあらためようと思うほどに、歌っているときの姿が慈愛に満ちていた。


歌って人をこうやってダイレクトに包み込む力を持ち、全身でその気持ちって伝えられるんだとはっとするほどに、このときのユーミンは包容力にあふれ美しさを放っていた。


特に、円形になってSMAPと向き合って歌う姿は、ユーミンは自分がどのようにカメラに撮られているかという意識は皆無で、目の前にいるSMAPに心の底から語りかけるように歌っていた。歌って、歌である以前に言葉そのものなんだと思わせてくれる、そんな素敵な歌いかただった。


『守ってあげたい』の歌いだしからのパフォーマンスを振り返る

『守ってあげたい』を歌うSMAPは、私がこれまで歌の映像を観てきたなかでも、あれ? と思うような表情をしていた。SMAPユーミンのパフォーマンスの流れを、以下に歌いだしから振り返ってみたい。


冒頭、ユーミンの正面向きのソロから始まった歌は、歌いだしすぐに「その瞳を」で稲垣さん、草なぎさんのほうに視線を向けて、「忘れないで」の歌詞で、横向きがちに立っていた木村さんに視線を向け、目尻を思いっきり下げて木村さんに右手を振っている。木村さんは歯を見せて恥ずかしそうに微笑みを返している。そして、香取さんはその歌詞の時、右手握りしめて肩あたりで揺らし、歌詞を口ずさんでいる。草なぎさん、稲垣さんも穏やかな微笑みでたたずんでいる。


この「忘れないで」の歌詞のとき、ユーミンは語尾を少し揺らしながら歌っている。このあとの他の箇所でも、ユーミンは語尾揺れをしていて、ああ、いろんな感情を込めて歌っているんだなと思った。歌のクオリティにこだわるなら、撮影をし直すほどの箇所もあったのではないかと思うが、この語尾揺れの感じがまさしく、ユーミンの思いが伝わるライブなのだと思った。


そのあと、「包むように」で右手をふわりと香取さんと中居さん方向に広げるが、中居さんはちょっと照れたように右側に視線をそらし、香取さんは少し歯を見せて笑っている。このとき、木村さんと中居さんは、ユーミンを中心に対角線上にいるかのように、右側の同じ角度に体をずらしている。下三人がまっすぐユーミンを見ているのに対して、このお二人がほんとうにシャイなかたなのがわかる。


「遠い夏」から始まる、木村さんパートを聴いて、その穏やかな歌いかたがとても意外な感じがした。木村さんのソロ、この曲ではここだけなのだが、これまでスローバラードを歌う時の木村さんは、歌詞にあまり左右されず、力強い声量で歌詞を際立たせ、身体を思いっきりかしげるように歌う姿の印象があった。


でも、この時の木村さん、そのあとのサビに続く中居さんにまるで、サビは頼むなと、バトンを渡すような声量で少し抑えたような歌い方をしていたのだ。そして、中居さんが歌いだしたあと歌詞を口ずさみながら、木村さんは上むき加減の遠くに視線を向けている。まるで歌う中居さんに寄り添うかのように、歌詞通りの幼少期に思いを馳せるかのように、少しの間そこにたたずんでいたのだ。


中居さんのソロパート。「あんな気持ちで夢をつかまえてね」と、もともと歌詞もいい箇所だが、中居さんの歌い方に何よりも胸を打たれた。この曲全体を通して、一番胸を打たれるくらいの歌い方だったのだ。SMAPのリーダーとして、夢をつかまえることに誰よりも熱心にやってきた、中居さんにしか歌えないと思うほどに感動する箇所だった。


中居さんは、この歌が本当に好きなんだと思うような感情の込めかたをしていた。サビで高音ということもあるが、中居さんが高音を本気で歌う時に見られる、思いっきりおなかに力を入れるためにひざを曲げる姿勢も良かった。でもなにより、オリジナルの歌の語尾「つかまえてねー」ではなく、「つかまえてねぇぇん」と中居さんらしい独特な歌い上げをしているところが、本当にぐっとくる箇所だったのだ。


そして、そのあと全員で一列に並んだ際、中居さんは胸に手を当てながら歌っているが、これも印象に残る姿だった。


この木村さん、中居さんと続くサビで、後ろにいたユーミンは二人の背中を見ながら、本当に愛おしそうにまずは木村さんを見て、中居さんを見て、中居さんの最高音にいく手前では目を潤ませつつ、歯を出して微笑んでいる。これまでこんなに温かい見守りの視線で、この二人を見てきた人はいないのではないかと思うくらい、本当に愛おしさがさく裂するかのような目をしていた。


間奏のとき、木村さんと中居さんの意外なシンクロが2箇所あった。一つは、最後の「Cause I love you」直後の「ジャーン」の音で、木村さんは後ろに下がりつつ右手を上げてリズムをとり、中居さんはポーズは違うが、同じ音で右手を横にさばくようなポーズをしている。続けて、2番に入る直前二人は「タタタ」と右手で同じようなポーズでリズムを刻んでいる。


この偶然のリズムの取り方のシンクロを見ながら、木村さんと中居さんの中に流れるリズム感の血とか、歌に対する気持ちの乗り方って本当に近いんだなと思ったのだ。ほかのメンバーは、こういう大ぶりなアクションはしないだけに余計に、木村さんと中居さんのシンクロが際立つように思った。


そして、2番。

草なぎさんは、ギターを始めてから本当に歌がうまくなったと思う。歌声がとても安定していて、特に今回思ったのが、語尾がきれいになったということだ。そして、メンバーの誰よりもユーミンをしっかりとまっすぐに見て微笑む姿、特に目元が優しくて、本当にいい表情だと思った。


香取さんは、このわずかなフレーズのなかで、声の響き方が圧倒的によくて、歌が本当にうまいなぁと思わされた。また、最後の「歩いている」のとき、香取さんは胸に手を当てているが、後半に向けて、香取さんは感極まったかのようにこの胸に手を当てるしぐさをずっとしている。


稲垣さんは、この歌のなかでずっと精神が安定しているような感じで、いつもの稲垣さんらしい歌いかた、左肩を少しさげた前傾姿勢になり、右手の指先を開き気味にして優雅に空気をそよがせ、ふんわりと優しい歌い方が本当に良かった。中間管理職と言われるのがわかるほどに、今回のこの歌でずっと、全体の空気感のバランスをとっていたようにもみえた。


また、稲垣さんがソロパートのために前列にいったことで、木村さんと中居さんの間の立ち位置は空間になった。このタイミングで、それまで中居さんだけが横に身体を向けていたのが、木村さんも正面向きから中居さんと背中合わせになるかのように身体を横に向け、そして、背中合わせの状態で、同じように時折あごをあげて上を見ていた。


このあとの、ユーミンの「夢を形にして」の歌詞のとき、ユーミンの目には涙があふれているように見えた。この語尾の「て」の音、オリジナルでは4拍くらいあると思うが(あいまいですが)、ユーミンは胸が詰まったかのようで2拍しか歌えていないし、最後に目を正面に向けて見開きながら、かすかに口元がゆがんで歌い終えている。


そして、このときの木村さんの表情、目をつぶり歌詞を口ずさむこのときのこの顔、見たことがないほどに感情が高ぶったような表情をしていて、とてもはっとさせられた。木村さんがこんなにせつない顔で、目をつぶって口ずさむなんてと。


そして、また全員が円形になって歌うパートに来て、草なぎさんは安定した感じで歌っているが、中居さんは横向きで照れているし、木村さんも伏し目がちで歌い、香取さんは胸に手を置きながら泣きそうな表情になっている。


ここで、ユーミンがさらに、「Cause I love you」を思いのたけをぶつけるかのように潤んだ目で、思いよとどけとばかりに、右手を伸ばした前傾姿勢で歌っている姿を観ると、本当にもうユーミンはラストに向けてSMAPだけしかこの瞬間見ていないくらい集中して、彼らに愛を伝えようとしているのが十分に伝わった。


稲垣さんが、「守ってあげたい」の歌詞のとき手をグーにする姿、「あなたを苦しめる」のところで草なぎさんが下がり眉具合になる姿、中居さんと木村さんが歌いながら一瞬目をつぶる姿、そして最後に香取さんがもう泣く寸前と言わんばかりに、一番最後の「Cause I love you」でもう歌えないと言わんばかりにマイクを離して、正面に向く時に息を吐いた姿など、どのシーンも、一秒も見逃したくないと思うほどの表情を全員がしていた。


私は、趣味でボイストレーニングを2年ちょっとやっているが、あくまで素人なのでまるで専門的な見方はできない。でも、香取さんが胸を抑えながら歌ったのは、もうまさしく嗚咽をこらえるには胸に手を置いて制御するしかないということや、ここぞというときに声をだすためには中居さんのように膝を曲げて、おなかに力を入れるというのはレッスンを通して実感している。


また、ユーミンが今回、自分の歌唱の細部よりも、この日この時のライブ感を優先して、これをOKテイクとしたことが、本当になによりも素晴らしいことだと思っている。SMAPと一緒の6人の時空でしか実現できなかったものを、視聴者にこうした形で届けてくれたことに、本当に感謝したいと思う。


今回、ほぼ1秒単位で映像を止めて細かく書いた。でも、もともと私はレポートをするタイプの書き手ではないので、本当はもっとシンプルに感想を書きたいと思いつつも、SMAPSMAPでいる1秒がほんとうにかけがえのないものに思い、細かく映像に見入り、いまこの時を生きるSMAPを記録したいと思った。


SMAPが伝説になることなんて、望んではいない。

SMAPを過去形でなんか、語りたくない。


このさきもずっと、素晴らしいパフォーマンスを見せ続けてほしい。

夢はまだこの先に続いている。


SMAP5人で歌い続けてほしい。願いはそれだけだ。


では、また。


コラボブログについて

今日は、「剛 しっかりしなさい!」ブログ運営者である、凪(なぎ)さんのコラボブログ 【SMAPとココカラ】(42)真夏の脱獄者〜華麗なる逆襲を受けて、コラボブログ第43回として書いた。


主旨について

ブログ主旨については、下記にリンク先を掲載している。

【コラボブログ:SMAPとココカラ】(2)SMAPとファンは、もはや一つの組織の最下段、【コラボブログ:SMAPとココカラ】(4)木村拓哉さんの自己犠牲の精神の序盤で紹介している。