スマートフォン用の表示で見る

あしたのジョー

マンガ

あしたのジョー

あしたのじょー

ドヤ街に現れた出所不明の少年、矢吹丈が、拳キチこと丹下段平に拳闘(ボクシング)の才能を見いだされ、開花させていく物語。

ドヤ街のチビ連中を率いて悪さをするも、最後は段平自らの手で、廃墟ビルに立てこもるジョーを叩きのめして警察に突き出した。部屋のボス・西寛一をコテンパンに叩きのめすと、それが原因で東光高等少年院に収監される。家畜のブタを使った脱走計画を企てるも、永遠のライバルになる力石徹に阻まれ復讐を誓う。

独房で段平の通信教育「あしたのために」を受け、ジャブから身に着けていく。力石が「ジャブだけがプロ並みで、あとは子供だましだ」と言ったゆえんである。

ジョーの少年院出所後は、泪橋の下に構えた丹下拳闘クラブから、ボクサーとして成り上がっていく。ウルフ金串カーロス・リベラ、金龍飛、ハリマオなどのライバルと対戦して、ジョーはボクサーとしても人間としても成長していく。世界バンタム級チャンプ・ホセ・メンドーサ戦での有名なラストシーンは今でも多くの漫画に「燃え尽きた」イメージとして引用される事が多い。

実写映画化

1970年2011年に実写映画化されている。2011年の映画化での主演は山下智久