スマートフォン用の表示で見る

すぎやまこういち

音楽

すぎやまこういち

すぎやまこういち

作曲家。「日本バックギャモン協会」名誉会長。「1票の格差を考える会」代表。東京大学教育学部教育心理学科卒。

本名、椙山浩一。

1931年4月11日生まれ。東京都出身。

ドラゴンクエスト」の音楽で有名である。

大学卒業後は文化放送入社フジテレビに移った後は『ザ・ヒットパレード』『新春かくし芸大会』などのディレクターやプロデューサーを担当し、番組中の音楽も作曲する。

フジテレビ退社後は本格的に作曲家としての活動を開始し、様々なアーティストに楽曲を提供。「亜麻色の髪の乙女ヴィレッジ・シンガーズ)」「学生街の喫茶店(ガロ)」「恋のフーガザ・ピーナッツ)」「花の首飾り(ザ・タイガース)」などは大ヒットとなり、一躍人気作曲家となる。

他にも「ハウス バーモントカレー」などのCMソングや『伝説巨神イデオン』『帰ってきたウルトラマン』『科学忍者隊ガッチャマン2』などのアニメ作品、特撮作品に参加。意外なところでは東京競馬場中山競馬場の発走ファンファーレなどの全マーチを手懸けるなど*1、幅広い年齢層から支持される。

大のゲームフリークであり、すぎやまがエニックス(現:スクウェア・エニックス)に「森田の将棋2」のアンケートハガキを送ったことがきっかけで『ドラゴンクエスト』の音楽を担当することになり、当時話題となった。

その後はドラゴンクエストシリーズ全作品の作曲に加え、『半熟英雄』『ダービースタリオン』など他社製品に音楽を提供。また、ドラゴンクエストシリーズの曲でコンサートを開くなど、精力的に活動中である。

思想信条では武器を持たせることを肯定にしているため、音楽関係者では数少ない保守右翼思想として知られている。

*1:2010年以降、本馬場入場曲は岩代太郎の楽曲を使用。