スマートフォン用の表示で見る

できちゃった婚

一般

できちゃった婚

できちゃったこん

妊娠をきっかけとする結婚。

ほか「おめでた婚」「授かり婚」「ママリッジ」「デキ婚」など。(順番はgoogleの検索数順)

用語としては、1987年の研ナオコのケースでは「マタニティ結婚」との言葉で報道されており、本格的にこの用語が定着したのは、シブがき隊薬丸裕英石川秀美との1990年の結婚の時にこの用語で報道されて以降のこととされる。


2005年度版の国民生活白書は「子供ができたら、ちゃんと結婚した方がいい」という法律婚重視の古い価値観による結婚と解釈している。