スマートフォン用の表示で見る

キャサリン・ヘップバーン

映画

キャサリン・ヘップバーン

きゃさりんへっぷばーん

Katharine Hepburn (1907-2003)


アメリカを代表する大女優。

キャサリン・ヘプバーンとも

関連語:映画俳優|女優|名女優|演技派


「勝利の朝?」(1933年)、「招かざる客」(1967年)、「冬のライオン」(1968年)、「黄昏」(1981年)でアカデミー賞主演女優賞を史上最多(2003年現在)を4回受賞した大女優。

卓抜した演技力のほか、そのライフスタイルは個性的で知的、自立する女性の象徴として、多くの尊敬を集めていた。「女性No.1?」(1942年)で共演したスペンサー・トレイシーとはその後9作品で共演し、27年間にわたりパートナーシップを続けた。

1907年5月12日、アメリカコネティカット州ハートフォードで、著名な外科医の父と女性問題活動家を母とする名家に生まれる。名門女子大プリンマー・カレッジ卒業と同時にブロードウェー初舞台。1932年に「愛の嗚咽」で映画デビュー。翌1933年に「勝利の朝」で最初のアカデミー賞主演女優賞を受賞。以後も4回の同賞受賞を果たし、主演女優賞ノミネートは12回にのぼる。

この他の主な出演作に、「若草物語」(1933年)、「赤ちゃん教育」(1938年)、「フィラデルフィア物語」(1940年)、「アフリカの女王」(1951年),

旅情」(1955年)など。1994年の「めぐり逢い」を最後に女優業から遠ざかった。

2003年6月29日午後、老衰のためコネティカット州の自宅で死去。享年96歳。

なお、2004年にはマーティン・スコセッシハワード・ヒューズを描いた映画『アビエイター』を監督し、一時期ヒューズの愛人だったキャサリン・ヘプバーンの役柄も登場させ、この大役をケイト・ブランシェットが挑戦し、アカデミー賞助演女優賞などを獲得した。

amazon:Katharine Hepburn

Glass Menagerie [DVD] [Import]

Glass Menagerie [DVD] [Import]

旅情 [DVD]

旅情 [DVD]

黄昏 [DVD]

黄昏 [DVD]

去年の夏 突然に [DVD]

去年の夏 突然に [DVD]

Biography: Katharine Hepburn [DVD] [Import]

Biography: Katharine Hepburn [DVD] [Import]