スマートフォン用の表示で見る

グレゴリオ聖歌

音楽

グレゴリオ聖歌

ぐれごりおせいか

英語 Gregorian Chant

グレゴリア─」とも。

ローマカトリック教会典礼に用いられるラテン語による単声の聖歌。

4〜6世紀に、ローマ典礼の組織化と共に成立。

元来は、ローマ周辺で使用されていたが、教皇グレゴリウス1世(Gregorius ?: 在位590-604)の時代に典礼音楽として成立したものを基礎とし、それ以降に西欧世界に広まった。