宗教改革

宗教改革

(社会)
しゅうきょうかいかく

16世紀にドイツから始まった、堕落したキリスト教会を批判する革新運動。キリスト教を「キリストの教え本来の姿」に戻すことを目的とした。

きっかけはマルティン・ルターが「95ヶ条の論題」で贖宥状と教会を批判したことから

牧師マルティン・ルターが、罪が軽減されるとして教会が販売していた証明証「贖宥状(しょくゆうじょう)」*1を、「お金を払えば罪が許される制度」であり「堕落だ」として批判したことがきっかけとなった。

結果、プロテスタントがカトリック教会から分離したこの宗教改革は、宗教面のみならず、政治・経済・社会に大きな影響を及ぼした。

*1:以前は免罪符と訳されていた

ネットの話題: 宗教改革

人気

新着

新着ブログ: 宗教改革