ニュルンベルク

ニュルンベルク

(地理)
にゅるんべるく

【Nürnberg】ドイツ・バイエルン州の第二の都市。人口約50万人。
ワーグナーのオペラ「ニュルンベルクのマイスタージンガー」の舞台となった都市でもあり,中世には神聖ローマ帝国の自由都市として,南ドイツ交易の中心地として繁栄.マイスタージンガーのタイトルロールでもあるハンス・ザックスや,画家アルプレヒト・デューラーの出身地でもある.また、おもちゃの町として知られ、世界最大級のおもちゃ見本市が開かれる。
ナチス・ドイツ時代は、ナチ党大会が行われ、国会議事堂や党大会会場などの巨大建築物が多数計画された。現在もその遺構が残る。
WWII後は戦争裁判(ニュルンベルク裁判)が開かれた.
ドイツ・ブンデスリーガのサッカークラブ、1.FCニュルンベルクの本拠地であり、2006年FIFAワールドカップの会場の一つで、日本対クロアチア戦が行われた、フランケンシュタディオンがある*1

主要な施設として、「ゲルマン国立博物館」「カイザーブルク城」などがある。

なお、ドイツ最初の鉄道は1835年、ニュルンベルクと、隣町のフュルト(Fürth)との間で開業している。
「ドイツ鉄道発祥の地」「鉄道の町」としても知られ、「鉄道博物館」(DB博物館)がある。

*1:ナチ党大会会場跡地の直近にある

ネットの話題: ニュルンベルク

人気

新着

新着ブログ: ニュルンベルク