スマートフォン用の表示で見る

ゲームボーイミクロ

ゲーム

ゲームボーイミクロ

げーむぼーいみくろ

ゲームボーイミクロ(GAMEBOY micro)は、任天堂が発売した携帯型ゲーム機ゲームボーイアドバンス(GBA)の上位機種。略称は「GBm」「GBミクロ」。

日本では2005年9月13日、希望小売価格12,000円(税込)で発売。

米国では2005年9月19日、99.99ドル、欧州では2005年11月4日、99.99ユーロ/69ポンドで発売。

海外では「ゲームボーイマイクロ」と発音する*1

従来のゲームボーイアドバンスゲームボーイアドバンスSPと比べ更にコンパクトになった。バックライト搭載の透過型TFTカラー液晶を採用し、更に画面が見やすくなった。電源はリチウムイオン電池内蔵の充電式で、約2.5時間の充電で6〜10時間使用可能。

本体前面のフェイスプレートを取り替えて、様々なデザインに変更できる予定だったが、フェイスプレートの単品発売は見送られた。ただしクラブニンテンドーの特典として、「ファミコンIIコンバージョン」と「スーパーロボット大戦J」のオリジナルフェイスプレートが存在する。

ゲームボーイアドバンス専用カートリッジのみ利用可能で、ゲームボーイゲームボーイカラー専用カートリッジは使用できない。

通信ケーブルとワイヤレスアダプタは、ゲームボーイミクロ専用のものしか利用できない。さらに、従来のGBAGBASPと通信ケーブルで接続するには別途変換コネクタが必要になる。

商品概要

スペック

ソース:http://www.nintendo.co.jp/micro/hardware/spec/index.html

*1:日本語名も「マイクロ」とはしなかった理由は……言わなくても分かると思いますが。