スマートフォン用の表示で見る

ゲームボーイ

ゲーム

ゲームボーイ

げーむぼーい
  1. ゲームボーイシリーズ各機の略称
  2. 初代ゲームボーイのこと(以下参照)

初代ゲームボーイ

任天堂が発売した携帯型のゲーム機

発売日は1989年4月21日、希望小売価格は8,000円(税別)。

弟分として登場した「ゲームボーイブロス」は、レッド・イエロー・グリーン・ホワイト・ブラック・スケルトン(透明)の6色があった。

単3型乾電池4本使用。他のゲームボーイシリーズより大きな通信コネクタを持つごついヤツ。通称「弁当箱」。

湾岸戦争では、兵士の息抜きに大活躍したという噂。

製品コードはDMGで、「Dot Matrix Game」が由来。

売上台数

  • 日本:3243万台
  • 世界:1億1800万台

最高売上ソフト(単体販売)

基本仕様

  • CPU:カスタムZ80(4MHz)
  • RAM:8kバイト
  • VRAM:8Kバイト
  • ROM:256kビット〜8Mビット
  • サウンド:ステレオイヤホン未使用時モノラルパルス波2ch+波形メモリ音源1ch+ノイズ1ch(スピーカーは1つしか搭載されておらず、スピーカーでは両チャンネルの音声が合成されている。イヤホンではステレオ音声)
  • 画面:4階調モノクロ、160×144ドット
  • 電源:単3形乾電池4本、もしくは専用充電式アダプタ使用(初代機の場合)
  • 通信ポート:シリアル通信ポートを搭載

強度

子供が扱うものであるため、ゲームボーイ本体には厳しい耐久テストがあり、頑丈に設計されている。

任天堂湾岸戦争の際にアメリカ軍兵士に暇潰し用としてゲームボーイを提供した。

その後、空爆で倒壊した兵舎から発見されたゲームボーイは、外装がひどく焼けていたが内部には問題はなく、正常に動作したというエピソードがある。

このゲームボーイは現在ニューヨーク任天堂直営店「Nintendo World Store」に保管展示されており、触ることはできないが、常時テトリスのデモ画面が動いている。YouTubeでその動画を見ることができる。

ゲームボーイ
目次