スマートフォン用の表示で見る

コニカ

一般

コニカ

こにか

写真用フィルム製造大手企業。

2003年にミノルタと事業統合し、「コニカミノルタホールディングス」として再編している。


1873年に薬種問屋の小西六兵衛が写真材料の取り扱いを始め起業

1921年合資会社「小西六本店」、1936年「小西六写真工業株式会社」となる。

カメラ製造にも力を入れ、戦後を中心に世界初のセールスポイントを持つ歴史的カメラを多数発売した。たとえば、オートフォーカスカメラを世界で始めて実用化したのは、コニカである。


沿革

1873年東京麹町の薬種問屋、小西六兵衛店が写真材料取扱い開始。
1879年東京日本橋に「小西本店」開業。
1902年写真用感光材製造部門として「六桜社」設立
1903年国産初の商品名を持つカメラ「チェリー手提暗函」を発売。
1921年小西本店を改め合資会社「小西六本店」となる。
1923年小西写真専門学校(現在の東京工芸大学)創設。
1925年国産初の127ロールフィルム量産カメラ「パーレット」を発売。
1938年ブローニー判を半裁とするセミ判カメラ「セミパール」を発売。
1936年12月「小西六写真工業株式会社」となる。
1940年国産初のカラーフィルム、「サクラカラーフィルム」を販売。
1948年Konicaを冠した最初のカメラ「コニカ I」を発売。
1949年2枚羽根シャッターの豆カメラ「スナッピー」を発売。
1952年二眼カメラ「コニフレックス I」を発売。
1960年世界初の1/2000秒シャッターを内蔵したコニカ最初の一眼レフカメラ「コニカF」を発売。
1965年世界初の自動露出、及びフルサイズ・ハーフサイズ切替可能な一眼レフ「オートレックス」を発売。
1975年世界初のストロボ内蔵カメラC35 EF「ピッカリコニカ」を発売。
1977年世界初のオートフォーカスカメラC35 AF「ジャスピンコニカ」を発売。
1979年世界初のフィルム自動装填・自動巻き上げカメラ「コニカFS-1」を発売。
1987年商号を「コニカ株式会社」に変更。ブランドを「コニカ」に統一。
1988年工事・建設写真用途の防滴、防塵、防砂、耐ショック設計のカメラ「現場監督」を発売。
1989年世界最小、最軽量のコンパクトカメラ「BiG mini」を発売。
1999年ライカMマウントに互換する自動露出、自動巻き上げレンジファインダーカメラ「ヘキサーRF」を発売。
2003年4月1日、純粋持株会社に移行。
2003年8月1日、ミノルタと事業統合。「コニカミノルタホールディングス」として再編。