スマートフォン用の表示で見る

マンガ

ジャイアントロボ

じゃいあんとろぼ

原作・横山光輝

作画・横山光輝 小沢さとる

 昭和42年・雑誌「少年サンデー」連載。 

特撮TV番組「ジャイアントロボ」はこれを原作としたTVシリーズ。 

お話し

 世界制服を企む”BF”(ビッグファイヤ)の製作した巨大ロボットジャイアントロボ”GR1”を操る電子頭脳に声紋を記録した為、GR1を操ることの出来る唯一の存在となった海外帰りの少年・草間大作は、国連特別捜査機構に協力。GR1を操りBF団と戦う。

 「鉄人28号」に続き、以降の日本の巨大ロボットアニメ・漫画等の全てに影響を与えていると言って良い偉大なキャラクター。

ジャイアントロボとは

 BF団の「GR計画」の下に製作された「ジャイアントロボ」と呼ばれる3体の巨大ロボットの総称である。

幻の漫画

 漫画連載では初回からの半分近くを、当時多忙を極めた横山氏に代わり、小沢さとる氏が作画していて、途中で横山氏に切り替わった経緯がある。 その為、原作者横山氏がそのトータルな出来に不満を持った為に、ご自身「私が生きている間は単行本にする事は無い」と言っていたらしい。 そんな訳で、現在までに至って一度も単行本にまとめられていない。*1 誰もが知っている超有名タイトルなのに幻の作品とされている。*2

 各方面の名誉のために付け加えると、作品全体を見ても作画やストーリーに手抜きがあった訳では無い。 あくまで全体としてのまとまりが悪かったのではと思う。

 平成17年。四十年近い年を経て待望の発売となる。

ジャイアントロボ (上) (KCピース)

*1:不明の誰かが無許可の冊子は出回った事がある

*2:ソフトガレージより発売したまんが集に、横山先生の作画部分だけ収録した傑作選が発売された

テレビ

ジャイアントロボ

じゃいあんとろぼ

横山光輝の同名漫画を原作とする特撮番組。

昭和42年放送。

・内容

 宇宙からやって来た侵略者「ギロチン帝王」は、悪の組織「BF(ビッグファイア)団」を結成し、秘密裏に地球侵略の準備を進めていた。主人公・草間大作は、偶然BF団の作った巨大ロボットジャイアントロボをコントロールできる唯一の人間となり、国際的な組織ユニコーンの一員となって、BF団の送り込む怪獣や巨大ロボットと戦う。

アニメ

ジャイアントロボ

じゃいあんとろぼ