スマートフォン用の表示で見る

ビックリマンチョコ

ビックリマンチョコ

びっくりまんちょこ

1977年ロッテから発売されたお菓子。

シリーズこそ違えど、現在でも発売されているロングセラー商品である。当時は1個30円(税別、メーカー希望小売価格)だったが、その後50円、60円と値上げされ、現在は1個80円で発売されている。

おまけとして「ビックリマンシール」というイラストが描かれたシールが付いてきていたのだが、1985年スタートの「悪魔VS天使シリーズ」が発売されてからは、シール集めが全国の小学生の間で大流行し、1980年代後半の社会現象のひとつとなった。一方、シールを集めるために躍起になり、チョコレートだけが無残に捨てられることが社会問題として話題になったりもした。

後に「ビックリマンアイス」も登場し、過去の弾を復刻したシールが付いてくることでも人気を集めた。

2006年には、プロ野球選手をアレンジしたシールを同封した「ビックリマンプロ野球チョコ」が発売された(2008年まで)。

ヤマト王子?を主人公にテレビアニメ化された。