スマートフォン用の表示で見る

ビックリマンシール

ビックリマンシール

びっくりまんしーる

ロッテから発売されているお菓子「ビックリマンチョコ」におまけとして付いてくるシールの総称。

狭義には、「悪魔VS天使シール」とその派生シリーズのことを指すことがある。

1977年の発売当初は「どっきりシール」など、日常のイラストや不思議な模様が描かれたものだったが、1985年より登場した10代目にあたる「悪魔VS天使シール」が、当時の小学生を中心に大流行した。

悪魔VS天使シール

「天使」「お守り」「悪魔」の「三すくみ」を中心として、悪魔と天使の戦争を描いたストーリーが繰り広げられた。これら三種族の頂点には「ヘッド」と呼ばれるキャラクターがおり、シールもプリズムやホログラムなど他とは違う材質が用いられていた。

当時の小学生を中心に大流行し、漫画化やアニメ化も行われている。

悪魔VS天使シールが大流行した原因はいろいろ考えられるが、チョコレート自体が30円と安価であったこと、「悪魔VS天使」という独特のストーリー、「ヤマト王子」や「ヘッドロココ」といった愛嬌のあるキャラクターなどが小学生に支持されたものと思われる。

しかし、大人気の陰で悪魔VS天使シールは様々な社会問題も生んだ。「ロッチ」などの大量の偽物シールが出回ったり、シールのためだけに購入しお菓子を捨てることが問題にもなったりした。

また、人気が過熱しすぎて、シールの材質や封入率の違いが射幸心を煽るという理由で、公正取引委員会から勧告を受けるほどの事態にもなっている。勧告後は材質・封入率の均質化が行われたが、それがブーム終了の遠因ともなった。

その後、悪魔VS天使シールは1990年まで続き、第31弾までがリリースされた。

悪魔VS天使シールの終了後も、人気は衰えておらず、「新決戦(スーパービックリマン)」「バグ悪魔VSギガ天使(ビックリマン2000)」など派生シリーズは数多く作られている。

なお悪魔VS天使シールの純粋な続編という位置付けで、2000年に31弾完全編、2001年に32弾が発売されている。

関連書籍

ビックリマンシール完全大百科

ビックリマンシールの中でも最も人気の高い「悪魔VS天使シール」「新決戦 悪魔VS天使シール」「バグ悪魔VSギガ天使シール」のほぼ全シールを網羅した大百科である。