スマートフォン用の表示で見る

ピアノマン

キーワードの候補

2件

音楽

ピアノマン

ぴあのまん

このビリージョエルの「ピアノマン」という曲は、彼が、失意の中で、ロスのピアノバーでピアノ弾き語りをしている時の経験を元にしてできた曲である。

この曲はニューヨークの夜景が似合う曲などと、ニューヨークの哀愁を歌ったものという風に思っている人が多いと思うが、実は違うのである。

このロスのピアノバー時代のことを彼はあまり語ろうとしない。このピアノバーも今はなく、彼のファンクラブ情報等を元に、その時の概要をまとめてみた。

また、その時の背景を元にした新「日本語訳」もつけてあるので参照されたい。



http://www.sonymusic.com/artists/BillyJoel/discography/disco_01.html


Today, I introduce one of my favorite songs,"Piano man" by Billy Joel.

In 1971, Billy Joel recorded his first "solo" album, "Cold Spring Harbor",

for Family Records. Billy was embarrassed by the record, which had

been mastered at the wrong speed. It was produced by Artie Ripp.

All songs were composed by Billy Joel. He was disappoinred by this accident,

so he decided to join touring for six months to support the album,

opening for acts like J. Geils Band and Badfinger.

However, discouraged by this tour,Billy moved to Los Angels, California.

There he performed as Bill Martin at Corky's on Van Nuys Blvd and at the

Executive Lounge piano bar on Wilshire Blvd.

The experience is related in his first Columbia single: Piano Man in 1973.

(Information from this article is from liner notes by Glenn A. Baker and articles

and books by Jeff Tamarkin and Peter Gabaccini.)

アーティ・リップによって制作された1971年のアルバム『コールド・スプリング・ハーバー』でビリー・ジョエルはソロ・アーティストとしてレコードデビューする。

しかしながらこのアルバムは録音テープの再生速度を上げられてしまい全く別人のような歌声で発表された。不本意な内容の上ヒットにも至らず、

失望のあまり自宅にひきこもりがちになってしまう。再起を試みたのか、彼は、J・ガイルズ(当初はJ・ガイルズ・ブルース・バンドを名乗り、

かなり本格的なブルースを演奏していた。「アメリカストーンズ」と評されていた)やバッドフィンガーのレコーディングツアーに参加していたが、

やはり彼の心を満たすまでには至らなかった。

気分転換を図るためか、後に妻(1983年に離婚)となるマネージャーのエリザベスウェーバーと共にロサンゼルスに移住している。

約6ヶ月間滞在した。ビル・マーティンという名前で「エグゼクティブラウンジ」と「コーキーズ」を中心にライヴ活動を行った彼は、コロンビアレコードから

1973年にアルバム『ピアノ・マン』で再デビューを果たす。表題曲が全米トップ30のスマッシュ・ヒットとなったことによってこのアルバムはセールスを伸ばし、

彼にとって初となるゴールド・ディスク認定作品となった。






Piano man (1973) by Billy Joel



It's nine o'clock on a Saturday

The regular crowd shuffles in

There's an old man sitting next to me

Makin' love to his tonic and gin

He says, "Son, can you play me a memory?

I'm not really sure how it goes

But it's sad and it's sweet and I knew it complete

When I wore a younger man's clothes"

La la la, de de da

La la, de de da da da

Chorus:

Sing us a song, you're the piano man

Sing us a song tonight

Well, we're all in the mood for a melody

And you've got us feelin' alright

土曜日の9時

俺の弾き語りを聞きに常連客がやってくる

老人がピアノの隣に座り

思い出に浸るようにジン・トニックに酔いしれている

ねえ 追憶ってヤツをひいてくれないか?

それがどんな風なのかもう歳ではっきり覚えていないが

梅干を噛んだ時はすっぱく感じてもだんだん甘く感じるようなものを

おしゃれな若者の服を着ていた頃は はっきり覚えていたんだがな

<コーラス>

ピアノマン 一曲僕たちに歌ってくれ

今夜 あの曲を歌って

そう今夜は皆んな メロディーが欲しい気分なんだ

いい気分にしてくれよ



Now John at the bar is a friend of mine

He gets me my drinks for free

And he's quick with a joke or to light up your smoke

But there's someplace that he'd rather be

He says, "Bill, I believe this is killing me."

As the smile ran away from his face

"Well I'm sure that I could be a movie star

If I could get out of this place"

Oh, la la la, de de da

La la, de de da da da

バーテンダーのジョンは俺の友達

いつもタダで酒を飲ませてくれる

気の利いたジョークや 煙草の火までつけてくれる

でもジョンの居場所は此処じゃない

ビル(注) もううんざりなんだよ

ジョンの顔から笑みが消える

映画スターにだってなれると思うんだ

もし此処から抜け出せたら

(注)ビリージョエルはここロスではビル マーティンという名で

   ピアノ弾き語りをしていた。

Now Paul is a real estate novelist

Who never had time for a wife

And he's talkin' with Davy who's still in the navy

And probably will be for life

ポールは小説を書いている不動産

恋人を見つける暇も無いくらい忙しい

でも、ここでは定年まで海軍にいるだろうディヴィーと気分転換のためなのか、

ずっと話し続けている

And the waitress is practicing politics

As the businessmen slowly get stoned

Yes, they're sharing a drink they call loneliness

But it's better than drinkin' alone

客のご機嫌をとって注文を多くとりチップを稼ごうとするホステス

ビジネスマン達はゆっくりと酔いつぶれる

皆んなが淋しさと呼ぶ飲み物を分け合っているんだ

それでも ひとりで飲むよりはマシさ

Chorus

<コーラス>

It's a pretty good crowd for a Saturday

And the manager gives me a smile

'Cause he knows that it's me they've been comin' to see

To forget about life for a while

And the piano, it sounds like a carnival

And the microphone smells like a beer

And they sit at the bar and put bread in my jar

And say, "Man, what are you doin' here?"

Oh, la la la, de de da

La la, de de da da da

Chorus

土曜日の夜にしては大変な混みようだ

支配人が僕に向かってニッと笑う

客達がここに来るのは俺に会うため ほんの少しの間だけ人生を忘れるためだって

彼は知っているのさ

ピアノの音はカーニバルのように鳴り

マイクはビールの匂いがする

客達はカウンターに座り

俺の前の瓶に金を入れてくれる

そして言う「兄さん 一体全体あんたはここで何をやっているんだ?」

<コーラス>

訳:akiraakira

音楽

ピアノマン

ぴあのまん

2005年4月7日、英南東部ケント州の海岸で保護された身元不明の男性。

2005年8月19日、初めて口を開き病院職員に自らの正体について告白。男性はドイツ南部バイエルン州出身の20歳でアンドレアス・グラッスルと名乗った。20日にドイツへ帰国したと伝えられている。


ニュースサイトによると男性はパリで失業、4月に高速列車に乗って英国入りし海岸を放浪中に保護された。ピアノについては同じキーをたたき続けるだけでほとんど演奏できず、ピアノの絵は「最初に思いついただけ」とされている。一言もしゃべらなかった理由は医師らを欺くための芝居だったと報じているが、保護療養中の状態については病院発表と男性側弁護士の意見に食い違いも見られる。英医療当局は男性への訴訟を検討していたが、取り下げた模様。


ピアノマン」について、これまでの情報では、男性は身長約180センチの金髪で20〜30歳代。荒天だった2005年4月7日夜、ずぶぬれの黒スーツ姿で海岸を歩いているところを警察に保護された。衣服からはラベルがすべて切り取られていた。英メディアで報じられた後、全世界から1000件以上の情報が寄せられ、これまでにフランス出身の路上ピアニストカナダの記憶喪失男性、チェコキーボード奏者、ドイツ人などが取りざたされたが、本人や家族が否定。ピアノマンは保護されて以来、約4カ月間言葉を話さない状態が続いていた。保護先の医師がペンと紙を渡すとグランドピアノの絵とスウェーデン国旗を描き、病院の礼拝堂にあるピアノの前に連れて行くと「白鳥の湖」やジョン・レノンの曲のフレーズ、オリジナルらしい曲のフレーズを数時間に渡ってひき続けた。以来マスコミから「ピアノマン」と呼ばれていた。