スマートフォン用の表示で見る

ファンク

キーワードの候補

2件

音楽

ファンク

ふぁんく

一般的にはジェームス・ブラウンが創始者とされる、16ビートを基本とする黒人音楽。

ドラムはもちろん、ギターからホーンまで全ての楽器をリズム楽器として使用し、執拗にフレーズを反復させることで、肉体的なグルーヴを生み出した。60年代末〜70年代にかけてフォロアーが続出。完全に一つのジャンルとして確立する。

 また、言うまでもなくヒップホップ、ハウス、ディスコテクノの源流でもある。

 一説にはニューオリンズのセカンド・ライン・ビートで用いられる「フォンク」という言葉から派生したとも言われる。

代表的なアーティストとして、JBのほか、Sly & The Family Stone, Graham Central Station, P-FUNKFunkadelic / Parliament), The Isley Brothers, Cool & The Gang, Tower of Power, Stevie Wonder, Ohio Players, Prince, Jamiroquai, などなど。ただし、実際にはファンク以外の複数ジャンルにまたがっているミュージシャンも多い。

日本国内では山下達郎米米CLUBクレイジーケンバンド岡村靖幸FLYING KIDS浜崎貴司)、ICE、及川光博スガシカオShikao & The Family Sugar)、SUPER BUTTER DOGなどがファンク音楽の影響を受けているが、その受容のありかたも音楽的な要素(ダウンビート,ワウギター,ヴィンテージエレクトリックピアノスラップベース,ホーンセクションなど)であったり、パフォーマンス的な要素(過剰装飾,バカっぽさ,エロティシズム,脱社会的表現)であったりとさまざまである。