スマートフォン用の表示で見る

ブリジット・ジョーンズの日記

キーワードの候補

2件

映画

ブリジット・ジョーンズの日記

ぶりじっとじょーんずのにっき

Bridget Jones's Diary

スタッフ

キャスト 

※()内はDVD吹き替え版の声優

概要

32歳の独身OLが、セクハラ上司と関係を持ったりしながらも、最後は理想の相手と結ばれるまでを描くコメディ映画。ブリジット役のレニー・ゼルウィガーの体重増量役作りも話題になった。最低男を嬉々として演じるヒュー・グラントも笑える。

ヘレン・フィールディングの同名ベストセラー小説の映画化だが、そもそもこの小説には元ネタがある。BBCで放送されて爆発的人気を得た、ジェーン・オースティン原作のミニシリーズ『高慢と偏見』(1995年)がそれだ。このドラマに入れ込んだフィールディングは、プロットを拝借して現代を舞台にしたドタバタ劇にした。そして映画化されることとなったときに、フィールディングは原作者の特権とばかりに、弁護士マーク・ダーシー役にコリン・ファース指名したのだ。もちろんダーシーとは、『高慢と偏見』でヒロインと最後に結ばれるミスター・ダーシーのことで、ファースはこの役で大人気となったのである。

ノッティングヒルの恋人』や『アバウト・ア・ボーイ』のワーキングタイトル製作。

*1:Rated R for language and some strong sexuality.

読書

ブリジット・ジョーンズの日記

ぶりじっとじょーんずのにっき