スマートフォン用の表示で見る

ブルーノ・ムナーリ

アート

ブルーノ・ムナーリ

ぶるーのむなーり

Bruno Munari(1907年-1998年)

:芸術家

1907年ミラノ生まれ。

1927年、造形と絵で未来派展に参加。

1930年、「役に立たない機械」を制作。

1945年、ソルダーティ、モネらと具象芸術のグループMAC設立児童のための新しい様式の絵本10種を発表。

1948年「読めない本」、1952年「陰と陽」の作品発表。

1952年東京近代美術館で「偏光」を用いた映写シリーズ作品の展覧会開催。

1958年「旅のための彫刻」、1959年「西暦2000年の化石」を制作発表。

1965年「オリジナルのゼログラフィーア」(コピーアート作品)を世界各地で発表。東京伊勢丹で「ムナーリ展」開催。

1967年ハーバード大学でビジュアル・デザインの講座を担当。

1977年ミラノのブレラ美術館で子供のためのワークショップを開催。「アートと遊ぶ」方法を確立。

1985年東京の「こどもの城」で「大ムナーリ展」開催。約30年にわたって、トリノのエナウディ出版社のエディトリアルデザイン部門を担当。60冊以上の本を出版し、各国語に訳されている。

1998年死去。