スマートフォン用の表示で見る

マックスコーヒー

マックスコーヒー

まっくすこーひー

コカ・コーライーストジャパン営業エリア、特に利根コカ・コーラボトリングが担当していた地域*1で売られている、後に残る甘さが特徴的なミルクコーヒー

缶コーヒーの中で正しくマックスを誇るその甘さから、幼い子供でも飲むことができ、販売地域の人間にとっては懐かしさと親しみの強い商品である。

後にジョージアブランドに吸収され「ジョージア・マックス」となる。

ちばらぎコーヒーマッカンとも呼ばれる。

2008年4月下旬ごろから500mlペットボトルのマックスコーヒーXが全国販売になった模様。

そして2009年2月16日、ついに缶・ペットボトル全3種類のマックスコーヒーが正式に全国展開。