スマートフォン用の表示で見る

ミノルタ

一般

ミノルタ

みのるた

光学機器メーカー。業務用複写機など精密機器大手でもあった。

2003年8月にコニカと事業統合し、「コニカミノルタホールディングス」として再編している。


1928年に「日独写真機商会」として田嶋一雄が創業。1931年社名を「モルタ合資会社」に、1937年千代田光学精工株式会社」と改称。

1962年からカメラのブランド名を社名とし「ミノルタカメラ株式会社」と改称、1994年に「ミノルタ株式会社」と改称した。

カメラ製造では世界初のシステム型オートフォーカス一眼レフカメラ「ミノルタαシリーズ」の発売で名を馳せた。


沿革

1928年「日独写真機商会」として田嶋一雄が創業。
1929年ベスト判フィルムを使ったミノルタ初のカメラ「ニフカレッテ」を発売。
1931年社名を「モルタ合資会社」に改称。
1937年社名を「千代田光学精工株式会社」と改称。
1939年ミノルタ初の二眼レフカメラ「ミノルタフレックス」を発売。
1948年135判レンズ交換式距離計連動カメラ「ミノルタ35」を発売。
1950年ミノルタ初の16ミリフィルムカメラコーナン16オートマット」を発売。
1951年セミ判スプリングカメラミノルタセミP」を発売。
1955年二眼レフカメラ「ミノルタオートコード」を発売。
1957年レンズ交換式レンズシャッター式カメラ「ミノルタスーパーA」を発売。
1958年ミノルタ初の35ミリ一眼レフカメラ「ミノルタSR2」を発売。
1962年35ミリ自動露出カメラ「ミノルタハイマチック」を発売。NASAにより採用されフレンドシップ7号に搭載された。
1966年35ミリ一眼レフカメラ「ミノルタSR-T101」を発売。国内で初めてTTL分割測光機能を盛り込んだ。
1973年ライカMマウント距離計連動カメラ「ライツミノルタCL」を発売。エルンスト・ライツ社との技術提携による。
1976年35ミリ一眼レフカメラ「ミノルタX-1モーター」を発売。
1977年35ミリ一眼レフカメラ「ミノルタXD」を発売。世界初の絞り、シャッター両優先AEカメラ。
1980年35ミリ一眼レフカメラ「ミノルタX-7」を発売。女優の宮崎美子を起用したテレビコマーシャルが有名。
1985年35ミリオートフォーカス一眼レフカメラ「ミノルタα7000」を発売。システムオートフォーカス一眼レフカメラの草分けとなる。
1987年米ハネウェル社の所有するオートフォーカスの基本特許を侵害したとしてミノルタを始め日本のカメラメーカー各社が訴訟を受ける。
1988年35ミリオートフォーカス一眼レフカメラ「ミノルタα7700i」を発売。
1990年35ミリオートフォーカス一眼レフカメラ「ミノルタα-8700iミール搭載記念限定モデル」を発売。宇宙ステーション「ミール」への搭載を記念。
1991年35ミリオートフォーカス一眼レフカメラ「ミノルタα-7xi」を発売。
1991年35ミリオートフォーカス一眼レフカメラ「ミノルタα-707si」を発売。
1992年陪審はハネウェル社への賠償支払を命じ、ミノルタは後の特許使用も含め1億2750万ドル(約166億円)を支払うことで和解。
1994年社名を「ミノルタ株式会社」と改称。
2000年35ミリオートフォーカス一眼レフカメラ「ミノルタα-7」を発売。
2002年デジタルコンパクトカメラミノルタDiMAGE X」を発売。
2003年8月1日、コニカと事業統合。「コニカミノルタホールディングス」として再編。
2006年1月19日、コニカミノルタがカメラ・フィルム事業からの撤退を発表。ミノルタαシステムも提携先のソニー譲渡される形となる。