スマートフォン用の表示で見る

モエレ沼公園

地理

モエレ沼公園

もえれぬまこうえん

北海道札幌市東区にある公園。

198ヘクタール東京ドーム38個分)の広大な敷地全体を、彫刻家イサム・ノグチのマスタープランに基づいて「一つの彫刻」として設計したユニークなもの。

2005年7月1日、グランドオープン。

モエレ沼公園は、「札幌市環状グリーンベルト」構想の北部系緑地の核となる都市公園です。

ゴミ処理場として利用した後、1982年昭和57年)から公園造成を開始しました。

1988年(昭和63年)には、彫刻家イサム・ノグチが計画に参画。モエレ沼公園の基本設計が策定されました。

ノグチによる、「公園をひとつの彫刻」とするダイナミックな構想により造成が進められ、2005年(平成17年7月1日にグランドオープンしました。

公園では、5月には「サクラの森」のサクラが咲き、6月から9月にかけてはモエレビーチが開放されます。

その他の施設として、イサム・ノグチがデザインした120基以上の遊具のある7ヶ所の遊具エリアや、石狩平野を囲む山脈を一望できる、高さ50mのモエレ山や30mのプレイマウンテンがあります。

スポーツ施設としては、15面のテニスコートに野球場、陸上競技場があります。

イベント施設では、野外ステージやミュージックシェルなどがあります。冬はクロスカントリースキースノーボードにソリ遊びが中心となり、一年を通して遊びを提供できる公園です。

http://www.sapporo-park.or.jp/moere/moe/index.php