スマートフォン用の表示で見る

レプリカント

映画

レプリカント

れぷりかんと

1982年の映画『ブレードランナー』における、アンドロイド(人造人間)の呼称。


奴隷労働用に造られた精巧な人造人間。

危険な労働を強いられ、脱走する者が出たが、外見上は、自然な人間と判別が困難なため、

脱走レプリカントを始末する職業(ブレードランナー)が存在する。


レプリカントは特殊な検査方法「フォークト・カンプフ法」で判別する。

しかしこの方式は100%ではなく、作中世界では誤解による殺人も起こっており、問題になっている。