スマートフォン用の表示で見る

ローマ人の物語

読書

ローマ人の物語

ろーまじんのものがたり

塩野七生の描く古代ローマの壮大な物語。

1992年から1年に1冊ずつ刊行し、ついに2006年12月に予定通り完結。

ハードカバー版

以下続刊(全15巻の予定)

文庫版

以下続刊

全編を通じてローマ帝国への過剰な賛美、多神教優越主義、一神教フォビアに貫かれている。