依代

一般

依代

よりしろ

神道、陰陽道

※簡潔な説明にするため、「精霊」で神霊や御霊などを統一しています

 「代」は「代わり」

 「依」は精霊が憑くこと

 つまり精霊が依り憑く(よりつく)ものや場所などのこと

 自然崇拝が起源とされており、モノや場所に拘らない

 人や人形。古い石や岩、樹木。使い込まれた道具。山や川、海。などなど

 人が霊威(霊異)を感じたとされるものは依代となる

 人を助けることもあれば、災いを為すこともある

神奈備かむなび

 依り代を無数に擁した領域や、自然環境そのもの。

神籬?(ひもろぎ)

 神籬?(ひもろぎ)は神社や神棚から離れて祭りを行うときの臨時の依り代のこと

 地鎮祭のように結界で神域を作り出すこともあれば、その地の巨木や巨岩(磐座)を依り代と見立てることも。

磐座(いわくら)

 主に巨岩を依り代とする信仰で、他に森や山、海、気象など

九十九神付喪神(つくもがみ)

 長く生きた動物や、長く使われた道具に精霊が依り付き、霊位を得たもの

依童憑童(よりわら)

 依巫(よりまし)

 精霊が依り付きやすい子供のこと

 または精霊を依り付かせるための子供のこと

 子供は精霊が依り付きやすいとされた

 神道の儀式で稚児を扱うのはこのため

主な依り代

目次
  • 依代とは
  • 神道、陰陽道
    • 神奈備(かむなび)
      • 神籬(ひもろぎ)
      • 磐座(いわくら)
    • 九十九神、付喪神(つくもがみ)
    • 依童、憑童(よりわら)
    • 主な依り代