付喪神

一般

付喪神

つくもがみ

九十九神とも書く。

器物が年月を経ることで妖怪となったもの。

元々は九十九髪に由来し、九十九を「百」の字に一画足りない「白」になぞらえ、九十九髪を白髪と読み替え、転じて「長いの年を経た」ことを指す言葉である。