節句

(一般)
せっく

節句とは、伝統的な年中行事を行う季節の節目となる重要な日のこと。基本的には神祭を執り行う日とされる。「節供」とも書く。
本来は節日の供物である節供を意味したが、後に節日のことを指すようになった。中国で行われた暦の上の風習である節日が日本に伝わり、それを日本の生活風にして行われるようになった。
この日には、節会と呼ばれる宴会が開かれた。年間にわたり様々な節句が存在しており、そのうちの5つは、江戸時代に幕府が公的な行事・祝日として定めた五節句である。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ