スマートフォン用の表示で見る

井口資仁

スポーツ

井口資仁

いぐちただひと

井口資仁(本名:井口忠仁*1)は日本のプロ野球・元MLB選手(遊撃手二塁手)。

1974年12月4日生まれ、東京都田無市*2出身、O型、右投右打。

青山学院大学卒業。

略歴

1996年ドラフト1位指名で、翌年福岡ダイエーホークスに入団。

2004年末、自由契約を選択して、福岡ダイエーホークスを退団、MLBに挑戦することを表明。

2005年、シカゴ・ホワイトソックスと2年470万ドルで契約。メジャー1年目でMLB制覇に貢献した。ワールドシリーズに出場した日本人では初の快挙*3

2006年にWBC日本代表に選出されるも、自己都合により辞退。非難を浴びたが大学・五輪・プロ・MLBと要所では活躍を見せることで有名であり、持ち前の強運は誰にも負けない選手である。

2017年シーズン終了をもって現役引退を発表。

2017年9月24日、ZOZOマリンスタジアムにおける北海道日本ハムファイターズ戦で引退試合を迎え、6番指名打者で出場。9回裏の第4打席で同点本塁打を放った。

2017年10月14日、千葉ロッテマリーンズの監督就任会見が行われた。背番号は現役時代に引き続き「6」をつける。

個人タイトル

CD

BATTLE EYE

BATTLE EYE

リスト::野球選手

*1:読み同じ

*2:現在の西東京市

*3ワールドシリーズ出場は日本人4人目。ちなみに伊良部秀輝ニューヨーク・ヤンキース時代にチャンピオンリングを手にしたが、シリーズ出場はなかった。