スマートフォン用の表示で見る

仮名手本忠臣蔵

アート

仮名手本忠臣蔵

かなでほんちゅうしんぐら

人形浄瑠璃歌舞伎の代表的名作で、

いわゆる「忠臣蔵」の語源。

全十一段に及ぶ大長編歴史物で、

二代目 竹田出雲 (初演した大阪竹本座座長)

並木千柳 (宗輔(そうすけ))

三好松洛 (みよししょうらく)

らの合作。

もともとは人形浄瑠璃の作品だったが、

歌舞伎にうつされ、最近では狂言での上演も

されるなど、さまざまな演技・演出が試みられ、

不況の時でさえ、これを上演すれば

必ず成功する、とまで言われている。

作品内では、大石内蔵助が、幕府の咎めを避ける為、

「大星由良之助」(おおほし ゆらのすけ)と

表現されている。

寛延元年(1748年)、義士の討ち入りから

47年目の年に大坂竹本座初演。