スマートフォン用の表示で見る

加賀友禅

アート

加賀友禅

かがゆうぜん

石川県加賀地方に伝わる友禅染めの技法、及びその技法により制作された着物などの作品。

江戸時代中期、京友禅の創始者である宮崎友禅斎が技法を確立したとされ、装飾的な京友禅と比較して写実的な作風が多い。

加賀五彩と呼ばれる臙脂(えんじ)・黄土(おうど)・藍(あい)・草(くさ)・古代紫(こだいむらさき)の五色を基調とする。絵柄は虫食い・先ぼかし(京友禅とは逆方向に花びらの先端からぼかしを入れる)などを特徴とする。

かつては犀川浅野川にて染色後の水洗い工程である友禅流しが多く見られ風物詩となっていたが、近年の水質悪化などにより水洗い作業は工場団地内などで行われることが多くなっている。