スマートフォン用の表示で見る

夏侯覇

社会

夏侯覇

かこうは

三国時代の人物(生没年不詳)。夏侯淵の次男。字(あざな)は仲権。夏侯衡?の弟。夏侯称?・夏侯威?夏侯栄夏侯恵・夏侯和?の兄。娘は羊祜?の妻。夏侯氏張飛の妻)の従兄弟。『三国志』に伝がある。

父が219年?に定軍山の戦い?で戦死すると、その報復を誓った。魏(曹魏)に仕えて出世し、蜀方面で功績を挙げて活躍し、高官に上り、若くして列侯された。弟の夏侯威のとりなしで、泰山の名族の羊氏と縁戚関係を結んでいる。

249年?司馬懿一族がクーデーターで曹爽?の一派を打倒し、西部方面を守っていた夏侯玄?が中央に召還され、仲の悪い郭淮がその後任になることを聞き、危機感を覚え、蜀(蜀漢)に亡命した。置き去りにされた子ら家族は、夏侯淵の功績に免じて死罪を免れ、楽浪郡に流罪となった。

劉禅の妻の張皇后の母は夏侯氏の出身であったことから、夏侯覇を歓待し、車騎将軍?に任命した。姜維が北伐?したとき、夏侯覇は従軍し、魏(曹魏)の王経?を破った。

夏侯覇が死去すると、遠くの国から降ってきたことから、列侯に封じられることになった。

三国志演義』では、北伐で戦死している。

リスト::三国志関連