スマートフォン用の表示で見る

海賊

一般

海賊

かいぞく

そもそも現代において海賊とは

海賊とは国連海洋法条約101条において定義されている公海上の不法行為のことをいい、また、船舶に対する武装強盗とは沿岸国の司法管轄内における船舶、又は船舶内にある人、若しくは財産に対する不法な暴力行為、抑留、略奪行為、又はそれらに係る脅迫のことをいう。

特集1 「海の治安は海保にお任せ!」 4.海賊対策

2003年IMB海賊レポートより抜粋

2003年に報告のあった海賊事件の件数は445件で、2002年より75件、約20.3%増加したほか、過去最高を記録した2000年の469件に次ぐ高い水準となった。

 地域別に見ると、東南アジアで170件(38%)が発生し、依然として世界で最も海賊事件の多い地域となっており、これにアフリカ(93件)、インド等(87件)、アメリカ(72件)が続いている。東南アジアの海賊事件のほとんどはインドネシア(121件)で発生している。マラッカ海峡は2001年(17件)、2002年(16件)と、ここ数年減少傾向にあったが、2003年は28件と増加した。