スマートフォン用の表示で見る

蒲蒲線

地理

蒲蒲線

かまかません

東急多摩川線蒲田駅と京急空港線京急蒲田駅を結ぶ新線構想。

地下鉄13号線の開業により、東急東横線との相互乗り入れ東武東上線西武池袋線方面からの羽田空港へのアクセスの利便性を向上させるとされている。

羽田空港の沖合い移転、24時間化、チャーター便による事実上の国際化、また、京急線羽田空港延伸等々により現実味を帯びてきている。

東急多摩川線を地下線で延伸する形になるが、一方、京急蒲田駅は高架化工事が進行しており、京急蒲田駅での乗り入れは困難になる。

よって、空港線に並走し大鳥居駅で接続するというプランが最も推されているようである。

大鳥居羽田空港間は三条軌とするが、路線容量の点で懸念もされている。

また、田園調布付近でエイトライナーと接続する構想案も存在した。

大田区ではこの新線を推進している。大田区役所(旧桃源社ビル)の地下には鉄道設備のためのスペースが用意されているとも言われる。