スマートフォン用の表示で見る

気象予報士

サイエンス

気象予報士

きしょうよほうし

1993年の気象業務法改正により誕生した国家資格。第1回試験が1994年8月に行われ、試験が年2回実施されている。

気象庁から提供されるデータを元に、独自の判断で予報を行う。

著名な気象予報士としては石原良純木原実森田正光真壁京子らがいる。