スマートフォン用の表示で見る

桐野夏生

読書

桐野夏生

きりのなつお

作家。1951年金沢生まれ。成蹊大学法学部卒。会社員、

少女小説家(ペンネームは野原 野枝美・ノバラ ノエミ)を経て、

1993年、女探偵、村野ミロが主人公の「顔に降りかかる雨」で

第39回江戸川乱歩賞を受賞。

著作に、新しい性愛を描いたと絶賛されたミロ・シリーズ第2作

「天使に見捨てられた夜」、「ファイアボールブルース」、

「水の眠り灰の夢」、「ファイアボールブルース2」、

「OUT」(日本推理作家協会賞受賞)、「柔らかな頬」(第121回直木賞受賞)、「光源」、「玉蘭」、

「ダーク」、「リアルワールド」、「グロテスク」(泉鏡花文学賞受賞)、

残虐記」(柴田錬三郎賞受賞)、「アイムソーリー、ママ」、「魂萌え!」(第5回婦人公論文芸賞受賞)

短編集「ローズガーデン」、「ジオラマ」、「錆びる心」がある。

(以上講談社桐野夏生「OUT」の作者紹介欄および公式HP参照。)

上記のように精力的かつ数々の解説も手がけている。