スマートフォン用の表示で見る

交響詩

音楽

交響詩

こうきょうし

交響詩

標題音楽の一種。

特定の文学的または絵画的内容を描写する楽曲で、ふつう一楽章形式のものをいう。

フランツ・リストにより創始された.

大辞泉

交響詩」とは19世紀にフランツ・リストが始めた、文学や人々の思いといった具体的なテーマやストーリーを管弦楽のオーケストラだけで表現しようという音楽形式であり、そういう点、『世界一受けたい授業』で「クラシック想像力活用法」を提案し、音楽から具体的イメージを導き出そうとする青島広志の試みはこれにまったく呼応している。