スマートフォン用の表示で見る

黒岩涙香

読書

黒岩涙香

くろいわるいこう

小説家ジャーナリスト(1862年(文久2年)9月29日〜1920年大正9年)10月6日)

日本探偵小説の祖。

本名は周六。

都新聞主筆を経て萬朝報(よろずちょうほう)を立ち上げる。

翻訳としては「岩窟王」が名高い。