スマートフォン用の表示で見る

三角縁神獣鏡

社会

三角縁神獣鏡

さんかくぶちしんじゅうきょう

邪馬台国の女王・卑弥呼の鏡といわれる、銅鏡であり神獣鏡のひとつ。

名称は縁部の断面形状が三角形状なため。面径は平均20センチ程度。

日本の古墳時代前期の古墳から多く発掘され、400面以上も検出されている。

魔境の特性

  • 2014年1月29日、京都国立博物館の学芸部長である村上隆らにより、3Dプリンターで復元模造品を作り実験し、鏡面に光を反射させると背面の文様が壁に映し出される「魔鏡」の特性を持つことを発表。国内の古代鏡で確認されるのは初めてであり、太陽を崇める祭祀で光を操り、権威を高める役割があったとみられる*1