スマートフォン用の表示で見る

始球式

スポーツ

始球式

しきゅうしき

球技において、試合開始にあたって賓客がボールを投げるまたは蹴るセレモニー

主に招待された人物やファン、過去の名選手が務める事が多い。

野球の場合

概要

試合開始直前に、打者に対して投球する。

捕手は守備側の捕手が務め、打者は基本的に1番打者が務めるが、指定される事もある。

空振りするという不文律があるが、打つことも可能。

歴史

1908年11月12日、プロ野球のリーチ・オール・アメリカンが来日。

早稲田大学戸塚運動場での、早稲田大学対リーチとの第1回戦で大隈重信が、打者に対して投げた事が始まりである。

空振りをするのは、創設者の大隈に敬意を払い打者が空振りをした事が始まりで、現在に至っている。

MLBの場合、複数の人数がキャッチボールと言う形式であったが、日本の形式が逆輸入された。

1910年4月14日に、ワシントングリフィススタジアムでウィリアム・タフト大統領が行ったことが始まりとされる。



サッカーの場合

様々な方法が用られているが、試合開始直前に、ピッチ外のボールをレフリーに向けて蹴るのがオーソドックス。


ラグビーの場合

試合開始直前に、キックティーに置かれたボールをゴールに向けてプレースキックを行う。

キック力を要する為、開催地ゆかりのサッカー選手が務めるのがほとんどである。


バスケットボールの場合

試合開始直前に、フリースローを行う。


ゴルフの場合

最初のパーティーがラウンドを始める前に、スモークボールを1番グラウンドのティーグラウンドから打つ事が多い。