真田広之

真田広之

(映画)
さなだひろゆき

Hiroyuki Sanada

映画俳優。舞台俳優。
1960年10月12日東京都品川区生まれ。
映画出演は50本以上になり、また英国ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー(RSC)でシェイクスピア作「リア王」の道化役を演じた際、英国女王から名誉大英勲章第五位(MBE)を授与された

略歴

  • 父“新平”、母“那智子”との間に生まれ、幼い頃から劇団ひまわりに所属し、テレビや雑誌のモデルとして活躍。
  • 5歳 千葉真一の主演映画「浪曲子守唄」に、下沢広之の名で出演。
  • 9歳 フジテレビ連続ドラマ、典型的なサラリーマン家庭を舞台に描くホームコメディー「あひるヶ丘77」でテレビ初出演。
  • 12歳 品川区立伊東中学校入学。在学中に千葉真一が主宰するJAC(ジャパンアクションクラブ)に入団、また母の勧めで日本舞踊玉川流に入門する。
  • 15歳 品川区立伊東中学校卒業。
  • 16歳 堀越学園高等学校芸能コースに進学。
  • 17歳 踊りの素質がみとめられ、日本舞踊玉川流で名取りとなり“玉川大輔”と名乗る。芸能活動はこの時期、下沢広之から真田広之と名前を変え活動をする。 堀越学園高等学校卒業。
  • 18歳 日本大学芸術学部映画学科入学。アクション時代劇「柳生一族の陰謀」“ハヤテ”役で本格的に映画デビューし、共演者には同じJAC出身の志穂美悦子などがいた。また宇宙SFの中に忍者ものを取り入れた、テレビ朝日連続ドラマ「宇宙からのメッセージ 銀河大戦」において、敵に家族を殺された若者“ゲン・ハヤト”役でテレビ初主演を果たす。
  • 20歳 アクション時代劇「忍者武芸帳 百地三太夫」で映画初主演し、代役なしのアクションシーンなどが話題となり人気アクションスターとして注目を集めるきっかけとなる。
  • 22歳 香港映画「龍の忍者」など、数々のアクション映画の主役として活躍する一方、年上の女性とのラブストーリー「道頓堀川」に出演し、それまでのアクションスターとしてのイメージとは全く違う役どころを熱演、第15回日本アカデミー賞新人賞を受賞。
  • 24歳 戦後の混乱した時代の麻雀師の生き様を描く「麻雀放浪記」に主演。この作品は第35回文化庁芸術祭選奨文部大臣賞を受賞。
  • 27歳 NHK大河ドラマ「独眼竜政宗」に“松平忠輝”役で出演。
  • 舞台「リトルショップ・オブ・ホラーズ」に出演。 文化庁芸術祭芸術個人賞、ゴールデン・アロー賞新人賞を受賞。
  • 28歳 泥棒と名乗る女の子と、どじでまぬけな純情サラリーマンが織り成すラブストーリー「快盗ルビィ」に主演。 この作品では踊りなどエンターテイメント的要素を快演し、演技者としての評価は一段と高まり、第13回報知映画賞、第62回キネマ旬報賞などで最優秀主演男優賞を受賞。
  • 31歳 NHK大河ドラマ「太平記」で主役“足利尊氏”を演じる。
  • 33歳 新宿歌舞伎町で“新宿鮫”と異名をとる刑事と因縁で結ばれた犯人とのハードボイルドアクション「眠らない街 新宿鮫」に主演。 本作品で第36回ブルーリボン賞、第67回キネマ旬報賞などで主演男優賞を受賞。
  • 35歳 幻の絵師“東洲斎写楽”を描いた「写楽」に主演。本作品で第8回日刊スポーツ映画大賞、第20回報知映画賞、第38回ブルーリボン賞、第69回キネマ旬報賞などの最優秀主演男優賞を独占する。キネマ旬報賞最優秀男優賞は3度目の受賞となる。
  • 39歳 英国ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの舞台劇「リア王」に出演。日本人俳優としては始めての参加である。
  • 2005年、『たそがれ清兵衛』(2002)の演技に感銘を受けたジェイムズ・アイヴォリーが『上海の伯爵夫人』(2005)に起用。
  • 2006年、11月再びアイヴォリー監督の「The City of Your Final Destination」(2007年完成)に招かれ、アンソニー・ホプキンスのアジア人の愛人役ピートを演じる。

ネットの話題: 真田広之

人気

新着

新着ブログ: 真田広之